1: ◆EWlGtrnu5g 2014/09/09(火) 14:00:11.12 ID:AAvNEHBGO

ほむら「は?何言ってるの?」

QB「だから君たちにバツを与えるんだよ」

ほむら「行っている意味がわからないわ」

QB「君は僕を何度も殺しただろ」

QB「だからバツを与えるのさ」

ほむら「それで絶望に叩き落とそうってわけ?」

QB「そうさ、これはバツだからね」

QB「僕たちの願いを叶える要領で君たちに相応しいバツを与えたところで何も契約違反じゃない」

ほむら「…なんでまた…」



2: ◆EWlGtrnu5g 2014/09/09(火) 14:02:52.12 ID:AAvNEHBGO

暁美ほむらのケース

ほむら「いいわよ、やってみなさいよ」

ほむら「あなたがどれほどのバツを与えようとも」

ほむら「ワルプルギスの夜を超えた私はそう簡単には絶望しないわよ?」

QB「そうかい」

QB「君に与えるバツはこれだ」

まどか「ぬああああ」ズゾゾゾゾ

ほむら「えっ、ちょ、まどか?」

QB「どうだ!」



3: ◆EWlGtrnu5g 2014/09/09(火) 14:06:19.56 ID:AAvNEHBGO

ほむまど「…」

QB「暁美ほむら、君は気が遠くなるほどの時間を繰り返し鹿目まどかを救ったね」

QB「僕に人間の考えは分からないけど予測ならできる」

QB「君はうんざりするほど鹿目まどかの為に尽力した」

QB「だから君へのバツは鹿目まどかと24時間離れられない呪いだ!」

QB「嫌だろう!」

ほむら「あ、はい」

まどか「ほむらちゃん今日は私の家に泊まる?」

ほむら「そうね、それもいいかしらね」

QB「せいぜい24時間楽しんでみるといいよ」



4: ◆EWlGtrnu5g 2014/09/09(火) 14:08:36.23 ID:AAvNEHBGO

巴マミのケース

QB「さぁ、マミはどうしようか」

マミ「ちょっと待って」

QB「なんだい?」

マミ「魔法少女って魔女になるの?」

QB「うん」

マミ「うんじゃないわ」

QB「さぁ、君はどんなバツで絶望にたたき落としてあげようか」

マミ(…というか暁美さんにとってそれご褒美みたいな物じゃない…)

QB「決めた!君へのバツはこれだ」



5: ◆EWlGtrnu5g 2014/09/09(火) 14:12:21.40 ID:AAvNEHBGO

パサッ

マミ「…これは…」

QB「君は自身の願いに両親を含めなかったことをひどく後悔していたね」

マミ「…」

QB「僕の推測だけど君の家に両親の思い出の品がないのはその罪悪感に苛まれるからだろう」

QB「だからここへ一枚の写真をおいていくよ」

QB「君の家族写真だ」

QB「これでも見ながらソウルジェムをおぞましい色へ変えてくれたまえ!」

マミ「…」



6: ◆EWlGtrnu5g 2014/09/09(火) 14:15:09.70 ID:AAvNEHBGO

佐倉杏子のケース

杏子「事情は分かった」

QB「うん」

杏子「っていうかほむらはまだしもマミはお前に何もしてないだろ」

QB「うるさい」

杏子「おいコイツまじかよ」

QB「君へのバツはどうしようか」

杏子「…」

QB「よし、君へのバツはこれだよ!」

杏子「何だってんだよ…」



8: ◆EWlGtrnu5g 2014/09/09(火) 14:18:55.90 ID:AAvNEHBGO

QB「君も家族を失っていたね」

杏子「おい、マミに何したか詳しくは聞いてねーがそういう所に触れるなら容赦はしねえぞ」

QB「おおっと、怖い怖い」

QB「だけどこれはバツだからね、仕方ないね」

杏子「…てめぇ…」

QB「といっても君はそう簡単には絶望へ落なそうだ」

QB「だから他人の幸せを見て落ちるといい」

杏子「はぁ?」



10: ◆EWlGtrnu5g 2014/09/09(火) 14:21:39.82 ID:AAvNEHBGO

QB「この世界には君と似た境遇の子が多くないとはいえ居る」

QB「その子達へ僕は手助けをしてあげるとするよ」

QB「もちろん魔法少女なんてもの度外視でね」

QB「どうだい?悔しいだろ?なんであたしの時はっ!て思うだろ?」

杏子「あぁ…、うん」

QB「悔しんでくれたまえ」

杏子「おう」



12: ◆EWlGtrnu5g 2014/09/09(火) 14:23:54.91 ID:AAvNEHBGO

美樹さやかのケース

QB「さぁ」

さやか「さぁじゃないわよ」

QB「もうさっさと済まそう、君へのバツは決まってるから」

さやか「なんでよ!」

QB「君はどうせ上条恭介とかいう子関連で一発だろ」

さやか「酷くない?」

QB「無駄は省きたいんだ」



13: ◆EWlGtrnu5g 2014/09/09(火) 14:25:31.22 ID:AAvNEHBGO

さやか「ていうか私もあんたに何もしてないんだけど」

QB「これはバツだから」

さやか「そんな言葉には騙されないぞ」

QB「さぁ、どうしようか」

さやか「聞いちゃいないね」

QB「決めた!君へのバツはこれだ!」

さやか「…!」



14: ◆EWlGtrnu5g 2014/09/09(火) 14:27:55.82 ID:AAvNEHBGO

さやか「…?」

さやか「特に変化ないんだけど」

QB「それは外面的なものでだろう」

QB「内面は変わっているはずさ」

さやか「はぁ?」

QB「君は癒しの願いで魔法少女になったね」

QB「それはそれ、良いことだ」

QB「だけど君は燻っているだろう?」

QB「魔法少女なんて関係無しに素直な気持ちを伝えられなかったことを後悔しているだろう?」

さやか「…」




15: ◆EWlGtrnu5g 2014/09/09(火) 14:30:23.08 ID:AAvNEHBGO

QB「君には勇気を与えたよ」

QB「これ以上ないほどの勇気だ」

さやか「…」

QB「居ても立っても居られないだろ」

QB「そこに僅かでも可能性と希望がある限り君の体は止まっちゃいられない」

QB「そんな勇気を与えたよ」

さやか「…」

QB「さぁ、とっとと思いを伝えてその身を絶望へと染めるんだ!」

さやか「…うん…!」タタタッ



16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/09(火) 14:34:21.36 ID:352j8JD3O

そのQB絶対感情あるだろ



17: ◆EWlGtrnu5g 2014/09/09(火) 14:34:37.73 ID:AAvNEHBGO

QBのケース

QB「…以上が今回の報告です」

上司「…」

QB「今はまだ効果は現れていませんがきっと彼女達は絶望へと…」

上司「QB君」

QB「はい」

上司「君は人間の心を理解していないようだ」

QB「え?」

上司「ちょっと地球へ半世紀程旅行してきなよ」

QB「えっ、ちょま」



18: ◆EWlGtrnu5g 2014/09/09(火) 14:36:13.74 ID:AAvNEHBGO

QB「待ってください、まだ…」

上司「いやもうダメ」

QB「何故…」

上司「エネルギー無駄遣いしすぎ」

QB「無駄じゃありません!これから…」

上司「はいはーい」ポチッ

QB「うわあああ」



19: ◆EWlGtrnu5g 2014/09/09(火) 14:39:22.59 ID:AAvNEHBGO

ほむら「馬鹿ね」

杏子「馬鹿だな」

マミ「愚かね」

さやか「QBってほんと馬鹿」

まどか「ウェヒヒ」

QB「うるさいな、ほっといてくれ」

QB「僕はもうほぼ追放されたようなものなんだ」

まどか「でもさ」

QB「…?」

まどか「QBって嘘はついてないって言っても契約について不利益なことは語らないって」

まどか「…これってバツを受けるべきじゃない?」



20: ◆EWlGtrnu5g 2014/09/09(火) 14:41:37.96 ID:AAvNEHBGO

QB「ちょ、ちょっと待ってくれ」

QB「僕を殺すのは止めてくれ!」

QB「もうスペアがないんだ!」

杏子「でもバツだからな」

マミ「そうねバツだもの」

ほむら「仕方ないわね」

さやか「しゃーないよね」

QB「…君達は…」

まどか「だからQBへのバツはこれだよ!」



21: ◆EWlGtrnu5g 2014/09/09(火) 14:47:58.98 ID:AAvNEHBGO

まどか「QBには私たちにずっと協力してもらうよ!」

まどか「QBは魔女を見つけたらわたし達にお知らせするの!」

ほむら「あなたは永久に私たちの下僕よ」

マミ「仲間ともいうわね」

さやか「ほむほむ素直じゃないなぁ」

杏子「なー」

QB「…」

QB「…なるほどね」

QB「それはなかなかいいアイデアだ」

まどか「チーム名は…」




まどほむまみさやあんQB「ピュエラマギホーリーセクステット!!」



22: ◆EWlGtrnu5g 2014/09/09(火) 14:49:05.65 ID:AAvNEHBGO

おしまい

支援ありがと
後俺は別にQBがドラえもんとか思ってないから安心してね
















http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1410238811/