2019年03月14日

中年や背中を押せばつんのめる  金築雨学

雨学さんの句を読みたくなる日が時々ある。

退屈そうな壁に落書きしてあげる

建て付けの悪い話が面白い

よろよろと影に踏まれてばかりいる

思いっきり笑った後の涙拭く

一票を私に入れる他はない

包丁の雫を切ってから話す

アンコウもオコゼの顔も正直だ

跨いだら寝ていた人が起きてきた

病院の窓から見える日曜日

同情をいっぱい浴びて濡れた服

寝て起きて食べて天気予報観る

階段の途中で気づくことばかり

・・・・・

拾いだしたらキリがない。


ssm51 at 21:09│Comments(0)clip!川柳作品 | 句集

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

マル

川柳をやってます。
川柳は金もかからず、金にもならないのが魅力です。
短詩系や文芸全般にも興味はあります。

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: