1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 20:29:21.03 ID:9LZV8I/x0




初めて千早さんに出会ったとき



最初に僕が抱いた感想は




『笑顔がとても綺麗な人だ』




だった




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 20:30:34.15 ID:9LZV8I/x0

そのことを真さんに話したら

「そっか」

と、ニコリと微笑み


やよいさんは

「とーっても素敵だよね!」

と、とびきりの笑顔で同意してくださり


あずささんは

「うふふ、そうね」

と、いつものように優しく微笑んでくださった




3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 20:31:53.57 ID:9LZV8I/x0

律子姉ちゃんは

「そう」

と、遠くを見るような目をして、少し素気なく感じる返答だった

でも

口元が少しだけ緩んでいるのを僕は見逃さなかった

そしてすぐにイタズラっぽい笑顔に変わり、

僕の頭をガシガシと乱雑になでまわしながら、

「それは、あんたもお年頃って話~?」

と、僕をからかい始めた




4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 20:32:56.94 ID:9LZV8I/x0

どの反応も、なにか含みがあるように感じていた

でもそれと同時に

共通しているのは皆、優しい目をしていることだった


765プロのみなさんにしかわからない、なにかがあるのかもしれない


僕には少しだけ、それに心当たりがあった


でも確信にいたるには、僕の主観が入りすぎていたために信じきれずにもいた




5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 20:34:33.43 ID:9LZV8I/x0

それは



千早さんの



笑顔に



歌に



ほんの少しだけ混じる



悲しみの色




6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 20:35:37.41 ID:9LZV8I/x0

千早さんの歌は本当にすばらしい

人の心を大きく揺さぶり

同時に

つかんで離さない

それは彼女のライブで埋め尽くされるドームの集客人数が証明していたし

アイドルはもちろん、数多の歌手や音楽家たちさえ彼女の歌を絶賛した


でも、僕はこうも感じていた




7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 20:36:44.57 ID:9LZV8I/x0

どうして



この人は




こんなにも





消え入りそうなんだろう




8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 20:38:07.84 ID:9LZV8I/x0

いつか



彼女の細胞すべてが




音符になって




風にのって




消えていきそうな




そんな気がする




そんなこと、ありえないのに




9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 20:39:32.91 ID:9LZV8I/x0

「千早さん?どうかしましたか?」


「秋月さん」



ある日、仕事の移動途中にある、河原で

千早さんに出会った

手や服に砂や泥がつきながら、彼女は何かを懸命に探しているようだった




10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 20:41:48.53 ID:9LZV8I/x0

「なにか探しているんですか?手伝いますよ」


「そんな、悪いわ。どこかへ行く予定があるのでしょう?」


「大丈夫ですよ。仕事にはまだ時間がありますし、いつも仕事でお世話になってるお礼です」


「ありがとう……お願いできるかしら」


「はい!」


「これくらいの、小さい、ビーズのミサンガなのだけど・・・・・・」


「わかりました」




11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 20:44:22.29 ID:9LZV8I/x0

「・・・・・・」


「女の子が……くれたの」


「そうなんですか?」



「……」


「私の歌が好きだって」


「私のファンだって」


「私のために、一生懸命作ったって」


「だから……」


「……」




12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 20:45:11.08 ID:9LZV8I/x0

「……」


……絶対、見つけなくちゃって

そう思ったんだ

これだけは絶対に見つけなくちゃって




13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 20:47:29.16 ID:9LZV8I/x0

僕は千早さんがわからなかった


初めて出会ったとき、すでに彼女はトップアイドルだった


歌への姿勢、想い、情熱、人としての考え方、夢―――


すべてが、千早さんは紛れもないトップアイドルだと確信させてくれた



でも、同時に



彼女がとても遠い人のように思えたから




14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 20:49:01.50 ID:9LZV8I/x0

だから

ファンを想って、行動し

いつもの歌姫である千早さんの姿からは想像できない

土や泥で汚れた姿を見て


少し可笑しくて



少しだけ近くなったような気がして



少し



うれしかった




15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 20:50:40.81 ID:9LZV8I/x0

でも


いくら探しても見つからなかった

もう少しで夕日も沈み切ってしまう

千早さんの顔が、それにあわせるように暗くなっていくのを

どうにもできない自分が

たまらなく悔しかった




16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 20:53:30.24 ID:9LZV8I/x0

「千早?と、秋月さんか?なにやってるんだ」

「プロデューサー」

「遅いから心配したぞ」

「すみません……」

そこにいたのは765プロの千早さんの担当のプロデューサーさんだった

千早さんを導いたことで、業界でも名の知れている人だ



17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/15(月) 20:55:03.15 ID:9LZV8I/x0

「千早さん、落し物をしてしまったみたいで、探していたんです」


「なに?そうだったのか?わかった。オレも一緒に探そう・・・・・・ん?」




「お、もしかして、これじゃないか?」


「あ……!そ、そうです!それです!」




18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 20:57:03.04 ID:9LZV8I/x0

「ああ、ああ。ありがとうございます、プロデューサー!」


「見つかってよかったな」


「はい!」





そのとき


千早さんは


いつもの彼女からは想像できない


無邪気な子どものようなとびきりの笑顔を


プロデューサーさんに見せた




19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/15(月) 20:59:11.50 ID:9LZV8I/x0

それを見て僕は




ああ……よかった





そう、思ったんだ




20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 21:00:22.17 ID:9LZV8I/x0

落し物が見つかったこともそう

でも、それ以上に


千早さんは




見つけることができたんだ




笑顔でいられる場所を




21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 21:01:46.64 ID:9LZV8I/x0

この居場所があるかぎり





千早さんは、大丈夫なんだ




それがわかったから




22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 21:02:48.99 ID:9LZV8I/x0

その後、千早さんに何度もお礼を言われながら

プロデューサーさんが車で仕事場まで乗せて行ってくださったおかげで

仕事に遅刻せずにすんだ




でも



23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/15(月) 21:06:58.88 ID:9LZV8I/x0

「遅―い!」


「夢子ちゃん」


「何してたのよ」


「ちょっと、ね」


「早めにきてチェックしようと思ったのに!」


「ごめん。でも、夢子ちゃんなら合わせられるでしょ?」


「ふーん、言ってくれるじゃない。自信あるんだ?」


「今日は、いつも以上に気合入ってるんだ、なんかね」


「なら、今日は初めから飛ばしていくわよ!」


「うん!」




24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/15(月) 21:08:43.08 ID:9LZV8I/x0



僕にもいつか、見つけられるだろうか



ありのままの僕の、笑顔でいられる場所を




26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 21:10:08.67 ID:9LZV8I/x0

終わりです

見てくれた人、ありがとう

そして涼、誕生日おめでとう



30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 11:11:56.62 ID:RO0Jj0wVo















http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1410780551/