名古屋市中区錦2丁目にOPENしたコインパーキング『 いずみパーキング錦 』は
フラップ式27台のコインパーキングです。場所はいずみパーキング本社のすぐ近くということもあり、
こちらのコインパーキングができるまでをご紹介していきます。                   
1425530897775   

① 
まず建物解体後の更地の状態です。









② アスファルトを敷く前に電気の配管を地中に埋めます。
1425530866011  














1425530873261















1425530743258




③ 電気の配管準備ができました。
     
アスファルトを敷く前にこの準備が
できていると、出来上がりがきれいに
なります。





アスファルト①





④アスファルトを敷きます。









アスファルト②




⑤きれいに出来上がりました。

こちらの駐車場は水を通しやすい
透水性舗装で仕上げました。
水を通しやすいので、場内に
水たまりができにくい利点があります。





DSCF8903

⑥墨だし
 
業界用語で『墨だし』といわれますが、
作業に必要な線や位置などを
表示する作業です。
この線に沿って駐車場のラインを
引いていきます。







写真 1

こちらが駐車場の墨だし作業で
使われる『 チョークライン 』。
黄色い入れ物の中にチョークの粉末が
入っていて、中に収納されている紐に
粉がつきます。

写真 2

両端をピンと張って
中央でパチンと紐をはじくと
紐についた粉でラインが引けます。
















写真 4

こちらは駐車場出口の矢印を
書いています。

矢印のラインはフリーハンド!
出入り口の広さを考慮して
矢印の角度や大きさを決めていきます。
写真 2














DSCF8907


⑦ライン工事

墨だしのラインに沿って車室のラインを
引いていきます。









写真


車室ナンバーも数字の抜型を
利用して書いていきます。
























駐車場まめ知識
駐車場のラインにも引き方に違いがございます。ちなみにこちらの駐車場は『 ダブルライン 』 という引き方。
『ダブルライン』は主にフラップ式のコインパーキングに多くみられますが、ラインとラインの間に
フラップ板の基盤を設置することで、基盤の上にタイヤが乗らないようにするための工夫だそうです。
写真 1
左がダブルラインの変形版 『 アメリカンライン 』
ラインとラインの間に基盤がくることで、
できるだけ基盤が損傷を受けないようにする工夫は
ダブルラインと同じです。
ゲート式のコインパーキングは主に『 シングルライン 』
名前の通り1本線で車室を区割りします。
ゲート式の場合、出入り口のゲートで車の入出庫を管理するため、
車室は区割りされていればよく、またダブルラインに比べて、
ラインがシンプルな分、車室数が多く取れたり、1車室を広めに
することができます。

またラインの色は様々ですが、よく見かけるものでは、コインパーキングは黄色
月極駐車場は白というのが、多いようです。





写真 1


⑧まずは各車室にループコイルを設置する位置を
墨だしの要領で線を引いていきます。














DSCF8917
⑨ラインが引き終わると
いよいよループコイル
(車両検知センサー)を設置
するため、アスファルトに
カッターをいれます。








写真 2

細かいラインをカッターで切っていくのは
大変そうですが、さすが職人技です。
















DSCF8920
カッターで切った後は水で
切りくずを洗い流します。
こうしないと、完成した時に
アスファルトに細かい切りくずが
ついて、なかなか取れないうえに、
白っぽく汚れた仕上がりになって
しまうそうです。
この駐車場は27台と台数も多いため、
途中で給水車の水が無くなり、
急いで給水する事態に…
これもきれいに仕上げるためとはいえ
ご苦労様です。





写真 3
こちらは駐車場の出入り口の
乗り入れを拡張して、
車の出入りがしやすいように
しました。
乗り入れの拡張などは、
事前に市の土木事務所や
警察への申請・許可が
必要になります。
許可が下りるまでに
約1ヶ月程度かかるとのこと。
申請手続きはアスファルト業者さんが
代行してくれます。








DSCF8931
⑪ カッターを入れた部分を
掘削していきます。
掘削作業で出た土を
洗い流しながらの作業
です。





写真 (1)








⑫掘削した溝にループコイル(車両検知センサー)
設置や電気の配線を埋め込む作業をしています。
DSCF8940




車止めも設置されています。









DSCF8948

⑬配線が作業が終わると
掘削したところを
モルタルで埋めていきます

(※モルタルとはセメントに砂と
水を混ぜて作ったペースト状の
建築資材です。)









DSCF8942
⑭モルタルが乾いたところから
ロック板の設置を始めます。










DSCF8986
⑮ループコイル
(車両検知センサー)
モルタルできれいに
埋められます。









写真 1
同時進行で電力会社が配電工事を行います。















写真 2
配電盤取り付け

これで電気の供給もされ、
いよいよ完成まであと少しです。


















DSCF8953
⑯精算機テントを設置します。

精算機はどうしても日照や雨・雪の影響を受けますので、
こうしたテントを設置することで、精算機へのダメージを
少なくすることができます。
また精算する方への配慮も兼ねて設置します。








DSCF8978
⑰場内に柵を設置いたします。
 
 柵もコインパーキングの周辺状況に合わせて、
 フェンスにしたり バリカーにしたりすることもあります。

 今回こちらの駐車場は単管柵を
 設置しました。



DSCF8961
 ⑱精算機設置

  アイランド工事
  精算機を設置する場所をコンクリートで
  一段高くして、雨水などの影響を受け
  にくくする配慮をしています。




DSCF9005
  精算機が設置されました。











DSCF9001
 
⑲看板設置

 コインパーキングに設置する
 主な看板は
 
料金看板(道路からよく見えるように設置します)
 満空看板(精算機と連動させます)
 規約看板(利用規約をご案内しています)
 を設置します。







DSCF9011
 ⑳結線

  各プラップ板の電線を電源と結んでいきます。
DSCF9019

このあと精算機の設定・フラップ板の作動確認など、最終チェックが行われます。
写真 1 (1)
写真 3 (1)
DSCF9022
㉑ 清掃 

  最後はきれいにアスファルト路面を
  高圧洗浄します。








写真 2㉒ 完成

こちらの駐車場はアスファルト工事から
オープンまで約2週間で完成しました。

またアスファルト工事を除いた場合
(墨だし~完成)ですと5日間で
設置できます。












今回、はじめてコインパーキングが完成するまでを見学させていただき、私自身いろいろ勉強になりました。
新人目線でコインパーキングができるまでをご案内しております。
遊休地活用など、コインパーキングをご検討中の方の参考になれば幸いです。
http://www.ssparking.co.jp/work/index.html  お電話でのお問い合わせ(平日9:00~17:00)(052)205-6166
また最後に取材にご協力いただきました 日本システムバンク様・阪神テック様 どうもありがとうございました。