1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 21:36:57.27 ID:xUNN3FN70


ちひろ「……って、プロデューサーさんが言ってたんですけど」

泉「ふーん……?」

ちひろ「泉ちゃんとしては、どう思います?」

泉「まあ、アリだと思う。Pは優しすぎるところがあるから」

ちひろ「あ、やっぱりそう思いますか?」

泉「うん。特にさくらや亜子には甘々だよ」

ちひろ「へー……ちなみに泉ちゃんにはどうなんですか?」

泉「二人に比べると厳しいかも。多分、私に合わせてくれてるんじゃないかな」

ちひろ「大人びた関係、って事ですね!」

泉「そんな、大それたものじゃないけど」




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 21:39:16.46 ID:xUNN3FN70


ちひろ「いやー、プロデューサーさんは女の子の扱いが上手いですね、ホント!」

泉「そんな人じゃないよ、あの人は」

ちひろ「プロデューサーさんのコト全部知ってるって感じですね、これは……?」

泉「うっ……ち、違うってば」

ちひろ「隠さなくてもいいですよ!」

泉「いや、隠してるわけじゃ……」

ちひろ「でもですね。お互いを理解してる関係ほど、危ういんじゃないかと思うんですよ」

泉「どういうこと?」

ちひろ「いざという時、自分の手の内が全部バレちゃってるってことですよ……?」

泉(全部……?)ポワポワ




3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 21:46:23.34 ID:xUNN3FN70



『おっと、残念だったな泉。お前の考えは、全てお見通しだよ』

『どうせ、俺は優しいからお説教なんて無いだろうと、思ってたんだろ?』

『でも俺と泉は大人の関係だからな……他の子と一緒じゃ嫌だろう』

『……ああ、言わなくても全てお見通しだって言ったろ? 泉のことなら隅々まで知ってるからな』

『俺の大事な泉のことで、わからない事なんてないんだぞ?』

『いつも手玉に取られてる仕返し……どんな風にしてあげようか……?』


泉(バレてるぅ……!!)ポワワ




8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 21:57:20.51 ID:xUNN3FN70


泉「ど、どうすればいいの……!?」

ちひろ「そりゃあ、奥の手がいるんじゃないですか?」

泉「奥の手……そうだね。二重三重に用意しておけば、Pも流石に手出しできないよ」

ちひろ「保証はできませんけど……」

泉「う……それは……」

ちひろ「きっとPさんは、泉ちゃんのこと諦めませんよー?」

泉「そ、そんな……困る……!」

ちひろ「ここは得意のITで対抗ですね!」

泉(Pの愛Tには敵わないよ……っ!)




9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/14(日) 22:02:54.07 ID:xUNN3FN70


ちひろ「加奈ちゃんのメモも増えてきましたね」

加奈「はいっ! いつも頑張ってメモしてます!」

ちひろ「これだけあれば、プロデューサーさんも舌を巻きますよ!」

加奈「そうですか? えへへ、いっぱい褒めてもらおーっと!」

ちひろ「あっ、でも……」

加奈「でも……何ですか?」

ちひろ「これだけメモしてるのに、それでも何か失敗したりしたら……」

加奈「え?」

ちひろ「プロデューサーさん、ただじゃおかないかも……」

加奈(ふええっ……!?)ポワポワ




13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 22:12:16.61 ID:xUNN3FN70



『おいおい加奈、また同じ間違いしてるじゃないか!』

『ふたりきりの時、俺のことはご主人様と呼べと言っただろう?』

『あれだけ復習しておくように、しつこく言っておいたのに……』

『これは加奈のふぁんしー不足だな。俺の特別レッスンが、物足りなかったせいなんだろ?』

『アイドルの責任は俺の責任だし……加奈のダメな所は、俺が責任持って面倒見なくちゃな』

『メモの用意はできてるよな。じゃあ、どこまでメモできるか……ふたりきりの特別レッスン、してみようか?』


加奈(メモしきれないよぉ……っ!)ポワワ




14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 22:19:25.39 ID:xUNN3FN70


加奈「ご、ごごごめんなさいぃ! 加奈の勉強不足ですぅ!」

ちひろ「って、加奈ちゃん?」

加奈「お願いですからそこだけは! そこだけはぁ!」

ちひろ「そこってどこですか!?」

加奈「うぅ……ふぁんしーなコトされちゃう……」

ちひろ「ファンシーなコトって!?」

加奈(わ、私もまだまだ子供だったんですね……メモしておきます!)




15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 22:30:19.54 ID:xUNN3FN70


ちひろ「恵磨ちゃんにもガツンと言うべきだと、プロデューサーさんが言うんですよー」

恵磨「いやー、アタシいっつもドカドカ行ってるからね! それもアリなんじゃない!?」

ちひろ「むしろウェルカムな感じなんですか?」

恵磨「まあね! お互い、隠し事ナシでぶつかり合うのが大事っしょ!!」

ちひろ「さすが、恵磨ちゃんは大胆ですね! プロデューサーさんもきっと喜びます!」

恵磨「へへ、そうだといいけどね!」

ちひろ「ただ、あんまり曝け出しすぎるのは良くないかも……」

恵磨(あれ、良くない……!?)ポワポワ




17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 22:43:06.66 ID:xUNN3FN70



『恵磨はいつでも元気フルチャージで、見てるこっちも元気が沸いてくるよ』

『ただ……あんまり元気が良すぎても、困る時があるんだよな』

『恵磨が可愛すぎて、我慢できそうにない時とか……この気持ち、どうすればいいと思う?』

『いつもの恵磨なら、わかるよな? お互い、隠し事も遠慮もしなくていいもんな』

『じゃあ俺のフルチャージの気持ち、恵磨に思う存分、受け取ってもらおうか……?』


恵磨(ぜんぶはダメぇ……!?)ポワワ




19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 22:49:54.14 ID:xUNN3FN70


恵磨「た……確かにそう言ったけど! 言ったけど、物には限度があるのー!!」

ちひろ「プロデューサーさん、お仕事に関しては遠慮がないですもんねー」

恵磨「し、仕事なら仕方ないかも……や、やっぱダメ!!」

ちひろ「ふーん……恵磨ちゃんだからこそ、プロデューサーさんも選んでくれるのに……?」

恵磨「だ、だだだからって!! プロデューサーは全力投球しすぎだってば!!」

ちひろ「もしそう見えるなら、それはきっと恵磨ちゃんの影響ですよ!」

恵磨(ならアタシが責任取らなきゃっ……!?)




20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 22:55:44.95 ID:xUNN3FN70


ちひろ「……ということを、プロデューサーさんと話してたのよ、美由紀ちゃん」

美由紀「ふえぇ!? みゆきもがつーんって言われちゃうのっ!?」

ちひろ「かもしれませんねー」

美由紀「うう、どうしよう……ちゃんと言うこと聞けたら大丈夫かなあ……?」

ちひろ「もちろんです。プロデューサーさんは優しいですからね!」

美由紀「ほっ……よかったぁ。でもちょっとだけ、がつーんと言われてみたかったかもっ」

ちひろ「ふふ、プロデューサーさんなら聞いてくれるかもしれませんよ?」

美由紀(がつーんと……?)ポワポワ




21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 23:00:26.40 ID:xUNN3FN70



『ほら美由紀、美由紀からお願いしてきたんだから、逃げちゃダメだぞ!』

『たくさん美由紀のお願い、聞いてあげてきたし。ちゃんと今回も叶えてあげないと、な』

『可愛い美由紀にがつーんと言ってやるって、決めたんだ。もう取り消せないぞ?』

『これまで俺の言うこと何でも聞いてくれた分、美由紀には特別に、きつーく言ってやるからな……』


美由紀(がつーんってされちゃう……!)ポワワ




24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 23:08:59.35 ID:xUNN3FN70


美由紀「み、みゆきは優しいのがいいよぉー!」

ちひろ「プロデューサーさんは優しいですよ?」

美由紀「優しすぎるのはダメー! ちょっとくらいなら怒ってもいいからぁー!」

ちひろ「へぇー。怒られて伸びるタイプなんですね、美由紀ちゃん」

美由紀「そうじゃないけど……でも、そうじゃないとダメなの!」

ちひろ「じゃあ、プロデューサーさんにそう伝えておきますね!」

美由紀「ふえっ!? あ、あんまり厳しくしないでね……っ!?」

ちひろ「大丈夫です! プロデューサーさんは優しいので!」

美由紀(すごいこと言われちゃうのかなっ……?)




25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 23:17:00.23 ID:xUNN3FN70


ちひろ「……というプロデューサーさんの意見なんですが」

泰葉「……確かに、もっともです。甘やかすだけでは、成長とはいえませんから」

ちひろ「つまり泰葉ちゃんも、プロデューサーさんにガツンと言われたいということですか?」

泰葉「あの、少し語弊があるような……言われたいという訳ではないんですよ?」

ちひろ「でも上昇志向な泰葉ちゃんは、甘やかされるだけは嫌ですよね?」

泰葉「それは、そうなんですけど……決して、望んでPさんにガツンと言われたいわけでは……」

ちひろ「プロデューサーさんの方は、泰葉ちゃんに何か言いたそうなんですけどねー……」

泰葉(私に……?)ポワポワ




27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 23:24:51.07 ID:xUNN3FN70



『なあ泰葉。もしかして、俺より先輩だからって、こっそり気を抜いたりしてるんじゃないのか?』

『泰葉に限ってそんな事ないと思うんだが……最近、俺を見て心ここにあらずって感じだと聞いたぞ』

『俺が原因なら、責任持って泰葉を教育しないといけないだろう?』

『安心していいぞ。泰葉のためなら、たとえどんなに厳しい特訓でも用意してやる』

『俺を見るだけでしっかり反応できるように、身体に教え込んであげるさ』

『特訓が終わるまで、俺も付き合うからな。さて、どこから鍛えて欲しいんだ……?』


泰葉(こんなのたえられないですっ……!!)ポワワ




28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 23:33:55.15 ID:xUNN3FN70


泰葉「わ、私の方は特にありませんからっ!」

ちひろ「えー、少しくらい聞いてあげたらどうですか?」

泰葉「け、結構です! Pさんは大人ですから! 自分で何とかできます!」

ちひろ「でも泰葉ちゃんの場合は、そうもいきませんよ?」

泰葉「それは……うぅ。ちょっとだけなら……」

ちひろ「きっとちょっとどころか、たくさんかも……」

泰葉「これ以上は……!」

ちひろ「泰葉ちゃんもまだまだ、プロデューサーさんから学ぶことがいっぱいですね!」

泰葉(先輩なのにくやしい……なのに、この気持ち……?)




32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/15(月) 21:13:09.41 ID:KFYGchED0


ちひろ「プロデューサーさん、幸子ちゃんにガツンと言いたいことがあるそうですよ?」

幸子「ああわかってます、わかってますよちひろさん!」

ちひろ「あれ、わかるんですか?」

幸子「まあ、ボクにかけるべき言葉は一つしかないですし!」

ちひろ「あ、なるほど……」

幸子「全く。シャイな人ですねPさんも。そんなに言いたいなら早く言いに来ればいいのに……」

ちひろ「プロデューサーさん、照れてるんですよ」

幸子「ああもう、世話が焼けます! 仕方ないのでボクから聞きに行ってあげますよ!」

ちひろ「嬉しそうなところ申し訳ないんですが、ほんとにガツンと言われたらどうします?」

幸子(ガツンと……?)ポワポワ




33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/15(月) 21:20:39.79 ID:KFYGchED0



『幸子はカワイイ! 世界で一番カワイイぞ! 俺が保証する!』

『なんたって俺のアイドルだからな、可愛くないわけがないさ』

『でも、今の可愛さで満足する幸子じゃないよな……まだまだ可愛くなれるだろ?』

『他の誰も知らない、俺だけのカワイイ幸子、見せてもらえるかな……?』


幸子(な、な、なっ……!?)ポワワ



34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 21:31:01.44 ID:KFYGchED0


幸子「ど、どれだけワガママなんですかPさんは!?」

ちひろ「あー、プロデューサーさんは我がままなところ、ありますよねー」

幸子「本当なら許されませんけど……特別にみ、認めてあげますよ! ボクは寛容なので!」

ちひろ「幸子ちゃんは心が広いんですね!」

幸子「と、当然です! なんたってボクはカワイイですからっ!」

ちひろ「プロデューサーさんも、幸子ちゃんが可愛すぎて困っちゃうかもしれませんよ」

幸子(あれっ……これでむしろ困るのはボクの方なんじゃ……!?)




35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 21:39:48.19 ID:KFYGchED0


ちひろ「真尋ちゃんがガツンと言われること、あるんでしょうかね?」

真尋「ん? どうしたの、何の話ー?」

ちひろ「プロデューサーさんからガツンと言われたりー、って話ですよ!」

真尋「ああ、なるほどねー。Pさんならいっつもお小言ばっかでさー!」

ちひろ「あれ。普段からなんですか?」

真尋「そーそー。真尋は落ち着きがないぞとか、おしとやかになってみなさいとかっ!」

ちひろ「うーん。それはそれでいいですけど、真尋ちゃんっぽくないですよね?」

真尋「やっぱり? ちひろさんもそう思うよねーっ!」

ちひろ「でもプロデューサーさんなりの考えがあってのことかも……」

真尋(Pさんの考え……!?)ポワポワ




36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 21:45:44.32 ID:KFYGchED0



『俺が思うに、真尋は威勢がよすぎるんだよな。流石に俺も追いつけないぞ』

『まあ、大人しくしてくれないなら、ムリヤリ従えさせるまで、だけどな?』

『あれ……余計そわそわしてないか? これはやっぱり、ムリヤリじゃないと駄目かな……』

『本当は優しくするつもりだったけど、それならしょうがないよな?』

『多少強引にでも、規則正しい走る・食べる・寝る・イチャイチャするを習慣付けようか……?』


真尋(生活リズムおかしくなるぅ……!!)ポワワ




37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 21:57:40.92 ID:KFYGchED0


真尋「健康第一なのー! Pさんは大人しくしててー!」

ちひろ「私が思うに、真尋ちゃんはまだまだ可愛くなれますよー?」

真尋「だからって、Pさんの好きにするのはちょっとアレだし……!」

ちひろ「でもでも、他ならぬプロデューサーさんを信じてあげるのもいいのでは?」

真尋「う、それは確かに……」

ちひろ「プロデューサーさんの言う通りにすれば、意外な一面が見つかるかも……!」

真尋(一面どころかイチャ面まで見つかっちゃう……!!)




39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 22:04:49.72 ID:KFYGchED0


ちひろ「アヤちゃんは……むしろガツンと言ってそうですね……」

アヤ「あん? 何か、失礼なこと考えてねーか……?」

ちひろ「いえいえとんでもない。アヤちゃんにガツンと言うプロデューサーさんは見られるかなー、と」

アヤ「アタシに? へへ、言えるもんなら言ってみろって感じだぜ?」

ちひろ「アヤちゃんの方がしっかり者ですもんねぇ」

アヤ「まーな。伊達にPのアイドルやってねーからさ」

ちひろ「ありゃ、これはもしかして……」

アヤ「お、おい何だよ、言いたいことがあるならハッキリしろよな!」

ちひろ「うふふ。いえいえ何でもー♪」

アヤ(まさか……)ポワポワ




40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 22:17:30.95 ID:KFYGchED0



『そういえばアヤは何も言わなくても、俺のために自分から行動してくるよな』

『俺がタラタラしてるから? へー、その割には焦ってないか?』

『別に急がなくても、俺はアヤから逃げたりしないぞ。安心して俺のそばにいていいんだからな?』

『もちろんアヤが心配しなくも済むように、俺もいろいろお世話もしてげるから……な?』


アヤ(お世話って……!)ポワワ




41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 22:24:57.18 ID:KFYGchED0


アヤ「だ、誰もPの心配なんてしてねーかんなっ!」

ちひろ「と言いながら、ネクタイ直したり、手を引いたりしてあげちゃうんですね?」

アヤ「ばっ、それぐらい当たり前だろうがよ! アイドルとして!」

ちひろ「それもどうなんでしょう……」

アヤ「だらしないプロデューサーとか、誰もついて来ないからな! 皆のためでもあるんだよ、皆の!」

ちひろ「でも最終的にはプロデューサーさんのため……?」

アヤ「ち、違うって言ってるだろー!!」

ちひろ「うふふふふ。わかってますよー♪」

アヤ「わかってない、わかられても困るけどわかってないー……!」

ちひろ「アヤちゃんとプロデューサーさんで素敵な関係が築けると良いですね!」

アヤ(アヤしい関係になっちまう……!)




42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 22:39:03.90 ID:KFYGchED0


ちひろ「どちらかというと忍ちゃんには、ガツンと言われてしまいそうです」

忍「あはは、そうでもないよ。アタシもまだまだ、Pさんに育ててもらってる最中だもん」

ちひろ「成長中ってことですよね」

忍「うん、Pさんには感謝してもしきれないくらい」

ちひろ「そう思ってもらえたら、プロデューサーさんも嬉しいですよきっと!」

忍「せっかくだから、贈り物でもしたいんだけど……何がいいのか、わかんなくて」

ちひろ「プロデューサーさんは意外と好みがわかりづらいですからねー……」

忍「喜んでもらえて、一生ものの贈り物がいいかなぁ」

ちひろ「それなら忍ちゃんが一番、心当たりあるんじゃないですか?」

忍(アタシが……?)ポワポワ




43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 22:43:08.97 ID:KFYGchED0



『初めてあった頃から、忍もずいぶん可愛くなったな……』

『もちろん最初からとびきり可愛かったけど、今じゃ見惚れちゃうくらいになってさ』

『俺の精一杯の愛情を、たくさん贈ってあげてきたからかな?』

『それで忍からのお返しは、何が貰えるのか楽しみだな……』

『例えば俺の目の前にいるような、可愛い子だといいんだけど、な……?』


忍(受け取っちゃうの……!?)ポワワ




44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 22:49:02.48 ID:KFYGchED0


忍「や、そういうのはまだ田舎者には早いってば!」

ちひろ「忍ちゃんももう都会っ子の仲間入りしてますよー?」

忍「都会は刺激的過ぎるよぉっ……!」

ちひろ「それがまた良いんですよ!」

忍「アタシとPさんじゃまだ、時期尚早というかなんというか!」

ちひろ「ふふ、そろそろ忍ちゃんも本気出しても良いんですよ?」

忍「ほ、本気!?」

ちひろ「可愛い贈り物でプロデューサーさんは嬉しい、おまけに忍ちゃんも可愛くなれる、一石二鳥です!」

忍(おまけどころか本命だよっ……!)




49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/17(水) 20:26:55.98 ID:bAJyFN840


ちひろ「保奈美ちゃんには、言う機会がないかも知れませんね」

保奈美「ちひろさん? どうかしたの?」

ちひろ「保奈美ちゃんがプロデューサーさんにガツンと言われるとしたら、どんなことでしょう?」

保奈美「私が……Pさんに。そうね、きっと歌のことか、あるいは他の事かもしれないわね」

ちひろ「普段のプロデューサーさんと保奈美ちゃんからは、あんまり想像つきませんねー」

保奈美「そうでもないわよ? あの人、意外と熱いところもあるから」

ちひろ「あら。プロデューサーさんの素顔を知ってる感じですか?」

保奈美「い、いえ、別に深い意味はないのよっ?」

ちひろ「ちょっと良い事聞いちゃったかもしれません。保奈美ちゃんだけの素顔ですかー……」

保奈美(素顔……)ポワポワ




50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 20:33:14.67 ID:bAJyFN840



『保奈美のストイックな姿勢は惚れ惚れするよ。俺も見習わなくちゃな』

『だから、今日から個人的に、保奈美を特別レッスンで鍛えたいと思うんだが……どうかな?』

『ああ、心配いらないぞ。ちゃんと保奈美が成長できるように、手取り足取り腰取り、教えてあげるからな』

『今なら俺の、普段とはちょっぴり違う素顔を見せてあげられるんだけど……どうかな?』


保奈美(すごいよぉっ……!)ポワワ




51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 20:43:56.99 ID:bAJyFN840


保奈美「って、それは私のキャラじゃないわっ!?」

ちひろ「あれ? お気に召しませんでした?」

保奈美「そういうのは、もっとこう、他の子が向いてるわよ!」

ちひろ「そうですかぁ。保奈美ちゃんならではの可愛さがあると思ったんですが……」

保奈美「わ、私の可愛さなんてどうでもいいの!」

ちひろ「保奈美ちゃんはそうでも、プロデューサーさんは多分そういうの狙ってますよー?」

保奈美(ま、負けたりしないんだからっ……!)




52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 20:47:06.91 ID:bAJyFN840


ちひろ「法子ちゃんはガツンっていうか、ガツガツ食べてる方ですよね」

法子「うん? ドーナツ? ひとついる?」

ちひろ「もきゅもきゅ……ほんとにドーナツ好きなんですねー」

法子「まあね! ドーナツは皆が幸せになれるからね!」

ちひろ「じゃあプロデューサーさんと法子ちゃんもそうなんでしょうか?」

法子「えへへ……そうだといいなっ!」

ちひろ「ドーナツ大好きな法子ちゃんなら、きっとできますよ!」

法子「そ、そうかな? ドーナツで喜んでくれるかなぁ……?」

ちひろ「もちろんです! プロデューサーさんも甘いものは大好きですから!」

法子(じゃあ……)ポワポワ




53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 20:50:44.02 ID:bAJyFN840



『なんだか法子から甘い匂いがするな……きっとドーナツかな?』

『法子って、もしかしてドーナツの食べすぎなんじゃないか。なんなら俺も手伝ってあげるぞ』

『ほら、これ以上甘いもの食べちゃうと、法子まで甘々になっちゃうだろ?』

『そうなる前に、俺と甘ーいもの食べて、一緒に甘ーい時間過ごさないとな?』

『ドーナツと同じくらい法子も甘々だったら、間違って味わっちゃうかも、な……?』


法子(甘すぎるよぉ……!)ポワワ




54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 20:52:24.16 ID:fumCFzm5o

意味わかんねえけど笑っちまうwwwwww



55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 20:56:12.92 ID:bAJyFN840


法子「どーなってるのこれ……!?」

ちひろ「私は甘さ控えめがいいですねー」

法子「うう、でもプロデューサーと甘い時間は過ごしたいし……!」

ちひろ「まあまあ、法子ちゃんもそういうお年頃かしら?」

法子「ぷ、プロデューサーにドーナツ食べて欲しいだけだもん!」

ちひろ「甘々になれるといいですね!」

法子(プロデューサーとならドーナッても……! )




57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 21:00:47.53 ID:bAJyFN840


ちひろ「夏樹ちゃんは逆にガツンと言い返し……いや物理的にガツンといってそうですね」

夏樹「Pさんにかい? フフ、だりーはともかくPさんは一味違うよ」

ちひろ「へえ、どこらへんがですか?」

夏樹「そうだな。Pさんの瞳の奥には、燃えるものがあるのさ」

ちひろ「ほうほう」

夏樹「その炎が、アタシの魂に火をつけちまう。アツいやつだよ、Pは」

ちひろ「夏樹ちゃんに負けず劣らずロックなんですねー」

夏樹「ああ、アタシも負けてられないんだ。一緒にてっぺん獲るまで、ね」

ちひろ「でも、Pさんがロックに染まっちゃったら困りません?」

夏樹(ん……?)ポワポワ




58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 21:06:44.78 ID:bAJyFN840



『おっと。夏樹、そこはもう少し、甘える感じで頼むぜ』

『はは、焦ることはないさ。夏樹が慣れるまで、何度でも試すだけだ』

『だけど流石の夏樹も、そろそろ限界か? もし諦めるなら今のうちだぞ?』

『……それでこそ夏樹だ。上目遣いで小悪魔系おねだりするのが、上手くなってきたな?』

『夏樹が可愛さのてっぺん獲れるまで、今日は帰さないぞ……?』


夏樹(なるほど……これがロック……)ポワワ




59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/17(水) 21:11:13.07 ID:bAJyFN840


夏樹「……って言うとでも思ったか!?」

ちひろ「あれ、違うんですか?」

夏樹「わ、悪いけど、そういうのはだりーに任せるぜ。アタシにはさっぱりだ」

ちひろ「たまにはいいと思ったんですけど……残念です!」

夏樹「まだまだアタシの知らないロックがあるんだな……勉強になるよ」

ちひろ「いつかPさんとのラブラブロック、聴きたいですね!」

夏樹「か、勘弁してくれよ! ガラじゃねーって!」

ちひろ「でもいつの日か、夏樹ちゃんのお嫁さん姿、見てみたいです……!」

夏樹(Pさんの嫁とか……ロックすぎだろ……!)




61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 21:23:27.47 ID:bAJyFN840



ちひろ「瑛梨華ちゃんには……まあ、ガツンと言われる時もあるとは思いますよ!」

瑛梨華「やーん、ちひろちゃん気遣いMI・E・MI・E☆」

ちひろ「YU・RU・SHI・TE☆」

瑛梨華「よし、許す☆」

ちひろ「ありがとうございます! さすが瑛梨華ちゃんですね!」

瑛梨華「瑛梨華ちんはどんなツッコミにも寛容だよ!」

ちひろ「へえ~……普段プロデューサーさんにはどんなツッコミされてるんですか?」

瑛梨華「んー、そりゃもう、四六時中ビシバシって感じ!」

ちひろ「まさに相棒ってやつですね!」

瑛梨華(あ、相棒……?)ポワポワ




62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 21:30:49.49 ID:bAJyFN840



『呼んでないのに出てくる瑛梨華にも、もう慣れたな……』

『それならひとつ、相棒らしく振舞ってみようかな?』

『次にスベったら、スベったぶんだけ瑛梨華にお仕置きだぞ』

『俺は瑛梨華の相棒だからな。相棒はツッコむためにいるんだよな?』

『瑛梨華が可愛くなれるなら、瑛梨華が満足するまで、いっぱいツッコんであげるからな……』


瑛梨華(相棒にO・MA・KA・SE……☆)ポワワ




63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 21:37:03.62 ID:bAJyFN840


瑛梨華「い……いやいや、瑛梨華ちゃんの漫才は健全だから!」

ちひろ「ある意味大人向けじゃないですか?」

瑛梨華「またまた~。そんなこと言っちゃDA・ME・DA・ZO☆」

ちひろ「でも、プロデューサーさんと毎日ツッコんだりツッコまれたりなんですよね?」

瑛梨華「おっけーちっひー☆ その言い方A・BU・NA・I☆」

ちひろ「相棒っていいですね。私もある意味、プロデューサーさんとは相棒みたいな関係ですけど……」

瑛梨華(愛棒になっちゃう……☆)




64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 21:41:08.13 ID:bAJyFN840


ちひろ「ありすちゃんは、毎日のようにプロデューサーをガツンと論破してそうです」

ありす「まあ、そうですね。それと、橘です」

ちひろ「その秘訣を教えてくださいありすちゃん!」

ありす「論理的に攻め立てれば勝てます。本に書いてましたから。それと、橘です」

ちひろ「プロデューサーさんも、ありすちゃんに論理的に攻められてるんですか……」

ありす「ええ。私を論破できるものならしてほしいです。それと、橘です」

ちひろ「でも、プロデューサーさんも負けてばっかじゃないと思うんですけど……」

ありす(えっ……)ポワポワ




65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 21:47:20.80 ID:bAJyFN840



『もう我慢の限界だぞ、ありす。俺はそろそろ本気を出すからな』

『いつもいつもありすに論破されてる俺じゃない。論理なんていちごの肥料にしてしまえ!』

『俺がありすを好きなのは、理屈じゃないんだ』

『どうだ? 俺がありすを愛している理由を、論破できるのか?』

『論破できないなら、このままありすを愛しちゃうけど……いいのかな?』


ありす(責めすぎですっ……!?)ポワワ




66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 21:56:38.24 ID:bAJyFN840


ありす「こ、こんなのありえませんから! はい論破です!」

ちひろ「ちょっと雑すぎません!?」

ありす「……少々熱くなりました。もう少し論理的にいきたいのですが……」

ちひろ「プロデューサーさんと何やってるんですか」

ありす「プロデューサーの愛に理屈なんか効きません。力で論破するのが一番です!」

ちひろ「それって論破なんですか……」

ありす(ロリ的に責めすぎはよくないです……!)




