1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 18:43:15.78 ID:X5ChBDGz0

『①わざとつまずいて上乗りになり乳を揉む』

『②わざとスカートをめくり「まだこんなパンツなのかよ」と言う』

八幡(またか……なんだってまた……)

八幡(くそっ……さっきもきたばかりじゃねぇか……仕方ねぇ……)

八幡「すまん!雪ノ下!」ダッ

雪乃「?」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 18:49:39.05 ID:X5ChBDGz0

八幡「くそっ!」

ガッ

雪乃「キャッ!」

バタン

八幡「いてて……すまん雪ノ下大丈夫か?」モミッ

雪乃「ん………その…よけてもらえると助かるのだけれど……」

八幡「あ、あぁ…」

ガチャ

結衣「やっはろー!」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 18:57:44.52 ID:X5ChBDGz0

結衣「あ……その……わたしお邪魔だった…よね」

結衣「ごめんなさーい!」だー

八幡「いや、ちょっとまてって!」

タタタ…

八幡「いいからちょっと待てよ」ガシッ

八幡「話くらい……」

結衣「……グスン」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 19:11:18.01 ID:X5ChBDGz0

八幡「え?お前…もしかして泣いて…」

結衣「うるさい!馬鹿!」

八幡(……こういうときどうしたらいいんだよ…)

八幡(とりあえずちゃんと説明しないとな)

八幡「あのな、由比ヶは……」

『選べ』

『①>>18

『②>>19



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 19:15:08.91 ID:m32zBSSaO

キス



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 19:15:22.55 ID:xNzPCeRIi

キス



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 19:15:56.52 ID:+qW1W0Tb0

選ばせてやれよ・・・



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 19:16:45.95 ID:iVOuwfpqi

八幡ただの変態やん…



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 19:24:08.67 ID:X5ChBDGz0

八幡(おい…これ完全な1択じゃねーか……)

チュッ

結衣「んっ……」

八幡「すまん……お前の泣き顔見てたら……つい……」

八幡「あとな、さっきの雪ノ下のは本当になんでもないんだ」

結衣「そう……だったんだ……///」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 19:33:47.72 ID:X5ChBDGz0

結衣「……それでさ、さっきのキスの意味って……」

八幡「いや、だから由比ヶ浜が可愛すぎたからって……」

結衣「も、もう!ヒッキー何いってんの!?」バシッ

八幡「いって、つーか聞いてきたのお前じゃん」

結衣「……でも本当にゆきのんとは何もないの?胸に手当ててたじゃん」

八幡「だから、ただの偶然だって。それに、あいつの胸絶壁だから……」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 19:43:15.25 ID:X5ChBDGz0

三浦「あ、結衣。ちょー探してたんだけど」

三浦「え、てかなんでヒキオと手繋いで歩いてんの!まさか、付き合ってんの!?」

結衣「えっと……あの……それは……」

三浦「ちょっとこっちきなって、一緒にはなそーぜ。あ、ヒキオはいらないから」

八幡(べつにいきたくもねーよ……)

結衣「ヒッキー先に部室行っててね!」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 19:57:48.54 ID:X5ChBDGz0

ガチャ

八幡「遅くなった」

雪乃「……」

八幡(あんなことがあったのに、落ち着いてるなんてさすが雪ノ下だな)

八幡「さっきはすまなかった」

雪乃「あ、あの、ひき、比企谷君、女の子にあんな格好させておいてどう責任を取るつもりかしら」

八幡「……ん?」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 20:16:26.19 ID:X5ChBDGz0

八幡「いや、だからさっきのは事故だって……」

雪乃「事故でもうあんなことになってしまったのよ」

雪乃「あなたのせいで」

八幡「わかった、なにしたら許してくれるんだよ」

雪乃「それぐらいわかるでしょう?自分の胸に聞いてみなさい?」

八幡「自分の胸……」

『選べ……』

『①>>41

『②>>43

『③>>45



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 20:17:10.90 ID:B2EH/fMS0

結婚と言う形で責任をとる



42: まいにくん ◆Lk82fqkpkM 2013/12/06(金) 20:17:20.77 ID:anXwWomk0

自分のおっ○い揉みしだく



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 20:17:33.21 ID:kb/gQ5pni

結婚



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 20:17:43.98 ID:6ybtbmGX0

今夜雪ノ下の家に行く



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 20:17:57.52 ID:wOtBDf6k0

自分の胸をもんで「んほおおお!」と叫ぶ



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 20:29:49.90 ID:X5ChBDGz0

八幡(いい加減ろくな選択肢を出してくれよ……)

八幡「行くぞ、雪ノ下。これが俺の責任の取り方だ」

雪乃「ゴクリ…」

モミッ

八幡「んほおおおおお!」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 20:39:06.87 ID:X5ChBDGz0

八幡「これが…俺の誠心誠意の謝罪だ」

パチン!

八幡「ヒギィ!」

雪乃「まさか比企谷君がそんな変態だとは思わなかったわ」

雪乃「今日は帰るわ。さようなら」

バタン

雪乃「……期待するだけ無駄なのかしらね」



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 20:50:41.22 ID:X5ChBDGz0

結衣「ちょっ、ヒッキー大丈夫!?」

八幡「あ、あぁ…なんとかな…」

結衣「ゆきのん、ちょっと怒ってたっぽいし、何かしたの?」

八幡「なんでも……なくはないけど、やらかしたな…」

結衣「とりあえずさ、今日のところはわたしたちも帰ろう。明日ゆきのんにちゃんとあやまってさ」

八幡「そうするか…」



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 20:59:42.01 ID:X5ChBDGz0

八幡「ただいま」

八幡「あれ、いないのか?」

ジャアアアアアア

八幡(なんだ風呂か…)

八幡「……」ムラムラ

『選べ!』

『①>>71

『②>>73

『③>>75



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 21:01:50.23 ID:4Yi+dFODO

盗撮



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 21:01:51.56 ID:kTH7iqfK0

父揉む



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 21:02:23.35 ID:/wcvHx2F0

詰まらない排水溝になる



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 21:02:37.92 ID:CgylcqPfO

風呂場で家族写真を撮る



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 21:02:48.72 ID:bzdPPqyi0

おなかを流す



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 21:02:51.38 ID:B2EH/fMS0

間違って風呂に入るふりをする(全裸で)



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 21:03:04.32 ID:7wmBosJR0

全裸で突入



91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 21:16:21.36 ID:X5ChBDGz0

八幡「排水溝になんてなれねーよ……」

ガチャ

八幡「ただいま、小町ー」

小町「おかえりーって……おおおおおおおお兄ちゃん!何で入ってきてるの!」

八幡「た、たまにはいいじゃん。兄弟なんだしさ、お、今の八幡的にポイント高いな」

小町「全く高くないし!しかもそグロテスクなの、早くどうにかしてよ!」

八幡「おっと…こりゃいけねぇ」



92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 21:24:17.79 ID:X5ChBDGz0

居間

小町「はぁ……もう本当お兄ちゃん最悪」

八幡「だからごめんってさっきからいってるじゃん……」

小町「もう次やったら雪乃さんたちに言うから」

八幡「わかってるから、もうしない」

小町「あ、そうだ!アイス買ってこないと今からメールで言っちゃうかもー」

八幡「お前…」

小町「早くいってきてねーお兄ちゃん!」



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 21:33:40.93 ID:X5ChBDGz0

ビニコン

エッタッシャーッセー

八幡「えっとー…アイスと…あとなんだっけ」

八幡「適当にお菓子でも見繕っておくか…」

八幡「あとは…」

『選べ↓』

『①>>103

『②>>105



102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 21:34:21.12 ID:GlRJrpCw0

ksk



103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 21:34:53.84 ID:LiszfDKB0

まんま肉まん



104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 21:34:59.57 ID:v62tYX5Ri

パンスト



105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 21:35:03.95 ID:GlRJrpCw0

女性用下着



114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 21:49:25.73 ID:X5ChBDGz0

八幡「ただいま」

小町「おかえり~アイスアイス~♪」

八幡「あ、あとこれも」

小町「なにこれ?」

八幡「まんま肉まんだ。美味しそうだから買ってきた」

小町「え、いいのー!はんぶんこしようよ折角だし」

八幡「すまんな」



120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 22:04:47.05 ID:X5ChBDGz0

