1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/05(金) 16:54:24.92 ID:quzzabat0


玄「ではさっそく…」


穏乃「――ちょっ、ちょっと玄さん!?」


穏乃「なんで私のジャージを脱がそうとするんですかっ!?」


玄「え?だって脱がせないと、おもち食べられないよ?」


穏乃「私のは食べるほどありませんって!」


穏乃「ってか、まず食べ物じゃないですから!!」


憧「そうよ!何やってるのよ玄!」


憧「しずに砂糖醤油なんか塗ろうとして!」


憧「おもちはきなこに決まってるでしょ!」


穏乃「えー…」




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/05(金) 16:56:42.22 ID:quzzabat0


穏乃「…憧もおもち食べたいの……?」


憧「私は別におもちが食べたいわけじゃない」


憧「私が食べたいのはしず!あんたよ!」


穏乃「」


穏乃「でも玄さん、食べるなら私よりも宥さんの方がいいのでは」


穏乃「私より全然大きいですし…」


憧(―――私無視っ!?)


玄「あぁ、お姉ちゃんのなら毎日食べてるよ?」


穏乃「!?」


玄「お姉ちゃんあったかいのが好きだから」


玄「いつもぜんざいに入れて食べてるんだー」


穏乃「……状況が想像できない」




5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/05(金) 17:10:41.76 ID:quzzabat0


玄「というか穏乃ちゃん」


玄「おもちが小さいの気にしてるの?」


穏乃「まあ…大きい人が身近にいると…少しは」


憧「そんなの関係ないって!!」


穏乃「憧……?」


憧「しず、みかん食べたことあるよね?」


穏乃「え?…まぁそれは、うん」


穏乃「それが?」




6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/05(金) 17:11:16.85 ID:quzzabat0


憧「なら分かるでしょ」


憧「大きいみかんが必ず甘いわけじゃない」


憧「むしろ小さいもの方が甘いことが多い」


憧「だから小さいことは悪いことじゃない!」


憧「むしろ良いことなのよ!自信を持ってしず!!」


穏乃「そうだね、ちょっと気が楽になったよ」


穏乃「ありがとう!さすが憧だね!」


憧「――っ!ど、どういたしまして……///」




7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/05(金) 17:12:04.64 ID:quzzabat0


玄「ということで、穏乃ちゃん」


玄「ちっぱいの素晴らしさ、理解したところで」


玄「そろそろ……」ジュルッ


穏乃「え…あ、ああああ」


穏乃「わ、私、ちょっとトイレ行ってきますっ!!!」





バタンッ





憧「……ふう」


憧「ほんとにこんなので大丈夫なの、玄?」




8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/05(金) 17:12:37.29 ID:quzzabat0


玄「バッチリなのです!」


玄「穏乃ちゃんも喜んでたよ!」


憧「はあ…まさか玄に協力してもらうなんてね」


憧「初めてこの作戦聞いたときは頭おかしいのかと思ったわよ…」


玄「穏乃ちゃんのコンプレックスを憧ちゃんが解決する」


玄「これで穏乃ちゃんも憧ちゃんにゾッコンですのだ!」




9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/05(金) 17:13:09.16 ID:quzzabat0


憧「そのためにこんな芝居までして…」


玄「ふふふ、我ながら私の演技は完璧だったのです!」


憧「でもいいの?あんな嘘までついて」


玄「嘘?」


憧「ほら、宥姉のおもち食べてるとか…」


玄「ああ、あれは全部事実ですのだ!」


憧「」




10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/05(金) 17:13:45.35 ID:quzzabat0


玄「さすがはお姉ちゃん!柔らかさが格別なのです!!」


憧(……やっぱ相談する相手間違えたかなー)


玄「まあさすがにぜんざいってのは……」


憧「――そうよね!」


憧(姉妹で触り合いぐらいならまだギリギリセーフ……なはず)


憧(そんな変態プレイはなかったんだ、よかっt)


玄「本当はお雑煮に入れてるのです!」


憧「」


玄「ぜんざいは汚れてしまうからね!」フンムッ


玄「よかったら、穏乃ちゃんとやってみる?」


玄「私が作ったお雑煮ならいつでもあげるよ?」


憧「私のしずを汚さないでっ!!!」




16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/06(土) 00:49:15.00 ID:RC55ZOuV0


憧「……まぁ乗りかかった船だし」


憧「最後まで協力頼んだわよ、玄」


玄「おまかせあれ!」


憧「で、次はどうすればいいの?」


玄「次はねー……」




ガラッ


玄・憧「!?」





灼「…話は聞かせてもらった」


灼「私も、仲間にいれてほし」




17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/06(土) 00:52:06.11 ID:RC55ZOuV0


玄「灼ちゃん!」


憧「あらた……あんたも私の恋路に協力してくれるの?」


灼「違う。そっちじゃなくて」


玄「そっちじゃなくて?」


灼「私も、ハルちゃんにおもちを食べられたい!」


憧「……は?」


灼「ハルちゃんの作ったカレーをかけて」


灼「ハルちゃんに食べられたい!!!」




18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/06(土) 01:26:57.82 ID:esldwd5NO

こんな阿知賀はもう駄目かもしれんな……



19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/06(土) 02:29:49.72 ID:RC55ZOuV0


玄「なるほどーなるほどー」


玄「うーん…ごめんね、あまり気持ちが理解できないや」


憧(玄ですら理解できないなんて……このコケシ……)


玄「だってさ、灼ちゃん」


玄「おもちにカレーっていうのは」


玄「ちょっとナンセンスじゃないかな?」




20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/06(土) 02:31:15.71 ID:RC55ZOuV0


灼「確かにおもちにカレーかけるくらいなら」


灼「普通にご飯にかけた方がいいかもしれない」


灼「でも、私のはおもちと呼べるほど膨らんでない」


灼「そう、これはもうおもちじゃなくて………ナン!」


灼「ナンならカレーと食べてもおかしくないはず」


玄「なるほどーなるほどー」


玄「そっか、その手があったか!さすが灼ちゃん!」


憧(私のは……まだ…おもちだよね…?)




21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/06(土) 02:32:25.50 ID:RC55ZOuV0


玄「憧ちゃん!次の作戦が決まりましたのだ!」


憧「何をすれば良いのよ?」


玄「穏乃ちゃんにラーメンに入ってもらうのです!」


玄「穏乃ちゃんのおもちはあの大平原。あれはまさに海苔のごとs」グエッ


憧「しずのこと悪く言ったら許さないわよ」ゴッ


玄「ゴホッゴホッ!…こ、これは大変失礼をば!」


玄「なら、チャーシューかなー、ほらちょっと柔らかいし」


憧「…まあいいわ」




22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/06(土) 02:33:29.02 ID:RC55ZOuV0


憧「で?しずをラーメンに入れてどうするの?」


玄「食べるに決まってるのです!」


玄「穏乃ちゃんはラーメンが食べれる」


玄「憧ちゃんは穏乃ちゃんが食べれる」


玄「一石二鳥ですのだ!」




23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/06(土) 02:34:31.82 ID:RC55ZOuV0


憧「いや、あれは演技で!」


憧「私はただしずと好き同士になれたらそれでいいっていうか…」ブツブツ


憧「いやそれはもちろんそれ以上の関係になれるならそれは……」ブツブツ


憧「だいたいそんなの恥ずかしいかなって………」ブツブツ


玄「―――――そういうことで憧ちゃん!」


玄「私は今から灼ちゃんのお手伝いに行ってくるね!」


憧「え?」


玄「ラーメンはちゃんと雀卓の上に置いといたから!」


玄「うまくやるんだよっ!」


玄「じゃ行こっか灼ちゃん!」


灼「ハルちゃんハルちゃんハルちゃんハルちゃんハルちゃんハルちゃん…」ブツブツ



バタンッ





26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/06(土) 08:39:28.71 ID:RC55ZOuV0


憧「……取り残された」


憧「私一人で何をすればいいのよ…」


憧「いや、最後は私が頑張るしかない!」


憧「しずに思いを伝えるんだ!」


憧「それにしても……」チラッ


ラーメン「」ホカホカ




27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/06(土) 08:40:42.89 ID:RC55ZOuV0


憧「これにおもちを入れるってどういう状況よ…」


憧「でも宥姉もお雑煮の中に入るって言ってたし……」


憧「どんな感じなんだろ…?」


憧「………一回、一回だけならいいよね?」


オモチトリダスー


憧「誰も…いないよね?」


ラーメンノナカニ右オモチヲ入レルー  『ポチャッ……』


憧「ふぅ……なんか普通ね。あったかいけど匂いがつきそう」


憧「やっぱ分かんないなー、もういいや」


ガチャッ


穏乃「ただいまー」




28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/06(土) 08:43:12.26 ID:RC55ZOuV0


穏乃「ん?何してるの憧ー?」


憧「し、しず!?な、何でもないわよ!!?」ガバッ


憧「……あ」ポタ…ポタ…


穏乃「え…憧……お前……服………」


憧(ああ……終わった…しずに見られた………)






穏乃「――――――――――っ」


穏乃「もう我慢できないっ!」


憧(嫌われた…絶対嫌われた……)


穏乃「あああああああああああ」


穏乃「ラーメン食べたいっ!ラーメン!!!」ウオオオ


憧「え?し、しず?」


穏乃「うおおおおおおおお」ドドドド


憧「ひっ…!」ドン


穏乃「ラーメン!ラーメン!ラァァァァーーーーメェェェン!!!」ペロペロ


憧「あっ…い、いや、やめてよしず!」


穏乃「らああああああああああああめええええんんんん!!!!」ペロペロ


憧「いやあああああああああああああ」ビクンッ











玄「ふふふ、作戦通りですのだ」







カン!




29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/06(土) 16:55:14.96 ID:qfeCusvUo

おつ













http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1409903654/