VIPとSS



2013年09月

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 01:45:30.67 ID:aEK+Dzze0

真美「ねぇねぇ、ピヨちゃんもそう思うっしょ→?!」

小鳥「…え、えぇ…そうね。良い頃合いよね」

小鳥「…え~っと。それはともかくとして…」

小鳥「…どうして、私の部屋に?」

真美「………」

小鳥「………」


 
続きを読む

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 20:09:39.00 ID:GpgiOqT70

モノクマ「オマエラにはコロシアイ学園生活をしてもらいます」

苗木「そ、そんな…」

十神「うろたえるな!」

苗木「十神くん?」

十神「いいかよく聞け、俺がリーダーになって貴様らを必ず生還させてやる!」

苗木「え!?」

十神「俺が導いてやる!十神の名にかけて!」

腐川「び、び、白夜様かっこいい、ちょっとポッチャリだけど…」

苗木「な、なんか違うよ!」



続きを読む

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 19:59:38.49 ID:owvL4lQt0

P「最近一気に寒くなってきたなぁ…社長が10月までクールビズとか決めたせいで寒い寒い…」

律子「暖房も11月からですしね。しかもエコ設定」27度。殺す気ですよ

P「あんまりにも寒いのでアイドルに抱きついて暖を取ろうと思う」

律子「はぁ?」

P「と言っている間に>>4が帰ってきましたよ」



4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 20:01:13.03 ID:jxAA5H8c0

社長



続きを読む

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 11:05:34.18 ID:2ffDVIT20

理樹「ありがとう、小毬さん」

小毬「いえいえ、一緒に作れて楽しかったよ!!」

理樹「僕も楽しかったよ」

小毬「結構あるから友達に分けてあげるといいかもね」

小毬「例えばー・・・恭介さんとか」

理樹「えっ///恥ずかしいよ///」

小毬「感謝の気持ちを伝えるいいチャンスだよ?」

理樹「考えておく・・・」



続きを読む

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 00:58:45.75 ID:dH1GFMG+0

苗木「モノクマ! 僕とデュエルしろ!」

モノクマ「はぁ? いきなりどうしたのさ、苗木君」

苗木「僕は全て思い出したんだ」

モノクマ「思い出したって何をだい?」

苗木「学園の外で会ったことも、この学園で過ごした2年間も・・・」

苗木「そして僕が超高校級の決闘者だったってことも!!」

モノクマ「!?」


 
続きを読む

このページのトップヘ