2: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 20:49:25.09 ID:+yJmnV530

上条「御坂に会いたい・・・」

美琴「あれ?アンタ何してんの?」

上条「どわぁ!!?」

美琴「へ!?なに!?」

上条「御坂!?」

美琴「な、なによ」

上条「さささっきの、聞いてたか?」

美琴「さっきの?なんのこと?」

上条「ふぅ、聞いてなかったのか、よかったよかった」

美琴「だから、なんのことよ」

上条「いや、なんでもねーよ」

美琴「そっか」

上条「うん」



4: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 20:51:22.98 ID:+yJmnV530

美琴「で、アンタは何してるの?」

上条「いや、その、あの、なんだ、えーと・・・」

美琴「ん?」

上条「いや、だから・・・」

美琴「?」

上条「・・・御坂を探してた」

美琴「え・・・?」

上条「お前を、探してた」

美琴「え?なんで?」

上条「えーとですねぇ・・・」

美琴「どうしたの?また何かあったとか?」

上条「別に何かあったわけじゃないような何かあったような・・・」

美琴「ハッキリしなさいよ」

上条「じゃ、ハッキリ言うぞ」

美琴「う、うん」

















上条「キスしていいか?」



美琴「・・・え?」



7: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 20:55:52.43 ID:+yJmnV530

上条「・・・・・・」

美琴「・・・・・・」

上条「・・・・・・」

美琴「・・・・・・え」

上条「ごめんなさいごめんなさい!!!」

美琴「ちょっ」

上条「すみませんすみません!!!」

美琴「えっと」

上条「殴ってください殴ってください!!!」

美琴「落ち着けバカ!」

上条「・・・すみません」



8: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 20:59:25.37 ID:+yJmnV530

美琴「それで、その・・・、どういうこと?」

上条「・・・言葉の通りでございます、はい」

美琴「ちょっと待って!」

上条「はい・・・」

美琴「キス・・・?」

上条「はい」

美琴「誰が・・・?」

上条「わたくし上条当麻が」

美琴「誰に・・・?」

上条「御坂美琴さんに」

美琴「キスを・・・?」

上条「はい」

美琴「したいの・・・?」

上条「はい」



12: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 21:04:19.53 ID:+yJmnV530

美琴「・・・・・・」

上条「・・・・・・」

美琴「・・・・・・」

上条「・・・・・・」

美琴「うぇぇぇぇぇぇぇええええええ!!!!!!?」

上条「すみませんごめんなさい殴ってくださいぃぃぃぃいい!!!!!!」

美琴「ちょっと待って!本当に待って!」

上条「待ちます待ちます!」

美琴「すー、はー、すー、はー」

上条「すー、はー、すー、はー」

美琴「・・・真似すんな」

上条「すみません」



13: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 21:07:05.37 ID:+yJmnV530

美琴「ふぅ・・・」

上条「はい」

美琴「で、」

上条「はい」

美琴「どういうこと?」

上条「えーと・・・」

美琴「詳しく説明しなさい」

上条「・・・はい」



14: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 21:10:38.18 ID:+yJmnV530

上条「俺、さ。気付いちまって」

美琴「・・・何に?」

上条「自分の気持ちに」

美琴「自分の、気持ち・・・」

上条「俺、お前の「ストップ!ストップ!」・・・え?」

美琴「ちょっと待って!」

上条「なんだ?」

美琴「・・・・・・マジなの?」

上条「いや、まだ何も・・・」

美琴「あ、そっか。まだ何も言ってなかったわね、ごめん」

上条「・・・それじゃ、言うぞ」

美琴「・・・はい」



15: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 21:13:51.34 ID:+yJmnV530

上条「御坂」

美琴「ちょっと待って!恥ずかしい!」

上条「いや、だから。まだ何も言ってないって」

美琴「わかってる、わかってるわよ!」

上条「言っていいか?」

美琴「・・・はい、どうぞ」



16: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 21:18:28.46 ID:+yJmnV530

上条「俺、さ。気付いちまって」

美琴「・・・何に?」

上条「自分の気持ちに」

美琴「自分の、気持ち・・・」

上条「俺、お前の・・・、今度は止めるなよ。言わせろよ」

美琴「スt・・・、はい」

上条「お前のこと・・・」

美琴「・・・はい」















上条「好きになっちまってたみたいだ」



美琴「え・・・・・・」



17: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 21:24:39.26 ID:+yJmnV530

上条「御坂」

美琴「えと、その、はい」

上条「好きだ」

美琴「あのっ、あのあのっ・・・」

上条「付き合ってほしい・・・、って言いたいけど多分無理だろうな」

美琴「え?」

上条「だって御坂、モテるだろ?だからこんな不細工なウニ頭の俺なんてフラれるに決まってる」

美琴「そんなことっ!」

上条「俺なんて両生類だぞ?」

美琴「は?両生類?」

上条「御坂は女神様だろ?」

美琴「は?」

上条「程遠い存在だな」

美琴「いやいやいやいや!待て待て待て待て!」



18: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 21:29:06.28 ID:+yJmnV530

上条「だからさ、キスなんてできないよな」

美琴「ちょっと!」

上条「初めからわかってたさ。出来ないのに夢見てさ、ははっ」

美琴「・・・」

上条「情けねーよな、俺。バカだよな」

美琴「・・・少し黙りなさい」

上条「ごめんな御坂、突然変なこと言って」

美琴「・・・だから黙りなさい」

上条「でもさ、俺が御坂のこと好きだってのは分かってくれ。御坂は俺のこと両生類としか見てないのは分かってる」

美琴「だーかーらー・・・」

上条「なんでこんなにも御坂のこと好きになっちまったんだろうな。俺の頭の中は御坂でいっぱいでさ。まぁ、御坂は俺のこと両生類としか思ってないのは知ってるけd」

美琴「黙りなさいっつってんでしょうがぁぁぁぁあああ!!!」ビリビリッ

上条「ぎゃあああああああああああ!!!」



21: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 21:55:20.12 ID:+yJmnV530

美琴「アンタ、バカなの!?」

上条「え?え?」

美琴「なに一人でグダグダネチネチ言ってんの!?」

上条「だって、その通りだろ?」

美琴「私がいつそんなこと言った!?」

上条「それは・・・」

美琴「しかも両生類って意味わかんない!」

上条「はい・・・」

美琴「アンタ、いろいろ思い込みすぎよ!」

上条「はい・・・」

美琴「私にも喋らせなさいよ!」

上条「ごめんなさい・・・」



22: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 21:57:46.63 ID:+yJmnV530

美琴「で、なんだって?もっかい最初から言って」

上条「いや、何回も言うのは恥ずかしいというか・・・」

美琴「アンタが両生類両生類言うからでしょうが!」

上条「すみません・・・」

美琴「で、なに?」

上条「えーとですねぇ・・・」

美琴「ハッキリ言いなさい。男でしょうが」

上条「それじゃ、ハッキリ言うぞ」

美琴「はいどうぞ」















上条「御坂、お前のことが好きだ」



美琴「うん・・・」



23: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 22:06:17.66 ID:+yJmnV530

上条「・・・ごめんな」

美琴「え?」

上条「告白とか、大事なことなのに。いろいろ言っちまって・・・」

美琴「ううん、大丈夫」

上条「・・・それで、御坂の気持ちが知りたい。教えてくれないか?」

美琴「私は・・・」

上条「無理ならズバッと斬ってくれ」

美琴「私も、さ」

上条「おう」

美琴「・・・アンタのことが、好き」

上条「え・・・」

美琴「だいすき・・・」



24: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 22:07:56.06 ID:+yJmnV530

上条「・・・マジで?」

美琴「大マジよ」

上条「・・・・・・」

美琴「・・・・・・」

上条「やばい・・・」

美琴「へ?」

上条「嬉しすぎて壁殴りたい」

美琴「いやいやいやいや!」



25: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 22:18:20.76 ID:+yJmnV530

上条「ってことは、両想いってやつ?」

美琴「両想い、だね」

上条「へへっ、恥ずいな」

美琴「私も、なんだか恥ずかしい」

上条「ありがとな」

美琴「なにが?」

上条「好きになってくれて」

美琴「バカ。私にはアンタしかいないの」

上条「そう直球に言われると照れるな」

美琴「アンタはどうなの?」

上条「え?」

美琴「私のこと。なんで私なの?」



26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/12(日) 22:22:59.96 ID:+yJmnV530

美琴「アンタの周りにはさ、女の子いっぱい居るじゃない。なのに何で私なの?」

上条「確かに何故か俺の周りには女の子がたくさん居るけどさ」

美琴「・・・鈍感なのに自覚してたんだ」

上条「でもさ、俺にはお前しかいねーんだよ。お前が必要なんだ。お前しかいらない」

美琴「そっか、ありがと」

上条「こっちこそ、好きになってくれて、ありがとな」

美琴「私にはアンタだけよ?」

上条「俺もお前だけだ」

美琴「うん。だいすき」

上条「俺も、大好きだ」

美琴「うん・・・」

上条「・・・御坂」

美琴「・・・ん?なに?」



28: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 22:28:22.70 ID:+yJmnV530

上条「キス、してもいいか?」

美琴「キス・・・」

上条「ダメか?」

美琴「ダメじゃ、ない・・・」

上条「御坂・・・」

美琴「はぅ・・・」

上条「御坂・・・」

美琴「・・・ん?あれ?」

上条「え?」

美琴「ちょっとたんま」

上条「何だ?」



29: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 22:34:09.83 ID:+yJmnV530

美琴「ストップストップ」

上条「今いいとこなんですが・・・」

美琴「その前に大事なこと忘れてない?」

上条「大事なこと?」

美琴「私達って、付き合ってるの?」

上条「あ・・・」

美琴「両想いだけどさ、付き合ってくれって言われてないんだけど」

上条「・・・あれ?」

美琴「私も付き合ってくれって言ってないしさ」

上条「そういえばそうだな」

美琴「そうだなじゃないわよ」

上条「それじゃ、改めて言います。告げます」

美琴「どうぞ」













上条「御坂、お前のことが好きだ。付き合ってくれないか?」



美琴「私も、アンタが好き。もちろんいいよ」



30: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 22:37:42.61 ID:+yJmnV530

上条「みさかぁぁぁぁ!!!」ダキッ

美琴「ふにゃ!?」

上条「やばい!今めっちゃ幸せだ!」

美琴「・・・私も、しあわせ」ギュッ

上条「誰よりもお前が好きだ」

美琴「私も、誰よりもアンタが好き」

上条「御坂・・・」

美琴「うん・・・」

上条「御坂・・・」

美琴「うん・・・(って、あれ?)」

上条「御坂・・「ストーップ!」・・・え?」



31: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 22:42:40.54 ID:+yJmnV530

上条「なんだ?」

美琴「ここ、外!」

上条「そうだな」

美琴「そうだなじゃなくて、こんな外でキスなんてできないわよ!」

上条「あー、それもそうか。こんなに人に囲まれてたらできねーよな」

美琴「そうそう・・・、え?囲まれ?」

上条「周り見てみろよ」

美琴「え?」キョロキョロ

上条「すごい人だかりだな」

美琴「Σっ!!!!!」

上条「そりゃ恥ずかしいわな」

美琴「・・・・・・」ワナワナ

上条「どうする?俺ん家来るか?」

美琴「ふっ・・・」

上条「おい?」

美琴「ふにゃ~」ビリビリビリビリッ

上条「漏れてる漏れてる!!!」



32: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 22:50:51.15 ID:+yJmnV530

~上条宅~



上条「というわけで、俺の家だが」

美琴「にゃっ!?」

上条「お前が気を失ってるときに運んできた」

美琴「運んでっ!?」

上条「俗に言う、お姫様抱っこだな」

美琴「ふっ「ストーップ!」・・・ふぇ?」

上条「ふにゃーは禁止です」

美琴「あぅ・・・」

上条「とりあえず座れよ」

美琴「は、はい」

上条「コーヒーでいいか?」

美琴「あ、うん。ありがと」



33: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 22:57:09.64 ID:+yJmnV530

上条「それで、だな」

美琴「ん?」

上条「俺の家に来た理由、わかるよな?」

美琴「来た理由・・・、はっ!」

上条「そうだ、キスだ」

美琴「あーうー」

上条「してもいい、よな?」

美琴「・・・いいよ」

上条「御坂・・・」

美琴「その前に」

上条「はい?」

美琴「ギュッてしてほしい・・・」

上条「甘えん坊さんだな、御坂は」ギュッ

美琴「うっさいバカ」ギュッ



34: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 23:03:12.46 ID:+yJmnV530

美琴「ふみゅ~」

上条「よしよし」ナデナデ

美琴「なっ、撫でるな」

上条「かわいいな、御坂は」

美琴「かっかわっ!?何言ってんのよアンタは!」

上条「思ったことを言っただけだよ」

美琴「あぅ・・・」

上条「抱き心地いいな」

美琴「もっもういい!」バッ



35: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 23:05:38.17 ID:+yJmnV530

上条「さてと」

美琴「うん」

上条「いいよな?」

美琴「うん、いいよ」

上条「それじゃ、手を出してくれ」

美琴「え?手?」

上条「手の甲を出してくれ」

美琴「なんで?」

上条「いいからいいから」

美琴「?、はいどうぞ」

上条「綺麗な手だな」

美琴「そっかな?」

上条「それでは・・・、いただきます」

美琴「へ?」




チュッ




上条「うおぉ、これはっ!」

美琴「え?え?え?」



36: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 23:07:33.89 ID:+yJmnV530

上条「手、すべすべしてるな」サワサワ

美琴「えーと・・・?」

上条「手の甲、キスされたことあるか?」

美琴「ないけど・・・」

上条「いよっしゃー!御坂のファーストキス奪ったぜ!」

美琴「は?」

上条「まずは、手の甲コンプリート」

美琴「ちょろっと~?」

上条「なんだ?」

美琴「意味わかんないんだけど」

上条「え?」

美琴「いや、え?じゃなくて。何がしたいの?」

上条「御坂の身体にキスしたい」

美琴「・・・え?」

上条「だから、まずは手の甲からと」

美琴「はぁ・・・、期待した私がバカだったわ。そうよ、コイツはこういう奴よ」

上条「何か言ったか?」

美琴「なんでもない」



37: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 23:09:30.66 ID:+yJmnV530

上条「さてと、次は太ももかな」

美琴「太もも!?」

上条「ダメか?」

美琴「だっダメに決まってんじゃない!」

上条「御坂、好きだ」

美琴「あぅ・・・」

上条「・・・ダメか?」

美琴「うぅ・・・」

上条「御坂」

美琴「わっわかったわよ!」

上条「ありがとな、御坂」ギュッ

美琴「ばかっ・・・」



38: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 23:15:21.58 ID:+yJmnV530

上条「では、さっそく」サワサワ

美琴「ひゃっ!」

上条「大丈夫か?」

美琴「ごめん、ちょっとこそばゆかっただけだから」

上条「すまん」

美琴「だっ大丈夫だからっ」

上条「じゃ、続けるぞ?」サワサワ

美琴「あっ、うぅ・・・」

上条「すべすべだな」

美琴「やっ・・・」

上条「くせになりそう」サワサワ

美琴「んんっ」

上条「さてさて・・・」

美琴「!?、ダメ!スカートの中はダメ!」



39: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 23:18:33.47 ID:+yJmnV530

上条「ダメ?」

美琴「そこだけはダメ!」

上条「どうしても?」

美琴「ダメなもんはダメなの!」

上条「御坂・・・」

美琴「な、に・・・?」

上条「俺は御坂の全てを知りたい」

美琴「なに言って・・・」

上条「好きな女の子のことを知りたいっていうのは、ダメなことなのかな・・・」

美琴「でも、スカートの中は・・・」

上条「・・・そっか、そうだよな。すまん、御坂の嫌がる姿は見たくない。やめとくよ」

美琴「うー・・・」

上条「ごめんな、御坂」

美琴「あーもう!わかったわよ!」



40: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 23:20:01.22 ID:+yJmnV530

美琴「今回だけは許してあげる!だからそんな顔しないでよ」

上条「・・・いいのか?」

美琴「うん、特別だからね・・・」

上条「御坂っ!」ギュッ

美琴「ひゃわ!?」

上条「本当に大好きだ」

美琴「あっ、ありがと・・・」



41: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 23:22:17.83 ID:+yJmnV530

上条「それでは、さっそく」サワサワ

美琴「う、んっ、」

上条「短パン・・・」

美琴「・・・ごめん、色気なくて」

上条「馬鹿野郎!!!」

美琴「ふぇ!?え!?」

上条「お前から短パンを取ったらお前じゃなくなるだろ!」

美琴「えーと・・・?」

上条「お前はそのままでいいんだよ、気にすんな」

美琴「あ、うん、わかった」

上条「それにしても、良い張りのある太ももだな」サワサワ

美琴「あぁっ、んんっ」

上条「・・・御坂」

美琴「なっ、に?」

上条「エロい」

美琴「!!!」ボンッ



42: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 23:25:29.90 ID:+yJmnV530

上条「・・・このままだと上条さん、止まれませんよ」

美琴「ななななに言って、ひゃっ」

上条「・・・それでは、いただきます」



チュッチュッチュッ…



美琴「なっ何ヶ所してるのよっ!」

上条「だから止まれないって言っただろ」



チュッチュッチュッチュッ…



美琴「ひゃんっ!」



ペロリ



美琴「あぁん!舐めっ」

上条「御坂・・・」ペロリ

美琴「も、あぁっ、ダメだって!」

上条「ラスト」


ペロペロペロペロ



美琴「あぁん!ダメダメダメダメ!いゃん!あぁっ、ひゃあ!」



クチュリ



美琴「どこ触ってんだこの野郎!!!」

上条「いや、濡れてたから・・・」



43: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 23:27:15.49 ID:+yJmnV530

美琴「はい、そこに座りなさい」

上条「・・・はい」

美琴「貴方はキスをするだけと言いましたよね?」

上条「・・・はい」

美琴「そしたら、なんで舐め始めたのですか?」

上条「・・・御坂がエロくて」

美琴「エロッ、エロくないわよ!」

上条「・・・ごめんなさい」

美琴「そして最後」

上条「・・・はい」

美琴「貴方はどこを触りましたか」

上条「御坂さんのアソコです」

美琴「触る必要ありましたか」

上条「濡れてたので・・・」

美琴「濡れてッ・・・!」

上条「濡れてたから感じてたのかなと思いまして」

美琴「感じてませんし濡れてません」

上条「濡れてました」

美琴「濡 れ て ま せ ん」

上条「・・・はい」



44: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 23:29:09.56 ID:+yJmnV530

美琴「はぁ、アンタって奴は・・・」

上条「すみません」

美琴「こんなにエロ野郎だったなんてね」

上条「・・・もしかして、嫌いになりましたか?」

美琴「ばかっ!こんなことで嫌いになるわけないじゃない」ダキッ

上条「うぅ、みことさま・・・」

美琴「ちょ、泣かないでよ!」

上条「御坂に嫌われたら、俺、もうどうしたらって思って・・・」

美琴「はぁ。私はそう簡単にアンタを嫌わないって。安心してよ」

上条「あぁ、ありがとな・・・」

美琴「アンタこそ私のこと・・・」

上条「いや、それはない。というかあり得ない」

美琴「そっそか、よかった」



45: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 23:30:19.51 ID:+yJmnV530

美琴「それで、キスの続きするの?」

上条「御坂さんがよければ、したいです、はい・・・」

美琴「わかったわよ。続き、してもいいよ」

上条「ありがとうございます」ダキッ

美琴「もう、アンタったら・・・」ギュッ

上条「あぁー、やっぱり抱き心地いいな」

美琴「ばかっ」

上条「で、次なんですが・・・」



腕、ふくらはぎ、足の裏、、、などなど、身体全体にキスをしていった。



46: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 23:31:48.53 ID:+yJmnV530

美琴「もう身体キスだらけ・・・」

上条「嫌だったか?」

美琴「嫌じゃないけど。で、次は?」

上条「あの、大変申しにくいのですが・・・」

美琴「なに?」

上条「お腹、っていいですか?」

美琴「お腹・・・、お腹!?」

上条「ごめんなさい!ダメならいいんです、はい!」

美琴「・・・いいよ」

上条「やっぱりダメで・・・、え、いいの?」

美琴「うん、いいよ」

上条「マジで?」

美琴「うん。なんか慣れてきちゃった」



47: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 23:33:05.87 ID:+yJmnV530

上条「それではさっそく・・・」

美琴「うん・・・」

上条「上着脱いでくれないか?」

美琴「あ、そだね、ごめん」

上条「それじゃ、ちょっとやりにくいからベッドに寝転んでくれないか?」

美琴「わっ、わかった・・・」

上条「シャツのボタン外すぞ?」

美琴「ちょちょちょちょっと待って!」

上条「え?」

美琴「ダメ・・・」

上条「なんで?」

美琴「あんたバカ?下着見えるじゃない!」

上条「あっ、そっか」

美琴「シャツをたくし上げるのはどうかな?胸の下までだけど・・・」

上条「おう!ナイスアイディア!」



48: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 23:34:51.11 ID:+yJmnV530

美琴「それじゃ、やるわよ・・・」

上条「おう・・・」

美琴「・・・っ」サッ

上条「っ!!!」

美琴「あぅ・・・」

上条「綺麗だ・・・」

美琴「恥ずかしいっ・・・」

上条「触って、いいか?」ゴクリ

美琴「どっどうぞ・・・」

上条「・・・・・・」サワサワ

美琴「んっ」

上条「すべすべだな・・・」サワサワ

美琴「やっ」

上条「・・・エロいな」

美琴「舐めたら[ピーーー]わよ」

上条「・・・・・・ハイ」



50: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 23:38:13.14 ID:+yJmnV530

上条「キスして、いいか?」

美琴「うん、いいよ」

上条「それじゃあ、失礼して・・・」



チュッ



美琴「あっ」

上条「やばい・・・」

美琴「え?」

上条「やみつきになり「なる前に終わらせる」・・・え?」

美琴「また暴走されたら困るしね」

上条「すみません・・・」

美琴「はい、お腹はおしまい」

上条「はい・・・」



51: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 23:39:29.21 ID:+yJmnV530

美琴「で、次は?」

上条「えーとですね、お腹以上に申しにくいのですが・・・」

美琴「なに?」

上条「胸とか「却下」・・・え?」

美琴「胸は無理よ」

上条「ですよねー、はははっ、はぁ・・・」

美琴「このエロ野郎」

上条「すみません・・・」

美琴「で、次は?」

上条「首とか」

美琴「首?別にいいけど」

上条「いよっしゃああああああああ!!!」

美琴「え、なんでそんなに喜んで・・・?」



52: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 23:41:07.59 ID:+yJmnV530

上条「それではさっそく、いただきます」

美琴「どうぞ」

上条「・・・」チュッ

美琴「んっ」

上条「・・・」チュー

美琴「なっ長い・・・」

上条「・・・」ムチュー

美琴「長いってば」

上条「・・・」カプッ

美琴「ひゃう!」ピリッ

上条「ふぅ・・・」

美琴「あっアンタ・・・」

上条「なんだ?」

美琴「何やったの?」

上条「何って・・・」

美琴「一瞬痛かったんだけど」

上条「あー、それはですねぇー」

美琴「なに?」

上条「・・・キスマークつけた」

美琴「・・・へ?」



53: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 23:43:05.27 ID:+yJmnV530

美琴「・・・マジで?」

上条「マジで」

美琴「・・・なんで?」

上条「御坂は俺のもんだって印をつけたくてな」

美琴「だからあんなに喜んでたのか・・・」

上条「これで美琴たんは俺のもんだ!はっはっはー!」

美琴「そんなのつけなくても、私はアンタのものなのに・・・」

上条「御坂、やばい・・・」

美琴「え?」

上条「そんなことストレートに言われたら俺もう我慢でき「我慢しろ」・・・はい」

美琴「・・・それじゃあさ」

上条「ん?」

美琴「私もつけて、いい・・・?」

上条「へ?」



カプッ



上条「!」

美琴「これでアンタは私のものよ?えへへ」

上条「美琴たん・・・」

御坂「美琴たん言うな」

上条「もう我慢「我慢しろ!」・・・はい」



54: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 23:44:07.09 ID:+yJmnV530

美琴「で、次は?」

上条「おでこ」

美琴「どうぞ」

上条「ありがたくいただきます」



チュッ



美琴「ありがと」

上条「こっちこそありがとな」



55: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 23:45:12.17 ID:+yJmnV530

美琴「で、次は?」

上条「頬」

美琴「待って」

上条「どうした?」

美琴「さすがに恥ずかしい」

上条「え、今更?」

美琴「だって、ほっぺよ?本格的なキスじゃない?」

上条「いや、今までも本格的なキスだったんですけど・・・」

美琴「そうじゃなくて・・・」

上条「なんだ?」

美琴「カップルみたいじゃない・・・」



56: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 23:46:29.19 ID:+yJmnV530

上条「あれ?俺たちってカップルじゃねーの?」

美琴「いや、カップルだけどさ・・・」

上条「一瞬焦った」

美琴「ごめんごめん」

上条「で、どうする?」

美琴「・・・よろしくお願いします」

上条「了解」



チュッ



美琴「あうあうあうあう・・・」

上条「落ち着けって」ナデナデ

美琴「ごめん・・・」

上条「ったく、頬以上の所だとどうなるんだよお前」

美琴「ふぇ?」



57: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 23:47:46.68 ID:+yJmnV530

美琴「ほっぺ、以上・・・?」

上条「・・・唇だよ」

美琴「!!!」ボンッ

上条「次は唇の予定なんだけど」

美琴「無理よ!無理無理!」

上条「・・・そう拒絶されると悲しいのですが」

美琴「ごめん。でも、唇って・・・」

上条「・・・お前が嫌ならしないけど」

美琴「待って!嫌じゃないの!」

上条「じゃあ、なに?」

美琴「ごめんなさい・・・」ギュッ

上条「御坂?」

美琴「私はアンタが好き。だいすきなの・・・」

上条「急にどうした?」



58: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 23:49:12.25 ID:+yJmnV530

美琴「好きすぎて、どうしたらいいか・・・」

上条「俺も御坂が好きだぞ?」

美琴「ありがとう。でも、アンタは私でいいの・・・?」

上条「どういう意味だ?」

美琴「わたし、アンタが好きなの・・・」

上条「わかって・・・、なんで泣いてんだよ」

美琴「だいすきなの・・・」

上条「泣くなって・・・」

美琴「アンタの周りにはたくさん女の子が居る」

上条「あぁ、そうだな」

美琴「私より魅力的な人がたくさん居る」

上条「俺は御坂が一番・・・」

美琴「・・・ホント?」

上条「え?」



59: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 23:53:52.21 ID:+yJmnV530

美琴「本当に私のことが、好き?」

上条「はぁ、わかったよ」

美琴「なにが・・・」

上条「ちゃんと言ってやる」

美琴「え・・・・・・」















上条「俺は、誰よりもお前、御坂美琴が好きだ。好きなんだよ、苦しいぐらい好きすぎて・・・」

美琴「アンタ・・・」

上条「もう、どうすればいいんだ?御坂には俺の想いが伝わらないのか?」

美琴「私も、アンタのことが・・・」

上条「愛してるよ。誰よりも美琴を愛してる」



60: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 23:55:12.63 ID:+yJmnV530

美琴「ふぇ・・・」

上条「泣くなよ・・・」

美琴「私も好きすぎて苦しいの。またどっか行っちゃうんじゃないかって思うと辛いの・・・」

上条「大丈夫だ。俺はいつまでもずっとお前のそばに居る。いや、そばに居たいんだよ」

美琴「私もアンタのそばに居たい。ずっと一緒に居たい。離れたくないの・・・」

上条「俺も同じ気持ちだ」ギュッ

美琴「縛り付けてないかな、私」

上条「いくらでも縛ればいいさ」

美琴「重くないかな、私」

上条「俺のほうが重いよ」

美琴「なんか安心した」

上条「そっか、よかった」

美琴「・・・キス、しよっか」



61: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 23:56:53.46 ID:+yJmnV530

美琴「私、どうすればいいかな」

上条「そのままでいてくれ」

美琴「うん、わかった」

上条「美琴」

美琴「なに?」

上条「愛してる」

美琴「私も、愛してる」



上条美琴「ーーーーーーーー」















インデックス「ただいまなんだよー」



62: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 23:58:14.78 ID:+yJmnV530

上条美琴「!!!!!?」

インデックス「あ・・・・・・」

上条「インデックス!?」

インデックス「あーっ!!!とうまがみことを押し倒してるんだよ!?どういうことかな!?」

上条「えーと・・・」

インデックス「しかもキスしてるんだよ!?」

上条「その、なんつーか・・・」

インデックス「ひどいんだよ!私というのがありながら!」

上条「いや、そのですねぇ・・・」





















インデックス「みことは私のものなんだよ!取らないでほしいかも、とうま!」





上条美琴「・・・は?」









fin...



63: ◆YOH/rsouOM 2014/10/12(日) 23:59:32.00 ID:+yJmnV530

ということで、終わりました。
続きはありません。
ありがとうございました、さようなら!













http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413114425/