2019年02月05日

しゃっくりとゲップ少子化止まらない

中学生の頃、先生か誰かかから、フランスは人口が年々減っていると聞いたことがある。
当時、日本は人口が急速に増えていた。我らのように終戦直前の「産めよ増やせよ」世代と戦後のベビーラッシュによるもので、小中学生は教室が満杯だった。
フランスは可哀そうという感じだった。しかし今は違う。当時フランスやヨーロッパ諸国は移民を大々的に受け入れ人口を健全なレベルまで増やした。その後日本は無策故、少子高齢化がずっと続き、働き手としての外国人は増やしたが企業の仕事や経営のためだった。肝心な移民政策は針に糸を通すような狭き門で戦前の鎖国のようなもの。
現在ヨーロッパ諸国やアメリカで、移民排斥運動が起こっているが、これは移民受け入れ政策をずっとやって来た反動で起こったものであり、遠からず適度のレベルに調整されるだろう。日本の延々と無策続行とはレベルも深刻さも異なる。
結局、日本はあちこちが過疎と猪だけの街ばかりで人口は長期低落が続いたまま。何も前向きな策を出さないまま神話と軍拡と原発だけ熱心な衰退斜陽の国を続けようとしている。

ssm51 at 22:45│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

マル

川柳をやってます。
川柳は金もかからず、金にもならないのが魅力です。
短詩系や文芸全般にも興味はあります。

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: