VIPとSS



2014年01月

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/31(金) 21:10:00.65 ID:6lyl3x8Zo

雪乃「由比ヶ浜さん……」

結衣「あっ……ご、ごめんゆきのん」

雪乃「いえ……そうね、もう2週間経つのね」

結衣「う、うん……早いよね。もう2週間なんだもん」

雪乃「……ええ………………あれからもう2週間……」

結衣・雪乃「……………………」

結衣「……………………あぅ」チラッ

雪乃「……ふふっ、由比ヶ浜さん。別に気を使わなくても大丈夫よ」

結衣「ホント? ゆきのん、ヒッキーが居なくなって寂しそうだったから……」



続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/31(金) 01:14:00.79 ID:Lro4kOxQ0

――奴隷市場


男「グヘヘ……奴隷を買いに来たぞ」

商人「これはこれは。ようこそおいでくださいました。
ささ、どうぞ、こちらが我が商館よりすぐりの奴隷たちでございます」

男「ここにいるので全部かな?」

商人「そうですね。これ以上になりますと、管理が大変なもので……お気に召さない場合は誠に申し訳ありません」

男「いやいや、じっくり選ぶよ~、ゲフフ」

エルフ「……」グッタリ

男「……ん?」

商人「おお、お気に召されましたか?」

男「いや?こいつは元気がないんだな、と……」

商人「おやぁ……?これはこれは……」

エルフ「……」

商人「オイッ!!お客様がおみえだぞ!!立て!!」

エルフ「……ッ!」バッ



続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 23:01:59.66 ID:krleHqQ70

勇太「え、ああ、な、舐めたい……かな?」

森夏「し、仕方ないわね富樫くんは、うん、富樫くんがどうしても舐めたいから仕方ない、舐めさせてあげる」

勇太「ああ、その、ありがとう」

森夏「う、うん……」

勇太(どうしよう)ペロペロ

森夏「あっ、わ、腋、くすぐった……んっ……」

勇太(まさか丹生谷がこうなると思わなかった)ペロペロ

森夏「あっ……くぅ……ひゃ……」



続きを読む

このページのトップヘ