VIPとSS



2013年07月

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 02:34:24.01 ID:ml/9Nv9I0

1998年8月9日23時30分

赤沢「どうしてよッ!?こんなに……」

赤沢「こんなに守ろうとしてるのにどうしてよ!!!」クワッ

赤沢「そんなに死にたいんなら……一緒に殺してあげる!」チャキ

ズドーン!! パリーン!!

赤沢「!!」

恒一「(ガラスが…!) 赤沢さん危ないッ!!」ガバッ

 

続きを読む

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 00:43:53.00 ID:KRBMM6DU0

千早「今日はオフ」

千早「とはいっても私に趣味なんてないし」

千早「出かける予定もないし」ゴロゴロ

千早「郵便物でも見ようかな……」ヨイショ




千早「電気料金……、ダイレクトメール、? なにこれ 手紙・・・? 封筒ね

封筒
『Aの72』


千早「なにこれっ!?」

 
続きを読む

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 01:13:45.90 ID:L68OWDln0

テケテ テテ テテ テテ テッテ

千早「如月亭千早です。よろしくお願いします」

千早「金は天下の回りものとは言いますがやはりお給料日の前となると寂しくなるもの」

千早「最後の数日などどうやって過ごそうか考えてしまうほどです」

千早「しかしそんな時でもお腹は空きます」

 
続きを読む

1 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/28(日) 08:34:50.34 ID:gjU18Rdh0

ガチャッ

清良「……」

愛海「」

P「愛海、清良……!ま、まゆは!?まゆは、まゆは!!!?」

清良「落ち着いてください、プロデューサー……今、まゆちゃんは医療室で安静にしています」

P「医療室……!?何言ってんだ!病院だ、今すぐ病院に連れて行くぞ!」

清良「落ち着いてください」

P「落ち着けるか!人が血を吐いているんだぞ!?」

清良「落ち着いて……ね?」スッ

P「……!」ビクッ

清良「……安心してください、プロデューサー。貴方の判断はこの状況でこの上なく正しいです。
愛海ちゃんを連れて来ていて本当に良かった。彼女が不整脈を正してくれたおかげで、大事に至ることは
なかったのですから」

愛海「」

P「……お前は、知っていたのか……?まゆが、あんな状態だってこと……なのにお前は――」

茜「待って下さいプロデューサー!!!」

智香「清良さんだけを責めるのは止めてください!!」

P「お前たち……」



続きを読む

このページのトップヘ