2018年03月11日

菜の花は世が世なら黙っていない

3.11がまた回ってきた。
震災の爪跡は人々にも街にもまだま残っている、というよりより深刻な状況に苦しんでいる人達もいる。
死者、行方不明者が18000人以上いる。悲劇の波は収まるものではない。
原発の問題はデブリや汚染水・土の処理を含めて目途は立ってはいない。
一方で問題がありながら再稼働に前のめり人達がいる。
原発は使用済燃料を含めて基本設計が完結しているとは思えない。
日本の原発事故を見てドイツ等のように原発に見切りをつけた国もあるというのに。
原発の街の人達は原発の心配はあるが、それがないと食っていけないという。
規制委員会は今想定している地震や津波以上のものが来たらどうなるか考えていないようだ。
太陽光や海水や風のエネルギーは無尽蔵にある。遮二無二それらに置き替えていくしかないだろう。
日本は世界でも一番原発に向かない国だと思う。
こんなことを思うと、頭がエンドレスに回りぼうっとしてくる。

寝る前に、あの3.11の直後のブログを開けてみた。
     2011-03-25

やっぱりエンドレスだ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

マル

川柳をやってます。
川柳は金もかからず、金にもならないのが魅力です。
短詩系や文芸全般にも興味はあります。

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: