1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 00:35:26.62 ID:3fqjUt140

真「あ、あのね、雪歩」

美希「Zzz」
雪歩「どうしたの?」

真「いつも思うんだけど、なんでボクにくっついてくるの?」

雪歩「え、嫌……だった?」

真「いやいや、嫌なわけないよ!? 全然良いよ! けどさ……」

美希「あふぅ……Zzz」

真「美希に至っては膝枕だよ膝枕……」

まこちー「ヤー」
ゆきぽ「ぽ……」
あふぅ「あふぅ……Zzz」

雪歩「ああやって寄り添ってるぷちどる達が羨ましいな……って思ってその……ごめんね?」

真「いやいやいや謝らなくて良いよ!? むしろ嬉しいぐらいだけど! なんでかなーって思っただけだよ!?」

雪歩「どうしても真ちゃんが嫌だって言うなら……グスッ」

真「ま、待って雪歩どこに行くの!? 泣かないでよ! 一緒にいてよ!」

雪歩「……なんて、冗談だよ。てへっ」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 00:38:53.64 ID:3fqjUt140

真「もう……」

雪歩「ちょっとお茶淹れてくるね」

真「うん……」

美希「あ……おにぎり発見なの……Zzz」

真「!? 美希! 美希ってば! それボクの手だよ!!」

美希「ぱくっ」

真「あーー」

美希「おいしーの……Zzz」

真「あああああ」

ガッシャーン

真「な、なんだぁ!?」

雪歩「ま、まこ、まことちゃ……」

真「雪歩?」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 00:42:41.73 ID:3fqjUt140

雪歩「わ、私も!」

真「え!? ストップ雪歩ストップ!」

雪歩「いただきます」

真「待って待って待った! あーー」

雪歩「なんて、冗談だよ? ふふふっ」

真「もう! びっくりさせないでよ!?」

雪歩「ふふふっ」

真「ふふふじゃないよ……ほら、美希も起きてよ」

美希「あふぅ……ミキはもう一眠りするの……Zzz」

真「もう……あ、そうだ雪歩」

雪歩「?」

真「ロッカーの鞄の中に、おにぎりが入ってるんだけどさ」

あふぅ「Zzz……ピクッ」
まこちー「?」

雪歩「取ってくるね」

真「何も言ってないけど行っちゃった」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 00:44:47.44 ID:3fqjUt140

美希「Zzz」

真「まったく、幸せそうな寝顔だよ。人の気も知らないでさ……」

雪歩「お待たせ真ちゃん」

真「ありがと。ほら、美希。これなーんだ!」

あふぅ「ナノッ! ぱくっ」

真「あ、こらあふぅ!」

あふぅ「~♪」

まこちー「ヤー!」

あふぅ「ナノー!」

まこちー「ヤー!!」

真「もう……喧嘩しちゃダメだよ二人とも。おにぎりはまだあるから」

あふぅ「ごくんっ。ナノナノッ」

真「え? まだ食べ足りないって?」

あふぅ「ナノッ!」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 00:48:35.68 ID:3fqjUt140

真「仕方ないなぁ。雪歩、カバンごと持ってきてくれる?」

雪歩「ほんとぷちどるに甘いよね真ちゃんは……ね、まこちーちゃん」

まこちー「へへっ」

雪歩「じゃあ取ってくるね」

真「うんお願い。……だってかわいいし。ね、まーこちー♪」

まこちー「ヤー♪」

美希「あふぅ……よく寝たの……あ、おはよー真くん!」

真「おはよ、って時間でもないけどね」

美希「真くんの膝枕、ちょっと硬かったよ」

真「そうなんだ……」

美希「ちょっと顔洗ってくるの」

真「いってらっしゃい」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 00:52:01.44 ID:3fqjUt140

まこちー「まきょっ」

真「まこちーも膝枕してほしいの?」

まこちー「ヤー」

真「仕方ないなぁ、よいしょっと」

まこちー「~♪」

真「まこちー、これじゃあ膝枕じゃなくて普通に座ってるだけだよ……」

雪歩「はい。持ってきたよ真ちゃん」

真「ありがと。はい、あふぅ」

あふぅ「ナノナノーぱくっ」

真「はい、まこちー」

あふぅ「ぱくっ」
真「こらあふぅっ! あふぅの分はさっき渡したでしょ」

まこちー「ヤーヤー!」

あふぅ「ナノナノー♪」

雪歩「ふふふっ」

真「雪歩! 笑ってないであふぅ捕まえて!」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 00:57:42.11 ID:3fqjUt140

>>8訂正

あふぅ「ナノッ!!」

真「怒ってもダメ」

あふぅ「がぶっ」

真「いいたああああああああい!!」

美希「まっぶたを開けてさっわやかお目覚めー。あ、あふぅがおにぎり食べてるの。ミキの分もある?」

雪歩「あふぅが全部食べちゃったんだよ」

美希「が、ガーーーーン」

ゆきぽ「ぽえぽえ」

美希「それゆきぽの分じゃ……くれるの? ありがと――」

あふぅ「ナノッぱくっ」

美希「! ムカーッ」

あふぅ「ナノナノッ」

美希「こらー待てー!!」

真「あーあ……もう放っとこう」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 00:58:54.49 ID:3fqjUt140

ゆきぽ「ぽえー……」

雪歩「どうしたの?」

ゆきぽ「ぽえぽえ」

雪歩「『私もおにぎり食べたかった』?」

ゆきぽ「こくこく」

雪歩「そっか……じゃあ買いに行こっか?」

ゆきぽ「……ふるふる」

雪歩「そっか……真ちゃんの手作りが良かったんだ……そうだよね」

真「そう……だよねってえぇ!?」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 00:59:32.58 ID:3fqjUt140

ゆきぽ「ぽえ……」

まこちー「ヤー」

ゆきぽ「こくこく」

真「ちょっとまこちー何やってるの」

まこちー「?」

真「いやいや、とぼけてないで今、ゆきぽも座る? 的なこと言ったでしょ」

まこちー「ヤーヤー」

真「ボクの膝なんだからちょっとぐらい聞いてくれてもいいよね……」

まこちー「へへっ」

真「ちぇっ」



美希「やっと捕まえたの……」

あふぅ「ナノナノー」

美希「ミキのおにぎり……しくしく」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 01:02:15.54 ID:3fqjUt140

雪歩「モテモテだね真ちゃん」

真「女の子にはね……」

美希「真くんはカッコイイから仕方ないって思うな」

真「うぅ……それは自覚してるよ……」

まこちー「ヤー」
ゆきぽ「ぽえぽえー」

美希「あふぅ……そろそろおやすみの時間なの」

あふぅ「あふぅ……。よじよじ」

真「さっき起きたばっかりじゃん!? ってあふぅも!?」

美希「だって今日のお仕事は午前で終わったから暇なんだもん……」

雪歩「それもそっか……お茶でも淹れてこよっか?」

美希「うん……あふぅ……」

あふぅ「Zzz……」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 01:04:09.86 ID:3fqjUt140

「あ、でもさっき急須とか一式落としちゃったよね」

雪歩「あぁ……そういえばそうだね」

美希「おやすみ……なさーい……Zzz」

真「おやすみー……。ってボクの肩に寄り掛かるんだ……」

美希「なのー……Zzz」

真「ははは……」

雪歩「でも急須はストックがあるから大丈夫だよ」

真「そうなの?」

雪歩「うん。じゃあ淹れてくるね」

ゆきぽ「ぽえぽえ」

雪歩「『私が淹れる』?」

ゆきぽ「ぽえ」

雪歩「そっか。じゃあお願いするね?」

ゆきぽ「こくこく」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 01:06:41.87 ID:3fqjUt140

美希「Zzz」
あふぅ「Zzz」

真「ずずず……ふぅ」

ゆきぽ「ぽえ……」

まこちー「ヤー……ずずず」

雪歩「もう夕方だね」

真「結局、何もやってないよねボクたち。ずずず」

雪歩「そうだね。雑談してお茶飲んで。でもこうやってのんびり過ごすのも悪くないかな」

真「まあね」

雪歩「音無さんも戻ってこないし」

真「小鳥さんは確か、風邪引いて休んでるプロデューサーの看病に行ってるんだっけ?」

雪歩「これはもう帰ってこないかもしれないね」

真「ボクたちじゃ鍵閉められないしそれはないんじゃないかな?」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 01:09:16.15 ID:3fqjUt140

まこちー「ヤー……」

ゆきぽ「ぽえ……うとうと……ごんっ!」
まこちー「まきょ!!?」

ゆきぽ「! ぽえぽえ! ぽえ、ぽぇ……」

まこちー「ヤーヤー」

真「あらら、頭打っちゃった? よしよし」

ゆきぽ「ぽえ……」
まこちー「まきょ……」

雪歩「なんだか私も眠くなってきちゃったな……」

真「そうだね……」

雪歩「真ちゃんの肩借りるね……」

真「うん……」

まこちー「ヤー……」

ゆきぽ「……」

ざくっざくっ

ゆきぽ「ぽー……。すぽっ」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 01:10:25.53 ID:3fqjUt140

真「Zzz」
まこちー「Zzz」
雪歩「Zzz」
ゆきぽ「Zzz」

美希「Zzz」
あふぅ「Zzz」」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 01:12:18.72 ID:3fqjUt140

がちゃっ

小鳥「あーすっかり遅くなっちゃったごめんねー」

ぴよぴよ「ぴー」

小鳥「あれ、みんないないの?」

ぴよぴよ「ぴー?」

ぴよぴよ「……! ぴっぴっ」

小鳥「んー? あら、そういうことね……ふふふっ」

小鳥「寄り添いあって眠る真ちゃんと雪歩ちゃんと美希ちゃん」

小鳥「真ちゃんの膝で眠るまこちーちゃん、雪歩ちゃんの足元で眠るゆきぽちゃん」

小鳥「美希ちゃんの頭の上で眠るあふぅちゃん」

小鳥「皆可愛いわよねぇ……」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 01:14:16.73 ID:3fqjUt140

ぴよぴよ「ぴーぴー」

小鳥「えぇ? もういいじゃない。今日は帰りたいのよ……ダメ?」

ぴよぴよ「ぴっ!」

小鳥「……そうよねぇ……まだ事務作業残ってるものね……」

ぴよぴよ「ぴー」

小鳥「手伝ってね?」

ぴよぴよ「ぴっ」

小鳥「よーっし、じゃあささっと片付けてしまいましょう!」

ぴよぴよ「ぴー!」








その日、朝になっても事務所の明かりが消えることはなかったという。



完。



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 01:21:29.66 ID:3fqjUt140

さてと風呂入ってこよー



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 01:23:46.45 ID:lkc5DrfS0
















http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1341070526/