1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07(土) 15:01:24.59 ID:e2+08MJHO

姫菜「そうです!」ケケケ

葉山「う~ん……でもな……」

姫菜「大丈夫!きっと書ききった時に、素晴らしい世界が手に入る…………はず」

葉山「わ、わかったよ。取り合えずぼちぼちやってみるよ」

姫菜「あ、ありがとう!」ニタァ



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07(土) 15:03:23.21 ID:e2+08MJHO

姫菜「あ、コレを…………」スッ

葉山「ん?なんだいコレ……封筒?」

姫菜「その中に『鍵』が入ってます!ですが、まだ空けてはダメです!」

葉山「なんで?」

姫菜「いつか……自らの手で開ける時が着ます……その時まで…………」ケケケ

葉山「……わかったよ……じゃ、じゃあまた……」

姫菜「えぇ……」ゲヘヘ

葉山(比企谷八幡ってどっかで聞いたような…………)



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07(土) 15:03:54.79 ID:1oGrWwxO0

また葉山が壊れるのか…



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07(土) 15:04:37.16 ID:e2+08MJHO

その頃 八幡ホーム

八幡「ぶわぁくしょん!!!」ズズ

小町「うわぁ!?お兄ちゃん激しすぎ!小町的にポイント低いよ」

八幡「す、すまん……だがどうしていきなり……」

小町「誰かがお兄ちゃんの話してたりして」ニシシ

八幡「誰かが…………」

小町「………………」

小町「ごめん…………」

八幡「やめてくれ……」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07(土) 15:08:39.82 ID:e2+08MJHO

葉山ホーム

葉山「…………取り合えず書いてみるか」

カキカキカキカキカキカキ

葉山「ひき……がや…………はちまんっと!」

葉山「ヒキ……ガヤ………………」カキカキ

葉山「取り合えず一冊で良いかな?」


八幡ホーム

八幡「ぶわぁくしょぉぉぉん!!!」

八幡「あぁぁぁ…………」ブルブル

小町「お兄ちゃん風邪?」

八幡「わ、わからんが……寒気が……」ブルブル

小町「今日は早く寝なよ」

八幡「あぁ……」


姫菜「感じる……ひひ……」ケケケ



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07(土) 15:15:20.91 ID:e2+08MJHO

次の日

姫菜「どうだった?」

葉山「取り合えず1冊は書いてみたよ」ニコッ

ノート「比企谷八幡比企谷八幡…………」

姫菜「……」

葉山「ん?」

姫菜「もっと頑張ってくださいね!お願いします!」

葉山「え、えぇ……わかったよ……」

葉山「ふぅ~…………書くか」カキカキ

由比ヶ浜「今日ヒッキーお休みか……」シュン



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07(土) 15:17:06.31 ID:e2+08MJHO

平塚「~~~だから」

葉山「比企谷八幡……比企谷……八幡……………………」カキカキカキ

平塚(葉山は真面目にノート取ってくれてうれしいな!それに比べ……)

由比ヶ浜「あへー」

平塚「由比ヶ浜!この問題を」

由比ヶ浜「え、えぇ!?ちょっ……えぇ!?」アタフタ

優美子「結衣ウケルわ~」


八幡ホーム

八幡「う~う~」

八幡「なんだ……この感じは……」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07(土) 15:22:27.71 ID:e2+08MJHO

放課後

葉山「………………」カキカキ

優美子「隼人~カラオケ行こ~」

葉山「…………………………」カキカキ

優美子「ん?隼人~」

葉山「…………!?ご、ゴメン……集中してた……」

優美子「んじゃ行こ~」

葉山「あぁ……ひき…………まん…………」


葉山ホーム

葉山「………………………………」カカカカカカカカカカカ

ドサドサドサドサドサドサ

葉山「後…………73601冊………………」カカカカカカ

葉山「はち……………………まん……………………」カカカカカカカカカカカカカ



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07(土) 15:29:43.45 ID:e2+08MJHO

次の日

葉山「………………」カカカカカカカカカカカ

葉山「………………………」カカカカカカカカカ

ドドドドドドドドドドドドドドサ

由比ヶ浜「す、凄いね……」

優美子「あ、あぁ……頑張ってるね……」

姫菜「ウェヘヘヘ」

戸塚「八幡……今日も休みなのか……」シュン

葉山「ひき…………はち…………ッッ!?」

葉山(な、なんだ今……何かが聞こえ……)

材木座「ま、マズイ……我は誰とペアを組めば……」オロオロ


八幡ホーム

八幡「はぁはぁ……うぅぅぅ…………」ガタガタ

小町「お兄ちゃん本当に大丈夫?」ナデナデ

八幡「なんて……事……ない………………ぜ」ガタガタ



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07(土) 15:32:30.97 ID:e2+08MJHO