次の日

八幡「ふぁあ…ねみぃ…」

平塚「やぁ、君か。どうだ、奉仕部は」

八幡「どうもこうもないですよ…」

平塚「そのうちわたしもいくかもな」

八幡「」ゾクッ

『えらべよ』

『①>>125

『②>>127

『③>>129



124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 22:06:43.74 ID:7wmBosJR0

平塚先生に「ねぇ。いつまで独身なの?俺と結婚しようよ」
と耳元でイケメンボイスで囁く



125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 22:06:49.13 ID:uk2NIj9j0

ディズニーコーナーを5速で突破



126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 22:06:53.97 ID:v62tYX5Ri

全校生徒に聞こえるように「静大好きだ!結婚してくれババア」と言う



127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 22:06:58.08 ID:O9F62uUd0

おっ○い揉ませて下さい



128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 22:07:16.23 ID:GQyJMff5i

プロポーズ



129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 22:07:24.48 ID:B2EH/fMS0

結婚しましょう



134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 22:16:05.23 ID:X5ChBDGz0

八幡(全く意味の判らないことを挟んでくるのは使用ですねわかります)

八幡「あの、平塚先生…大変言いにくいことなんですけどいいですか?」

平塚「ん?なんだ?なんでもいってみろ」

八幡「おっ○い揉ませてください!」

平塚「はぁ?……まぁ、でもかわいい教え子のたのみだ仕方ないな……///」

八幡(頼むから断ってくれよ……)



136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 22:26:36.87 ID:X5ChBDGz0

平塚「部室なら誰にも見つかる心配はないだろう」

平塚「ほら、存分に揉みたまえ」バイーン

八幡「はぁ……ありがとうございます」モミモミ

平塚「んっ……そんなんじゃ私を満足させることはできないぞ……」

平塚「もっと乳首の方をだな……」

八幡(もう帰りてぇ……)

結衣「ヒッキーやっはろー!」



140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 22:31:57.69 ID:X5ChBDGz0

八幡「は……由比ヶ浜……なんで……」

結衣「ヒッキーが部室入っていくの見えたから……」

結衣「そっか……わたし一人で舞い上がって……馬鹿みたい……」ダッ

八幡「またかよ、待てよ!」ダッ

平塚「……そっか……私はずっと一人なんだな……」



144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 22:40:28.70 ID:X5ChBDGz0

八幡「だから、さっきのは事故って言うか……」

結衣「何いってんの!もう事故とかじゃないじゃん!自分から揉んでたし!」

八幡「いや、だから……事故なのは俺の脳内で……」

結衣「なに訳の判らないことをぶつぶついってるのキモいよ」

八幡「キモいのは知ってる……でもこれは間違いなんだって…」

八幡(くそ…どうしたらわかるんだ……)


『お、選べよ!』

『①>>150

『②>>153

『③>>155



149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 22:42:53.61 ID:B2EH/fMS0

ハーレムっていいよな



150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 22:42:57.83 ID:bbbAavUW0

平塚先生にキス



151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 22:43:01.22 ID:pvCryzwH0

告白



152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 22:43:01.27 ID:O9F62uUd0

おっ○いを揉ませてくれ



153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 22:43:02.70 ID:1laaS6HF0

優しく抱きしめて巴投げ



154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 22:43:10.24 ID:GQyJMff5i

とりあえずちゅっちゅ



155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 22:43:14.61 ID:m32zBSSaO

お前のことが好きなんだ



161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 22:51:14.11 ID:X5ChBDGz0

八幡「おれ……お前のこと好きなんだ」

八幡「昨日ははっきり言えなかったけどさ今ならちゃんと言える」

八幡「平塚先生のは先生に女心聞いてたらあんなんになっちまっただけなんだ……」

結衣「それ…本当に信じてもいいの?」

八幡「当たり前だ」

八幡「これは俺の本心だから」

結衣「ヒッキー……///」

八幡「これからよろしくな」

結衣「はい………///」






164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 22:54:29.82 ID:1laaS6HF0

珍しく完結したな















http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1386322995/