柴田 覚の 『アンチエイジング実践教室』

加齢というシビアな現実に真っ向勝負!

2017年06月

筋肉に取りつかれた20代。
筋肉に振り回された30代。
筋肉の奥深さを知った40代。
そして筋肉の持つたくさんのパワーを確信している50代。

僕の筋肉への向き合い方には、時代毎に変化があったけど、
筋肉へのパッションは衰えてはいないね。
(波はけっこうあるんだけど)

特に変わったのは、昔よりも冷静かつちょっと利口に
筋肉と接することができるようになったかな。

そしてやっと気づいた事は僕がこだわってきたのは筋肉そのものではなく

『自分の人生を楽しむための自分のカラダ』


20代、30代には自己肯定感を増すために、何が何でも人よりも大きな筋肉を欲しがってたなぁ。

他人と比較した筋肉で優越感を得ていたんだ。

(ほんと男は悲しいくらい単純な生き物です)


『男の価値は筋肉の量で決まる』


を信じてやまなかった男だったんだ。

だけど今は幸せな感情や状態を得るためのアイテムの一つとして
筋肉(自分のカラダが)があると思っている。

さらにはカラダと同時にこだわりが深いのは

『心の在り方』

何せ心とカラダは表裏一体の関係。

どちらも互いに影響しあいながら自分という人間をを形成しているんだ。

カラダと心の相乗効果はとても強力だしね。


というわけで僕は最近、『人の心』の部分を懸命に学んでいる。

いわゆる『スピリチュアルな力』にたけている様々な分野の方々のお話を聞くことも多い。



さて先日、お会いしたしたこのただならぬ風貌とオーラを放つお方。

ご存知の方も多くいるでしょう。

この方はいったいだあれ?


IMG_1695


正解は



占導師 の 幸輝 氏

(氏のお顔が赤いのはお酒でカラダを清めた為です)

彼は四国霊場の陰陽師の末裔。

未来を創る占導師(先導と兼ねている)で巷でいう『よく当たる占い師』ではないのです。

詳しくは彼のブログをご覧くださいね。
https://ameblo.jp/couki/


彼に教えて頂いた 


『氣』 というものの捉え方

『陰陽』 の持つ意味
 
『呼吸』 による自分のコントロール法



これらの話を氏から聞いた僕は確信したものがあります。


人間は物質だけど、その根本はエネルギーの塊。

そのエネルギーを人が意識することで新しいパワーを生み出す。



僕が指導している『パワーウォーク』を説明するのに、この言葉が一番近いかな。


筋肉という目に見える物質だけでは、幸せになれないということに
気付くために、

僕の20代30代40代があったと思えてならない。



無題







そりゃあね、こんな動きは日常生活には出て来やしないよ。

わざわざ筋肉に大きな負荷をかけることは、
何も敢えてやることでもないよね。

やりたくなければやらないでいいんだよ。

でもね、息を荒げ、顔をゆがめてきつそうな表情の後は
どことなく幸せそうな顔になっているのはなぜ!?

本当は好きなんでしょ!

自分のカラダから湧き出るパワーの放出感が。



※画像は毎月定期的に行っている僕の『駒沢パワーウォーク』

無題


今の世の中は筋肉受難の時代なんだ。

自転車にはモーターがつくし、掃除はロボットがやってくれる。

お部屋のから一歩も出ずに買い物できるし、

意識せずに筋肉を電流で震わせトレーニングできる。

とにかく筋肉の出番が極端に省ける時代なんだ。

一見、便利で楽で快適な生活が人間の本能を麻痺させている。

それに気付かない人達に僕は危機感を感じているんだ。


コンビニの駐車場では特徴が一緒の青年たちが、
ゲームのバトルで男感を疑似体験している。

筋肉をリアルにヒートアップすることをしなくても、
脳に直接デジタル情報をぶち込めば達成感が味わえる。

恋愛でさえもデジタル情報で済ませることができるので、
生身のカラダを使う恋愛はめんどくさい扱いになり果てている。

だから潜在意識の中の本当の自分はその出番がやってこない。

人が幸せを実感するためには、その前提にある苦しみや困難との対比が必要なんだ。


ほんの少しだけ、筋肉の出番を増やそうよ。

筋肉の唸り声を聞いてみようよ。

カラダを使って人生を味わいつくそうよ。

教えてくれるはず。

自分の事。幸せの事。人生の事。

答えは貴方の中にある。


貴方が探している自分に会えるかもしれません。

8月8日、みちのく岩手一関で開催される

『祭畤山・縄文焔祀り』
まつるべやま・じょうもんほのおまつり

祀りの翌日僕はこの地でこころとカラダの原点回帰

『縄文パワーウォーク』

を行います。

人生を楽しむための心とカラダを取り戻してみませんか

焔祀り祭畤山・縄文

②祭畤山・縄文焔祀り







イケすかねえ嫌な奴だな!
何つっけんどんにしてんだ!
周りを突き放した態度とっちゃって!

