1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 15:41:51.05 ID:M7gwJHOH0

P「寝起きドッキリって面白いよな」

律子「でも相当悪趣味ですよ。それもお笑い芸人ならともかくアイドルの寝起きなんて」

P「大丈夫。うちのアイドルは化粧なんかしなくても可愛いぞ」

律子「そういう問題じゃないんですが…大体プロデューサーの台詞が不味いです」

P「良いじゃないか、ドッキリなんだからこれぐらい許してくれよ」

律子「これぐらい…女心をなんだと…」

P「なんと言われようとこのドッキリのためにホテルの予約までしたんだからな」

P「今更止めるわけにはいかん!」

律子「はぁ…勝手にしてください。どうなっても知りませんから」


みたいな



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 15:51:44.03 ID:M7gwJHOH0

P「…でさー」

春香「はぁ、そうなんですかー」コクッ

春香(ね…眠い…プロデューサーさんとせっかく2人っきりなのに…)ウトウト

P(眠そうだな。今日はわざと朝早くから予定を入れたからな)

P(その上レッスンを死ぬほど厳しくしてくれと頼んどいたから当然だな。ふふふ)

春香「……」ウトウト ガクッ

P「大丈夫か春香。疲れてるみたいだしもう寝た方が良いんじゃないか?」

春香「はっ!だ、大丈夫です!まだまだ…夜はこれからですよ!」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 16:01:27.16 ID:M7gwJHOH0

春香「……」クー

P(ついに耐えきれなくなったか。中々頑張ったな)

春香「……」スー

P(春香を起こさないように…うわ、やっぱ軽いな!ベッドに移してっと)

春香「……」スースー

P(良し!セーフ!)



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 16:07:58.40 ID:M7gwJHOH0

P(耳に息を吹きかけて…)フッ

春香「……」ビクッ  スースー

P(次は睡眠学習、寝てからも保険の授業だ!名前連呼してやる!)

P「感じてるのか?ここがええんか?」ボソボソ

春香「うーん……」スースー

P「春香の胸って意外と大きいんだな…」ボソボソ

春香「……」スースー

P「俺…もう止められないよ…春香」ボソボソ

春香「……」スースー

P「良い、すごく良いぞ春香…」ボソボソ

春香「……」スー

P「大好きだ…春香」ボソボソ

春香「……」クネクネ

P(お、おぉうう…何じゃこりゃ…)



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 16:08:57.26 ID:d11KtMUD0

やだかわいい



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 16:14:14.62 ID:M7gwJHOH0

P(服を脱がせた方がそれっぽいんだが)

P(流石にAUTOだよなー…でもなー…)

P「ねえ、春香ちょっとだけ!ちょっとだけ、ボタン外して良い?」ボソボソ

春香「……」コクン

P(頷いた!?今頷いたよな!?よしっ合意の上だ!俺は悪くぬぇ!)

P(…これは危険だ…上2つぐらい…いや3つまでOKかな…うん)ゴクリ

春香「ぷ…でゅ…」スースー

P「俺はここにいるぞ」ボソボソ

春香「……」スースー



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 16:19:02.77 ID:M7gwJHOH0

春香「ふぁぁ…良く寝たぁ……ん?」

春香「…!!キャアアアアアアアアアアアア!!」

P「よう、起きたか。おはよう春香」

春香「な、な、な、な、何で上半身裸で私の部屋にいるんですかああああああ!?」

P「何、すっとぼけてるんだ?あんなに愛し合ったのに」

春香「愛し…合った…?」

P「ああ、昨日は良かったぞ。春香」

春香「え、え、え、え、え…?」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 16:25:33.40 ID:M7gwJHOH0

春香(ふ、服が…はだけてる…嘘…私ホントに!?)

春香(ううん…ありえない…)

春香(だって昨日の夜はプロデューサーさんと…この部屋でお喋りして…)

春香(眠たくなって…それから…あれ?)

P「どうした?黙りこくって」

春香「ひゃいっ!?」

P「もしかしてやっと思い出したのか?全く遅いぞ!」

春香「じょ、じょ、冗談じゃないんですか!?」

P「冗談?酷いな…俺あんなに一生懸命だったのに…」

春香「そういえば…何だかプロデューサーさんに恥ずかしい事一杯言われたような…」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 16:36:51.21 ID:M7gwJHOH0

P『春香の胸って意外と大きいんだな』
P『大好きだ春香」
P『ちょっとだけボタン外して良い?』

春香「……」プシュー

P「春香?」

春香「…ひ、酷いですよ…私の記憶が無い間にそんなの…ずるいです…」

P「ええ!?お前だって普通に返事してただろ!?」

春香「そんなの…知りません……私…初めてだったのに…」

P「え!?そうなのか!?」

P(ちょっと安心)

春香「なのに…ほとんど覚えてないなんて……それも…プロデューサーさんが…のに…」グスッ

P(あれ?もっと怒り狂うかと思ったんだが…『最低!!この変態プロデューサー』みたいに)



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 16:47:16.97 ID:M7gwJHOH0

春香「責任…取ってくださいね」

P「へ?」

春香「私の初めてをあげたんですから…」

P(何かマジで勘違いしてる)

春香「……」

P「……あー」

春香「……もう…い…くだ…い」ボソボソ

P「え?」

春香「もう一度して下さい!!夜と同じことを!」カァー

P「…はい?」

春香「も、もしかしたら…ショックみたいなので夜のこと思い出すかもしれません」

P「」

春香「プロデューサーさんとの初めて、ずっと忘れたままなんて絶対嫌ですっ」

P「……」

春香「だから…お願いします…」



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 16:54:27.31 ID:M7gwJHOH0

P「…分かった、目を瞑ってくれ」

春香「……」ギュゥ

P「……」ゴソゴソ

春香「……」ドキドキ

P「…俺の…こいつを見てくれ。こいつをどう思う?」

春香「……ドッキリ…大成功…?」

P「見事に引っかかったな!はははははは!」

春香「……」

P「結構大変だったんだぞ!色々下準備が…お前が寝てる時もだなあれやこれやと」

春香「……」

P「しかしこんなのファンに知られたら俺ってば殺さグフォッ」

春香「バカ!!バカ!!バカぁぁぁぁあああ!!」ポイポイ

P「グヘッ…も、物を…投げ…ホテルの…グオッオッ」

春香「ッグ…あぁ…うぅ…ヒック…っぁ…グスッ…バカァ…」ポロポロ

P「は、春香…」



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 17:01:07.75 ID:M7gwJHOH0

春香「ど…どれだけ…うっ…わ…たし…」ポロポロ

P「……」

春香「…ヒック…しん…けん…に……はぁっ…うっ…」ポロポロ

P「……ごめん」

春香「ひと…りで…ば…かみたい…じゃない…です…か」ポロポロ

P(軽いドッキリのつもりだったが…ここまでショックを受けるなんて)

春香「ほんと…さいてい…ですよ…」グスッ

P「…すまない、俺は最低だ…謝ることしか出来ない…」



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 17:07:52.66 ID:M7gwJHOH0

春香「ぜったい…許せません…」

P「…だろうな」

春香「でも…私のお願いを1つ叶えてくれたら…許してあげます」

P「本当か…!?分かった、何でも言ってくれ。俺に出来る事なら」

春香「…私を…抱きしめて…」

春香「それで…耳元で…夢みたいに…『大好きだ春香』って…囁いて下さい」

P「…そんなことして良いのか?春香は嫌じゃないのか?」

春香「…良いんです、もうこれはお願いじゃ無くて命令です!!」

P「…後悔するなよ?」



82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 17:15:01.09 ID:M7gwJHOH0

P「これで許してくれるか?」

春香「ま、まだ…あの言葉聞いていません」

P「…大好きだ、春香」

春香「…はい」グスッ



春香「ですから、年頃の女の子は」ガミガミ

P「もう勘弁して下さい…」

春香「まだまだ続きますよ!プロデューサーさんなら他の人達にもやりかねませんから」

P「…否定はしないけど」

春香「ちょ、ちょっと!絶対にダメですからね!あんなことして許すの私ぐらいですよ!」

P「…春香、1ついいか?」

春香「何ですか?」

P「起きてから今までずっと胸が丸見え」

春香「……!!…もうばかあああああああああああああああああ」ドカッ

P「ゴフゥ」



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 17:28:29.01 ID:M7gwJHOH0

P「春香のお説教は気にせず次だ次!」

P「うーん…次は千早にでも仕掛けてみるか」

P「千早は普段からお堅いからあんまりドッキリにも反応しないかもしれんが」



P(春香の時と同じ作戦を使ってみたが…)

千早「私が弟にしてあげられなかったことを高槻さんは」

P(めちゃめちゃ元気じゃねえか!!)

千早「エイプリルフールに私の胸が大きくなったって言われたんですがこれって」

P(しかもいつになくよく喋る)



104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 17:35:56.11 ID:M7gwJHOH0

千早「プロデューサー、聞いてますか?」

P「お、おう…それは酷いな」

千早「そう思いますよね!胸囲で検索したら未だ(2012/6/14現在)に私がトップだなんて…」

P(はよ寝てくれえええええええ!夜が明けちまう!!)

千早「本当に信じられ…ま…」ポテッ

P「…千早?千早さーん?もしもーし?」

千早「……」スースー

P「ロボットかよ…どこかにON/OFFスイッチでもあるんじゃないか…」



111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 17:42:32.42 ID:M7gwJHOH0

P(全く、てこずらせやがって…でも寝ちまえばこっちのもんだ!)

千早「……」スースー

P「72」ボソッ

千早「くっ」

P(寝てるんだよな…)

P「鉄板」ボソッ

千早「くっ」

P「まな板、鉄壁、絶壁、完璧」ボソッ

千早「くっくっくっくっ」ギリリ

P「うっうー!(裏声)」ボソッ

千早「……」ニヘラ

P「なんだこれは」



114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 17:45:52.79 ID:LHH8hNQw0

千早かわいい



120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 17:52:12.78 ID:M7gwJHOH0

P(少し手口を変えてみるか。千早の胸出しても面白みも何も無いし)

千早「……」スースー

P(とりあえず胸をひたすら馬鹿にして)



千早「……」ギリギリ

P(歯軋りがとんでも無い事になってるぞ…人って寝てる時にこんな顔出来るんだな)

P(千早のイライラさせた状態を維持して……)



P「やればー、できるー、きっとー、ぜったいー♪」ボソボソ

P(出来た!片栗粉入りゴムゴム君!)

P(やればできる、良い言葉だな!俺たちに避妊の大切さを教えてくれる)



129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 18:00:50.52 ID:M7gwJHOH0

千早「ん……」

千早「……最悪の目覚め…何故だかイライラするわ…」

千早「……そういえばホテルに泊まったんだったわね」

千早「さっさと顔を洗って……ん?」

千早「…!?見間違えかしら…」ゴシゴシ

千早「な…何これ…どういうこと…」

千早「……何で枕元に…こんなものが」

千早「落ち着くのよ千早…ビークール…冷静に…如月千早は慌てない…」



130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 18:01:32.40 ID:C5ftV7cB0

なんでギャグテイストwww



132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 18:05:45.78 ID:M7gwJHOH0

千早「……状況を整理しましょう」

千早「私は昨日仕事が終わった後プロデューサーとこのホテルに」

千早「もちろん部屋は別々」

千早「だけど…昨日確か私の部屋で遅くまで話し込んで…」

ガチャッ

P「おう、シャワー借りたぞ」ゴシゴシ

千早「な、何やってるんですかー!?タオル一枚で!服を!!」

P「ははは、今更何言ってるんだ。裸を見せあった仲じゃないか」

千早「…ぱーどぅん?」

P「千早、昨日は良かったよ」

千早「おっ?」



142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 18:12:41.25 ID:M7gwJHOH0

P「あれ?お前覚えてないのか?」

千早「いや…もう頭が全く働きません。これ現実ですか?」

P「寝ぼけてるのか?夢じゃないぞ。俺との愛の結晶あそこに置いてあるだろ?」

千早「愛の結晶って……」

P「枕元のアレ」

千早「」

P「千早も結構可愛いとこあるんだよな、あんな風になるなんて…」

千早「ちょっ…プロ…えぇぇぇぇええええ!?」



152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 18:22:22.65 ID:M7gwJHOH0

P「録音もしてあるぞ」

千早『くっ…っ…っ…くっ…っ…』

P「結構可愛い声出すよな。このこの~」ツンツン

千早「……」

P「お、おい。そんな怖い顔するなよ…録音して良いって言ったのは千早だろ?」

千早「あの、私何も覚えてないのですが」

P「いんや、ちゃんと言ったぞ。『ろ、録音しても…良いです…よ…』って」

千早「…恨むぞ…昨夜の私……というより何でですか!」

千早「何故こんなことを!仮にもアイドルとプロデューサーなんですよ!信じられません!」

P「合意の上だったじゃないか…そんなの関係ありません。気持ちが通じ合ってればってさ」

千早「わ…私が…そんなことを……」ガクガク

P「……」ピッ

千早『ん…くっ…っ……っ…くっ……』

千早「」



154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 18:25:26.27 ID:35DpiVk40

そこはかとなく助手の匂いがする



160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 18:33:38.43 ID:M7gwJHOH0

千早「…私の…初めてはどこへ……あの空へ…蒼い鳥のように…」ブツブツ

P「千早?」

千早「何故…何故私は忘れてしまったの…こんなに大事な事を…どうして…」ブツブツ

P「千早ちゅわーん?」

千早「いえ…まず考えるべきは…皆に報告すべき…それともこのまま隠し通して…」ブツブツ

P「もしもーし。やっぽー、うっほほーい」

千早「ちょっと黙って下さい!どうすれば良いか考えてるんですから!!」

P「ヒッ」

千早「…確かに私にも責任があります…プロデューサーだけが悪いような言い方を…すみません」

千早「だから…これからの事を真剣に考えないと…」

P「ど、どうしたんだ急に…」

千早「プロデューサーなら…私…いえ…プロデューサーで本当に良かった…」



169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 18:42:52.05 ID:M7gwJHOH0

P「千早…これからの事を考える前に1つ見せたいものがある」

千早「何ですか?…も、もしかして…指輪……?ま、まだ心の準備が…」ドキドキ

P「違う、もっと大事なものだ。これを見てくれ」ヒョイッ

千早「…っ!!そ、そんなの見せないでください!!もう捨てて下さい!」

P「そんなのじゃない!俺達の初めての証だろ…?」

千早「……」

P「頼む、見てくれ。俺から…お前へメッセージを書いておいた」

千早「……」

P「……」

千早「……分かりました。私達の大切な初めてに…とても大切なメッセージ…」



174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 18:49:50.38 ID:M7gwJHOH0

千早「……どっ…きり……?」

千早「…ふぅ…深呼吸…深呼吸…」スーハー

P「……」

千早「はい?」

P「はい」

千早「なるほど」

P「いえす」

千早「……」

P「……」

千早「流石、プロデューサー。気付きませんでしたよ」

P「はーい!見事千早はドッキリにひっかかりましたー!チョロイなー!」

千早「」プッツン



181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 18:54:43.08 ID:M7gwJHOH0

千早「訴えます。訴えてやります」

P「へ?」

千早「社長に直訴します。許せません」

P「お、おいドッキリだぞ……よくあるじゃないか」

千早「ドッキリの範疇を超えています。悪質極まりない」

P「ちょ、ちょっと待ってくれ!ごめん!やりすぎた!」

千早「いえ、謝らなくても結構です。私の意思は変わりませんから」

P「た、頼む!落ち着いてくれ!イライラしてるのは分かるが…」

千早「私は冷静です。むしろプロデューサーの方が世間的な目から見ておかしいです」



190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 19:03:12.59 ID:M7gwJHOH0

P「た、頼む…勘弁してくれ…」

千早「嫌です。こんな人が私達のプロデュースをしてただなんて…ゾッとするわ」

P「ち、千早…」

千早「名前を呼ばないでください。気分が悪いです」

P「うっ…」

千早「皆にはちゃんと伝えておかなきゃ。理由を話せば納得してくれるわ」

P「本当に…すまなかった…ごめん…」

千早「さてと、社長に早速連絡しないと…この人の写真も証拠として送ろうかしら」カシャッ

P「あ…あぁ…」

千早「あ、もしもし社長…少しお時間を…」

P「……」



千早「それでは、さようなら。次の仕事見つかると良いですね」

ガチャッ

P「お、終わった…」



196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 19:06:05.39 ID:M7gwJHOH0

P「あはは…たかがドッキリでこんなことに…」

P「……そうだよなー…こんなドッキリ無いよなー…」

P「春香の言ったとおりだったな…やめときゃ良かった…」

P「…ごめんよ…春香、千早…こんなプロデューサーで…」

P「……でも…お前達を…応援するぐらいのことは許してほしいな」

P「……」

P「出よう…」

ガチャッ

千早「ワッ!!!」

P「うおっ!?」

千早「あははっ、ひっかかりましたね!」



197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 19:06:31.82 ID:82FpqDaA0

やだ予想してたとはいえこのちーちゃん可愛い



210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 19:18:55.24 ID:M7gwJHOH0

P「本当に申し訳ありませんでした…」

千早「まあ一瞬我を忘れて襲いかかりそうになりましたが…」

千早「何とか自制心を保てました」

P「で、同じ目に遭わせてやろうと…」

千早「はい、今この状況でどうすれば最もプロデューサーを陥れる事が出来るか脳をフル回転させたところ」

千早「あのような結果になりました」

P「確かに泣きそうだった…俺終わったと思ったぞ…」

千早「乙女心を弄んだ罰です。しっかり反省してください」



219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 19:26:15.95 ID:M7gwJHOH0

P「はい…当分このようなことはいたしません…」

千早「当分…って…まあ、今後あのようなことはしないでくださいね」

P「前向きに検討します」

千早「…ちなみに逆ドッキリ中も半分本音が出てましたから」

P「ま、マジか…凹む…」

千早「ふふっ、まあ好きでも無い人にこんなことされたら本当に訴えますけどね」

P「ん?それって…」

千早「あ…深い意味はありませんから!単純に嫌いな人にされたら訴えてますってことであって…!」

P「うっうー、千早さん大好きです(裏声)」

千早「やっぱり訴えます」

P「ごめんなさい」


終わった



279: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 20:27:34.96 ID:NULDQ3LM0

P「よっしゃ、懲りずに美希にアタックしてみるか」

P「あれだけ俺にベタベタするんだから、一度はこういう経験をさせておかないとな」

P「男の人にベタベタしすぎるとこんな事態になってしまうって……うん、これも業界で美希が生きていくためだからな」

P「……決して好奇心でやるわけじゃないぞ、美希のためを思ってだな」

P「………」

P「よし、いくぞぉ!」ウキウキ



284: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 20:32:51.73 ID:NULDQ3LM0

美希「ハニーも今日はこのホテルに泊まっていくの?」

P「まあな、美希一人を置いて帰るわけにはいかないからさ」

美希「やったの!今日は朝までハニーとお喋りするのー!」

P「いやいや、明日は早くからロケなんだから夜更かしはダメだろ」

美希「ぶー…ハニーだってホントはミキとお喋りしたくて一緒に泊まったんじゃないの?」

P「そんなわけないだろ、ほら、早く寝ないと明日に響くぞ美希」

美希「………折角ハニーと二人っきりになれたのに…つれないの…」

P「分かった分かった、美希の仕事が早く切りあがったら一緒に遊びに行ってやるから」

美希「!ハニー、それってホント!?嘘じゃないよね!?」

P「嘘じゃない嘘じゃない……だから今日は早く寝とけよ」

美希「!…うん!ハニーのためにミキ、明日の仕事ぱっぱと片付けちゃうの!」

P「おう、その意気だぞミキ」

美希「うん!それじゃあまた明日なの、ハニー」

P「ああ、また明日な」



287: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 20:38:11.22 ID:NULDQ3LM0

コンコン…

P「……起きて…ないな」ガチャ…

P「ていうか、鍵ぐらい閉めろよ無用心だな…明日キツく叱っておかないとな」

美希「……んんっ…」

P「………」

美希「………」スースー

P「よし、それじゃあとりあえず俺の部屋に担いでいくか」

美希「………」

P「ゆっくり…ゆっくり…」ガシ…

美希「んっ……むにゅぅ…」

P「……何だか罪悪感がスゴイな…よいしょっ…」

美希「………」スースー

P「よし、流石美希だな、全く起きない……だから俺の部屋まで我慢してくれよ」

美希「…ん……はにぃ…」

P「平常心…平常心…」



291: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 20:44:52.37 ID:NULDQ3LM0

自室
P「ふぅ、思いのほか軽かったな……やっぱりあれだけダンスレッスンすればなあ…」

美希「………」スースー

P「さて、俺の部屋のベッドが少々狭くなったけど計画を進めようか」

P「……ま、まず美希は案外マセてる…服を着せたままじゃあ明らかに怪しまれる」

P「だから…」

美希「……ん…にゅぅ…」

P「………ご、ごめん美希…お前のためなんだ…出来るだけ見ないようにするから許してくれ」ス…

美希「………」スースー

P「………」ゴクリ…

P「……ワイシャツぐらいなら…まあ大丈夫だよな」

P「…よし!ちゃっちゃと脱がすか!……出来るだけ目を反らしながら」



298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 20:51:11.88 ID:NULDQ3LM0

P「なんとか着替えさせたか…一苦労だったな」

美希「んにゅぅ……ふふ…」

P「気持ち良さそうに寝て……よし、それじゃあもうそろそろ俺も寝るか…いや、春香のときみたいに…」

美希「………」スースー

P「……いや美希には変な小細工は必要なさそうだな、うん、やっぱり寝よう」

P「………美希の隣で寝ても大丈夫だろうか」

P「たしかにアレはしないけど…一つのベッドでアイドルの美希と寝るなんて…」

P「………」

美希「…うぅ…ん……はにぃ…」

P「よし、迷わず寝るか……美希よりも早く起きればいい話だからな」

P「じゃあ、おやすみ美希」

美希「………」スースー



304: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 20:55:50.99 ID:NULDQ3LM0

翌朝
美希「……んっ…」

美希「………」ガバッ…

美希「もう朝なの……早くハニーを起こしに行かなきゃ……なの…」チラ…

P「…ぐがっ…」スースー

美希「………」

美希「…ハニー…?……どうしてハニーがミキと一緒に眠ってるの…?」

P「………」スースー

美希「……ミキ…裸でワイシャツだけなの……それにここ…ハニーのお部屋…」

P「………」

美希「……ねぇ…ハニー起きて…ハニー起きてほしいの……ミキ…何だかよく分からないの…ハニー…早く起きて…」ユサユサ

P「んっ……んんっ?…美希?」



307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 21:00:01.96 ID:NULDQ3LM0

美希「ハニー…答えて……どうしてミキ…ハニーと一緒に寝てるの…?」

P「あっ…あぁ…これはだな」

P(まさか美希のほうが先に起きるなんて……やばい…頭が上手く回らん…)

美希「ねぇ…どうしてミキ、裸でワイシャツなの……どうしてミキ…ハニーのお部屋にいるの…?」

P「あ…ああ…いやな、夜中に寝ぼけたお前が俺の部屋に来て……こ、こういうことになったんだよ」

美希「………こういうことってどういうことなの?」

P「だから…」

美希「………」

P「………」

P「き、昨日は良かったよ……ミキとあんなに愛することが出来て…」

美希「………」

P(バ、バレたか…?)



316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 21:07:03.10 ID:NULDQ3LM0

美希「………」ポロ…

P「え?」

美希「っ…ミキ……ハニーと一緒になったの…?」ポロ…ポロ…

P「あ、ああ…寝ぼけてて覚えてないかもしれないけど…」

美希「そ、そうなんだ……ミキ…ハニーと一緒に…なれたんだ…」ポロポロ…

P(……泣いてる…やっぱり傷ついたのか……)

P「……ゴメンな美希…あの時のお前の気持ちは本当じゃなかったのかもしれないのに…俺のせいだよ」

美希「……違うの…ミキ……ホントはとっても嬉しいの…すっごく……すっごくなの!」

P「……美希」

美希「でも…それなのにミキ…全然覚えてなくて……ハニーのこと大好きなのに…愛してるのに……ミキ…全然覚えてないの…」ポロポロ

P「………」

美希「イヤなの……嬉しいのに…こんなのイヤなの……ハニーと一緒になれたのに…全然覚えてないなんて……イヤ…イヤだよ…」ポロポロ…

P「………」



330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 21:14:25.54 ID:NULDQ3LM0

美希「ミキ…こんな形でハニーに愛されてたくなかったの……でも…でもやっぱり嬉しいの…」

P「………」

美希「ハニーが…お仕事なんか関係なしで……ミキのこと愛してくれて…」

P「………」

美希「………ねえ…ハニー?」

P「……何だ?美希」

美希「ミキ…ミキも……ハニーと一緒になれたミキも…ちゃんとハニーのこと愛せてた…?」

P「………」

美希「寝ぼけてても…本気じゃなくても……ハニーのことを…愛せてたの?」

P「………」

美希「……ねぇ…ハニー?」

P「………美希」



339: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 21:18:27.99 ID:NULDQ3LM0

美希「ちゃんと言って欲しいのハニー……ミキも…ちゃんと受け止めるから…」

P「………」

美希「じゃないと…じゃないとミキ…許せないよ……ミキ…ハニーのことを愛せなかった自分が許せないの…」

P「………」

美希「……言って…ハニー…」

P「……ああ…分かった…ハッキリ言うよ」

美希「………うん…」

P「あの時の美希…お前は…」

美希「………」


P「とっても愛らしい表情で眠ってたよ」

美希「………」

P「は、は~い…ドッキリ大成功~…」

美希「………」



357: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 21:25:10.79 ID:NULDQ3LM0

美希「………っ」ポロ…

P「あ、あのな美希!確かにやりすぎた!これはもう弁解の余地も無いと言うか!」

美希「っ…えぐっ……ん…」ポロポロ…

P「……本当に悪かった…好奇心でこんなことやって……もうプロデューサーとしての仕事をおりても仕方が無いと思ってる…」

美希「あっ…んんっ…」ポロポロ…

P「ごめん……本当に…本当に!…悪かったよ」

P(千早の時で学習しておけばよかった…こうなることも有り得るのに…何度も許されたから調子に乗って…)

P「……ごめん…美希」

美希「ぜ…ぜったいに……ゆ…許さないの…」ポロポロ

P「………」

美希「っ……は、はに…っ…の…ば、ばかぁっ!」

ぱちぃん……だきっ

P「!?…み、美希?」



364: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 21:33:24.39 ID:NULDQ3LM0

美希「ゆるっ…さないの……絶対なの…」ギュ…

P「……そうだよな…許されないよな」

美希「ミキ…本当に信じてたの……でも信じたくもなかったの……ミキが…ハニーと愛し合ったことを忘れたなんて……ハニーといい加減に愛し合ったなんて…」

P「………」

美希「だから今…すごく悔しくて…悲しいけど……ちょっとだけ安心したの」

P「……そっか」

美希「………でもやっぱり許さないの…ミキが死んじゃうまでハニーのことは恨んでやるの…絶対」

P「………」

美希「だからハニーも……ミキに許してもらえるように本気で愛してほしいの…」

P「…でも許してはくれないのか……はは…」

美希「………そんな笑ったって許さないものは許さないの……だから…今日のお仕事が終わったら今度はミキとちゃんと向き合って……本気で愛して…ハニー…」ニコ…

終わり



365: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 21:33:52.41 ID:uzJKhxsf0

かわいかった おつ



367: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 21:34:23.47 ID:82FpqDaA0

何この可愛い生き物 乙



488: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 23:51:21.97 ID:82FpqDaA0

期待はずれでも許せ


P「あれ、小鳥さんまだ残ってたんですか?」

小鳥「そうなんですよー。なんかこれだけ終わらせてからって思ったんですけど芋蔓色に次々出てきちゃって」

P「手伝いますか?」

小鳥「あ、きりが無いんでそろそろ上がろうかなって思って・・・」Σ( ・ω・)ピヨッ

P「ん?どうしたんですか小鳥さん」

小鳥「・・・終電・・・終わってる・・・」orz

P「タ、タクシー呼びますか?」アセアセ

小鳥「ダメなんです。今ちょっと(薄い本のせいで)お財布厳しくて」

P「じゃあ、俺明日休みだしウチ泊まりますか?なーんt「是非お願いします!」え・・・?」



491: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 23:52:36.71 ID:82FpqDaA0

小鳥「お、お邪魔します」

P「狭い所ですけど」

小鳥(ど、どうしよう。勢いに任せてお願いしますなんて言っちゃったけどこれって物凄く不味いんじゃ
   いやでもこんなチャンス早々こないし据え膳食わぬはピヨピヨピヨ)

P「それじゃベッド使ってください。俺、床で寝るんで」

小鳥「ひゃ、ひゃい!ありがとうごじゅます!」

P「あ、パジャマとかどうします?前にあずささん達が泊まっていった時に置いていったのならありますけど」

小鳥「・・・今なんと?」

P「え?」

小鳥「あ、あずささんが泊まりに来たとかなんとか」

P「ドラマの撮影の練習って事であずささんとそのお目付け役で律子が何日か泊まっていったんですよ」

小鳥「あ、ああ!あの時のですか!」

P「そんで何故か二人ともパジャマ置いていったんですよね。また使うかもとか言って」

小鳥「」



494: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 23:54:20.35 ID:82FpqDaA0

小鳥(結局着てしまった・・・しかも胸周り余ってる・・・)orz

P「それじゃ電気消しますよ小鳥さん」

小鳥「そんな、まだ心の準備が」

P「何言ってんですか?」

小鳥「あ、いえ何でもないです」

P「おやすみなさい」パチリ

小鳥(ね、寝れるわけないじゃないですかこんなの・・・!プロデューサーさんのかほりが・・・)クンカクンカ

P(そうだ、あのドッキリ試してみよう)

~数時間後~ 

P「寝ました?小鳥さん」

小鳥「スー・・・ピヨピヨ・・・スー・・・ピヨピヨ・・・」

P「それじゃあお邪魔します」



496: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 23:57:03.82 ID:82FpqDaA0

~さらに数時間後~

チュン・・・チュンチュン・・・

小鳥「ん・・・あれ?いつの間にか寝ちゃった?勿体無い事を・・・」

P「あ、起きましたか小鳥さん」

小鳥「ピヨッ!ななな、なんでプロデューサーさんが!?」

P「やだなぁ、小鳥さんから誘ったんじゃないですか(俺が潜り込んだだけだけど)」

小鳥「」

P「あれ?覚えてないんですか?」

小鳥「え、私が?でも、だって?」

P「いやぁ・・・可愛かったなぁ小鳥さん(寝顔が)」

小鳥「///////////」



497: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/14(木) 23:57:53.00 ID:82FpqDaA0

小鳥(え、私から?でもそんなの全然覚えてないし、でも私いつの間にかパジャマ脱いでる!)

小鳥(半裸で同じ布団で一夜を共にした男女が何もしていない?いいえナニかしています!間違いない!)

小鳥(つまりそこから導かれる答えは一つ!)

小鳥「不束者ですが末永くよろしくお願いします」

P「」

小鳥「りょ、料理とかあまり上手じゃないですし」

P「あの」

小鳥「アイドルの子達みたいに綺麗な子に比べると見劣りしますけど」

P「小鳥さん?」

小鳥「今のお仕事も楽しいですから辞めたくはないですけどプロデューサーさんが言うなら!」

P「小鳥さーん」

小鳥「子供は何人がいいですか!」

P「」



510: と、ここでネタばらし 投稿日:2012/06/15(金) 00:10:38.61 ID:ZKNANhpZ0

P「本当にすみませんでした」

小鳥「・・・・・・・・・・・・」

P「やりすぎました。海より深く反省します」

小鳥「~~~~~ぅぅっ」グスグス

P「ほ、本当にすみませんでした!」

小鳥「・・・許しません。こんなことなんでやったんですか!」

P「そ、それはその、好奇心の賜物というか」

小鳥「こんなの大好きな人からやられたら絶対許せません。だから絶対許しません」

P「いやもう返す言葉も無いといいますか、そろそろやめた方がいいと思・・・え?今・・・」

小鳥「許せないので許してあげるまでもう言ってあげません」

P「あの・・・」

小鳥「さ、着替えますから出て行ってくださいプロデューサーさん」

P「は、はい」

小鳥「本当にもう・・・。次は、ちゃんと言わせてくださいよ、プロデューサーさん」


終われ



516: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 00:23:47.92 ID:WOrr2Sew0

P「美希の事を反省しないとな…これからは程々にしよう」

P「そうだな…次は…うーん…」

P「笑って許してくれそうなアイドル…伊織はまず無いな」

P「あずささんは洒落にならないし…貴音は面妖…」

P「やよいは多分通じない…雪歩は親御様にバレタラ…」

P「亜美、真美は恐らく通じるが…言いふらされる危険性が」

P「真はネタばらし時に俺の身体が無事でいられる自信が無い…」

P「となると……やはり響」



522: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 00:30:04.48 ID:WOrr2Sew0

ガチャッ

響「お邪魔しまーす。遊びに来たよー」

P(髪降ろしてるの珍しいな…大分前に合宿に行った時は確か降ろして無かった気がするが)

響「はぁ…もうくたくただよ~。本当今日はハードだったぞ…」

P「遊びに来て早々どうした?完璧が聞いて呆れるぞ」

響「……なーんて今のは演技だよ。自分まだまだ元気溌剌だから!」

P「その強がりいつまで続くかな?」

響「へへーんだ!このぐらいの眠気なんくるないさー」

響「最近2人で話す機会無かったから今日は色々喋りたいし!」

P「ほー、嬉しいこと言ってくれるじゃないの。でも明日の仕事に響くから無理するなよ。響だけに」



525: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 00:35:58.50 ID:WOrr2Sew0

P「で、あれだけ自信満々だったのに俺が飲み物買いに行ってる間に爆睡ですか」

響「……」スースー

P「全く、本当完璧なやつだよ」ツンツン

響「ん…ぅぅ…」

P(あっ、不味い。思わずやっちまった)

響「…ぅ……」スースー

P(セーフ!あぶねー!)

響「……」スースー

P「さて…今回はどうしよう…」



532: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 00:43:20.53 ID:WOrr2Sew0

P(春香の時のように睡眠学習…それとも千早の時のように…はならないか)

P(一番無難なのは美希の時のように特に何もしない…が良いのだろうが…)

P(あれは美希だからこそ出来た作戦だからなぁ…響は美希と違って疑いそうだ…)

P「…!!そうだ、何故か俺がカバンの中に常備してある首輪でもつけてみるか」

響「……」スースー

P(首は敏感だから…慎重に…慎重に…)スッ

響「ん…ぁ…」

P(落ち着け俺!もう少しだ!)

響「くすぐ……や…ん……にぃ…やめ…」

P(よし!取り付け完了!流石俺!)

響「ぅう…ん……」

P「…髪綺麗だな」ナデ

響「……」スースー

P(じゃなくて…後はシャツを胸の下辺りまでずり上げてと…)グイッ

響「ぁ…ぅぅ……」スー



539: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 00:50:17.23 ID:WOrr2Sew0

P「我那覇響はプロデューサーの犬です」ボソッ

響「……」スースー

P「我那覇響はプロデューサーの忠実な僕です」ボソッ

響「……」スー

P「我那覇響はプロデューサーに忠誠を誓います」ボソッ

響「……」

P「我那覇響はプロデューサーの犬です」ボソッ

響「じ…ぷ…」

P「我那覇響はプロデューサーの忠実な僕です」ボソッ

響「しも…べ…」

P(以下大体エンドレス)



542: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 00:52:32.53 ID:NF9E/FtR0

響ちゃんかわいいなぁ



544: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 00:56:28.75 ID:WOrr2Sew0

響「ふぁ~…よく寝たぁ…」

響「…何だか変な気分……うーん」

響「それに…何か首が痛いし……って何だこりゃー!?」

P「よお、やっとお目覚めか。響」ノソッ

響「……ん?んん!?何で自分の部屋にプロデューサーが!?」

P「おいおい、人聞きの悪い。俺の部屋に押し掛けてきたのはお前だろ」

響「あ、そうだっけ……って何でプロデューサーの部屋で寝て…」

P「ふふふ、響。昨日は良かったよ」

響「昨日は…良かった…?…えええええええええええええええ!?」



551: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 01:06:25.98 ID:WOrr2Sew0

響「ちょ、ちょっと待って!?どういうことか説明してよ!?」

P「説明も何も…俺の部屋にお前が来て、なんやかんやでにゃんにゃんしただけだぞ」

響「しただけって……もしかしてこの首輪…」

P「もしかしても何も昨日響は俺の犬になったじゃないか。あんなに言ったのにもう忘れたのか?」

響「そんなはず……あっ…そうだ!自分が寝てる時にこっそり首輪つけたんでしょ!驚かせようと!」

P「アホか…ばれるに決まってるだろそんなの」

響「で、でもそんなの信用できないぞ!何も覚えてないもん!」

P「これでもか?」カチッ

響『じぶ…ん……は…ぷろ…でゅーさー…の…い…ぬ』

響「……そ、それじゃ…本当に…?」

P「全くしっかりしてくれよ。主従関係も忘れてしまうなんて…」



555: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 01:12:44.49 ID:WOrr2Sew0

響「ど、どうしてそうなったんだ…分からないよ…」

P「お互い好き同士なら自然にこうなるもんだ。ただ首輪はちと特殊だが」

響「あ、あはは…何が何だかさっぱりだぞ…」

P「まあ安心してくれ。俺はゆる~~い僕とご主人の関係を望んでるから」

響「プロデューサーが…ご、ご主人様…」

P「どうした、不満か?嫌ならやめるが」

響「い、嫌だけど…!嫌だけど…嫌じゃない…」

P「何だそりゃ…」

響「……って自分…その…しちゃったの?」

P「そりゃするだろう、自分の服装見てみな」

響「うっ…何だかお腹の辺りが変だと思ったら……じゃあやっぱり本当に…」



557: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 01:16:13.98 ID:BWx4JQUq0

響はかわいいなぁ



559: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 01:17:32.96 ID:WOrr2Sew0

P「マジで記憶飛んだのか…激しかったからなぁ…」

響「うぅ…初めてがぁ…自分の…」グスッ

P「え…お、俺じゃ不満だったのか…?」

響「ううん…プロデューサーで嬉しいけど…嬉しいけど…」

P「嬉しいけど?」

響「初めてのこと…全然覚えてないのが…悲しい…」グスッ

P(…やっぱり皆初めてはちゃんと覚えておきたいんだな)

響「せっかく…自分のバカぁ…」

P「……」



564: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 01:21:14.67 ID:WOrr2Sew0

響「どうして…どうして…忘れちゃったの…」ポロポロ

P「響…」

響「やっぱり自分…全然…完璧なんかじゃ…無い」

P「良いさ。響は無理に完璧になろうとせずにそのままで」ギュッ

響「…何だか…安心する…」

P「そうか」ナデナデ

響「…ごめんね、プロデューサーの気持ちも……自分…最低だね」

P(最低だ…俺って)



571: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 01:29:38.39 ID:5XN+ghab0

響はかわいいなあ



572: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 01:29:44.10 ID:WOrr2Sew0

P「落ち着いたか?」

響「うん、迷惑かけてごめんね」

P「良いさ、俺は響の主人なんだから。何かあったら俺に言うんだぞ」

響「……」

P「困ったことや相談事も隠さずに全部俺に言うように」

響「うん…」

P「あと俺は放任主義だからな。首輪も外そう」カチャカチャ

響「え?じゃあ何でつけたの?」

P「響がどうしてもって言うから。でも見てて苦しそうだし」カチャカチャ

響「えぇぇぇ…自分が怖くなってきたぞ…」



575: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 01:34:14.80 ID:WOrr2Sew0

P「でさ…響外した首輪をよく見てくれ」

響「え?何で?」

P「まあ、ほら。とにかく一度見てみろ」

響「分かったー…何々…どっきり…でした☆てへぺろ」

P「何だドッキリか」

響「……なーんだドッキリかー」

P「あははは」

響「あはははは、良かったー」

P「良かったなー」

響「うがああああああああああ!!全然良くないぞ!!」ペシペシ

P「申し訳ありませんでした!!」



577: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 01:35:28.24 ID:4r/Rr4WC0

響は可愛いなあ!



582: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 01:41:15.57 ID:WOrr2Sew0

響「くっ…こんなの全然洒落になってないぞ…」

響「酷過ぎだよ…」グスッ

P「な、泣かないでくれよ…」

響「自分…本当に悲しかったんだから…思い出消えちゃったって…」ポロポロ

P「ごめん…ごめん…響。この通りだ…」

P(くっ…俺は美希の時に何を学んだんだ…まるで成長していないじゃないか…)

響「うっ…グスッ…けど良かったぞ…自分が…忘れちゃうような…薄情者じゃなくって…」

P「…当たり前じゃないか、響は完璧なんだから薄情な訳ないだろ」

P「歌もダンスも上手で可愛い。その上明るいし、何より友達や家族思いで優しい。それが響だ」

響「そ…そんなに誉めても許さないからな!」

P「いや、これは俺の本心だよ。許してもらうために言ってるんじゃない」

響「ま…真顔で言われると照れるぞ…」



584: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 01:46:44.58 ID:WOrr2Sew0

響「くそー…それにしてもまんまと騙されたさー…」

P「うちのアイドルは皆純粋だからなー」

P「……あ!も、もちろん響にしかやってないからな!誤解無いように!」

響「何1人で急に焦ってるの?」

P「えっ…その…あはは…とにかくごめん。悪かった」

響「仕方ないなー…もう一回なでてくれたら許してあげる」

P「本当か!?お安い御用だ」ナデナデ

響「えへへー、もっともっと」

P(響マジ良い子)



588: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 01:52:36.63 ID:WOrr2Sew0

響「あっ、それと!もう1つ!」

P「ま、まだ何か?」ナデナデ

響「自分…プロデューサーのペットだから…」

P「そ、それは…もう忘れてくれ」

響「い、今更遅すぎるぞ!」

P「えぇ…」

響「…その、だから今までよりもっともっと色々お話したり相談したりして良い?」

響「さっき…何かあったら主人に言えって…言ってくれたから…」

P「…当たり前だ。いつでも来てくれ。いくらでも力になる!」

響「やったー!…ペットは飼い主がいないと死んじゃうから」

響「だから…ちゃんとこれからもずっと面倒見てね」

P「ああ、約束するよ」ナデナデ


おわた



589: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 01:53:39.54 ID:brUqqHYl0


響はちょろかわいいなぁ



622: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 03:55:37.32 ID:5+lWB3Bn0

P「次は…貴音にしてみるか」

ガチャ

貴音「こんな夜分に何用ですか?貴方様」

P「ああ、夜食にラーメン作るから貴音も一緒にどうかなって思ってな」

貴音「まあ!それは誠に良き考えですね。喜んでご一緒させて頂きます」

…………

貴音「…スー…スー」

P「ようやく眠ったか」



623: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 04:00:44.21 ID:5+lWB3Bn0

P「しかし、十杯以上食べるとは思わなかったな。一体どういう胃袋してるんだ…」

P「おっと、早くしないと夜が明けてしまうな。早速取り掛かろう」

P(布団を乱して服をはだけさせて、と)

P(何か物足りないな。せっかくだから口の周りを白く汚しておこう)

P(うおっ!これは想像以上にヤバいな)

貴音「…ん」

P(しまった、起こしたか?)

貴音「…らぁ…め…ん…スー」

P(…セーフっぽいな。ってもうこんな時間か。仕方ない貴音が起きるまで起きてるか)



625: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 04:05:42.25 ID:5+lWB3Bn0

貴音「ん…おや、ここは?」

P「おはよう、貴音。昨日は良かったよ」

貴音「おはようございます、貴方様。はて、昨日とは?」

P「覚えてないか?あの後ラーメンを平らげた貴音が今度は俺を食したいとか言って」

貴音「なんと!」

P「いやぁ、あまりにも激しすぎてもうげっそりだよ」

貴音「確かに、貴方様の顔がいつもより疲労している様子。それに何やらわたくしの口も汚れていますし衣服も乱れています」

P(ただの寝不足なんだけどな)



626: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 04:10:59.16 ID:5+lWB3Bn0

P(さて、どんな反応を)

貴音「うっ…うう…」

P(うおっ!な、泣きだしてしまった!)

P「た、貴音!だ、大丈夫か?やっぱり初めてを覚えてないって悲し」

貴音「いえ、違うのです」

P「うん?」

貴音「初めての殿方を覚えていない事が悲しいのもあります。それより、もう貴方様に会うことが出来なくなる事が何より悲しいのです」



628: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 04:16:56.22 ID:5+lWB3Bn0

P「えっそれってどういう」

貴音「実はわたくしは地球の民ではないのです」

P「はあ?」

貴音「驚かれるのも無理からぬこと。しかし事実なのです」

P(意味がわからん…第一、会えなくなるのとどういう関係が)

貴音「わたくしはとっぷあいどるになるために爺や達に無理を言って月から地球に来ました。その時にある約束をしたのです」

P「それって」

貴音「地球の民と契を交わしてはならないという事です

P「」



630: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 04:20:57.05 ID:5+lWB3Bn0

貴音「約束を破ったことはすぐに爺やの知る事となるでしょう。まもなく月より使者が来るはずです」

P「はは…そんなバかな」

貴音「わたくしは古都においては高貴な身分でした。しかし自分自身で上り詰めた高みから見えるものこそ価値があると考え、あいどると志しました」

P(マズイ、貴音の顔が真剣だ)

貴音「それでも心の中で寂しさは消えませんでした。月見で自分を慰めていましたが、貴方様の体を求めたはきっとわたくし自身が限界だったのでしょう」

P(くそ、寝不足で頭が働かない…どうすりゃいいんだ)

P「貴音、実はこれは」

貴音「貴方様、最後に一つだけお願いがあります」



633: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 04:25:05.07 ID:5+lWB3Bn0

貴音「月に帰る前に貴方様との思い出をください」

P「思い出…?」

貴音「はい。せっかく愛しい殿方と結ばれたというのに記憶がないのは寂しいものです」

P「それって…うわ!」

P(なんだ窓の外が急に明るく…目を開けてられないっ)

貴音「どうやら迎えが来たようです」



634: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 04:29:35.82 ID:IFK4Z46m0

えっ



635: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 04:30:05.70 ID:5+lWB3Bn0

P(このままじゃ本当に貴音がっ!)

P「行くな貴音! これは全部」

貴音「貴方様、どうか最後にわたくしのことをどう思っているのかお聞かせください」

P「そんなの愛してるに決まってるだろ!だから行くな!そもそもこれはドッ」

チュ

「ありがとうございます。その言葉だけでわたくしは未来永劫に幸せです。それでは」

さようなら



637: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 04:34:06.97 ID:5+lWB3Bn0

光が一層強くなり、貴音の温もりが遠のく。寝不足の眼を無理やりこじ開けると部屋には

ドッキリテヘペロのプラカードを持った貴音がいた。



640: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 04:37:35.48 ID:5+lWB3Bn0

P「」

貴音「どっきり成功です」

P「えっと」

貴音「窓の外の光は律子嬢と亜美真美に協力を頼みました」

P「なんでそんな事を」

貴音「律子嬢から貴方様を懲らしめて欲しいとの依頼がありました故。驚かせてしまい申し訳ございません」

P(あいつ、後で覚えておけよ)

貴音「前にも申し上げた通り、わたくしは冗談が得意なのです。流石の貴方様といえど見事に引っかかりましたね」

P「それは寝不足だったから…あー、くそっ。参りました」

貴音「ふふふ」



641: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 04:39:57.28 ID:5+lWB3Bn0

P(はあ、完全にしてやられた。ん?何だか貴音の顔が赤いぞ)

貴音「あの、先ほどの言葉をもう一度言って貰えないでしょうか?」

P「先ほどの言葉って?」

貴音「あ、愛してる…と」

P「あ、あれは言葉の綾で!その!」

貴音「…嘘なのですか?」

P(ああ!そんな甘えるような目で見られたらクラクラするだろ!ただでさえ寝不足なんだぞ)

P「と、とにかくドッキリは終了だ。俺はもう寝る!」



644: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 04:42:28.45 ID:5+lWB3Bn0

貴音「仕方ありません。照れている貴方様を見れただけでもよしとしましょう」フフフ

P(…ああまたからかわれたのか。ん?そういえばさっき目を閉じている時に唇に何か)

P「なあ、貴音本当に全部冗談だったのか?」

貴音は妖艶に微笑みながら、ドアまで進み、退室間際に首だけ振り返り

「それはとっぷしーくれっと、です」

お し ま い



646: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 04:44:53.48 ID:5+lWB3Bn0

翌日の朝

P「ふぁ~よく寝たなぁ」

P(昨日はあの後、一時間の仮眠で仕事だったから流石に堪えた…って)

P「何で俺はパンツだけで寝て」

貴音「おはようございます貴方様。昨日は大変良かったですよ」

P「」

貴音「ふふふ、今度はどっきりではないかもしれませんよ?」

お わ れ



647: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 04:45:29.37 ID:KS/rYGC40

ふぅ…

貴音は可愛いなぁ



729: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 14:04:36.17 ID:5+lWB3Bn0

P「次は…真美にしてみるか」

ガチャ

真美「お、兄ちゃんだ。どったの?」

P「なんか寝付けなくてな。ちょっとPSPで対戦でもしないか?」

真美「んっふっふ~、望むところだYO→!今夜は寝かさないからねぇ~」

…………

真美「…グー」

P「と言いつつ一時間もたなかった。まだまだ子供だな」



731: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 14:07:08.78 ID:5+lWB3Bn0

P(さて首尾よく俺の部屋まで運んで来た訳だが。これからどうする)

P(まずは髪の毛を解いておくか、変な癖がついて仕事に差し障りが出たらシャレにならないし)

シュル

真美「ん…」

P(こうやって髪を下ろした姿は新鮮だな。いつもより少し色っぽいような…)

P「さ、さあ、チャキチャキ準備をしよう!」

P(服をはだけさせて…おっと)

ムニュ

P「い、意外と胸があるんだな…胸囲で言うと恐らく72よりはあるな」

???「くっ…」



733: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 14:10:08.11 ID:5+lWB3Bn0

P(準備完了したが…うーん、なんか面白みにかけるような。よし、これをこうして)

ゴソゴソ

P(これでよし。後は目が覚めるのを待つのみだ)

…………

真美「んん…あれ」メヲシパシパ

P「おはよう真美。昨日は良かったよ」

真美「…兄ちゃん、何で真美の部屋にいんの?」

P「何だ覚えてないのか?」

真美「え?昨日は兄ちゃんと対戦してて…それから…あれ、ここ兄ちゃんの部屋じゃ…んっ!?」バッ

P(着衣の乱れに気づいて俺に背を向けた。むき出しの右肩がなかなかそそr…色っぽいな)

P「それから、俺の部屋に移動してから、ベッドの上でもう一回対戦しただろ?」

真美「たたたたた対戦って!えとそれって…」

P「ゲームじゃ押されっぱなしだったけど、ああいう事する時は意外と真美は大人しいんだな」

真美「ああいう事って、何…?」

P「そりゃもちろんHな事だ」



734: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 14:13:22.17 ID:5+lWB3Bn0

真美「!?」

P(おお、耳まで真っ赤だ)

真美「はっ!…んっふっふ~。兄ちゃん、その手には乗らないYO→。真美のことドッキリさせようとしてっしょ?」

P「ん~、そこに転がってる物を見てもそんな事言えるかな~」ニヤニヤ

真美「あ、あれって…」

P(封が切られたコ○ドームを見つめて固まるってことは、どういう物だが知っているのか。ちょっと複雑な気分だな…)

P「いや~真美がまさかナマが良いなんて言うとは思わなかったな~」ニヤニヤ

真美「」

P「そんなに俺の事好きだったんだな、気付かなくてごめん真美。俺ちゃんと責任は取るから」ニヤニヤ

P(流石にそろそろネタバラししないとまずいかな。なんか肩が震えてるし)

P「なあ、真美。残ってるコ○ドーム開けて」

真美「…ううん。…次も使わなくてもいいよ」



735: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 14:15:27.60 ID:5+lWB3Bn0

P「え゛っ!?」

真美「だって真美、兄ちゃんとの子どもなら欲しいもん…」

P「いや、あの…」

真美「兄ちゃん、ど→ん!」

P「うわっ」バタン

P(胸に押し付けられる頬がすごく暖かい!)

真美「真美、すっごく嬉しんだ♪はるるんやミキミキには絶対敵わないって思ってたし。初恋はほろ苦いってよく言うっしょ?」

P(うわぁ…めっちゃいい笑顔なんですけど。どうすんだよ、この状況)



738: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 14:18:11.25 ID:5+lWB3Bn0

P「真美、落ち着いて良く聞くんだ。まずは深呼吸だ。そして、アレを開封してくれ」

真美「んっふっふ~!兄ちゃんもう照れなくてもいいんだYO→。それより生まれてくる子どもの名前考えとこ~」

P「」

真美「あ~でもやよいっちの家みたいになったら大変かもだから、ちゃんと付け方は覚えておいた方がいいかもだよね~。」

ビリッ

真美「あれ?なんか紙が出てきた。なになに…『ドッキリテヘペロ(・ω<)』…えっ、これって…」

P「実は全部ドッキリでした~…い、いやぁ流石は真美だな…言い当てられた時はどうしようかと思ったぞ…はは…」

真美「」



740: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 14:20:56.27 ID:5+lWB3Bn0

ベッドで俯く真美を見ていられず、俺はベッドから降りて土下座をしていた。

P「ほんとっっっうに申し訳ない!ほんの出来心なんです!」ドゲザー

真美「」

P「何でも言うことを聞きますから、どうか許して下さい!」ドゲザー

P「ゲームでもお菓子でも何でも買うし、イタズラにも付き合うし、いじられキャラも喜んでやりますから、どうか!」ドゲザー

真美「…兄ちゃん、真美のこと舐めてるっしょ」

P「えっ?」

真美「真美もう子どもじゃないっての。そんな事で許すわけ無いじゃん」

P(うっ…すげぇ怖い目してる)

真美「…もういいよ。真美帰る」

P「ま、待った!」



741: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 14:25:50.20 ID:5+lWB3Bn0

真美「何?」

P(ここで大人しく帰したら真美と二度と分かり合えない気がする…)

P「ごめん。確かにさっきの言い方は子ども扱いしてた。本当にごめん」

P「だけど、真美の髪下ろした姿とか細い肩とか割りと大きい胸とか見て、ドキドキしたことは確かだ!だから真美のこと」

真美「子ども扱いしてないっての?じゃあ証明してよ」

P「証明って」

真美「真美を見てはるるんよりドキドキする?」

P「ああ」

真美「真美を見てミキミキよりドキドキする?」

P「……ああ」

真美「じゃあ、キスして」



743: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 14:29:29.66 ID:5+lWB3Bn0

真美「真美の気持ち聞いたよね?だったら今度は兄ちゃんの気持ちを行動で示してよ」

P(俺は、俺の気持ちは…)

華奢な肩に手をかけて、腰を屈めようとして

真美「ま、待って」

P「…やっぱり辞めるか?」

真美「ち、違う。そ、その…お、大人のキス…だよ?…んっ!?」

上目遣いでそう言われて、俺は抑えが効かなくなり、真美の唇を貪るように味わった。



746: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 14:32:46.07 ID:5+lWB3Bn0

ディープキス終了

真美「ぷは…」トロン

P「どうだった?」

真美「もういっk…ん」

再びディープキス終了

真美「ぷは…兄ちゃん」

P「ん?」

「…大好き」


お し ま い



750: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 14:48:18.88 ID:5+lWB3Bn0

数日後

真美「ほら、兄ちゃん、事務所のなかをあと5周はしないと終わりにしてあげないよ」

P「大人扱いしろって言われたのに、なぜ俺は連日のように真美を乗せてお馬さんごっこをやっているのだろうか」

真美「大人のお馬さんごっこなんだよ、兄ちゃん。うわっ、兄ちゃん、兄ちゃん、なんかこの言い方やらしくない?」

P「アア、ヤラシーヤラシー」

真美「あれあれぇ~?そういう態度取ると、真美にしたこと、言いふらしちゃっおかな~?」

P「ヒヒーン!パカランパカラン」

真美「うむうむ、コヤツは名馬じゃ~。あ、そだ、ドッキリが本当になるのはあと三年待ってね。真美との約束だよ♪」

お わ れ



756: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 15:01:19.03 ID:wTJeXvWtO

P「次は、そうだな……ここは運に任せて次に事務所のドアを開けたアイドルにしよう」

真「おっはよーございまーっす!」

P(……真か……)

P「おはよう、真。早いな」

真「あっ、プロデューサーさん、おはようございます!」

P「あれ?今日はレッスンの日だよな?なんで事務所に」

真「そ、それは……ぷ、プロ……ごにょごにょ」

P「ん?」

真「い、いい、いや、美希と響の3人でダンスレッスンなんですけど、ここで待ち合わせしようって」

P「ああ、そうなのか。というか珍しいな、3人でレッスンなんて」

真「たまたまスケジュールが合って……2人とも上手いんで、良い刺激になるんです!」

P「そうか。まぁ、俺は真のダンスが一番だと思ってるけどな」

真「ほ、ホントですか!? え、えへへ……ふふふ……」

P「ま、真?」



758: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 15:04:56.00 ID:wTJeXvWtO

真「ま、まいっちゃうな……ボクが一番だなんて……うぇへへへ……」

P「完全に1人の世界に入っちゃったな、これ」

美希「ふあぁ……おはようございますなのー……」

響「おはよ……あっ、プロデューサー、おはようだぞ!」

美希「ハニー!!おはようなの!」

P「ぐおっ、まぶしい!」

響「なぁなぁ、プロデューサー。真が返事しないんだけど、どうしたんだ?」

P「……まだ自分の世界に浸っているのか……おーい、真ー、真ー!」

真「へへへ……それでそれで、まだ眠ってるプロデューサーのほっぺに」

P「俺のほっぺがなんだって?」

真「う、うわああああああああああああああ!? プロデューサー!? 起きてたんですか!?」

P「お前は何を言ってるんだ」

美希「寝てるのは真くんの方なの」



759: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 15:07:55.74 ID:wTJeXvWtO

響「じゃあ、レッスン行ってくるぞ」

P「ああ、気をつけてな」

美希「ハニー、レッスン終わったら、ご褒美にデートしてほしいな」

響「な、なんだそれ!自分だって……!」

P「残念だが今日はこの後、営業で外回りなんだ」

美希「まことにいかんなの……」

P「まぁ、余裕があれば、後で少しくらい見に行くよ」

真「ホントですか!?よーっし、張り切ってレッスンするぞー!!」

響「おー!」

美希「なのー♪」

P「……やれやれ、行ったか……それじゃ、と」

P「あ、先生ですか? ええ、今日はウチの3人がお世話になります……」



760: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 15:10:23.94 ID:wTJeXvWtO

P「おーっす、様子見に来たぞー」

美希「……あー……はにーなの……」

P「おわっ!? み、美希!?」

響「ぷろりゅーさー……おそいぞー……」

P「響まで……」

真「」

P「真に至っては声も出ないじゃないか……」

P(今日はビシバシ厳しくしごいてやってくださいって確かに言ったけどまさかこんなにとは)

P「い、一応差し入れ持ってきたんだけど、いるか?」

美希「おえっぷ……なの……」

響「ちょ、ちょっとむりさ……」

真「ぼ、ぼくは……たべます……」

P「甦ったのか、真」

響「真、すごいぞ……」



761: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 15:12:22.83 ID:wTJeXvWtO

P「さて」

P(響はハム蔵が迎えに来たので連れて帰ってもらい、美希はよろめきながらも自力で帰った)

P(そして今、俺の部屋のベッドの上には差し入れを平らげた後、爆睡してしまった真がいる)

P「それにしても、そんなに頑張るとは思わなかったな……まったく」

P(……そしてこれからそんな真にドッキリを仕掛けるなんて……ちょっと罪悪感だ)

P「おーい、真ー、寝てるかー?」

真「……すぅ……すぅ……」

P「うん、しっかり良く寝てる」

P「服を脱がせるかどうか……うーん、さすがに悪い気がするが、何もしないってのもな」

P「よし、ブラだけ外そう」

P「真、脱がすぞ」

真「ぷろ、りゅー、さ……ぁ……」

P「げっ、お、起きた、のか……?」

真「すぅ……すぅ……」

P「ふう……これでよし、後は隣に潜り込んで、と」



763: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 15:16:13.20 ID:wTJeXvWtO

P(これだけじゃ弱いな……ここはやはり睡眠学習してもらおうか)

