1: ◆5/VbB6KnKE 2014/09/30(火) 16:05:11.56 ID:puFjM7o90



女子寮・蘭子の部屋


蘭子「さぁ魔王の軍勢よ!我に付いてくるがよい!!(皆ー!ちゃんとついてくるんだよー!)」


仁奈「気狂みの気持ちになるですよ…」


千佳「魔女の力…見せつけてあげようかな!」


雪美「…」


薫「まおうさまのおおせの通りにー!」


こずえ「ふわぁ…闇の力…だよー?」


千枝「歩みを早めましょう…時は待ってはくれませんよ?」


蘭子「クク決して掟を破るでないぞ?…では、進行を開始する…!!(皆、手つないでいきましょうねー)」





2: ◆5/VbB6KnKE 2014/09/30(火) 16:05:53.31 ID:puFjM7o90






美嘉「…」スタスタ


ワズラワシイタイヨウネ


美嘉「…!?」


ワズラワー!


美嘉「なにあれ…蘭子ちゃんが子供達を連れてる…」


チガウヨカオルチャン!ユキミチャンヤッテミテ!


美嘉「…」


フ…ワズラワシイタイヨウネ…


美嘉「……」


カッコイイー!


ホラ、カオルチャンモ!


ワズラワー!


美嘉「………★」





3: ◆5/VbB6KnKE 2014/09/30(火) 16:07:40.92 ID:puFjM7o90



美嘉「蘭子ちゃーん!」


蘭子「む、純真の美姫か(あ、美嘉さん)」


美嘉「どうしたの?こんなにロリ―――子供達連れて」


蘭子「ふ…我が魔力で洗脳したに過ぎないのだ」


美嘉「せ、洗脳?」


蘭子「一晩の時を過ごせば、我が魔王の軍勢に引き入れる等容易い事よ…!(皆でお泊り会したらこうなってました!)」


美嘉「今度は私も呼んで」





5: ◆5/VbB6KnKE 2014/09/30(火) 16:09:53.04 ID:puFjM7o90



美嘉「あ!忘れ物しちゃった…私寮戻ってから事務所いくね?」


蘭子「了解した。闇の風には気を付けるがよい(分かりましたー気を付けてください!)」


美嘉「じゃねー★」


蘭子「さぁ…旅路を急ぐぞ!(早く事務所行きましょー)」


「「おー!」」





6: ◆5/VbB6KnKE 2014/09/30(火) 16:10:37.97 ID:puFjM7o90



ガチャッ


蘭子「闇に飲まれよ!」バーン


「「やみにのまれよ!!」」


P「!?」


ちひろ「!?」


蘭子「如何した?プロヴァンスの風よ(どうしました?プロデューサー)」


P「…1から説明してくれ」


―――――――――――――――
――――――――――
―――――





7: ◆5/VbB6KnKE 2014/09/30(火) 16:11:53.30 ID:puFjM7o90



P「な、成程」


ちひろ「お泊り会の事は知ってましたけど…まさかこんな」


P「仁菜、千佳、薫、雪美にはあまり変化が無い様に見えるが…」


千枝「くっくっくっ……黒マテリア」


ちひろ「千枝ちゃんは影響が強いですね」


こずえ「……星を落とすのー…」


P「あとこずえに至っては地球がヤバいですね」


雪美「…」グイグイ


P「お前もほとんど素じゃないか?」


雪美「ぷろう゛ぁんす…お膝座る……」グイグイ


P「あぁ…」





8: ◆5/VbB6KnKE 2014/09/30(火) 16:12:44.77 ID:puFjM7o90



P「まず…強いキャラに対抗するには、強いキャラが必要だと思うんです」


ちひろ「ふむ」


P「そこでこの人をお呼びしました」


ガチャッ☆


心「おっはよ~☆プロデューサァー!用事ってなーにぃー?☆」


ちひろ「いける(確信)」





9: ◆5/VbB6KnKE 2014/09/30(火) 16:13:40.84 ID:puFjM7o90



P「ほら…あれ、どうにかしてくれ」


心「ん?☆」チラッ


マオウサマー


フゥーハハハ!


心「年齢差な」


バタン





10: ◆5/VbB6KnKE 2014/09/30(火) 16:14:43.06 ID:puFjM7o90



P「では次の方です」


ちひろ「心さんみたいな大人でもダメとなると…」


P「心はああいうキャラですからね。大人でありあのキャラであるが故に、子供に対抗するのは辛いのでしょう」


ちひろ「なるほど…ではまさしく『大人』という感じの方に抑制してもらえれば…」


P「さすがですねちひろさん。そう、次はこの方です」


ガチャッ


美嘉「おっはよー★いやー忘れ物しちゃってさー」


P「お前じゃねえ座ってろ」


美嘉「え、ひどくない?」





11: ◆5/VbB6KnKE 2014/09/30(火) 16:15:38.25 ID:puFjM7o90



ガチャッ


美優「おはようございます…Pさん?用事とは一体…」


P「あれをどうにかしていただけないでしょうか」


美優「…?」チラッ


マオウサマーノドカワイター


オチャデイイ?


美優「あら…ふふ、かわいらしいですね」


ちひろ「確かに可愛らしいですが…今日の仕事もあのままだと不味いんです…」


P「どうにかそれまでに直さなければ…と、いう訳で美優さんの出番です」


美優「わ、分かりました…頑張ってみます…!」フンス





12: ◆5/VbB6KnKE 2014/09/30(火) 16:17:02.21 ID:puFjM7o90



美優「(子供の相手をするなら…)」


美優「(いや…でもあのキャラは…中々…辛いものが…)」


美優「(で、でもPさんに期待されているのだし…)」


美優「(う…うぅ…!み、三船美優26歳!頑張りますっ!)」




美優「み、みんなー!おっはよーっ!美優お姉さんだよー!!」




蘭子「…?おはようございます」


仁菜「おはようごぜーます…?」


千佳「?」


雪美「…」


薫「おはようございまー…?」


こずえ「…ふわぁ……」zzz


千枝「涼眠の妖精が寝むりについたか…」ナデナデ





13: ◆5/VbB6KnKE 2014/09/30(火) 16:18:03.11 ID:puFjM7o90



ちひろ「美優さん…目が…っ」


P「可哀想に…慣れないキャラで玉砕覚悟で行ったら子供達に軽く引かれるとは…」


ちひろ「中々辛いものですね」


P「まぁ気を取り直して…中二には厨二、厨二には中二といった感じで、次はこの方々です」


ちひろ「方々?」


ガチャッ


飛鳥「全く…今日はオフの休日だって言うのに…いったい何用かな?」


凛「おはようございます。プロデューサー?用事って?」


奏「あら…二人も呼ばれていたの?…残念」





14: ◆5/VbB6KnKE 2014/09/30(火) 16:18:37.84 ID:puFjM7o90



ちひろ「全体的に青いですね」


P「青じゃありませんよ。蒼です」


ちひろ「はぁ」


P「よし…じゃあ皆、あっちを見てくれ。あれをどう思う?」


マオウサマー1ニョッキ!


2ニョッキ!


…3ニョッキ……


飛鳥「ぅ…お腹が痛い…ブラックコーヒーを飲みすぎたかな…」


バタン


凛「あ、そうだ……私、ニュージェネとトラプリの紛争に巻き込まれてる最中だったから…早く帰らないと」


バタン


奏「そんなことよりPさん…本当の用事は何かしら?…やっぱり、キ――」


P「お家帰ろうな」


バタン





15: ◆5/VbB6KnKE 2014/09/30(火) 16:19:19.93 ID:puFjM7o90



P「くそ…っ!厨二は純粋な子供に弱い…!そんなことを忘れていたなんて…っっ」


ちひろ「そ、それだったら蘭子ちゃんは…」


P「あいつは純粋な厨二ですので」


ちひろ「あぁ…」


プロヴァンスー?


オヒザ…


プロヴァンスノセンセー!


ミドリノアクマー!


P「や、やばい!軍勢の対象が我々に…!逃げますよ、ちひろさん!」


ちひろ「ちょ、ちょっと待って!ちょっと待ってっ…緑の悪魔って私のこっ――」


バタン





16: ◆5/VbB6KnKE 2014/09/30(火) 16:20:04.84 ID:puFjM7o90



コンビニ


P「はぁ…はぁ…」


ちひろ「…で、でも…どうするんですか?」


P「多分、大丈夫です…最終兵器を呼んでおきましたから」


ちひろ「最終兵器…?」


P「ええ…時が経ったら戻りましょう……あ、ちひろさんこのプリン美味しそうですよ」


ちひろ「わぁほんとだ。じゃあ違う味も買って、半分こしましょうか?」


P「いいですね」





18: ◆5/VbB6KnKE 2014/09/30(火) 16:21:10.77 ID:puFjM7o90



蘭子「む…何故逃げる…」


薫「ぷろう゛ぁんすせんせぇ…かおる達の事嫌いになっちゃったのかな…?」


蘭子「…」ナデナデ


こずえ「ふわぁ…大地を揺るがす事も辞さないのー…」


ガチャッ


蘭子「!プ、プロヴァ――――」




ヘレン「ヘーーーーーーイ!!」




蘭子・ロリ`s「……!!」





19: ◆5/VbB6KnKE 2014/09/30(火) 16:21:59.20 ID:puFjM7o90



―――――――――――――――
――――――――――
―――――


P「さぁ…どうなったか…」


ちひろ「プリン美味しかったです」


ガチャッ


蘭子「ぷろでゅーさー!」ギュッ


P「おぉ!?」


ちひろ「どっ、どうしたんですか!?」


蘭子「ま、まお…まおうのぐんぜいが……ぅわぁん」


P「い、一体何が…」チラッ





21: ◆5/VbB6KnKE 2014/09/30(火) 16:22:58.83 ID:puFjM7o90



ヘレン「ヘーーイ!!」


ロリ`s「へーい!」


ヘレン「違うわ!もっと腰を入れて!声は喉から出す!」


ロリ`s「へーーい!」


ヘレン「いい感じよ!その調子で―――」


P「…」


ちひろ「…」


蘭子「…」


P「お家…帰ろうな?」


ちひろ「…」ヨシヨシ


蘭子「……う゛ん」グスッ





おしり



22: ◆5/VbB6KnKE 2014/09/30(火) 16:24:10.89 ID:puFjM7o90

世界レベルには勝てなかったよ
【モバマス】まゆ「輝子ちゃんがまゆの影響を受けましたぁ」
楓「のあちゃん」のあ「…」
【モバマス】周子「乃々ちゃんは話すときいつも目をそらすねー」
その他諸々













http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1412060701/