トレーニング中の僕はこんな風に見られているかもね。
   
仕事先のトレーニングルームをお借りして僕は自身のトレーニングを行っている。

当然、顔見知りや常連さんと一緒の時間になることも。

普通なら、ご挨拶はもとより、何気ない世間話やトレーニング談義にもなるでしょう。

でも僕はそれをできるだけシャットダウンすることにしている。

顔半分を覆うキャップのつばとイヤホンの大音量で外界を塞ぐ。

IMG_1659


僕のすぐそばでコミュニケーションのサインを出している方がいても、

敢えて僕はそれに気が付かないふりをしている。

本当に申し訳ない気持ちなのだけど、

この短い時間だけは筋肉に120%の意識を注ぎ込みたいんだ。



僕のトレーニングの最大の特徴はその意識の注ぎ込み方だ。

それは

『もう既にそれが(理想の筋肉)ある』 

と思い込むこと。


僕は筋トレマシンやトレーニング器具を

『筋肉に意識を向ける為のアイテム』 

としかみていない。

重さには全くこだわらないので、いま扱っている重さがどれくらいなのかわからないことも。

僕が感じているのはダンベルやバーベルの物質的な重さではないんだ。

『意識』 の持つパワーなのだ

僕が欲しいと思うカラダを作るために、その日のターゲット筋に意識(パワー)を集める。

『意識』 が全てを確定させる。

トレーニングの観念が覆る未開発ゾーンのトレーニング方法だと僕は確信している。


このトレーニング方法を応用拡大したのが

『パワーウォーク』  

です。


年齢・性別・体力・遺伝という制限枠を取り払い、

そのベネフィット(恩恵)はダイエットからアンチエイジング、介護予防まで強烈です。

あなたが思うトレーニングへの観念が覆ります。


この夏この 『パワー』 というキーワードをテーマにしたイベントを

みちのく岩手・かみくらで行います。

パワーウォークかみくら


ご関心やご質問は下記のメールアドレスまでご連絡ください。

vvv555@outlook.com

柴田 まで


彼を初めて知ったのは、おそらく4半世紀も前になるのかな。

彼の名前は 『枝光 聖人』 さんという。


IMG_1600

(写真左が枝光さん その隣が僕)


その頃の僕は実業団長距離ランナーを引退したばかり。

ランナーとして不完全燃焼だった自分の行き場を、僕は180度違う場所に求めたんだ。

僕が選んだのは真逆も真逆の

『ボディビル』 だった。

長い長い筋肉の旅に出発した僕。

思い描くゴールは途方もなく遠かったね。

数十年経った今もそのゴールは未だに見えてはないのだから。


人生初めてのボディビルコンテストに出場したのもその頃だった。

己の筋肉を強調しまくる猛者たちの威圧感が怖かったのを覚えている。

駆け出しのカラダの僕は逆の意味でとても目立っていたね((笑)。

そんな中、コンテスト会場での枝光さんは、ひと際周囲の目を引いていた。

180センチを超える大柄な身長もさることながら、立方体のヘアースタイルは今でも強烈な個性だ。
jpg


目立つ枝光さんと対照的に地味な僕(?)は、当時、枝光さんと親しく会話をするチャンスはなかった。

でもお互いに相手の存在は意識していたと思う。



人との縁や出会いは不思議なものである。

ここ数年ボディビルの世界から縁遠くなっていた僕は、昨年あることから偶然に彼とお会いした。

僕と彼を結び付けたものは、やはりあのキーワード

『筋肉』 だった。


日本初中高年専門パーソナルトレーニングジム

心身健康俱楽部 http://www.shinshinkenkou.com/

の『代表取締役社長 枝光 聖人』 としてお会いした彼は

ボディビルコンテスト会場の彼と同じくパワーと情熱の人だった。

今はボディビルダー時代とは違った密度の濃い関わり方をさせて頂いている。

※ちなみに僕がコンテストから離れヘタっている間も、枝光さんは毎年ボディビルコンテストに
 出場しているボディビル魂を失わない男である。




『人生は筋肉だ!』

の言葉に彼の想いが凝縮された日本初中高年専門パーソナルジム

『心身健康倶楽部』の全国展開がスタートした。

(心身健康倶楽部はフランチャイズ第1号店を大阪高槻市にオープンさせました。)

トレーナー養成スクールも展開していますのでご関心のある方は

http://www.shinshinkenkou.com/

をご覧ください。

4年ぶりに体重70kgを超えた僕のカラダは、腫れるような筋肉感に満たされている。

この夏、僕はボディビルコンテストの世界に返り咲く。

コンテスト復帰などこれっぽちも考えていなかったので

カラダの準備を始めたのはほんの3~4カ月前だ。

だましだましの筋トレだったこの4年間を埋めるには、あまりにも短すぎる期間だ。

食事戦略の一環で食べ始めたこのコンビニ鶏むね肉。

IMG_1585  ②


これ4年前には売っていなかったなぁ。

ボディビルダーの大きな味方である。

コンビニ胸肉全国消費量の半分は間違いなくボディビルダーが消費しているだろう。

(いい加減なことを!)


それともう一つ、僕の大きな味方が



『マッスルメモリー』


トレーニングで作り上げた筋肉はブランクの期間があったとしても、分子レベルでそれを記憶している。


僕のカラダに刻まれている筋肉の記憶を、どこまで引き出せるかが今回のカラダづくりの肝となる。

🎵行け行け~マッスルメモリー 
🎵負けるな~マッスルメモリー
🎵頼むぞ僕のマッスルメモリー
(メロディーは適当につけて)


自分の意志や心の状態がそっくりそのままカラダに表れる。

良いも悪いもカラダは正直だ。



『カラダは心の器』


僕の心(魂)を入れる器(肉体)を自分らしく磨きなおしたい。




『カラダとこころの原点回帰』をコンセプトにした

祭畤山・縄文焔祀り


『まつるべやま・じょうもんほのおまつり』
を開催します。

https://www.facebook.com/events/1318061858263364/?ti=icl

僕はこの祭りで

『かみくら縄文パワーウォーク』

を担当するパワーウォーカーとして出向きます。


IMG_1570


(写真はコース内にある縄文の波動が感じられる大木)

自分とは何か?

人生とは何か?

幸せとは何か?

その答えを見つけるヒントがここで見つかるはずです。

この聖地に僕と一緒に向かわれる方を募集いたします。

日程・スケジュール・宿泊費用などの詳細を知りたい方は

vvv555@outlook.com 
 柴田まで問い合わせください。

このページのトップヘ