CBR900RRステダンボス溶接。


ふ今回はステダンのボス溶接依頼です。
車種はCBR900RRです。 
B08BCA9F-AAEA-43EF-9037-C045AF5E8359
位置はオーナーさんが決めてきてくれたので、サクサク進めます。
 448F91AB-D46C-4E3D-B219-98A168D5F459
穴空けて周辺のアルマイトを入念に落としました。
あと必要以上に広範囲に剥がさず溶接後 もソコソコ綺麗に見えるよう円形状に整えました。
溶接は下地作りをちゃんとしてないと、 引っ付かないわ、ガスはシューシューと無駄に使うわ、母材に熱はかかりすぎるわでロクなことがありません。結局、後で手間がかかります。
3BD39FD4-E2E8-4399-977B-866038EE50D0
7N01で作ったボスを差し込み溶接。
22541FAC-6B42-4A0C-80C3-828D4AACE5AB

B1101AD9-0B0E-4876-8952-02468C78654F
完成しました。この時期は暑い暑い💦
CDC22985-E13E-4C55-8BF6-DAC8037C1D7D
無事取り付けれたそうです。👍
 

NSR250R カウルステー・テール台製作

DEF1C9E6-9180-41B2-95F6-CDC3320F5CEA

今回はNSRに付けたT2レーシングさんのカウルに合わせてミラーステーの製作とテール台の製作依頼です!
2812F7F5-2F11-4173-A70D-247A74718DCF

専用のシートレールが付いてるんですが、アクティブのウィンカーが一体になったナンバーホルダーつけるらしく、そこそこの重さに耐えれるようフレームマウントのベースを製作します。
EF3D270C-0082-46C0-AF9A-F4537AECFAB4

せっかくのカッコいいカウルに目立つ穴を空けるのは忍びないので、覗き込まないと見えない場所からステーを出すことにしました。
で、画像の印入れた辺りに穴をあけることに
9B131156-4595-48D2-97D9-2C92579E46F3

カウルの表面にあけた穴の裏にフレームから伸ばす予定のステーのネジ穴がピッタリと合うところに来ないといけません。
カウルとステーの穴位置を合わせる為に一旦、簡易治具を作りました。
1AC6221C-C0B6-4F14-A8DE-102918728E02
カウルを外すとこんな感じで、先に付いてる高ナットの位置に来るステーをシートレールに溶接追加します。
5109DCE8-3B20-46DA-9A93-D1A1F6830343

出来上がりは、んな感じで。
尻尾みたくなりました。
M8×2本で固定するようにしました。
E565A46F-F29D-4F85-ADA0-7B59C63D9F59

C5E0CABD-7C0B-4D7D-A680-6386E208EA9B

続いてカウルステー。
渡されたステーは左右別体なのと、カウル位置を良さげな位置に合わせるとハンドルを切った時にトップブリッジとステーが少し干渉することもあり、改造するより、作った方がベターと思われたので新造しました。依頼の内容にあったのが左右のステーを連結してミラーをステーに付けて欲しいとのことだったので、ノーマルぽい形状になりました。
846421E3-102D-4C46-B415-402FC72D1484

ミラーの位置はアレコレ考えた末、カウルをとめる差し込みボスの位置に付けることにしました。
カウルにあんまり余計な穴をあけたくないのと、オーナーさんが別の位置に変えたくなった際にあとあと潰しが効くようにとか…あれこれ気を回しつつ画像の位置で一旦行かせてもらうことにしました。視認性は主観ですがバッチリ見える範囲かと。

んーそれにしてもカッコいい…カウル一つで随分とモダンな印象に変わりますね。とても20年以上の前のバイクには見えません。

9E68F380-3083-414B-8E76-8835DFC8207D
F4BD0502-D2B7-4FFE-AE11-444AF79431BA

付属のボスは樹脂なのでトルクもかけづらそうに思えるのと緩む恐れもあるので、アルミの2017でボスを製作し直しました。出来るだけガタも無くしピンのささる穴を利用してボス側にM4のタップ加工をしました。カウルを直接挟み込んでネジ止めするとカウルが割れるのでボスの先はカウルの厚みを交わすだけの段差を設けておきました。サーキットに持ち込む際はT2さんのステーのデフォのボスに差し替えて使えるようにしておきました。
49D2D0E4-F127-44CC-8944-4EAC1036FC4E

んな感じで。
B79ABFAC-8470-450A-8A44-E9927E3F48CF
サーキット走行時はこっちね。
9E8C52AE-A3BC-44E6-80DA-0320D8805621

取り付けたイメージ。カウルとミラーシャフトとの接触面にはゴムワッシャーを入れてます。
46B76047-31BE-4020-AC54-E9E1CF8826DD

サイドカウルのステーは当初は作る予定ではなかったのですが、フィッティング中にカウルの位置を少し変更することになったので、急遽製作しました。
5mm厚のフラットバーを使ってしまい強度がありすぎるように感じたので、フライスでに肉抜きしました。転倒時は肉抜きの所から曲がって衝撃吸収してくれるはず💦
差し込みボス式も作れますが、部品点数が増え予算オーバーするとマズイので、今回はこれで。
(T2レーシングさんが専用の差し込みボス式のステーも販売されてます。)

あとアンダーカウル後端部が固定されていなかったので左右にステーを追加したのとノーマルの左のサイドカウルのステーにはメットホルダーが付いてたので移設ステーを作ってシートカウルの窪みに移動しておきました。実際に使用しやすいかはまた後日聞いてみます〜。
E8ED2944-08D8-4A78-ABF7-731B549BDB5C
B87DE800-5BCD-4E37-9D02-EBDBF4DB59D0
7F0E403A-5C96-442E-8898-813E12743E5A
D31ADCF9-B794-4C1C-ABC8-22F38BEFF8F7

以上で今回の依頼あったミラーステー、テール台の製作は完了♪
A05E9634-90D2-4D1C-8FCD-A3251D8D52D4
DAA5C116-3D95-4BFC-8106-B36CD17423AD
79CC1255-BC71-48FB-87BE-75FF46D4335F
CDB466AF-53A4-42CF-82AC-784D6698693B

この仕事してると、稀に自分の好みにドンピシャな車両が入ってくることもあり…その度にその車種が欲しくなる衝動が…

今回もそのパターン…

浮気ごごろは押し殺して
さっさとニンジャ仕上げねばっ汗

GPZ900R ボルトオンステアリングダンパーブラケット

05BE0D4B-5590-4760-93A6-0F1366226C30
構想半日。製作1.5日。モノがあるとやっぱり話が早い(^^)/
トップブリッジ上に付けるタイプのステアリングダンパー用です。
今回は製作中に傷だらけになったのでポリッシュ仕上げ。

72FA08AF-E285-4057-9EA3-621E5EEEC2D7
FB613674-ED6A-4E60-B757-C511671FDA57
真ん中よぉし。

8673AC89-64CD-4012-82D8-F353766C2450
左よぉし。

2CD0CD5E-898B-449E-AEB5-9A132439A2F1
右よぉし。

3C81A821-18C0-428F-98E4-EDF34D244CD3
ボルトオンにしては、スッキリいい感じに仕上がりました!
大満足です。(*^ー゚)b 

ラジエターを加工途中で放置してる為、まだ乗れません💦
早いとこ仕上げねばっ(><)
 

GPZ900R ステアリングダンパー取り付け

4E8AD36D-2A82-49E3-BAF0-504EDD5EB0C4
前々から作ってくれとの依頼のあったトップブリッジ上に付けるステアリングダンパーのステー。
ステダン入手できたので早速設計試作中。
フレームに溶接オッケーなら話は早いねんけどなぁ…
半日ほどかけて、何パターンか頭の中でシミュレーションして採寸、試作、仮合わせ、手直ししてたら大体のカタチは出来上がってきました。
自分で作るならパイプワークもんになりそうです。
図面を引いて削りもんでも出来るけど、コストがかかるしなぁ…


GPX750


A45EF1C1-D6F2-4FB0-8549-599EAE1E0085
今回はGPX750ナンプレステー製作とラジエター・オイルクーラーのラバーマウント化の依頼ですー。
まずはナンプレステーからABS?樹脂の部分にナンバーを取り付けていた ようで、割れてしまったそうです。
 裏側から見ると前オーナーさんが製作したと思われるアルミのプレートがあり、それはフレームにボルトで固定されており強度的にも安心そうなので、プレート部に取り付けるナンプレステーを作ってみました。
 38A00E49-AA78-4382-95BF-9978B63A27E07027D422-D0BB-411C-8F68-528323C75B98
4726A703-1CFE-4FFB-94EC-15F2681A5EF9
少し前にカスタムNSR用に作ったナンプレステーが使えそうだったので、そのまま余分な部分等を削ったりしてカタチをGPXに合うように加工して取り付けました。
08042F33-58F0-4084-AC58-6BAB445A114A
 でいきなり完成画像ですがラジエター・オイルクーラーのステーがこちら。
ラバーマウントにする為、先端部はプレートにφ15 の穴を空けてダンパーゴムをつけれるようにしました。
67F76DB6-130D-46A6-9DD5-9AC0715F2C6F
867B0254-DF6D-42D3-9B27-6D9EAB59E512
上側の取り付けも金属同士の直付けだったのでダンパーゴムを入れました。
間に2本くらいパイプを溶接しようかと思いましたが、予算も決まってるので今回はシンプルに。
フレームに1箇所のボルト留めはどうかなぁ?と思っていたのですがネジを締めてみると、しっかりしてるので大丈夫そうです。
 
記事検索
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
楽天市場
Amazonライブリンク