P「……真……」

真「……ふぁっ……」

P「……意外と胸あるんだな……」

真「や……ん……」

P「真、綺麗だぞ」

真「ん……は、はず、かし……だ、め……です……」

P「真のここもこんなに濡れてるじゃないか」

真「ふぁぁ……やぁぁ」

P「真……気持ち良いぞ……お前の中……」

真「ぷろ、でゅー、さー……」

P「お前もちゃんと女の子なんだな」

真「ぁぁ……も、もっと……さい……」

P(……い、いかん、息子が起床してしまう……これ以上は危険だ……)



765: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 15:18:06.54 ID:wTJeXvWtO

真「……ん~~っ……よく寝たぁ……って、え?」

真「こ、ここどこ!? し、知らない部屋なんだけど……え、えっ?」

P「ん……真、起きたのか?」

真「ぷ、ぷ、プロデューサーっ!? な、なんでボクの横に!?」

P「なんでって……ここは俺の部屋で、これは俺のベッドなんだが」

真「!? !? !? !! !?」

P「……もしかして、お前、昨日の事覚えてないのか?」

真「えっ!? えええっ!?」

P「あんなに深く愛し合ったのに……」

真「えええええええええええええええええええええええええええ!?」

P「まぁ、真もすごい疲れてたみたいだし、仕方ないか」

真「ちょっ、プロデューサー! まっ、それ、えっ? それってつまり、昨日、ボクとプロデューサーは」

P「……ああ、昨日は良かったよ、真」

真「……………………………………………………きゅぅ……」

P「ああっ、真ーーっ!?」



766: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 15:20:29.84 ID:wTJeXvWtO

真「ぷ、プロデューサー……そ、その……ボク……」

P「どうした?」

真「そ、その、なんて言えば良いか、分かりませんけど、そのっ、不束者ですが、よろしくお願いします!」

P「わっ!?」

真「た、確かに覚えてないのは残念だし、急なことでビックリもしましたけど、プロデューサーが相手なら!」

P(や、やばい、これは言い出しづらい)

真「そ、それに、ボクがプロデューサーにとってそういう対象だったってのも、嬉しいですしねっ、へへっ」

P(なにこのかわいいいきもの)

真「あ、あの、プロデューサー……えっと、その、ボクで、気持ちよくなってもらえたんでしょうか……?」

P「そ、そりゃもう、もちろんだよ! 最高だったぞ!」

真「……え、えへへ、やりぃ……」

P(だ、だが、この企画……遂行せねば……断腸の思いだが……すまん、真!)

P「ほら、これが証拠だぞ!」

真「え、証拠って何……えっ……ど、ドッキ、リ……?」



767: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 15:22:11.70 ID:wTJeXvWtO

P「す、すまん、ドッキリだったんだ……だから昨日のってのも嘘で……」

真「……」

P「ほ、本当にごめんな……」

P(肋骨2本じゃ済まないかな……入院も覚悟しよう)

真「…………は……」

P「……真……?」

真「あ、あはは……や、やだなぁ、プロデューサー、わかってましたよ~」

P「え」

真「分かってて、演技したんです!どうでした?ボクの演技!なかなか良かったでしょう!」

P「え、あ、いや……うん、まぁ」

真「も~、いつネタばらしするのか分からなくて冷や冷やしたんですからね!」

P「あ、あっはっは、すまんすまん、タイミングが難し、く……て……」

真「…………っ……っ……」

P「まこ、と……」



770: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 15:24:03.98 ID:wTJeXvWtO

真「ご、め、なさ……や、やっぱ、だめでした……」

P「真……」

真「なんとか、笑い飛ばそうって……したんですけど……むり……ひぅっ……」

真「うっ、ぼ、ボク……ボク……本当に嬉しくて……で、でも……う、嘘……ひぐっ」

真「こんなの……こんなの……」

P「……すまん、真……」

真「っ……ぷ、ぷろりゅーさー……?」

P「……さっきの、『本当のこと』にしよう」

真「……そ、それって……?」

P「真、お前に惚れた。お前が好きだ。お前を俺のものにしたい。お前を抱きたい。お前と一緒になりたい」
真「ぷ、ぷろりゅーさぁぁぁぁ……」

P「……泣くほど嫌か?」

真「まさかですよ!これは嬉し泣きですっ!もう絶対離れませんからね!嘘とかナシですからね!」

P「ああ、絶対離さないよ、真」

おわり



784: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 16:18:18.06 ID:AIIwHGMTO

P「反省した。今度はもっと上手くやろう」

ガチャ

P「おーい亜美ー?」

亜美「お→。兄ちゃん、遊びにきたの→?」

P「いや、明日の予定の確認にきただけだ。朝早いんだから早く寝たほうが良いぞ」

亜美「え→。せっかく兄ちゃんと二人っきりの夜なのに→」



786: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 16:24:00.84 ID:AIIwHGMTO

P「まぁまぁ。撮影が早く終わったら帰りにどっか連れてってやるから」

亜美「ほんと? ホントにホント?」

P「あぁ。早く終わったら、な」

亜美「よ→っし。明日はがんばっちゃうYO→!」

P「あぁ。頑張ってくれよ」ナデナデ

亜美「んっふっふ~。まっかせなさ→い!」



788: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 16:35:53.73 ID:AIIwHGMTO

P「さて、部屋に連れてきてベッドに寝かせてっと」

P「上着をはだけさせて、あー寝るときはブラ着けない派なのなー」

P「……ま、こんなモノかな」

P「じゃあ、おやすみ~」



789: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 16:44:17.92 ID:AIIwHGMTO

亜美「う……うぅん」

亜美「はれ? ……兄ちゃん?」
亜美「えっ? な、なんで? 何で兄ちゃんと寝てたの?」

P「おう。おはよう亜美。昨日は良かったよ」

亜美「おはよ→、兄ちゃん。って兄ちゃん何で裸!?」

P「はっはっはー。昨日の夜は激しかったからなぁ」



792: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 16:57:08.54 ID:AIIwHGMTO

亜美「えっ? どうゆうこと? どうなってるの?」

P「ん? 覚えてないのか? っていうか亜美も他人のこと言えないだろ」

亜美「え? うわぁぁぁ! な、何でこんなカッコに!?」

P「そっかー。亜美は覚えてないのかー」

亜美「も、もしかして兄ちゃん。亜美と兄ちゃんは男と女のカンケ→になっちゃった、の?」

P「あぁ。激しく愛し合ったからな」



798: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 17:26:10.92 ID:AIIwHGMTO

亜美「」ポロポロ

P「なっ!? お、おい亜美。どうした?」

亜美「ど、どうしよう、兄ちゃん……。赤ちゃんできちゃったかも……」ポロポロ

P「いやいや、そんな簡単にできたりしないって」

亜美「でも亜美、昨日は危険日だったし……」ポロポロ

亜美「赤ちゃん出来ちゃったらアイドルもできなくなっちゃうし……」ポロポロ



802: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 17:40:00.64 ID:AIIwHGMTO

亜美「兄ちゃん。どうしたらいいの……?」

P「あ、えと、でもほら、アレってあまり当てにならないらしいし」

P「安全日のはずなのに出来ちゃったヤツとか知ってるし……」

亜美「兄ちゃん、アレって本来は赤ちゃんをちゃんとつくるためのものなんだよ」

P「……」



804: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 17:47:57.26 ID:AIIwHGMTO

亜美「どうしよう? どうしたらいいの?」

亜美「やっぱり兄ちゃんは亜美との赤ちゃんはイヤ?」

P「いや、そんなことはないぞ」
亜美「じゃあ、赤ちゃん出来てたら産んでもいいの?」

亜美「兄ちゃん、責任とってくれる……?」

P「あぁ、もちろん」



807: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 18:04:47.43 ID:AIIwHGMTO

P「でもその前にこれを読んでくれ」

亜美「……」

亜美「ドッキリ……大成功……?」

P「実はドッキリでしたー。すいませんっしたー!」ドゲザー

亜美「……」

亜美「あぁ、そっか→。ドッキリだったのか→……」



810: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 18:17:22.43 ID:AIIwHGMTO

亜美「ドッキリ……だったん、だ」ポロポロ

P「すまん。本当にすまなかった。ごめんなさいっ」

亜美「あはは。兄ちゃんとの赤ちゃんはいないんだね。アイドル辞めなくてもいいんだね」ポロポロ

亜美「そっかー。兄ちゃんとの赤ちゃんはいないのかー」ポロポロ

亜美「いないんだ……」ポロポロ



816: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 18:28:08.98 ID:AIIwHGMTO

P「……亜美?」

亜美「うっ……、ぐすっ、うえぇぇぇ……」

P「ちょっ、どうした。何で泣き出すっ」

亜美「うわぁぁぁん!!」



817: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 18:36:11.65 ID:AIIwHGMTO

P「どうだ? 少しは落ち着いたか?」ナデナデ

亜美「……うん」

P「本当にごめんな。ちょっとしたドッキリのつもりだったんだよ」ナデナデ

亜美「ぜんぜんちょっとしてないよ。女の子の人生を左右するドッキリだったよ……」

P「うっ………。甘く見すぎてたのかもしれません」ナデナデ

P「と、ところで亜美。最後は何であんなに泣き出したんだ?」ナデナデ



820: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 18:42:48.75 ID:AIIwHGMTO

P「安心したからっていうのとはちょっと違ったみたいだったけど」ナデナデ

亜美「あっ、そ、それは……」

P「それは?」

亜美「に、兄ちゃんとの赤ちゃんがいないんだって思ったら、なんか悲しくなっちゃって……」

亜美「亜美と兄ちゃんの赤ちゃんは絶対いないんだって……」

P「……そっか」ナデナデ

亜美「亜美は、兄ちゃんとの赤ちゃんならいいかなって思ったから……」



824: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 18:59:38.68 ID:AIIwHGMTO

P「なぁ、亜美」

亜美「ん?」

P「責任取るって言ったよな。だから亜美が許してくれて、いつか亜美が」

亜美「いらないよ」

亜美「兄ちゃんは優し過ぎるんだよ。好きでもない人にそんなこといっちゃダメっしょ」

P「違うよ、亜美」



827: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 19:14:16.91 ID:AIIwHGMTO

P「亜美のことが大切だから、亜美のことを愛しているから」

P「だから、亜美が許してくれるのなら、責任を取らせてほしいんだ」

P「そのためなら、なんだってするから」

亜美「うっ……。しょ、しょうがないなぁ」



828: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 19:22:10.28 ID:AIIwHGMTO

P「うん。ありがとう、亜美」ナデナデ

亜美「それじゃあ、そのうち許してあげる」

亜美「だからそれまで、ちゃんとそばにいてね。いい?」

P「わかった。約束する」

亜美「あと、一つだけ。目をつぶって」

チュッ

亜美「約束。ちゃんと守ってね」
おしまい



838: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 19:57:16.40 ID:ZRBnQ+Wp0

ある夜・・・

あずさ「うれしい・・・やっとあなたと一緒になれるのですね・・・。」

P「ああ、ずっと一緒だ・・・。」

あずさ「愛しています、あなた・・・。」

律子「カーット!!ストップストップ!」

P「またか律子。もう5回目だぞ。」

あずさ「すみませんプロデューサー、もう一度お願いします。」

律子「んーちょっともう一度シチュエーションを確認しましょう。」

ここはPの部屋。あずささん出演のドラマの練習のためにPとあずささんで特訓中なのだ。
律子は監督兼お目付け役・・・とのこと。

律子「なんかもうちょっと足りないのよね。よくわかんないけど・・・。」

P「足りないって?」

あずさ「なんでしょうか。」

律子「なんか切実っぽいもののような切羽詰ったもののような、そんな感じ?」

P「よくわからないな。」

帰ってきたが書き溜めが全然ないや。全力で逝く。



845: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 20:04:22.08 ID:ZRBnQ+Wp0

律子「とにかく、何か違和感があるのよ。」

あずさ「とはいえ・・・撮影は明日ですし、お腹も空きましたね。」

P「仕方ない、いったん飯にするか。」

律子「そうね。適当に何か買ってくるわね。」


そして・・・

律子「すー・・・すー・・・」

あずさ「あらあら。」

P「真っ先につぶれるとは。だいたい律子は酒飲んでないってのにな。」

あずさ「焼酎のお湯割りのにおいだけで寝ちゃうとは思いませんでした。」

律子「すー・・・すー・・・」

P「で、あずささん。ここで提案なのですが。」

あずさ「はい。」

P「正直、演技に関しては律子の言っていることは当たってると思うんです。
しかし、それが何なのかがわからない。そこで、シミュレーションをやってみようと思うのです。」



846: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 20:13:23.92 ID:ZRBnQ+Wp0

あずさ「はぁ・・・?」

P「正直、これはかなり非道なやり方だと思います。しかし、もう時間がない上に不完全な状態で
あずささんを仕事に送り出すわけにもいかない。これしかないのです。わかっていただけますね、あずささん?」

あずさ「なにをやるのかはわかりませんが、プロデューサーさんの真剣さはわかりました。
で、どのようなことをやるのです?」

P「それはですね・・・」


次の日、早朝

律子「ん・・・ここ、ど・・・こ・・・?」
律子「そうだ、きのう、ぷろでゅーさーとあずささ・・・・・・・!!」

寝ぼけた律子が自分の置かれた状態に気づいた。
ベッドの上で下着と男物のワイシャツ一枚。ベッドの下にはあずささんが寝ている。
そして自分の横には・・・

律子(な、な、な、なによこれなによこれなにy・・・あたしなんではだかわいしゃつなのというかなんでぷろでゅーさーがよこでねてr・・・)

P「ん、おはよう律子。どうした?」

律子「どう、どうしたもありま。なんですかこれ、え、え、えと」

P「律子、昨日、よかったよ。」

律子「」



852: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 20:29:18.86 ID:ZRBnQ+Wp0

P「律子?」

律子「うそよ・・・うそよこんなことあるわけが!」

律子の顔は真っ青で何かが崩壊しそうなのをすんでのとこで食い止めている感じだった。俺はそんな律子に慈悲の一撃をくれてやることにする。

P「しっ、大きな声を出すとあずささんが起きるぞ。それとこれ。これが証拠だ。」

律子「鏡?」

P「お前のここに俺のしるしをつけたの忘れたのか?」そういって彼女の首と鎖骨の間を指差す。

律子「・・・!!」そこには薄くではあるがはっきりとわかるキスマークがついていた。

暫く鏡を凝視していた律子は不意に手鏡を落とし、うつむいて。

律子「・・・・・・・・」ツー ポタポタ

律子「あたし・・なんてこと。しちゃたんだろ。お目付け役だとか言っといて、真っ先に寝ちゃって、それで・・・こんな・・・」ポタポタ

P「律子、おい、大丈夫か?」さすがにすこし心配になってきた。手を差し伸べるが、その手は思いっきり払われた。

律子「いやっ!こないでください!あたしもう・・・おしまいです・・・プロデューサー・・失格です!」

P「なにを馬鹿のことを。」律子「ばかなことじゃありません!」

不意に顔を上げた律子は泣き腫らし、目も顔も耳も真っ赤で、でもそんな律子に艶かしい色気を感じ、一瞬言葉に詰まる。
そこへ律子が畳み掛ける。



857: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 20:43:38.90 ID:ZRBnQ+Wp0

律子「だって!昨日は結局何もわからずじまいで!アイドルの魅力の引き出し方すらわからなくて!いつも厳しく当たるだけで!
結局あずささんはあなたに相談に行ってしまって!あたしができないばっかりに!竜宮でうまくいっただけでソロだと結局!
だからいつもみてた!あなたの行動を、手法を、仕事の仕方を!でもやっぱりわからなくて、あせって!あずささんがあなたの
ところに行くと聞いて、見限られたんじゃないかって邪推して、無理やり押しかけて、なのにこんなことに・・・!。」

P「律子、もういい。」ギュッ

律子「ああ・・・ぁぁ・・・わああああああああああああああああああああ!!」

抱きしめたとたん、律子は堰を切って号泣し始めた。胸の中でありったけの声をあげて泣きじゃくる。
・・・まさかこんなことになろうとは。予定ではあのドラマのワンシーンのような展開になるはずだったんだが。
うん、きまづい。



861: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 21:00:15.59 ID:ZRBnQ+Wp0

とにかく事態を収拾せねば。俺は律子の頭をなでながら言った。

P「律子、良くきけ。お前は立派だ。アイドルとプロデュースの両方で成功したやつなんかそうそういない。
新米プロデューサーがいきなりユニットを軌道に乗せるなんて並みの人間には絶対無理なことだ。それをお前は成し遂げた。」

P「営業に出ててもおまえの評判はいつも聞くぞ。たいしたものだと。荒削りながらもしっかりと道筋立てて引っ張って言ってると。」

P「俺も最初は手探り状態だった。必死で試行錯誤して、アイドルたちと一緒になっていまの俺がいる。独りじゃない。お前も同じだ。」

P「だって厳しく当たっていてもちゃんとみんなのことを考えて指導しているし、なによりみんなはお前のことを見限ったりなんかはしないよ。」



P「ね、あずささん?」
あずさ「ええ、もちろんです。」
律子「え・・・?」
律子が後ろを振り向くと、寝ていたはずのあずささんがそこにすわってにっこりと微笑んでいた。



863: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 21:08:35.40 ID:ZRBnQ+Wp0

律子「なんで、あずささんがおきて、るんですか?」
あずさ「あれだけ大きな声で泣いてたら誰だって起きますよ。でも、本当の理由はあれ、なんですよ。」
そういってあずささんはPのほうを指差す。律子は指の指されたほうを見ると、

「ドッキリ☆大成功!てへぺろ」

と書かれた紙を持ったPがそこにいた。

律子「」
律子「えーと」
律子「なに・・?」

P、あずさ「すみませんでしたぁ!」ドゲザッ

律子「あ、はは、どっきり、どっきり、ねぇ・・・(怒)」
P、あずさ「すみませんでしたぁ!」ドゲザッ

律子「どういうことか、説明しなさいっ!!!」



872: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 21:47:00.50 ID:ZRBnQ+Wp0

説明しよう!
昨晩俺が提案したシミュレーションとは、ドラマのワンシーン「不意に一夜を共にすることとなった男女が朝目覚めて互いの気持ちに気づく」シチュの再現だった。
これは、律子の言うもうひとつ足りない何かを探るべく、実際にそのシチュを再現して反応を見てヒントを得るという、鬼畜な修行法、見稽古である。
そのための相手役が律子で、その様子をあずささんがみて、足りないものを探す、もしくは演技のヒントを得るという手はずだった。

もちろん、最初に概要を説明したときはあずささんも反対した。しかし、撮影の時間が迫っていること、足りないものがわからないこと、なにより、このまま
撮影に入って満足いく演技ができるかと問われ、あずささんもなんとか納得してくれた。

え?もちろん俺は律子の反応が見たい!だけだったがな・・・ククク

そのための準備はなかなか大変だった。
用心深く頭が回る律子をシチュに引き込むにはまず状況の整備が必要だ。
まず俺はあずささんに律子を着替えさせるようお願いした。普段スーツ姿の律子を下着一枚まで剥き、そこに俺のYシャツを着せた。それも昨日仕事で着てたやつだ。
さらに、ダメ押し策として首のところにキスマークもつけさせてもらった。俺がつけてやろうとしたがなぜかあずささんに止められた。なぜだ?
そして、律子をベッドに寝かせ、申し訳ないがあずささんには下で寝てもらった。これは寝ながら律子の反応をこっそり見てもらうためだ。
そうして準備は完了し、件の朝を迎えたわけだ。

すまん、一気に書きすぎた、次でラストです。



877: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 21:55:35.53 ID:ZRBnQ+Wp0

律子「そうですか。ドラマの練習・・・ですか・・・」ゴゴゴ

P「ああ、本当にすまん。でもあずささんもこれでなにか気がついたようだぞ。そうだろ?」
あずさ「ええ、律子さん本当にごめんなさい。でも、私何かつかんだ気がしますわ。いまならドラマうまくいきそうです。」

律子「まぁ、あずささんがそうおっしゃるなら・・・しかたありません。」

よかった、律子の周りの不穏なオーラが収束していく。

P「そうか、それはよかtt」律子「よくあるかぁぁぁぁぁぁぁぁあ!!」

バッチーーーーン!!

一瞬、律子が視界から消えたと思った刹那、左頬に激痛が襲った!Pの顔にめり込んだ平手打ちはそのまま弧を描いて振り抜かれ、俺はあわれ数回転しながらベッドにたたきつけられた。

律子「これで今回のことはなかったことにしてあげます。でも、特大の貸し1ですからね!さ、行きましょうかあずささん。」

あずさ「え、あのプロデューサーさんは・・・?」

律子「いいんです!まったくほんとに。私がどれだけ・・・だったか・・・。」

あずさ「んー?なんです?顔赤いですよ?」

律子「っ、なんでもありません!撮影遅れちゃいますよ。いきましょ。」

あずさ「ぷろでゅーさーさーん、おだいじにー。」

俺はベッドに突っ伏しながらとあるリモコンを操作していた。そう、検証には記録が必要なのだ。

すべては計画通り。。



890: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 22:28:21.91 ID:5+lWB3Bn0

P「例のドッキリ企画の件なんだけど、やっぱり辞めることにしたよ」

律子「えっ!急にどうしたんですか?」

P「やっぱりアイドルにそんな事しちゃいけないと思うし、人として間違ってる」

律子「そうですか。まあ私としてもその方がありがたいですけど」

律子(なんか唐突に人格が変わったような…)

P「じゃあ、お先に上がらせてもらうよ。お疲れ様、律子」

律子「あ、お疲れ様です。…あのプロデューサー!」

P「ん?」

律子「あの…大丈夫ですか?何だかすごく疲れてるように見えますけど」

P「はは…そんな事ないさ。律子に比べたら大したことないよ。律子こそ体には気をつけろよ。竜宮小町が軌道に乗ってきた今が肝心なんだぞ」

P「じゃあ、改めてお疲れ」



892: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 22:42:22.32 ID:5+lWB3Bn0

Pの自宅マンションにて

P(実際疲れてなんていないよなぁ。今日だって律子よりかなり早く帰ってきたのは単に仕事がないからだ)

P(俺が担当しているアイドル達はどうにもぱっとしない。いつの間にか竜宮小町との差は広がるばかり。正直かなり焦っていた)

P(だっていうのに何にもやる気が起きないのはなんでだろう。わかっているのに仕事に身が入らないのは)

P「向いてないのかなぁ、俺…」

P(……)グビグビ

P(…ビールなくなっちまった。買ってくるか)

コンビニから帰り道

P(そういえばうちのマンション、俺の部屋以外に電気がついてないけど一体どうなってるんだ?いくらなんでも寂しすぎるぞ)

ブルブル

P(ん?電話か)

P「もしもし」

『兄ちゃん、おハロー。亜美だYO→』

P「亜美か。電話してくるなんて珍しいな。何かあったか?」



894: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 22:53:49.66 ID:5+lWB3Bn0

『あんね~、あずさお姉ちゃんがまた迷子になったんだYO?。それで…わわっ、いおりん!』

『今日の現場はあんたの家のマンションの近くだから、きっとその辺りにいるはずよ。きっちり探して保護しておきなさい!この伊織ちゃんの命令なんだからありがたく聞きなさい。じゃあね』

P「切れた」ツーツー

P(はぁ…探しに行くか)

数時間後

あずさ「あらぁ?もしかしてプロデューサーさん?こんなところで会うなんて奇遇ですねぇ」

P「あずささん…よかった、見たところ無事みたいですね」ハアハア

あずさ「お陰様で。そういうプロデューサーさんは…何だか疲れてるみたいな…」

P「ええ、ココら辺をずっと走り回っていたもので」ゲホゲホ

あずさ「まぁ、ランニングですか?でもプロデューサーさんはダイエットの必要はないと思いますよ~」

P「いえ…まあいいです。終電は…もう出ちゃいましたね。ではタクシー代を」

P(しまった…酒代しか持ってきてない。仕方ないから一回家に帰って…でもあずささんを置いていくわけにはいかないか)

P「あの、あずささん。俺の家まで来てもらえますか?」

あずさ「ええっ!それって、もしかして、その…お持ち帰りってやつでしょうか…?だとすると…今日の下着は何だったかしら?ちゃんと上下同じよね。うん大丈夫ね。はい、プロデューサーさん行きましょう」

P「…」



897: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 22:59:43.71 ID:5+lWB3Bn0