その後も葉山は書き続けた

通学路で
教室で
トイレで
グランドで
屋上で
部室で
部屋で
風呂で
リビングで

葉山「ははははははははちちちちち」カカカカカカカカカカ

今の彼に無駄は無い

歩きながら書き続け

授業を受けながら書き続け

用を足しながら書き続け

部活にながら書き続け



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07(土) 15:37:46.58 ID:bw5cdTLC0

なにこれこわい



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07(土) 15:39:26.59 ID:e2+08MJHO

葉山「ひきひkひkひkひhkひひhhkひhkひkひ」カカカカカカカカカ

部員「パスだ」ポーン

葉山「きはいちあshさいっさまdじゃだまsっだあd」ドドドドドカカカカカカ

部員「凄い!ノート弄りながらドリブルして8人抜きだと!?」

葉山「はかはかはやいあbgはsjさんdかkだだsだsだd」シュシュシュシュ

部員「シュートだぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!」

その日、葉山の伝説が学校に刻まれた



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07(土) 15:46:45.38 ID:e2+08MJHO

葉山「ひあskjdksだkだいdかし」カカカカカカカカカカカ

葉山(後29647冊……ん……あれは…………!?)ダッ

葉山は壁に張って有る、とある紙に目を疑った

葉山「比企谷……八幡………………だと!?」

プリントに刻まれた比企谷八幡という文字

そう―――座席表である



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07(土) 15:50:35.79 ID:e2+08MJHO

優美子「あ……あの……隼人―――ってナニコレ……?」

葉山「後12994…………10572…………………9877……」ガガガガガガガ

優美子「」

優美子「ちょっ!?なんでこんなにもヒキオの名前って……え!?えぇ!?」

葉山「書けば幸せに………………八幡…………好き……」ボツボツ

葉山「八万で……八幡と…………幸せ……」ガガガガ

優美子「は!?」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07(土) 15:52:11.82 ID:e2+08MJHO

雪ノ下「なにっ!?」ビクツ

由比ヶ浜「ヒッキーと!?」

戸塚「もっと……仲良くできるかな?」

材木座「ククク………………親友になってくれるかな……?」

一同「ノートだ!ノートを!!!」

雪ノ下「姉さん今すぐノートを買い占めて!いいから早く!!!」

クラス勢「なんだ?葉山が面白そうな事やってるぞ!俺達もやるぞ!」

クラス2「比企谷八幡って書けば良いんだって!」

一同「うぉぉぉぉぉぉ!!!!」カキカキカキカキ



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07(土) 15:56:45.19 ID:e2+08MJHO

八幡ホーム

八幡「あぁ…………ごま……ぢ……」

小町「お兄ちゃんしっかりして!頑張って!」

八幡「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」ガタガタガタガタガタガタ


数日後

八幡「ぜぇ…………ぜぇ…………行ってきます……」フラフラ

小町「お兄ちゃん……本当に行くの?」

八幡「ただの風邪かなんかだからな……日数とかがな……」

小町「大丈夫…………なの?」

八幡「あぁ……多分……ありがとな……」ナデナデ

小町「えへへ///」

八幡「じゃあ行ってくる」ガチャ

小町「頑張ってね~」

小町「おめでとうお兄ちゃん…………80000ポイント到達だね♪」ニヤ



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07(土) 16:01:47.77 ID:e2+08MJHO

八幡(なんかやけに静かだな……)

八幡「ステルスモードON……」ガラガラ

クラス全員「………………」

平塚「………………」

戸塚「………………」

雪ノ下「………………」

由比ヶ浜「………………」

八幡「」

八幡(え?ナニコレ?)

八幡(なんで皆が無言で俺の机囲んで凝視してんの?え?俺死んだの?)

一同「……………………」ジー

八幡(なんで無言なんだよ!ヤベェ……帰ろ……うっ!?)ドン



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07(土) 16:21:42.82 ID:e2+08MJHO

八幡「え?」

一同「ハチマンボクノモ!ヒキガヤクンウケトリナサイ!ヒッキーモラッテ!」ゾロゾロ

八幡「あぁ……やめろ……やめてくれ……」

葉山「ズット……イッショダヨ……」ニタァ


姫菜「う~んちょっと聞きすぎちゃったかな?」

川崎「なにこれ?」

材木座「後79972冊……待っていてくれ相棒よ!」






33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07(土) 16:24:17.98 ID:e2+08MJHO

お付き合いありがとうございました
俺ガイルSSは未完の風潮は回避できましたが未熟な文で申し訳ないでした
また書き出したいのでまた会いましょう














http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1386396084/