2019年11月01日

尾張旭市民展

第45回尾張旭市民展(11/3〜11/10)の文芸部門の審査が
会場の「スカイワード・あさひ」にてあった。
本番は2日だが、いろいろな部門があり、時間が限定されるので前倒しでやらせてもらった。
文芸部門(俳句、川柳、短歌)の各実行委員(責任者)と私を含め計5人で、11時半集合し昼食会で雑談した後
午後から展示会場に移動し、作品を見ながら審査をした。
全作品の中から市長賞・・奨励賞まで計11点(川柳5、俳句3、短歌3)を選んだ。
各部門の責任者(いずれも女性)が相談役兼お目付け役として寄り添ってくださるのは毎年のこと。
川柳はともかく、俳句、短歌では選を絞るのに迷うので率直に専門家に意見を聞き相談もする。
今回、川柳は一番応募が多かったので賞の配分も5に増え、受賞案を示し奈江子さんと相談し選を絞った。、
午後3時過ぎには各々入選を決めることができてよかった。
3日からは一般展示、最終日10日は表彰式がある。

瀬戸市のふれあい芸術展の日程(10/27〜11/3)と重なるので慌ただしい。


ssm51 at 22:33│Comments(0)clip!イベント | 詩歌

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

マル

川柳をやってます。
川柳は金もかからず、金にもならないのが魅力です。
短詩系や文芸全般にも興味はあります。

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: