1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 20:25:57.12 ID:rz3/vzdc0

モバP(※以下P表記)「はぁ?」

未央「だっておかしいでしょ!200人近くのアイドルに囲まれてる中に、男の人1人しかいないのに誰にも何もしないなんて」

未央「ちっちゃい子からお姉さんまで幅広く揃ってるし、彼女もいないのに、誰とも何にもないなんて」

未央「もうプロデューサーは、ホモとか性不能者とかなんかじゃないと説明つかないよ!」

P「いやだって、プロデューサーが自分のとこのアイドルに手を出しちゃマズイだろ」

未央「そんな建前なんか聞いてないよ!」

未央「男の人と女の人……アイドルとして活躍する素敵な女の人達と、それを一人でプロデュースする優秀な男の人」

未央「こんな状態で何にもないなんて、普通に考えておかしいよ!」

P「…………」

未央「それで、なんでなの?」



2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 20:30:15.35 ID:rz3/vzdc0

P「……まぁ俺も男だし、正直に言うとウチのアイドルと付き合ったりとかしたら……なんて考えた事もある」

未央「……そうなんだ」

P「それでだ……うーん、例えば楓さんとHしたとするだろ?」

未央「え?何でそこでかえ姉さまが出てくるの?まさかプロデューサー、かえ姉さまの事……」

P「まあ、まずは聞けって……例えばだよ、例えば」

P「今パッと浮かんだだけだよ」

未央「んー……まぁ良いや、それで?」

P「あぁ、例えば楓さんとHするとして、そうすると……――」


――
―――



6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 20:52:22.88 ID:rz3/vzdc0

楓『Hですか?……ふふっ、私なんかで良ければ、良いですよ』

楓『……え?その酒瓶を入れるんですか?確かにお酒は好きですけど、それは流石に……』

楓『ま、待って下さい……それは……あっ、んんっ!』

楓『ぃつぅ……はぁ、はぁ……さ、裂けちゃうかと思いました……あ』

楓『酒で裂ける……ふふっ』

楓『あっ!駄目です、動かしたら、んぅ、ああっ!』プシャアァァ

楓『はぁ……はぁ……すみません、我慢出来なくて……』

楓『あら?さっきまで元気だったのに、どうして萎えて……潮を噴くのは駄目でしたか、すみません……あ』

楓『潮でシオシオに萎れる……ふふっ』

―――
――


P「――……みたいになりそうでさ……」

未央「あー……うん」

P「もしそうなったら、ちょっと嫌じゃないか?」

未央「……うん、それはちょっと嫌かも」

P「だろ?」

未央「うん」



7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 20:54:12.50 ID:rz3/vzdc0

P「まぁ、そういう訳なんだよ」

未央「……他の人は?」

P「ん?」

未央「かえ姉さま以外の、他の人とかはどうなの?」

P「他の人?うーん、そうだなぁ……」

未央「…………」



11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 21:01:06.90 ID:rz3/vzdc0

P「例えば……じゃあ、こずえにしようか」

未央「うん」

P「こずえとHするとして、そうすると……――」


――
―――

こずえ『ふわぁー……えっちー?いいよぉー……』

こずえ『ふわぁー……じゃぁ……ねてるから……おわったら……おこしてぇー……ZZzz』

こずえ『……ZZzz』

こずえ『……ZZzz』

こずえ『……ZZzz』

こずえ『……ふわぁー……おわったぁー?……それじゃぁー……おやすみー……ZZzz』



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 21:02:58.79 ID:rz3/vzdc0

―――
――


P「――……みたいになりそうでさ……」

未央「あー……うん」

P「もしそうなったら、ちょっと嫌じゃないか?」

未央「……うん、それはちょっと嫌かも」

P「だろ?」

未央「うん」



17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 21:04:50.67 ID:rz3/vzdc0

P「まぁ、そういう訳なんだよ」

未央「……他の人は?」

P「ん?」

未央「かえ姉さまとこずえちゃん以外の、他の人とかはどうなの?」

P「他の人?うーん、そうだなぁ……」

未央「…………」



21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 21:14:31.68 ID:rz3/vzdc0

P「例えば……じゃあ、智香にしようか」

未央「うん」

P「智香とHするとして、そうすると……――」


――
―――

智香『ほらっ!プロデューサーさん、頑張って下さい!まだ15回しかしてないですよ』

智香『プロデューサーさんなら、後20回は出来るって信じてますから!私も応援しますから、頑張って下さい!』

智香『さぁっ、私はもうイキますよ!プロデューサーさんも、一緒にイキましょう!必死に応援しますから!』

智香『プロデューサーさん、頑張って下さい!イキますよ!イキましょう!!』

智香『ファイトオオオォォォーーーーー!!!』ビクンビクン



22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 21:16:03.73 ID:rz3/vzdc0

―――
――


P「――……みたいになりそうでさ……」

未央「あー……うん」

P「もしそうなったら、ちょっと嫌じゃないか?」

未央「……うん、それはちょっと嫌かも」

P「だろ?」

未央「うん」



24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 21:17:32.18 ID:rz3/vzdc0

P「まぁ、そういう訳なんだよ」

未央「……他の人は?」

P「ん?」

未央「かえ姉さまとこずえちゃんと智ちん以外の、他の人とかはどうなの?」

P「他の人?うーん、そうだなぁ……」

未央「…………」



26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 21:23:33.94 ID:rz3/vzdc0

P「例えば……じゃあ、芳乃にしようか」

未央「うん」

P「芳乃とHするとして、そうすると……――」


――
―――

芳乃『えっちですかー?良いのでしてー』

芳乃『あー、あー、良いのでしてー、そこが良いのでしてー、気持ち良いのでしてー、あー』

芳乃『……気持ち良くないかとー?そんなことは無いのでしてー』

芳乃『ちゃんと気持ち良いのでしてー、現に声も出ているのでしてー』

芳乃『あー、あー、いくのでしてー、いってしまうのでしてー』

芳乃『あーれー』ビクンビクン



28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 21:24:52.37 ID:rz3/vzdc0

―――
――


P「――……みたいになりそうでさ……」

未央「あー……うん」

P「もしそうなったら、ちょっと嫌じゃないか?」

未央「……うん、それはちょっと嫌かも」

P「だろ?」

未央「うん」



29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 21:26:55.82 ID:rz3/vzdc0

P「まぁ、そういう訳なんだよ」

未央「……他の人は?」

P「ん?」

未央「かえ姉さまとこずえちゃんと智ちんとよしのん以外の、他の人とかはどうなの?」

P「他の人?うーん、そうだなぁ……」

未央「…………」



32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 21:40:36.91 ID:rz3/vzdc0

P「例えば……じゃあ、小梅にしようか」

未央「うん」

P「小梅とHするとして、そうすると……――」


――
―――

小梅『え、H……?う、うん……良いよ……』

小梅『ん……え、待って……あ、あの子が見てる……』

小梅『んっ……や、待って……恥ずかしい……あん……』

小梅『やだ……あの子以外にも……い、いっぱい……集まって来た……ん……は、恥ずかしい……』

小梅『み、皆……見てる……あん……恥ずかしい……うん……色んな子たちが……周りに……』

小梅『プ、プロデューサーさんの後ろにも……ムキムキの……お、お兄さんが……』

小梅『プロデューサーさんの……お、お尻を見ながら……ニ、ニヤニヤして……』

小梅『プロデューサーさんみたいに……ギ、ギンギンになってる……』

小梅『あ……今、プロデューサーさんに向かって……手を伸ばして……』

小梅『プロデューサーさんの肩に……』

小梅『手を…………』

小梅『あ……』



34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 21:42:18.01 ID:rz3/vzdc0

―――
――


P「――……みたいになりそうでさ……」

未央「あー……うん」

P「もしそうなったら、ちょっと嫌じゃないか?」

未央「……うん、それはちょっと嫌かも」

P「だろ?」

未央「うん」



35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 21:44:19.87 ID:rz3/vzdc0

P「まぁ、そういう訳なんだよ」

未央「……他の人は?」

P「ん?」

未央「かえ姉さまとこずえちゃんと智ちんとよしのんと梅ちゃん以外の、他の人とかはどうなの?」

P「他の人?うーん、そうだなぁ……」

未央「…………」



41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 21:49:40.14 ID:rz3/vzdc0

P「例えば……じゃあ、みちるにしようか」

未央「うん」

P「みちるとHするとして、そうすると……――」


――
―――

みちる『フゴ?フゴフゴフフゴゴ』

みちる『フ!フゴフゴフゴゴ』

みちる『フゴ!フゴフゴフゴフゴフフゴ』

みちる『フ!ゴ!フゴフゴフゴ』

みちる『フゴ!フ!ゴ!フゴフゴ!』

みちる『フゴオオォォーーー!!』ビクンビクン



43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 21:51:47.34 ID:rz3/vzdc0

―――
――


P「――……みたいになりそうでさ……」

未央「あー……うん」

P「もしそうなったら、ちょっと嫌じゃないか?」

未央「……うん、それはちょっと嫌かも」

P「だろ?」

未央「うん」



45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 21:53:47.10 ID:rz3/vzdc0

P「まぁ、そういう訳なんだよ」

未央「……他の人は?」

P「ん?」

未央「かえ姉さまとこずえちゃんと智ちんとよしのんと梅ちゃんとみっちー以外の、他の人とかはどうなの?」

P「他の人?うーん、そうだなぁ……」

未央「…………」



47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 22:05:04.50 ID:rz3/vzdc0

P「例えば……じゃあ、未央にしようか」

未央「うん……うん!?」

P「未央とHするとして、そうすると……――」

未央『ちょ、ちょっと待っ――』


――
―――

未央『プロデューサー、本当に私なんかで良いの?』

未央『……えへへ!ありがとう!私、頑張るね』

未央『……でも……その……私、初めてだから……優しくして……?』

未央『っつ……!ん……ちょっと痛いけど、大丈夫……!』

未央『それよりも、プロデューサーと一緒になれて、幸せだよ!えへへっ!』



48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 22:07:33.91 ID:rz3/vzdc0

―――
――


P「――……みたいになりそうでさ……」

未央「うん」

P「もしそうなったら……」

未央「別に普通で良くない?」

P「……普通過ぎてつまんないよな」

未央「あれー!?」















50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 22:09:50.79 ID:rz3/vzdc0

という訳で最終回

ゴメンね、ちゃんみお……俺の妄想力じゃ無理だったよ……

最後まで読んでくれた人達、ありがとう!



52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 22:11:44.31 ID:nWLyai4w0

面白かった




56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 22:38:55.43 ID:WXkNgn0oo


しまむらさんよりちゃんみおのほうが普通力が高いのかー



57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/02(火) 15:03:35.18 ID:p+A/+Usdo

乙です













http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1409570747/