Pの自宅マンションにて

あずさ「あの、プロデューサーさん、その、お酒一口もらえますか?なんだか喉が乾いちゃって」

P(一口だけ、それを信じたのが間違いだった)

あずさ「うふふぅ~。さぁプロデューサーさんも飲んでくださいねぇ~。はいぃ、かんぱ~いぃ~」

P(気づけばぐでんぐでんに酔っ払い、俺も付き合わされてかなりの量を飲んでいた。あれだけ買い込んだビール類がみるみる減っていく)

あずさ「プロデューサーさ~ん…聞いてくださいよぉ~」

P「はいはい、聞いてますよ」

あずさ「はっきり愚痴を言わせて貰うとですねぇ~芸能活動しんどいですぅ~」

P「ええ、よく分かってますよ」

あずさ「今日だって現場のスタッフさんに私だけ怒られたんですよぉ~そりゃぁ~私は亜美ちゃん伊織ちゃんに比べたらおばさんですけどぉ~」

P「あずささんも十分若いですよ」



898: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 23:03:31.55 ID:5+lWB3Bn0

あずさ「それとぉ~友美が…抜け駆けしたんですよぉ~うふふぅ~私ぃ売れ残りなんですよぉ~うふふぅ」

P「そんな自分に鞭打つこと言わなくても」

あずさ「ひど~いぃ。プロデューサーさんがそれを言いますかぁ~。プロデューサーさんのせいなんですからねぇ~」

P「それってどういう」

あずさ「だからぁ~私はプロデューサーさんのことがぁ~……」

P「あずささん?」

あずさ「…スー」

P(自分だけ色々言って眠りやがりましたか)

P「俺だってねぇ~言いたいことあるんですよぉ~、あずささ~ん。俺が今こんなにやる気がないのh……あqwせdrftgyふじこlp;@:「」

P(そこから先の昨晩の記憶はない)



902: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 23:12:10.62 ID:5+lWB3Bn0

翌朝

チュンチュン

P(頭いてぇ…完璧飲み過ぎだ)

P(しかし、何故か妙にすっきりしたような、爽快な気分だ。昨日までの鬱積した気分が消え去っている)

P「そういえばあずささんは…!ええええええええええええええええええええええええええええええ」

あずさ「う…ん…」

P(あずささんと!)

あずさ「…あら、おはようございます。プロデューサーさん」

P(一緒に寝ている!?)

P「あ、あずささん!この状況は一体!?」

あずさ「……まぁ」ポッ

P「まだ!まだ頬を染めるのは早いと思いますよ!あずささん!もっと現状確認しましょう!」

P(現状!そう現状はあずささんと一緒に俺のシングルベッドの上に寝ている。衣服はお互い乱れているが夏場により薄着なので許容範囲だ。目の前には夏の風物詩のスイカが…じゃねえだろ!)



904: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 23:21:02.90 ID:5+lWB3Bn0

P「あ、あの、あずささん。これから大変失礼かつとんでもないことを聞きますが、冷静に聴いてくださいね!」

あずさ「は、はい」

P「…下腹部になにか違和感はありますか?」

あずさ「」モジモジ

P(なんかクネクネしてるな。そりゃこんなこと聞かれたら恥ずかしいか)

あずさ「あの、プロデューサーさん。ちょっと後ろを向いていてもらえますか」

P「わかりました」

ゴソゴソトキヌズレノオト

あずさ「……はい、もう大丈夫ですよ。こっちを向いてください」

P(…どうやら何もなかったみたいだ。あんなにあずさの顔が輝いt)

あずさ「パンツ履いてませんでした」

P「」



907: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 23:30:23.75 ID:5+lWB3Bn0

あずさ「プロデューサーさん?大丈夫ですか?」

P(神よ……はっ!俺がすっきりしたのってまさか!)

P「あずささん!今すぐ病院に行きましょう!仕事の方は俺の方から頭下げて回ります!」

あずさ「でもそんなすぐにはわかりませんよ」

P「ああ!そうか…ん?」

P(何かポケットに入ってる。なんだこれ?丸まったメモ用紙?内容は…)

『昨日の一部始終は録画させて貰った。バラされたくなかったらこの紙の指示通りに行動しろ by A&I』

あずさ「あら?今クローゼットから物音がしたような。きっと気のせいね」

あずさ「それよりも…プロデューサーさん、お話しませんか?き、昨日はどうでした?こ、これでも私初めて…だったんですけど」

P「…昨日は良かったよ」

P(って紙に書いてあるんだよ!幸か不幸か俺は何も覚えてない!)

あずさ「まぁ!そ、そのありがとうございますって言うのも変ですよね…うふふ」

P「アズササンノホウコソドウデシタカ?」



912: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 23:38:13.62 ID:5+lWB3Bn0

あずさ「私は…いっぱい摘まれた気がします」

P「!?」

あずさ「あ、お酒のオツマミの話です。プロデューサーさん、私の分横取りしないでくださいね」

P「…ホカニハ」

あずさ「後、たくさん吸われた気がします」

P「!?!?」

あずさ「あ、ビールの泡の話です。プロデューサーさん、マナー違反ですよ」

P「…」

あずさ「あ、あのぅ…実を言うと、私、昨日のこと全然覚えてなくて…ごめんなさい」

P「いえ、謝ることじゃありませんから」



914: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 23:47:37.23 ID:5+lWB3Bn0

P(えーと、次の指示は…)

P「こ、こうなったら、オレタチ、結婚、するしかナイカナー、たはは…」

あずさ「け、結婚!?そ、そうですよね、そうなりますよね。プロデューサーさん、責任感の強い人ですものね」

P(…この紙の内容と俺もあずささんも何も覚えていないという事。それって)

あずさ「…やっぱり、プロデューサーさんが私の運命の人でした。私ずっとそうだったらいいなぁって思ってたんですよ」

P「…あずささん」

あずさ「…不束者ですが、どうかよろしくお願いします」ペコリ

P「」



916: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 23:51:44.98 ID:5+lWB3Bn0

P(…やっぱり、こんなのダメだ)グシャ

P「ドッキリテヘペロ」

あずさ「はい?」

P「だから、ドッキリですって。律子から聞いていませんか?アイドルの寝起きドッキリを俺が計画していたって。あずささん、ホテルじゃないからって油断しましたね?」

あずさ「」

P「あずささんの初体験も全部ウソ、ドッキリです。これから気をつけてくださいね。酔わされて何されるかわかりませんから」

あずさ「…パンツは?」

P「女友達読んで脱がさせてもらいました。俺は一切関わってないので安心してください」

あずさ「…失礼します」ダッ

P(……)

P「…出てこい。亜美、伊織」



918: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/15(金) 23:56:49.37 ID:5+lWB3Bn0

ガラガラ

亜美「兄ちゃん…」

伊織「あんた、何やってんのよ!早くあずさを追いかけて謝りなさいよ!」

P「出来る訳無いだろ。あんなに真剣な気持ちを裏切ることなんて出来ない」

伊織「裏切るって、あんた何言って」

亜美「兄ちゃん、あずさお姉ちゃん。最近、元気なくて、よく怒られたりするんだ。多分それって兄ちゃんとあんまり会えなくなってからなんだよ」

P「俺と?」

伊織「…そうよ。竜宮小町が忙しくなって、あんたに段々会う機会が少なくなったから」

P「だから、俺とあずささんをくっつけようとしたと」

亜美「うん。さっきあずさお姉ちゃんの気持ち聞いたっしょ?あんなに好かれているのに、兄ちゃんはあずさお姉ちゃんじゃダメ?」

P「俺は…あずささんの気持ちに答えられるのか不安なんだ。あんな素敵な人の運命の人に俺がなれるのか。あずささんが俺を好きな位に俺があずさんを好きにでいられるのか」



921: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/16(土) 00:04:30.52 ID:5+lWB3Bn0

伊織「あんた、ほんとっっっうにバカね!ちょっとこれ見なさい!」

P(伊織が俺の部屋のテレビを操作すると、二人の酔っぱらいの姿が…って昨夜の俺とあずささんじゃないか!)

P「本当に録画したのか!一体どうやって?」

伊織「水瀬の力を使えばこれくらい訳ないわ」

亜美「すごいよね~。ちなみにこのマンションの住人を追い出したのもいおりんなんだYO。兄ちゃんとあずさお姉ちゃんが組んず解れつしているところの音を聞かせないようにするためなんだって。ねっいおりん」

伊織「ち、違うわよ!あんたの弱みを撮影するのに邪魔だから追い出しただけよ!ほら画面に集中しなさい!肝心の場面よ」

『俺だってねぇ~言いたいことあるんですよぉ~、あずささ~ん。俺が今こんなにやる気がないのh……あqwせdrftgyふじこlp;@:「』

P(何いってんだこいつ。呂律の回っていなくて何言っているかわからな…ん)



922: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/16(土) 00:05:38.76 ID:UD5upfvs0

『俺が今こんなにやる気がないのは…あずささんと最近会えないからなんですよ!』

P「!」

『芸能活動しんどいのはプロデューサーだって同じですよ!ぶっちゃけ俺この仕事向いてないんですよ!でも、でもあずささんがいるから今日まで頑張ってきたのに、最近はぜんぜ…ん…』



『うぅぅうう……あずささん…大…好きだあああぁぁぁあああぁぁぁ!!!!…………グゴー』



P「」

伊織「まったくエラい近所迷惑な告白ね。こんな大声で起きないあずさもあずさだけど。…マンションから人払いしておいて良かったでしょ?にひひっ」

亜美「兄ちゃん、これで自分の気持ちわかったっしょ?それじゃ、迷子にならないうちに、さっさとあずさお姉ちゃん連れ戻してきてね~」

P「亜美、伊織…ありがとう…っ!」



923: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/16(土) 00:08:51.17 ID:UD5upfvs0

あずさ「…はあ」

あずさ(本当にプロデューサーさんがあんなことするのかしら?いたずらが成功したのに全然嬉しそうな顔じゃなかったし、やっぱり…)

あずさ「そうよね。きっと何かの間違いよね。ちゃんとプロデューサーさんとお話しなくちゃ…あら?ここはどこかしら?困ったわ、また迷ったみt」

P「あずささん!」ゼハゼハ

あずさ「ぷ、プロデューサーさん…」

P&あずさ「……」

P(な、何か言わないと…!)

P「え、えと…お、女友達とか呼んでないんでパンツの事は知りません!」

あずさ「は、はぁ…」

P(何を言っているんだ!まだ酔ってるんじゃないのかよ!?)

P(何を言えば…何を言えば…何を…言えば…っ!)

P「あずささん」
あずさ「はい」

P「結婚…してください!」

「はい…っ、喜んでっ」

お し ま い



926: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/16(土) 00:10:05.50 ID:UD5upfvs0

数日後

あずさ「そういえば、私のパンツは何処にいっていたのでしょうね~」

P「伊織たちの話によるとあずささんがトイレに行った時に、そのまま脱ぎっぱなしにしたらしいですよ」

あずさ「あ、あの時は、寝ぼけてましたからっ!普段はそんなことしないんですよ!」

あずさ「ところで、そのパンツはいまどこにあるんですか?」

P「家のクローゼットの中に…」

P&あずさ「……」

あずさ「うふふ。今度取りに行きますね。あ、な、た」

お わ れ



977: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/16(土) 05:01:13.53 ID:h6sWW+NL0

P「……ん……んん?」

高木「おや、起きたかね?」

P「ええ、はい……?」

P「……!?」ガバッ ハンラッ

ホノカナシリアナノイワカンソシテヨインッ

高木「いやあ、君の尻穴はよかったよ」

P「」

高木「ん? どうしたのかね?」

P「」

高木「そうだせっかくだ、朝の一発でもしてから仕事へ行こう」コシカクカク

P「」



978: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/06/16(土) 05:01:52.86 ID:h6sWW+NL0

高木「……」チラッ

天井裏・春香「ね!」

ソファーの中・やよい「お!」

カーペットの下・雪歩「き!」

袖机の後ろ・あずさ「ど!」

壁・千早「……くっ」

本棚の裏・伊織「き!」

窓枠・真「り!」

ベッドの下・響「だ!」

クローゼット・亜美「い!」

クローゼット・真美「せ!」

テーブルの下・律子「い!」

ベッドの中・美希「こ!」

月・貴音「う!」

窓の外・小鳥「ピヨピヨ」
                  NINJA END














http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1339656111/l50