1: ◆km.GW4AuOk 2014/07/18(金) 23:32:25.43 ID:x6j3x4gBo

「はい、お釣り。日差しがきついから、熱射病にならないようにね」

「ええ。ありがとうございます」


定年を越えているであろう運転手からお釣りを受け取り、タクシーを降りる。



2: ◆km.GW4AuOk 2014/07/18(金) 23:33:53.72 ID:x6j3x4gBo

都会から少し離れた、山の麓。
ビルや地面からの反射による不快な蒸し暑さはないのですが、頭上に何もないせいで日光が刺さります。


「ふぅ…もう、こんな季節なのね~」


ひとりごとを呟きながら歩き進める。

途中、何匹かの猫を見つけて近寄ってみたけれど、すぐに逃げられてしまった。


「この辺りに……あった」


水道口と、積み重なった手桶、柄杓。
使い込まれた桶の8分目まで水を入れ、持ち上げる。


「っとと…はぁ。体、鈍っちゃったかしら~?」



3: ◆km.GW4AuOk 2014/07/18(金) 23:35:57.26 ID:x6j3x4gBo

1列目、2列目、3列目…数を数えながら奥へ。
8列目で左に曲がる。

普段の生活道路だとよく迷ってしまうのに、ここだと一度も迷ったことがない。
いつもそうなら良いのにねえ…。

えぇと、8列目を左に曲がったあとの、14つ目。

ここね。
名前も合っている。



4: ◆km.GW4AuOk 2014/07/18(金) 23:37:14.15 ID:x6j3x4gBo

ごとっ、と桶を地面に置き、持ってきた新聞紙を広げる。


「あまり来られなくて、すみませんね」


そう言ってから、踏み入る。

毎回の事だけれど、一面が雑草で覆われてしまった。
骨が折れるわねぇ。



5: ◆km.GW4AuOk 2014/07/18(金) 23:41:19.61 ID:x6j3x4gBo

小さな雑草まで綺麗に抜き終えた。
さて、次は雑巾ね。

…んん?
何か、忘れているような…。
正面をよく見る。


「あら。忘れていたわ~」


茶色くなっていたお花を新聞紙に置き、持ってきた小さな向日葵と取り換える。
少しだけ向日葵に目を留めて、雑巾を取り出す。

冷たくて触れると気持ち良かった桶の水は、すっかりぬるくなっていた。
中々水を吸わない雑巾に苦労しつつ、しっかり、水拭き。
細かい所まで、丁寧に、丁寧に…。


仕上げに柄杓を使って、上から水で灌ぐ。
いつもこの瞬間は、憑き物が落ちたかのような錯覚に陥る。

心が真っ新になったようなそのままで、ろうそくに火をつけ、お線香にも移す。



6: ◆km.GW4AuOk 2014/07/18(金) 23:42:36.40 ID:x6j3x4gBo

しゃがみ込んで手を合わせ、事務所のみんなは元気にしている旨を伝えて立ちあがる。
我ながら短いと思うけれど、これくらいでちょうどいいと思う。


「次は、いつ来られるか分かりませんけれど」


手桶と柄杓、雑草や枯れたお花を包んだ新聞紙を持ち、先ほど来た道を引き返す。

ふぅ。
お盆は休みを取れるかしら?



7: ◆km.GW4AuOk 2014/07/18(金) 23:43:39.88 ID:x6j3x4gBo

短いですが以上、お粗末様でした
タイトルは「あてあてけんか」と読んでいただければ嬉しいです

お墓参りには少し早いですが、お盆に休みの取れない方はこれくらいの時期にお休みを取るものなのでしょうか?

それはともかく、あずささん、お誕生日おめでとうございます

それでは



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/18(金) 23:49:49.63 ID:UkzdqBk90

おつおつ

あずささん誕生日おめでとう!!



9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/19(土) 00:22:59.25 ID:boTqrDjp0

乙!













http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1405693935/