67: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 22:12:14.62 ID:bAJyFN840


ちひろ「小春ちゃんは、ガツンと言われることなんてないわよね~?」

小春「はい~? 小春がですか~?」

ちひろ「ええ。プロデューサーさんは優しいものね」

小春「ん~、でも小春のこと、何か言いたそうに見つめてくることが~……」

ちひろ「あら。もしかして不満でもあるのかしら?」

小春「うぅ~。やっぱり小春が悪いんでしょうか~……」

ちひろ「そんなこと……きっとプロデューサーさんは、小春ちゃんに見惚れてるんですよ!」

小春(見惚れて~……?)ポワポワ




68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 22:17:23.15 ID:bAJyFN840



『……ああ、すまん。ちょっと小春が可愛すぎて、ぼーっとしてたよ』

『ごめんごめん。これじゃ小春のこと、笑えないな?』

『そうだな、たまにはヒョウ君を見習ってみるか。いつも小春のそばにいるもんな』

『小春のそばで小春と添い遂げなきゃな。あ、それと……ぺろぺろもされないとだめなんだっけ?』


小春(ふわぁ~……Pさんぺろぺろです~……)ポワワ




69: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 22:21:25.74 ID:bAJyFN840


小春「……って、Pさんはダメです~!」

ちひろ「ありゃ、プロデューサーさんはダメでした?」

小春「小春はしてあげたいですけど、でも、でも~……」

ちひろ「いいんですよ小春ちゃん! 時間はたっぷりあるんですから!」

小春「そうですか~……?」

ちひろ「ええ、プロデューサーさんも待ってくれます!」

小春(えへへ、Pさんにペロペロです~……)




70: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/17(水) 22:27:55.82 ID:bAJyFN840


ちひろ「薫ちゃんはしっかり者よね。ガツンと言われることなんてなさそうです」

薫「ううん、せんせぇはかおるにもきびしーよ!」

ちひろ「あら、そうなの? 子供には優しいと思ったんですけど……」

薫「ちがうよー、でもね。絵本をね、ちゃんとお片づけしたら、いい子いい子してくれるんだよ!」

ちひろ「なるほど、薫ちゃんはいいこね」

薫「あとね、お外から帰ってきたら、ちゃんと手を洗うとよしよししてくれるの!」

ちひろ「薫ちゃんは賢いですね~。よしよし♪」

薫「えへへ~」

ちひろ「もっといい子でいたら、プロデューサーさん何してくれるのかしらねー?」

薫(もっといい子……?)ポワポワ




71: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 22:32:56.22 ID:bAJyFN840


『薫は聞き分けもいいし、なんでもできるし、本当にいい子だな』

『とはいえ流石に、俺のおよめさんになれ、なんて聞けないよな?』

『……あれ、もしかして聞いちゃうのか? 止めるなら今のうちだぞ?』

『よしよし、薫は本当にいい子だな。じゃあ、まずは一緒にこんいんとどけ、出しにいこっか……?』


薫(いい子になっちゃう……!)ポワワ




72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 22:35:58.36 ID:bAJyFN840


薫「か……薫、もっといい子になるねっ!」

ちひろ「え、ええ? いきなり張り切ってどうしたの、薫ちゃん?」

薫「だってせんせぇ、いい子が好きなんだよね!?」

ちひろ「ええ。そうだと思いますけど……」

薫「じゃあ薫、もっともっといい子になって、こんいんとどけ出すからね!」

ちひろ「あ、なるほど。頑張っ……えっ!?」

薫(せんせぇと愛のせんせーしなきゃっ……!)




73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/17(水) 22:53:00.19 ID:bAJyFN840


ちひろ「サンタさんたちはどうですかね~……」

イヴ「はぁ~。ニッポンのコタツはやっぱりすごいなぁ~。離れられなくなっちゃう」

ブリッツェン「モフモフッ」

ちひろ「のんびりしてますね……聖夜の主役がそれでいいんですか?」

イヴ「クリスマスの主役は子供達ですよぉ~。私達は……おまけ~?」

ちひろ「当日それで大丈夫なんですか?」

イヴ「えへへ~もちろんです~。なんたってアイドルサンタですからねぇ~♪」

ブリッツェン「ブフェッ」

ちひろ「いや、そんなに和んでるとプロデューサーさんから檄が飛んじゃいますよー……?」

ブリッツェン(モフッ……!?)ポワポワ




74: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 22:54:26.21 ID:+Z7v/GrPo

お前のほうかよwwwwww



75: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/17(水) 23:04:21.80 ID:bAJyFN840



『こらブリッツェン! ちゃんとお仕事しないとダメだろ!』

『クリスマスはたくさんの子供達が待ってるんだからな、忙しいぞ!』

『……もちろん、俺からブリッツェンにプレゼントもあるけどな?』

『おいおい、喜ぶのはいいけど……ご褒美は、プレゼントを配り終えてからだぞー!』


ブリッツェン(ブフェ~……!)ポワワ




77: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/17(水) 23:23:02.50 ID:bAJyFN840


ブリッツェン「モフモフフッ!」

イヴ「あら~? ブリッツェン元気ですね~?」

ちひろ「いえ、やる気だそうとは言いましたけど、今からじゃなくて……」

イヴ「心配しなくても、私とブリッツェンのコンビなら今年も頑張れますよぉ~。ねぇブリッツェン?」

ブリッツェン「ブモッ!」

イヴ「あ、今年はPさんとも一緒に配りたいんですかぁ~?」

ちひろ「いや、さすがにプロデューサーさんはちょっと!」

イヴ「だ、そうです~。うぅ、私も一緒がよかったなぁ~」

ブリッツェン(ブフェェ……)




79: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 23:28:10.48 ID:bAJyFN840


ちひろ「イヴちゃんは……なんだか、常にプロデューサーからガツンと言われてそうですね!」

イヴ「えぇ~? 私がですかぁ~?」

ブリッツェン「ブフェ!」

ちひろ「むしろブリッチャンからも言われちゃってるんじゃないですかー?」

イヴ「そんなことありませ~ん! ねぇ、ブリッツェン?」

ブリッツェン「ブモモブモッ!」

イヴ「ほら~! イヴはしっかり者だぞ~って~♪」

ちひろ「アイドルとしてはそうでも、サンタさんとしてはどうでしょうかね~?」

イヴ(サンタさんとして~……?)ポワポワ




80: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 23:36:58.36 ID:bAJyFN840



『おかしいなあ、俺のところにクリスマスプレゼントが来るの、ずっと待ってるんだけどなぁ』

『何が欲しいかって? そりゃ、可愛い可愛い、サンタさんに決まってるだろ?』

『あっ、そうか。自分をプレゼントするから、俺のところにはきっと最後に来るんだな?』

『それならいつまでも待っちゃうぞ。さて、今からサンタさんを迎える準備しちゃおうか……』


イヴ(ニ、ニッポンのクリスマスすごいなぁ~……!)ポワワ




81: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 23:40:30.13 ID:bAJyFN840


イヴ「そ、それもいいかも~……!?」

ブリッツェン「ブフェェェッ!」

ちひろ「何かを訴えてます!?」

イヴ「うふふ、大丈夫だよブリッツェン~。私と一緒にブリッツェンも可愛がってもらおうよ~♪」

ブリッツェン「ブフェッ!」

ちひろ「……何か納得したみたいです」

イヴ(クリスマス楽しみだなぁ~……♪)




82: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/17(水) 23:53:17.42 ID:bAJyFN840

おしまい



85: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/18(木) 07:49:15.48 ID:4yQkTWsp0


ちひろ「雪美ちゃんは……ガツンと言われてるところが想像できませんね……」

雪美「……?」

ちひろ「ああ、プロデューサーさんと雪美ちゃんの話ですよ」

雪美「ふふ……私とP……繋がってる」

ちひろ「以心伝心、みたいな感じですか?」

雪美「そう……言葉、必要ない。わかるから……」

ちひろ「うーん、便利ですね。私も雪美ちゃんの心が読めたらいいんですけど……」

雪美「ちひろは……むり。Pは……できる……私とだけ」

ちひろ「でも、そういうのって、逆に相手のことがわかりすぎたりするんですよね……」

雪美(……?)ポワポワ




86: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/18(木) 07:51:37.19 ID:4yQkTWsp0



『……なるほど。雪美は無口だけど、実は意外と甘えたがりだったのか……』

『ふふっ……それなら甘やかさない手はないな。俺に任せるといい……』

『なでなで……好きか? 俺は好きだぞ……雪美をなでなでするの』

『なでなでの次は……もふもふ。その後は……ペロと一緒にお昼寝だ』

『言わなくてもわかっちゃうくらい、通じちゃってるもんな……?』


雪美(……ペロ……ぺろぺろ?)ポワワ




87: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/18(木) 07:53:30.96 ID:4yQkTWsp0


雪美「……フフ。悪くない」

ちひろ「そうですか?」

雪美「むしろ……いい。Pのこと……わかる」

ちひろ「プロデューサーさんのこと、大好きなんですね♪」

雪美「ふふっ……うらやましい?」

ちひろ「いえいえ、雪美ちゃんの邪魔はできませんからね!」

雪美「そう……でも……安心。P……ひとりじめ……なでなで……」

ちひろ「な、なでなで?」

雪美(もふもふも……いい?)




88: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/18(木) 07:59:05.26 ID:4yQkTWsp0

イベントに熱中しすぎて雪美ちゃんとばしてたねごめんね













http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1410698207/