1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 17:30:01.79 ID:TJGjR8KbO

――あおいの家

あおい「はぁ……今年のクリスマスも、ボクは独り身かぁ……」

あおい「お母さんも会社の人たちとクリスマスパーティだし。ボクよりも充実するなんていーなー」

あおい「こんな寂しいクリスマスの夜は、明石家サンタでも観て笑おっと」ポチッ

サンタ「ファーwwww」


ピンポーン

あおい「ん?こんな夜中に誰だろ……?」



2: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 17:34:02.44 ID:TJGjR8KbO

ピンポンピンポーン

あおい「(ちょっと……いま深夜2時だよ?まさか、オバケ……?)」

ピンポピンポチ゚ンポーン

あおい「(と、とりあえず、ドアから覗こう……)」ジーッ


パワプロ「……………」


あおい「(パッ、パワプロくん!?)」



3: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 17:36:56.37 ID:TJGjR8KbO

ガチャ

あおい「パワプロくん……?どうしたのさ、こんな時間に?」

パワプロ「………シクシク……メソメソ……」

あおい「えっ、何で泣いてるの!?」

パワプロ「……ラレタァ…………」

あおい「え?なんて言ったの…?」

パワプロ「……舞ちゃんに……フラれた………」シクシク

あおい「えっ」



4: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 17:41:29.12 ID:TJGjR8KbO

あおい「と、とりあえず、中に入りなよ。夜遅いし、外でだと迷惑だから……」

パワプロ「ごめん……お邪魔します……」


・・・・・・・

あおい「はい、寒いでしょ?ホットミルク作ったよ」

パワプロ「ありがとう……」ズズッ

あおい「えーと……まずは、パワプロくんは舞ちゃんと、付き合って……いたんだ?」

パワプロ「そうだよ」

あおい「(知らなかった……。まぁ、仲良さそうだったしね……)」



5: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 17:44:49.93 ID:TJGjR8KbO

パワプロ「今年の夏に告白してさ、舞ちゃんもオッケーだったから……」

あおい「へぇ……でも、クリスマスの夜に別れちゃうなんて、よっぽどのことが起きたんだね?」

パワプロ「まぁ……ね。俺のせいでしかないけど」

あおい「いいよ、聞くよ?」

あおい「(どうして独りの夜に、他人の別れ話聞かなくちゃいけないのさぁ……)」

パワプロ「まぁ、話せば少し長くなるんだけど……」



6: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 17:49:08.49 ID:TJGjR8KbO

・・・・・・・
♪パワプロ9サクセス・デートBGM

舞「それにしても寒いね。」

パワプロ「そうだね、特に今日は。」

舞「あ……」

パワプロ「あっ。」

舞「寒いと思ったら……雪だよ。月明かりに照らされて、キレイね……」

パワプロ「そうだね………」

舞「………私……今日は帰りたくない…//」

パワプロ「……うん。」


そして俺たちは、
夜の闇へと消えて………



8: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 17:52:46.37 ID:TJGjR8KbO

・・・・・・・
ホテル

舞「ん……んむ……//」チュパ

パワプロ「んむ……ぷはっ、舞ちゃん、舌入れすぎだよ」

舞「ごめんね……燃えちゃってさ…//」

パワプロ「舞ちゃん……大好きだよ……」

舞「私も……。パワプロくん、もう我慢できない……//」

パワプロ「舞ちゃん………」



9: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 17:55:53.08 ID:TJGjR8KbO

舞「パワプロくん?おろすね……?」カチャカチャ

パワプロ「ああっ……」ピョロ

舞「わぁ……かわいいおち○ちん……// 大きくするために、舐めるね?」

パワプロ「うん……」

舞「はむ……ん……れろれろ……」

パワプロ「ハァ…ハァ…舞ちゃん、エ□いよぉ……」

舞「ふふ……大きくなあれ大きくなあれ……」



11: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 17:59:09.08 ID:TJGjR8KbO

10分後

舞「ちろちろ……れろれろ……」

パワプロ「うっ、うぅ……」

舞「……ねぇパワプロくん。どうして大きくならないの?」

パワプロ「そ、それは俺にも分からない……」

舞「やっぱり……私も脱がないと、ダメだよね……//」

パワプロ「!!」

舞「私のアソコを見たら、パワプロくんのアソコも大きくなるよね……?//」

パワプロ「うん!絶対なるなる!」



13: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 18:02:38.61 ID:TJGjR8KbO

舞「恥ずかしいなぁ……」プチップチッ

パワプロ「(な、目の前で脱いでおる……!これは確実に勃ってまう!)」

舞「あとは、パンツ……」スルスル

パワプロ「!!」

舞「やぁ……糸引いちゃってる……//」

パワプロ「(び……ビーチャビーチャや……!)」

舞「ねぇ見て?私のココ、すごいことになっちゃってるよ……?//」

パワプロ「そ……そうだね……//」



14: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 18:06:37.77 ID:TJGjR8KbO

舞「パワプロくん……ペロペロしても……いいよ?//」トロン

パワプロ「ま、舞ちゃん……!!」

パワプロ「(と、トロンとした目が……!確実に俺を誘ってる……!」

舞「……ほら?//」クパァ

パワプロ「食いしん坊、万歳!!」ベロベロベロベロベロベロベロベロ

舞「やっ……はぁん……!はげ……しぃぃ……///」

パワプロ「(ハァ……ハァ……!めっちゃ興奮してきた!!)」ベロベロベロベロベロベロベロベロベロベロベロベロ



17: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 18:10:47.41 ID:TJGjR8KbO

20分後

舞「ひゃっ!ひゃあぁぁん!!」ビクビクッ

パワプロ「わああぁ!!本日5度目のスプラッシュまんテンやあぁぁ!!」

舞「ハァ……ハァ……/// もう……何回イカせるのよぉ……」

パワプロ「ごめん……つい……」

舞「もう待てない……パワプロくん、挿れて……?//」

パワプロ「ま、舞ちゃん、それが……」

舞「ん……?」


パワプロ→1「勃っとらん」


舞「」



18: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 18:16:14.70 ID:TJGjR8KbO

舞「…………!!」

パワプロ→1「ご、ごめんね……?今すぐ勃たせるから……」

舞「どうしてよっっ!!」

パワプロ「!?」ビクッ

舞「なんで大きくならないのよ……!なに?私に魅力がないから!?」

パワプロ「いや、そんなわけじゃ……」

舞「だからビンビンになってないんでしょ!?」

パワプロ「いや……あの……」

舞「良い?私の予定では、ホテルに着いただけで勃起してるパワプロくんのチ○ポを、トランクスからボロンと取り出して、しゃぶって射精させて、間髪入れずに私のずぶ濡れマ○コにインしてもらうつもりだったの!」

パワプロ「うぁ……」



21: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 18:20:21.12 ID:TJGjR8KbO

舞「でも舐めても吸っても舌で転がしても、全っ然勃起しない!だから、私のマ○コ舐めさせて、大きくさせたろうと思ったら……!!」

パワプロ「あの……ほんとスイマセン……」

舞「……気分悪い。帰る!」

パワプロ「え、そんな!」

舞「あと、私たちの関係も今日でおしまい!」

パワプロ「ファッ!?」

舞「学校でももう二度としゃべりかけないで!」ハヤキガエ

パワプロ「そんな!待ってよ!」

舞「さようなら!」

バタンッッ

パワプロ「」



22: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 18:24:03.96 ID:TJGjR8KbO

1時間後

サンタ「えー今年もこの季節がやって参りました!」

八木「今年も賞品は豪華でーす」

サンタ「そんなら、早速1人目にお電話つなげましょか」

prrrrr

ガチャ

サンタ「あ、もしもし?」

パワプロ「もさっ、もしもし………」

サンタ「初っぱなから噛んどるがな!パワプロさんの電話で合ってますか?」

パワプロ「はい……」



23: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 18:27:56.73 ID:TJGjR8KbO

サンタ「不幸話、なんですかー?」

パワプロ「あの……ついさっきの出来事なんですけど……」

サンタ「ほう」

パワプロ「彼女とホテルに来たんですよ……」

サンタ「やらしいなぁお前!」

パワプロ「で、この日のために、事前にゴムも買って、1ヶ月間もオナ禁して、準備万端だったんです」



25: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 18:31:12.64 ID:TJGjR8KbO

パワプロ「で、彼女と部屋に入って、熱いキスをしたんです」

サンタ「ほうww」

パワプロ「こりゃ勃つなと思ったんですけど、勃ってないんです…」

サンタ「ハッハッwwで?ww」

パワプロ「彼女が、俺のアソコを舐めたり舌で転がしたりしてくれたんです」

サンタ「したら?ww」

パワプロ「勃たないんです」

サンタ「wwwwそしたら?ww」

パワプロ「彼女が、私のアソコ舐めていいよと言ったんです」

サンタ「ほう!」



27: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 18:34:57.12 ID:TJGjR8KbO

パワプロ「女のアソコなんて見るの初めてだから、めっちゃ興奮して、20分間、ベロベロと舐めたんですよ」

サンタ「興奮するのわかるわぁ!さすがに勃つやろ!そしたら?」

パワプロ「ピクリとも勃たないんです」

サンタ「ちょwwwwイ○ポやろそれwwww」

パワプロ「で、彼女とうとう愛想尽かして……」

サンタ「おう?ww」

パワプロ「私たちおしまいよ!と言って、ホテル出てったんです……」

サンタ「ファーーーーーーーwwwwwwww」

カランカラン



29: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 18:38:42.92 ID:TJGjR8KbO

♪オーメーデト クリスマース

八木「ちょっとwwwwひっどーいwwww」

サンタ「お前wwかわいそうやなぁwwww」

パワプロ「辛いです……」

サンタ「ははぁ……何番にする!?」

パワプロ「あ…えっと、13番で……」

八木「13番………アッ!!」

サンタ「ちょwwwwww」

八木「ハズレでぇぇぇぇすwwww」

サンタ「ファーーwwwお前、ホンマついてないなwwwwww」

パワプロ「タヒにたいです………」



31: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 18:43:09.32 ID:TJGjR8KbO

サンタ「でもお前、勃たなかったゆうことは、その彼女さんと肉体の相性が合わなかったんや」

パワプロ「そうなんですかね……?」

サンタ「いまから、他の女のとこいって、抱いてくりゃええやんww」

パワプロ「いや、それは……」

サンタ「大丈夫やって!俺、それで大竹さん手に入れてん!(※嘘です)」

パワプロ「………わかりました…」

サンタ「気の毒やなぁ……ほなじゃあね」

パワプロ「あっ、八木さんのファンです」

サンタ「ほう!どんなところが!」

パワプロ「別に」



32: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 18:46:24.21 ID:TJGjR8KbO

・・・・・・・

パワプロ「………ということが起きたんだ……」

あおい「あ、あのさ、パワプロくん……」

パワプロ「ん?」

あおい「ボ、ボクを相手にして、よく、そんなエッチな話ができるよね……///」カアァッ

パワプロ「あ、ごめん!つい矢部くんに話してるつもりで、包み隠さず話しちゃった……。」



33: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 18:51:51.74 ID:TJGjR8KbO

あおい「で、パワプロくん……なんでボクの家まで、わざわざそんな話しに来たの…?」

パワプロ「えーと……それは……、単純に慰めてほしかったからさ……」

あおい「ええっ!?」

あおい「ちょっと!舞ちゃんと……えっち、することに失敗したから、ボクに慰めてほしいなんて、そんなの絶対おかしいよ!」

パワプロ「そ、それは分かってるんだけど……」



35: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 18:59:57.38 ID:TJGjR8KbO

あおい「……………ねえ」

パワプロ「はい…?」


あおい「パワプロくん……、ボクのこと抱ける?」


パワプロ「えっ」

あおい「(ちょっ!ボクなに言っちゃってるの!?///)」

パワプロ「いや、どうして急に……」

あおい「慰めてほしいんだよね?それはつまり……ってことじゃん」

パワプロ「うぅ…………」

あおい「まぁ、ボクも家で独りでクリスマスを過ごしてたから、寂しかったんだ」

パワプロ「そうなんだ……」



37: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 19:06:29.48 ID:TJGjR8KbO

あおい「……えと……キミのぉち○ちん、大きくなったらの話だけどね……//」

パワプロ「あおいちゃん……」ドキッ

パワプロ「(急にあおいちゃんが照れた……かわいい……)」ムク

あおい「ま、まぁ舞ちゃん相手に大きくならなかったなら、ボクが相手でも無理だよねっ……」ジー

パワプロ「……??」

あおい「うぅ………//」カアアッ

パワプロ「(ちょ…!俺のコイツの部分をジッと見て、顔真っ赤になった……)」

パワプロ「(かわえぇ……!!)」ムクムク



38: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 19:11:40.73 ID:TJGjR8KbO

パワプロ「あおいちゃん……」

あおい「な、なに?」

パワプロ「…抱きしめても、いいかな?」

あおい「えっ」

パワプロ「俺……、興奮してきたかも……」

あおい「ちょっ……ホントに…?」

パワプロ「あおいちゃん!」ギュッ

あおい「わぁっ!//」

パワプロ「……あったかい……」ギュウゥ

あおい「ちょっと……パワプロく……ん…?」

ムクッムクッ

あおい「(この、当たってくる膨らみって………!//)」



39: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 19:16:26.31 ID:TJGjR8KbO

あおい「(やだ……ボク、パワプロくんに抱きしめられてる……)」

あおい「(それに……パワプロくんの、勃たせちゃった……//)」

パワプロ「あおいちゃん」

あおい「は、はいっ!//」

パワプロ「さっき……言ったよね?ボクのこと抱ける?って……」

あおい「う、うん……」


パワプロ「………今から、本格的に抱いてあげるよ…//」

あおい「!!」



40: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 19:20:22.79 ID:TJGjR8KbO

あおい「………ゎかった。いいよ、パワプロくんなら……」

パワプロ「…!」ドンッ

あおい「ひゃっ!」ボスッ

あおい「(ソファーに押し倒されちゃった……//)」

パワプロ「あおいちゃん……!」フニフニ

あおい「ひゃぁ……ボクのおっ○い……揉んじゃやだぁ……//」

パワプロ「誘ったのはあおいちゃんだよ?」フニフニ

あおい「そうだけど……ひゃあっ//」



41: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 19:25:08.27 ID:TJGjR8KbO

パワプロ「あおいちゃん、感じてる顔、かわいいね……」フニフニ

あおい「やぁっ……そんなこと言わなくて良いってぇ……//」

パワプロ「…上、脱がせるよ…?」スルスル

あおい「あ………」スルスル


パワプロ「あとはブラを……」プチッ

あおい「いやぁ………恥ずかしいよ……」

パワプロ「あおいちゃんのおっ○い、かわいいよ……」モミモミ

あおい「んうぅ……くすぐったいぃ……//」



51: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 20:14:33.53 ID:TJGjR8KbO

パワプロ「あおいちゃん、こんなに大きくなったよ…」ボロンッ

あおい「!!」

パワプロ「どうしてだろ……」ギンギン

あおい「ぁわわゎ……//」

あおい「(こんなの……ボクの手に負えないよ……!)」

パワプロ「…挟んでくれる?」

あおい「は、はさむって?」

パワプロ「あおいちゃんのおっ○いで、俺のココを挟んだまま、スリスリしてほしいなぁ…って」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 20:18:48.96 ID:Y3kAGjMe0

あおいちゃんは挟むほど無いんじゃ…



53: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 20:19:49.12 ID:TJGjR8KbO

あおい「(……ボクから誘っちゃったんだ。パワプロくんのお願い、断る権利ないよね……//)」

あおい「こ、こう?」フニュ

パワプロ「おぉぅ!」ビクン

あおい「(うぅ……こんなのが良いのかな……?)」スリスリ

パワプロ「スベスベで……いいよぉ……!」

あおい「(そもそも、これ挟めてるのかな……?ボクの胸、挟めるほど大きくないし……)」

パワプロ「あぁ……なんだか夢みたいだ…」

あおい「え…?」



54: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 20:28:38.35 ID:TJGjR8KbO

あおい「それはこっちのセリフだよっ……」スリスリ

パワプロ「あぁ……出るっ」

あおい「えっ!?」

ビュルルルル

あおい「ひゃっ……!」

パワプロ「はぁ……あぁっ……//」ドクンドクン

あおい「うぅ……顔にかかっちゃった……」

パワプロ「ごめん、あおいちゃん。汚しちゃって……」

あおい「う、ううん……。大丈夫だよ……」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 20:39:31.25 ID:TJGjR8KbO

あおい「(これが……パワプロくんの……//)」ドキドキ

あおい「……ペロッ」

パワプロ「ちょ、あおいちゃん!そんなの汚いよ!」

あおい「ペロ……ペロ……//」

パワプロ「……………」

パワプロ「(あおいちゃんがエ□すぎて、もう……//)」ムクムク

あおい「(ボク……パワプロくんの精子、全部舐めようとしちゃってる……)」ペロペロ

あおい「(ボク、変態だなぁ……//)」ペロペロ



62: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 20:51:49.10 ID:TJGjR8KbO

あおい「んぐっ……はぁ……」

パワプロ「あおいちゃん、そこまでしなくてもいいのに……」

あおい「えへへ……全部飲んじゃった……//」

パワプロ「(ああ、もうかわいいなぁ!!)」ギンギン

あおい「(どうしよ……頭クラクラしてきた……)」ヌリュ

あおい「ひゃっ……//」

あおい「(ボク……すごく濡れちゃってる……//)」



65: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 21:03:04.28 ID:TJGjR8KbO

パワプロ「(なんだろう……。俺、こんなにあおいちゃんを意識するのは初めてだよ……)」

パワプロ「(あおいちゃんの言葉や顔を見聞きするだけで、ドキドキする……)」

パワプロ「(この感情って……)」

あおい「ぱ、パワプロくん?」

パワプロ「はいっ!?」

あおい「どうしたの?思い悩んだ顔して…」

パワプロ「いやっ……何でもないよ…?」



66: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 21:08:35.74 ID:TJGjR8KbO

あおい「…やっぱり、嫌だった?」

パワプロ「いやって、何が?」

あおい「ボク、野球やってるから女の子っぽくないし、そんな子とエッチなことしてても、途中で萎えちゃうよね…?」

パワプロ「は……?」

あおい「無理しなくてもいいよっ。どうやらボクも、すごく燃えちゃっただけみたいだから……」



67: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 21:16:33.78 ID:TJGjR8KbO

パワプロ「……あのさ、舞ちゃんに失恋した直後にこんなこと言うのも、すごくおかしいかもしれないけど……」

あおい「??」


パワプロ「俺は、あおいちゃんが好きだ。」


あおい「……え?」

パワプロ「今まで気づかなかったけど、俺はあおいちゃんのことが大好きだったんだ!」

あおい「そんな……勢いだけの冗談はよしてよ……」



68: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 21:23:48.92 ID:TJGjR8KbO

パワプロ「隠してたけど、舞ちゃんと付き合ってたとき、いつも心の隅に、もやもやとした気持ちが残ってたんだ」

パワプロ「俺は舞ちゃんのことが好きなはずなのに……『何かが違う』と心が訴えてたんだよ」

パワプロ「でも、舞ちゃんにフラれたその後に、あおいちゃんに会ったとき、変わったんだ。」

パワプロ「顔を見ただけなのに、声を聞いただけなのに、今まであおいちゃんに対して抱いてなかったような感情が、表に出てきたんだ……」



69: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 21:27:44.05 ID:TJGjR8KbO

パワプロ「……それと同時に、心の隅にあったもやもやとしたものが、取り除かれた」

パワプロ「つまり……、そのもやもやとしたものは『あおいちゃんへの恋愛感情』だったってことだね」

あおい「……一回の告白が、長いよ……」

パワプロ「簡潔に伝えるよ」


パワプロ「あおいちゃん、大好きだよ」


あおい「……なんでボク、こんなに嬉しいんだろ……」

あおい「ボクも昔から、キミのことが大好きだったんだからなのかな……??」



70: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 21:31:46.79 ID:TJGjR8KbO

パワプロ「あおいちゃん……」

あおい「パワプロくん、訊いてもいいかな?」

パワプロ「ん?」

あおい「……いまから、これからもずーっと、ボク専用のパワプロくんでいてくれる……?//」

パワプロ「……もちろんだよ、あおいちゃん」

あおい「うれしい………//」キュウゥン

パワプロ「隙ありっ」チュッ

あおい「!!」



71: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 21:37:40.74 ID:TJGjR8KbO

あおい「(キスされてる……)」

パワプロ「ん……んむ…」レロレロ

あおい「(しあわせ……//)」

あおい「んちゅ……んむっ……//」チュプ

パワプロ「ぷはっ……」

あおい「パワプロくん……ボクにプレゼントちょうだい……?」

パワプロ「何が欲しいの?」

あおい「ボクのココに……、パワプロくんのプレゼントを挿れてほしいな……//」

パワプロ「……わかった…//」ギンギン



73: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 21:43:36.46 ID:TJGjR8KbO

パワプロ「いくよ……」

あおい「うん……」

パワプロ「あおいちゃん……受け取って……!!」ズププ

あおい「ーーー!!///」ジュプ

パワプロ「(うはぁ……あったかい……!)」

あおい「動いて……いいよ……」


あおい「ボクだけの……サンタさん……//」


パワプロ「」プチッ←何かが切れた

あおい「ひゃんっ!//」ジュプジュプ

パワプロ「うう……締め付けがすごいよっ…!」ジュプジュプ



75: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 21:47:17.67 ID:TJGjR8KbO

あおい「パワプロくんっ……!激し、いよぉっ……//」ジュプッ

パワプロ「あおいちゃんが……かわいいのがいけないんだ!」パンパン

あおい「パワプロくんも、カッコいいからっ……!//」ジュプッ

パワプロ「あーもう!いちいちあおいちゃんは可愛すぎなんだよぉ!!」パンパン

あおい「可愛い可愛い言わないでよぉ……!嬉しすぎて、どうにかなっちゃうよぅ……//」ジュプ



76: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 21:52:10.47 ID:TJGjR8KbO

パワプロ「あぁっ……もう出るかも……!!」パンパン

あおい「サンタさん……!ふぁっ……もうひとつプレゼントが欲しい……//」ジュプッ

パワプロ「そ、それって……」パンパン

あおい「ひぁっ………な、なかに、出して……っ///」ジュプッ

パワプロ「い、いくよっ!受け取ってね!」パンパン

あおい「うんっ!//」ジュプッ

パワプロ「うっ!!」ビュルルルル

あおい「ひゃあぁ……!しゅごい……おなかにパワプロくんのが、いっぱい……//」



77: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 21:58:10.21 ID:TJGjR8KbO

あおい「はぁ……はぁ……良かった……//」コポォ…

パワプロ「なかに出しちゃったし、責任取らないとなぁ……」

あおい「そうだね……//」

パワプロ「でもいいや、いずれはこうなるんだしね……//」

あおい「パワプロくん……最高のプレゼントを、ありがとう……//」

パワプロ「どういたしまして……//」

パワプロ「(明石家サンタさん、どうやらハズレくじは無かったみたいです)」



78: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 22:03:47.21 ID:TJGjR8KbO

あおい「ねぇ、パワプロくん?」

パワプロ「ん?」

あおい「今日は……帰っちゃイヤだからね?」

パワプロ「当たり前だよ。せっかくのクリスマスなんだ、あおいちゃんと過ごすに決まってるよ……」

あおい「えへへ……//」


あおい「じゃあ、もう一回、プレゼントおねだりしてもいいよね……?//」

パワプロ「…うん!今夜は寝かさないよー!」ギュウゥ

あおい「ひゃっ!大好き!//」ギュウゥ……



弾道がすさまじく上がった!
初球○になった!
パワーヒッターになった!
サヨナラ男になった!
父さんになった!



79: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 22:07:25.63 ID:TJGjR8KbO

・・・・・・・

サンタ「いやぁ……いろんな不幸話ありますねぇ!」

八木「次がラストかな……?」

サンタ「そうですねぇ、最後の方。繋がるかな…」ピポパ

prrrrr

ガチャ

サンタ「あ、夜分恐れ入ります。お名前いいですか?」

舞「栗原舞です…」

サンタ「おぁー、合ってた合ってた。不幸話なんですか?」



81: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 22:12:59.20 ID:TJGjR8KbO

舞「今日、彼氏とホテルに行ったんですよ」

サンタ「おぉ!」

舞「前から、絶対この日は初体験済んじゃうなぁと思って、ワクワクしてたんです」

舞「でも彼氏、私が彼氏のアソコを舐めてもくわえても勃たなくて、愛想尽かして出てったんです」

サンタ「ほぉ!なんか似たような話聞いたことあるなぁ!」

舞「で、ホテルを出たら、たまたま同じ学校のメガネの男子生徒に会いまして…」

舞「私、そのときすごくムラムラしてたんです。で、彼、一人だったみたいなので、流れでホテルに行ったんです」

サンタ「うわぁ!やるなあんたぁww」



84: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 22:17:24.84 ID:TJGjR8KbO

舞「もうこの際、相手誰でもいいから、初体験済ませたいと思って……」

サンタ「それでそれで!」
舞「まず、彼のを勃たせようと思って、同じように舐めたりくわえたりしたんですよ」

舞「なんとか大きくなったんですけど、彼、「痛いでやんす痛いでやんす!」って連発してたんです」

サンタ「wwww」

舞「なんでだろう?と思ったら、彼、ちっとも皮の剥けてない、真性包茎でした」

サンタ「ファーーーーーーwwwwwwww」

カランカラン



86: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 22:21:46.93 ID:TJGjR8KbO

♪オーメーデトクリスマース

サンタ「あんたwwwwチ○コに縁が無いなぁwwww」

舞「そうなんです……。それ知った瞬間、一気に冷めちゃって、また私から出ていきました」

サンタ「ファーーwwアンタも鬼やwwww」

舞「だから今日は、ぷっちょボトルを使って、ムラムラを鎮めました…」

サンタ「アンタ、なかなかの淫乱やなぁwwはい何番!」

舞「じゃあ……9番で」

八木「9番………!キャー!おめでとう、自動車プレゼントでーす!!」

サンタ「ウソやろwwww」



89: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 22:25:43.20 ID:TJGjR8KbO

舞「わぁ!ありがとうございます!」

サンタ「まあ高校生なら免許持ってないから、新しい男ができたらそいつと車内でカーセッ○スでもしときいなww」

舞「それいいですね!」

サンタ「ええんかいっ!!若かりし頃の八木やないか!」

八木「ちょっと!アタシ違うってww」

サンタ「ほならじゃあねー!」

舞「あっ、八木さんのファンです!」

サンタ「おぉどこが!」

舞「別に」


サンタ「ファーーーーーーwwwwww」







91: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 22:31:12.48 ID:TJGjR8KbO

読んでくださり、ありがとうございマーシタ!
途中、あまりにも眠かったり、頭が働かなかったりして、ところどころ意味不明な駄文になってしまったこと謝りマース!
にしても、あおいちゃんSSは書きやすいデース!

今回、舞ちゃんをビッチ扱いしちゃったケド、実際はそんなことのない、かわいこちゃんでーす!

最近、パワプロSSを書くことが趣味になっちゃって、おとといもあおいちゃんのSSを書いたらエレファント速報にまとめられて、調子に乗ってさらに今日も書いたということデース!

もしかしたらまた明日も書くかもしれまセーン!
そのときは読んでやってクダサーイ!

ありがとうございマーシタ!



94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 22:33:37.46 ID:zxG1H6fM0

くぅ~()のテンプレで
舞「みんな、見てくれてありがとう
ちょっと腹黒なところも見えちゃったけど・・・気にしないでね!」
とか言わせるかと思った



95: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 22:34:55.14 ID:TJGjR8KbO

>>94
待ってろ



98: ◆UYOMNZkX3A 2013/12/16(月) 22:43:28.94 ID:TJGjR8KbO

くぅ~疲れましたw これにて完結です!

実は、パワプロしてたらあおいちゃん攻略させろの話を持ちかけられたのが始まりでした
本当は話のネタなかったのですが←

ご厚意を無駄にするわけには行かないので流行りのネタで挑んでみた所存ですw

以下、舞ちゃん達のみんなへのメッセジをどぞ

舞「みんな、見てくれてありがとう
ちょっと腹黒なところも見えちゃったけど・・・気にしないでね!」

あおい「いやーありがと!
ボクのかわいさは二十分に伝わったかな?」

聖「見てくれたのは嬉しいけどちょっと恥ずかしいぞ・・・」

みずき「見てくれありがとね~!
正直、作中で言った私の気持ちは本当だよ!」

矢部「・・・ありがと」ファサデヤンス

では、
舞、あおい、聖、みずき、矢部、俺「皆さんありがとうございました!」



舞、あおい、聖、みずき、矢部「って、なんで俺くんが!?改めまして、ありがとうございました!」

本当の本当に終わり














http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1387182601/