1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 01:48:31.12 ID:2EWkCmexo


千早「どうしたの春香?急にそんなこと言い出すなんて」

春香「えっとさ、ほら…わたし達ついにアリーナでライブするじゃない?」

千早「えぇ、そうね」

春香「それでさ、今回はリーダーを立てるって話になったじゃない?」

千早「ええ、その通りだわ」

春香「それでいざ私がリーダーに選ばれちゃったわけなんだけどさ……」

千早「あら、立派なことじゃない…私は春香ならきっと出来ると信じているわ」

春香「そう?ホントに?えへへ、うれしいな……って、そうじゃなくて!」

千早「一体どうしたのかしら春香、ひょっとしてリーダーが嫌なの?」

春香「そ、そういうわけじゃないけど……」



2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 01:49:07.46 ID:2EWkCmexo


千早「だったら一体何だというの?さっきから様子が少しおかしいわよ?」

春香「実はさ、ちょっと悩んでて……」

千早「悩み?」

春香「うん…」

千早「まあ、私でよければ相談に乗ってあげないこともなくはないわよ」

春香「どっちかな」

千早「この私が、相談に乗ってあげるわ、感謝しなさい」

春香「えっ……な、なんでそんなに上から目線なんだろう」

千早「相談に乗らせてください、お願いします」

春香「ちょっと態度がコロコロ変わり過ぎなんじゃないかな!?」



4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 01:49:36.27 ID:2EWkCmexo


千早「まあ、冗談はさて置き、私でよければ相談に乗るわよ?」

春香「ホントに?いいの?」

千早「当たり前じゃない、春香が悩んでいるのなら、私は力になってあげたいわ」

春香「うん、ありがとう……えっとさ、千早ちゃん」

千早「何かしら」

春香「リーダーって……何すればいいのかな?」

千早「……はあ」

春香「えっ、何そのため息」

千早「……何かと思えば、春香はそんなことで悩んでいたというの?」

春香「そんなことって……私にとっては大事なことだよ」



5: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 01:50:18.15 ID:2EWkCmexo


千早「別に、そんなに難しく考える必要は無いんじゃないかしら?」

春香「でも……私、リーダーなんてやったことないし、どうすればいいのか…」

千早「春香の頭で難しく考えたって……おっと失礼、げふんげふん」

春香「なんだか今、ものすごく失礼なことを言われかけた気がするよ」

千早「そんなことないわ春香、ただでも…そうね、春香の頭で難しく考えても仕方がないわ」

春香「言い直したつもりかもしれないけど全然言い直せてないからね!?」

千早「ごめんなさい春香、つい本音が」

春香「本音っ!?千早ちゃん私のことバカにしてるの!?」

千早「そんなわけないじゃない!私が春香をバカにするなんて、あるはずないじゃない!」

春香「そ、そうだよねゴメン……なんだかイマイチ納得いかないけど」



6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 01:51:10.57 ID:2EWkCmexo


千早「でもそうね……私は、いつもの春香らしく振る舞ってればそれでいいと思うけど」

春香「私らしくって……リーダーらしく、じゃなく?」

千早「まあ、両方ね…でもやっぱり春香らしく、というのが何より大事だと思うわ」

春香「でも…それでいいのかな?」

千早「私はそれでいいと思うわ、きっと皆だってそう思ってくれているはずよ」

春香「私らしく、か…」

千早「えぇ、いつもの春香らしく恐怖による圧制で従わせていればいいんじゃないかしら」

春香「……」

千早「……」

春香「……えっ、千早ちゃん今なんて?」



8: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 01:51:42.56 ID:2EWkCmexo


千早「春香、人の話はちゃんと聞かなくてはダメじゃない」

春香「うんゴメン……でも聞き間違いかな、今ちょっと有り得ない台詞が聞こえた気がするんだけど」

千早「いつも通りの恐怖による圧制で」

春香「やっぱり聞き間違いじゃなかったね!はい千早ちゃんストップ!ちょっと待ったぁ!」

千早「春香、人が喋っている最中に話を遮るのはよくないわ」

春香「ご、ゴメン……いやいや思わず謝っちゃったけどそうじゃないよね!違うよね!」

千早「春香、耳元で叫ばないでちょうだい……うるさいわ」

春香「そりゃ叫びたくもなるよ!恐怖による圧制って何!?私そんなのしたことないよ!」

千早「えっ……えっ?」

春香「千早ちゃん、何でそんなに真顔で驚くの?おかしいよね?」



9: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 01:52:19.42 ID:2EWkCmexo


千早「けれど、事務所のヒエラルキーは春香を頂点に成り立っているのでしょう?」

春香「そんな話初耳だよ」

千早「春香に逆らうと、そのリボンで首を絞められると事務所内では専らの噂なのよ」

春香「どんなゴシップ記事もありえないレベルの嘘だよね、それ」

千早「……違うというの?」

春香「どうしてそんなに怪訝そうな顔なの!?違うに決まってるじゃん!」

千早「でもあなた、巷では春閣下って呼ばれているじゃない……つまりは、そういうことなのよね?」

春香「どういうこと!?あれはタダの愛称みたいなもんだよ!普通に考えたら分かるでしょっ!」

千早「ご、ごめんなさい春閣下…お願いだからそんなに怒鳴らないでください……ひぃっ」

春香「千早ちゃん、そういうマジなリアクション本気でやめてくれないかな?割と傷つくよ?」



10: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 01:52:51.90 ID:2EWkCmexo


千早「まあ、今のはちょっとした冗談よ」

春香「実に笑えない冗談だったよ」

千早「話を戻すけれど、つまり春香はリーダーとしての立ち振る舞いに悩んでいると」

春香「うん……どんな風に皆に接すればいいのかなって思ってさ」

千早「ダメじゃない春香、そんな弱気では」

春香「そ、そんなこと言われてもさぁ……」

千早「しっかりして欲しいものだわ、そんな態度で皆を引っ張っていけると思っているのかしら?」

春香「そ、そうだよね……たはは」

千早「そんなことでは、いずれ水瀬さんあたりにリーダーの座を奪われるわよ?」

春香「えっ、なんでそこで伊織が出てくるの?」



11: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 01:53:33.19 ID:2EWkCmexo


千早「春香、よくよく考えてみなさい」

春香「うん」

千早「水瀬さんは、あの竜宮小町のリーダーなのよ?」

春香「そうだね」

千早「つまり彼女はリーダーという役職の経験者でもあるわけね」

春香「まあ、そうなるのかな」

千早「場数と言う意味では私たちよりも上だわ」

春香「た、確かに……」

千早「にも関わらず彼女は今回リーダーに抜擢されなかった…彼女の心中、如何なものかしらね」

春香「い、如何なものって…」



12: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 01:54:03.59 ID:2EWkCmexo


千早「春香」

春香「な、何かな…」

千早「夜道には気を付けた方がいいわよ」

春香「どういうこと!?」

千早「あなたのリーダーの座を奪おうと、彼女は水瀬の力を総動員してくるかもしれないわ」

春香「するわけないでしょ!」

千早「この先、おそらく水瀬の刺客があなたを狙って次々と襲い掛かってくるわ」

春香「千早ちゃんが何を言っているのかサッパリだよ」

千早「でも春香、あなたならきっと乗り越えられるわ……私、信じているもの」

春香「千早ちゃん、変な漫画とかアニメに影響受け過ぎなんじゃいかな」



13: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 01:54:31.47 ID:2EWkCmexo


千早「まあ冗談はさて置き」

春香「千早ちゃん、さっきからちょっと冗談が過ぎるんじゃないかな?」

千早「場を和ませようと思って」

春香「和まないよ」

千早「和むかなー、って」

春香「やよいっぽく言っても和まないよ」

千早「うっうー!」

春香「あっ、今のはちょっとかわいかったよ千早ちゃん」

千早「……さ、さて話を戻しましょうか」

春香「照れて素に戻るくらいなら言わなきゃいいのに……」



15: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 01:55:11.35 ID:2EWkCmexo


千早「でも真面目な話、私は普段通りの春香のままでいいと思うわ」

春香「えぇ……ホントに?」

千早「本当よ、あなたらしく振る舞うのが一番だと思うわ」

春香「でもさ、今回はバックダンサーを取り入れるって言ってたじゃん?」

千早「そう言えばそんなことも言っていたわね」

春香「確か、スクールの候補生たちを呼ぶって……」

千早「つまりはまだデビューもしていない素人同然の輩どもってことね」

春香「千早ちゃん!?」

千早「まったく私達も見くびられたものだわ…その程度の輩が私達のバックダンサーを務めるだなんて」

春香「千早ちゃん、さっきから発言ちょいちょい黒いよね!一体どうしちゃったの!?」



16: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 01:55:49.99 ID:2EWkCmexo


千早「でも春香、あなただって本当はそう思っているんじゃないかしら?」

春香「思ってないよ」

千早「とかなんとか言いつつ?」

春香「思ってないからね?」

千早「でも実際のところ本音はー?」

春香「……千早ちゃん、さすがに私も怒るよ?」

千早「うっうー!」

春香「……」

千早「うっうー!」

春香「なんか今日の千早ちゃん……すっごく面倒くさいかも」



17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 01:56:42.43 ID:2EWkCmexo


千早「つまり春香は、中途半端な態度じゃダンサーたちに示しがつかないと、そう思っているワケね?」

春香「まあ、そういうことかな……って分かってるなら、いちいち話脱線させないでよ!」

千早「時には寄り道も必要かと思ったのよ」

春香「今はそういうのいらないから」

千早「でもそれじゃ面白くないじゃない」

春香「面白さなんて今求めてないから」

千早「うっう」

春香「千早ちゃん、もういいから話を先に進めよう?」

千早「……まあ、春香の言いたいことも分かるわ、確かにその通りかもしれないわね」

春香「でしょ?ここはやっぱりリーダーらしくバシッと振る舞った方がいいのかなって……」



18: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 01:57:23.52 ID:2EWkCmexo


千早「まあでも、実際なめられるようだったら少しばかりお灸をすえてあげればいいのよ」

春香「お灸……えっ、お灸?」

千早「誰が上なのか、その身に教え込むということよ」

春香「ち、千早ちゃんっ!?そういう物騒な考えはちょっと良くないと思うよ!」

千早「あら春香、早とちりは良くないわよ?誰も物騒な話なんてしていないじゃない」

春香「そ、そうなの?そうだよね……うん、千早ちゃんがそんなこと言うはずないもんね」

千早「当たり前じゃない、この温厚な私が」

春香「自分で言う台詞じゃないと思うけど、確かにそうだね」

千早「ただちょっと気に入らない人にはキン肉バスターをお見舞いしてやろうとは思っただけよ」

春香「やっぱり物騒じゃん!」



19: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 01:58:13.84 ID:2EWkCmexo


千早「意外だわ春香…」

春香「えっ、何が?」

千早「あなたがキン肉バスターを知っていただなんて」

春香「いや、全然知らないけど聞いた感じどう考えても和やかなワードじゃないよね!」

千早「キン肉バスターとは別名、五所蹂躙絡みと言って……」

春香「聞いてないから!別にそんな説明求めてないから!」

千早「あら、すごく魅力がいっぱい詰まった技なのに?」

春香「すごくどうでもいいよ」

千早「でもどんな技か知らなければ、使えないわよ?」

春香「うん安心して、使わないから」



20: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 01:58:57.61 ID:2EWkCmexo


千早「でも春香、覚えておいて損はないと思うのよ」

春香「決して得はしないと思うんだ」

千早「春香がキン肉バスターを習得すれば、私達マッスルドッキングが出来るのよ?」

春香「出来るのよ、って言われてもそれが何なのか見当もつかないよ」

千早「あっ、ちなみに私がドライバー側担当ね」

春香「何一つイメージが湧いてこないよ」

千早「マッスルドッキングっていうのはね」

春香「うん、説明しなくていいからね?全然興味ないから」

千早「なんでやねん!」

春香「その台詞はむしろ、私が全力で言いたいくらいだよ!」



21: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 01:59:36.04 ID:2EWkCmexo


千早「そう、分かったわ……」

春香「うん、分かってくれたならいいんだ」

千早「あれはキン肉族の強靭な肉体があって初めて使える技だものね、春香には無理だわ」

春香「全然分かってないね!っていうか千早ちゃんが何言ってるのかもう全然分からないよ!」

千早「では春香は、どんな技なら使えるというの?」

春香「技って何!?っていうか話脱線させ過ぎだよ!元の話題が分からないくらい話それまくってるよ!」

千早「元々は春香のリーダーとしての在り方について、じゃない…もう、しっかりしてよね」

春香「分かってるよ!千早ちゃんさっきからワザと話脱線させてるよね!?」

千早「技だけにワザとって?……ふふっ、春香それ最高よ、面白いわ」

春香「……うん、千早ちゃんが楽しそうで何よりだよ」



22: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 02:00:09.57 ID:2EWkCmexo


千早「さて、そろそろ真面目に春香の相談に乗りましょうか」

春香「それなんだけどさ千早ちゃん」

千早「あら、何かしら?」

春香「いや、うん……もう、相談はいいかなって」

千早「えっ……」

春香「や、やっぱさ…こういうのは自分の力で解決した方がいいんじゃないかって思ってね!」

千早「そう……」

春香「うん、ゴメンね千早ちゃん」

千早「春香は、私なんかのアドバイスは必要ないと……そういうことなのね」

春香「えぇぇぇ……」



23: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 02:00:49.66 ID:2EWkCmexo


千早「春香、私は春香のことを親友だと思っているわ」

春香「あ、ありがとう……私も千早ちゃんのことは親友だって思ってるよ」

千早「今の私がいるのも、勿論皆のおかげではあるんだけど、やっぱり春香がいたからなのよ」

春香「ち、千早ちゃん……」

千早「だから私は、もし春香が困っていたら助けてあげたいのよ」

春香「うぅぅ…なんなの、さっきまでと打って変わってこの真面目な空気は」

千早「だからお願いよ春香、私は…あなたの力になりたいのよ」

春香「そ、そんな言い方されたら断れないよぉ……千早ちゃんズルイ」

千早「ありがとう春香、頑張って面白い答えを考えるから楽しみにしておいてね」

春香「……うん、やっぱ選択ミスった気がするよ」



25: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 02:01:26.32 ID:2EWkCmexo


千早「大丈夫よ春香」

春香「大丈夫じゃないと思うよ」

千早「ここからはちゃんと真面目にやるわ、おふざけはお終いよ」

春香「一応ふざけてたっていう自覚はあったんだね」

千早「安心して頂戴、ノアの箱舟に乗った気持ちでいなさい」

春香「どんな気持ちかまったく想像がつかないよ!」

千早「そこは、あれよ……ほら」

春香「……」

千早「ええと……さぁっ!」

春香「なんで私に振るの!?無茶振りすぎるよ!」



26: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 02:02:06.16 ID:2EWkCmexo


千早「ところで春香、リーダーというのはどの程度の権限があるのかしら?」

春香「ど、どの程度って…そういうのはまだちょっと分からないかな」

千早「例えばあなたの一存でライブの演出を変えたりなんて出来るのかしら?」

春香「え、えぇっ!?さすがにそこまでは無理なんじゃないかな…」

千早「でもリーダーって、そういうものじゃないかしら」

春香「うーん…仮にそうだとしても、私はそういうのはあんまりしたくないかなぁ」

千早「あら、どうして?自分の思い通りに演出が決められるのに?」

春香「やっぱさ、ステージは皆で作り上げていきたいじゃない?私一人で突っ走ったって意味ないよ」

千早「そう……とても春香らしい答えね、安心したわ」

春香「そ、そうかな?別にそんなに大したことじゃないよ……えへへ」



27: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 02:02:37.91 ID:2EWkCmexo


千早「時に春香、私もメンバーの一人としてあなたに提案があるのだけど」

春香「何かな?」

千早「私と高槻さんが一緒に踊る時間を、なるべく多めに取ってもらいたいのよ」

春香「……ちなみにその理由は?」

千早「愚問だわ、かわいい高槻さんと一緒にライブを楽しみたいからに決まっているじゃない」

春香「めちゃくちゃ私欲丸出しじゃん!」

千早「あら、私欲の何がいけないっていうのかしら?」

春香「あれ、なんで開き直ってるの?おかしくないかな?」

千早「お願いよ春香…私、高槻さんといちゃいちゃしたいのよ」

春香「ちょっと欲望がだだ漏れ過ぎるんじゃないかな?」



28: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 02:03:29.26 ID:2EWkCmexo


千早「いいじゃない!ここはひとつ私を助けると思って!お願いよ春香!」

春香「えっ、ちょっと待って何でそんなに必死なの?」

千早「何が望み?土下座でも何でもするわよ?それともお金かしら?」

春香「何が千早ちゃんをそこまで駆り立てるの!?ちょっと引くんだけど!」

千早「お願いよ春香リーダー、いよっリーダー!リーダー素敵っ!」

春香「ここぞとばかりにリーダーを強調されてもダメだよ」

千早「どうしてよ、私としては面白い提案だと思うのだけれど」

春香「確かに新鮮だけどそんな私欲丸出しの提案は飲めないよ……」

千早「そんなこと言ったって、人間なんて所詮は欲望の塊なんだからしょうがなじゃない」

春香「ねえ千早ちゃん、ホントにどうしたの?何か悩みでもあるの?」



29: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 02:04:05.09 ID:2EWkCmexo


千早「残念だわ、とてもいい案だと思ったのだけれど」

春香「ま、まあそれについては合宿の時にでも皆と話し合って考えてみようか」

千早「そういえばライブに備えて合宿を組むのよね」

春香「うん、楽しみだね合宿」

千早「どこに行くのか、春香はもう聞いていたりしているのかしら?」

春香「なんでも海の見える民宿らしいよ!この間の旅行を思い出すね!」

千早「そう、それは楽しみね」

春香「うんうん!皆で泳いだりとかもしたいなー」

千早「もう春香、私達は遊びに行くわけじゃないのよ?」

春香「あっ、そうだったね……えへへ、ゴメン」



30: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 02:04:38.58 ID:2EWkCmexo


千早「ところで春香、合宿に備えて幾つか重大な問題が残っているわ」

春香「ん、何かな?」

千早「まずトランプとウノ、どっちを持っていくべきかしら?」

春香「……両方持っていけばいいんじゃないかな?」

千早「あとは、おやつは300円以内に抑えるべきかどうかね」

春香「……別に制限なんていらないんじゃないかな」

千早「それとバナナはおやつに入れるべきかどうかも決めなくてはならないわね」

春香「どうでもいいよ」

千早「……春香、あなたさっきからちょっと態度が投げやり過ぎるんじゃないかしら?」

春香「千早ちゃんこそ、遠足に行くわけじゃないんだからね?」



31: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 02:05:16.32 ID:2EWkCmexo


千早「あら、そのくらい分かっているわよ」

春香「そ、そうだよね…分かってるよね」

千早「でも事務所の皆で遠出するだなんて、すっごく久しぶりじゃない」

春香「うん、そうだね」

千早「だったら、少しくらい浮かれたっていいじゃない」

春香「ま、まぁ私も浮かれてたクチだし、ダメとは言わないけど」

千早「……」

春香「ち、千早ちゃん…どうかした?急に黙っちゃって」

千早「そうやって無理矢理にでも楽しまないと、世の中やっていけないのよ」

春香「千早ちゃんさっきからホントにどうしたの!?ねえ、何かイヤなことでもあったの!?」



33: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 02:05:53.35 ID:2EWkCmexo


千早「まあ、そうね……強いて言うなら」

春香「……言うなら?」

千早「……いえ、なんでもないわ」

春香「い、言いにくいことなのかな?」

千早「言いにくいというか、言えないというか…私としては言いたいんだけれども」

春香「ち、千早ちゃん…何があったの?」

千早「言いたいことも言えないこんな世の中じゃ」

春香「……ん?」

千早「ポイズン」

春香「……私、生まれて初めて千早ちゃんにイラってしそうだよ」



34: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 02:06:45.08 ID:2EWkCmexo


千早「どうしたの春香、ひょっとして疲れているのかしら?」

春香「疲れていると言えば疲れているかな……」

千早「大丈夫春香?ユンケルでよければ持っているから飲むかしら?」

春香「ありがとう、でもいらないよ」

千早「だったらリゲインならどうかしら?」

春香「それもいらないよ」

千早「だったら定番どころのリポビタンならどうかしら?」

春香「うん、それもいいかな」

千早「さっきからアレも嫌だコレも嫌だって、好き嫌いが激しすぎるんじゃなくて?」

春香「なんだかもうツッコむ気力も無くなってきたよ」



35: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 02:07:17.26 ID:2EWkCmexo


千早「さて、随分と話が脱線してしまったわね」

春香「脱線させたのは主に千早ちゃんだけどね」

千早「心外だわ春香、私がそんなことするはずないじゃない」

春香「どの口が言うか」

千早「この美声を生み出す口よ」

春香「自分でそういうこと言うの、どうかと思うよ」

千早「ごめんなさい、でもつい話が脱線してしまうのも致し方ないのよ」

春香「どういうこと?」

千早「どういうわけか、今日に限って私の遺伝子がボケろボケろって命じてくるのよ」

春香「千早ちゃんの遺伝子はいつからそんなにお笑い色に染まってしまったのかな」



36: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 02:07:53.45 ID:2EWkCmexo


千早「でもそうね……そろそろ真面目な話をさせてもらおうかしら」

春香「うん、あんまり期待はしてないけど」

千早「さっきも言ったけれど、私はやっぱり春香らしく振る舞うのが一番だと思うわ」

春香「……ホントにそれでいいのかなぁ?」

千早「変にリーダーらしく、なんて考えなくてもいい、あなたのやりたいようにやればいいわ」

春香「でもさ、もし私のやろうとしていることが間違ってたりしたら?」

千早「それは、その時になってみないと分からないわ、それが果たして正しいのかどうか」

春香「……うん」

千早「それにもし間違ってたりしても大丈夫よ、安心なさい」

春香「……」



37: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 02:08:31.76 ID:2EWkCmexo


千早「もし春香が間違った方向に進みそうになったら、皆が助けてくれるわ」

春香「みんなが……」

千早「私達、765プロの仲間たちを信じなさい」

春香「ち、千早ちゃん……」

千早「だからまずは、変にあれこれ考えず自分のやりたいようにやってみなさい」

春香「う、うん…そうだね、ありがとう千早ちゃん!」

千早「それで春香、ものは相談なのだけれど」

春香「ん、何かな?」

千早「やはり私としては高槻さんといちゃいちゃしたいと思うのだけれど、なんとかならないかしら?」

春香「結局そこに行きつくの!?台無しだよ!千早ちゃんのバカー!」




おわり



38: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 02:09:04.92 ID:2EWkCmexo

はい、というわけで今更ですが劇場版を見てきたので書かせていただきました

ありがとうございました



39: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 02:09:23.63 ID:wHI9rSSL0















http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1392137310/