2020年02月01日

豆粒の光りと影に宇宙あり

1月はバタバタして終わった。
あっという間に2月になり、もう節分。節分と言えば豆撒きだが、毎年細々とやっていたが今年はお終い。
子供の頃の群馬での田舎暮らしの時や、就職・結婚して横浜に住んでた頃はかなり派手にやったが、瀬戸に住みついてからは徐々にしょぼくれてきた。
「鬼は外〜」と豆を撒くが何年も前から隣近所の声が聞こえない。翌朝道を歩いても豆が落ちていないのだ。
今はなんだか分からない恵方巻なんてのが流行り出した。

午前中、掛かり付け医院に薬(血圧他)が切れたのでもらいに行ってきた。体調イマイチもあるのでセカンドオピニオンの相談もした。

午後から娘が歩き出したばかりの子を連れて来た。何だかぐったりしていたが、いろいろ食べ歩き回っているうちに調子が出てきたようだ。何でも拾って口に入れるので、豆撒きは中止がよさそうだ。
いつものように午後9時半頃まで居て車で帰って行った。



ssm51 at 10:43│Comments(2)clip!ぼやきんぐ 

この記事へのコメント

1. Posted by たかこ   2020年02月02日 13:38
進さん
体調いかがですか?
私はパソコンやプリンターの調子が悪くて、これもこまったものです。でもね、きれいに掃除をしたら、かなり良くなりました。
人間の身体も同じかも。心がくすんだり血流が濁ってくると不調になりますね。
「鬼は外」よろしく追い出しましょう。

あ、本題
「ねじまき#6」ありがとうございました。読みごたえありますねえ。ほとんど読破しました。
表紙から遊び心満載、何年後なのでしょう。素敵な親子さん。

感想などを、少し先になりますが「川柳すずか」に書かせていただきたいと思います。
句もエッセイも、私には作れない感覚のものながら、つるつると染み込んで来るようで不思議です。創作意欲をかき立てさせてもくれます。

本当に、高そうな(製本も)一冊ありがとうございました。
2. Posted by マル   2020年02月02日 22:07
たかこさん
コメントありがとうございます。
確かに私のパソコンもいろいろゴミまみれなので生身の身体と似たようなものです。
「鬼は外」が身体にも良さそうですね。
早速、実行してみます。

「ねじまき#6」読んでいただきありがたいです。個性豊かな人達が集まっているので多少でも刺激になれば嬉しいです。
表紙、裏表紙の絵もまたドラマです。

たかこさんのバイタリティ溢れる活躍は
いつもびっくりしてます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

マル

川柳をやってます。
川柳は金もかからず、金にもならないのが魅力です。
短詩系や文芸全般にも興味はあります。

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: