1: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/20(月) 20:59:51.69 ID:zVOy09sM0

※キャラ崩壊



モバP(※以下P表記)「はぁっ!?」

凛「私、プロデューサーが心配なんだけど……」

P「おい凛!まゆは同じ事務所の仲間で、お前とも友達の筈だろ?」

凛「うん……」

P「それをそんな風に言うなんて、いくら凛でも怒るぞ?」

凛「でもっ!プロデューサーに何かあったら……!」

P「……そもそも、なんでまゆをストーカーだなんて言うんだ?」

凛「それは……」

P「それは?」

凛「この前の事だけど……――」



4: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/20(月) 21:10:31.42 ID:zVOy09sM0


――
―――

―朝・P宅前―

P「それじゃ、行ってきまーす」

 ガチャ バタン

P「えーと……今日の予定は……」

P「あぁ、そうだ……事務所に行く前に、車で楓さんを迎えに行って、現場に降ろさなきゃいけないんだ」

P「えっと、車の鍵は……」ゴソゴソ

P「あったあった……よし」ガチャ

 バタン

まゆ「おはようございます、Pさん」

P「おうまゆ、おはよう」

まゆ「今日は楓さんを迎えに行って、現場に降ろしてから事務所に行くんですよね?」

P「お、よく知ってたな」

まゆ「うふふ……Pさんの事なら、何でも知ってますよぉ」

P「そうか……ところでさ」

まゆ「はい、何ですかぁ?」

P「この車、昨日納車したばかりで鍵も一つしか無い筈なのに、どうやって入ったんだ?」

まゆ「うふふ……愛の力ですよ」

P「そうか、凄いな」

まゆ「うふふふふっ」

―――
――


凛「――……っていう事があったでしょ?」

P「あー、あったなー」



7: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/20(月) 21:12:43.17 ID:zVOy09sM0

凛「これってストーカーじゃないの?」

P「ストーカーじゃないよ」

凛「じゃあ何?」

P「俺を慕ってくれてるだけだよ」

凛「そうなんだ」

P「そうだよ」

凛「ふーん」



9: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/20(月) 21:29:38.74 ID:zVOy09sM0

凛「……いや、でもさ」

P「なんだよ」

凛「その日の夜の事だけどさ……――」


――
―――

―某スーパー―

P「んー……夕飯どうするかなー」スタスタ

まゆ「Pさん、こんばんは」

P「おうまゆ、こんな所で会うなんて奇遇だな」

まゆ「そうですねぇ」

P「っていうか最近、毎回毎回違うスーパーで会うよな」

まゆ「うふふ……それはもう、まゆとPさんは出会う運命なんですよぉ」

P「そうか……ところでさ」

まゆ「はい、何ですかぁ」

P「毎回入るスーパー変えてる上に、このスーパーは都内からも外れてて」

P「来るのに車で1時間はかかる筈だし、そもそも初めて来たんだけど、どうやって俺より先にここへ来たんだ?」

まゆ「うふふ……愛の力ですよ」

P「そうか、凄いな」

まゆ「うふふふふっ」

―――
――


凛「――……っていう事があったでしょ?」

P「あー、あったなー」




10: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/20(月) 21:31:14.81 ID:zVOy09sM0

凛「これってストーカーじゃないの?」

P「ストーカーじゃないよ」

凛「じゃあ何?」

P「俺を慕ってくれてるだけだよ」

凛「そうなんだ」

P「そうだよ」

凛「ふーん」



13: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/20(月) 21:44:02.55 ID:zVOy09sM0

凛「……いや、でもさ」

P「なんだよ」

凛「そのスーパーから帰ってからの事だけどさ……――」


――
―――

―夜・P宅―

P「はー疲れたー……ただいまー、っと……」

 ピー ガチャ

P「えっと、鍵は……」ジャラジャラジャラ

 ガチャガチャガチャガチャ

P「全部空いたな……よし」ガチャ

まゆ「Pさん、おかえりなさぁい」

P「おうまゆ、ただいま……今日も来てくれたのか」

まゆ「うふふ、Pさんのためなら毎日来ますよぉ……もうご飯も出来ますからね」

P「いつもありがとうな……ところでさ」

まゆ「はい、何ですかぁ?」

P「今朝、出掛ける前に新しく付けたり変えたりした鍵と声紋認証を、どうやって掻い潜って来たんだ?」

まゆ「うふふ……愛の力ですよ」

P「そうか、凄いな」

まゆ「うふふふふっ」

―――
――


凛「――……っていう事があったでしょ?」

P「あー、あったなー」



14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 21:45:41.87 ID:+65FITZ/O

こわい



15: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/20(月) 21:45:42.59 ID:zVOy09sM0

凛「これってストーカーじゃないの?」

P「ストーカーじゃないよ」

凛「じゃあ何?」

P「俺を慕ってくれてるだけだよ」

凛「そうなんだ」

P「そうだよ」

凛「ふーん」



20: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/20(月) 22:10:41.65 ID:zVOy09sM0

P「……じゃあ、逆に聞くけどさ」

凛「ん?何?」

P「この前の事だけどさ……――」


――
―――

―事務所―

P「誰も邪魔出来ないー♪あの子さえ出来ないー♪」カタカタ

P「……ん?メール?凛からだな……なんでわざわざPCの方に?」カタカタ

P「『好きに使ってね』?それに大量の画像と、こっちは音声だな……なんだ?」カタカタ

P「……おっ、なんだこれ?こんな際どい水着で、際どいポーズとって」カタカタ

P「……こっちの音声は何だ?」カタカタ

凛『……んっ……プロデューサー……はぁ……』

P「なんだなんだ、この艶っぽい声は?」カタカタ

P「……あー、そういえば俺のPCからエロ動画とエロサイトのURLが、軒並み消されてたな……」

P「『好きに使ってね』って、それの代わりって事か?」

P「えーっと……『どうやって、俺の仕事用PCのセキュリティ突破したんだ』っと……送信」カタカタ

P「……返信来たな……なになに?」カタカタ

凛『ふふっ……愛の力だよ』

P「『そうか、凄いな』っと」カタカタ

―――
――


P「――……っていう事があっただろ?」

凛「うん、あったね」



22: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/20(月) 22:12:40.31 ID:zVOy09sM0

P「これはストーカーじゃないのか?」

凛「ストーカーじゃないよ」

P「じゃあ何だ?」

凛「プロデューサーを慕ってるだけだよ」

P「そうなんだ」

凛「そうだよ」

P「ふーん」



26: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/20(月) 22:29:06.48 ID:zVOy09sM0

P「……いや、でもさ」

凛「何?」

P「さっきの、まゆが家に来た日の事だけどさ……――」


――
―――

まゆ「それではPさん、まゆは帰りますね」

P「お疲れっ、また明日な!」

まゆ「はぁい、お疲れ様です……また明日」

 ガチャ バタン

P「……さて、それじゃ風呂にでも入るかな」スタスタ

P「えっと……こうか?」スッ

 ピー ガチャ

P「よし、開いたな」ガラッ

凛「待ってたよ」

P「おう凛、今日も風呂場で待ってたのか……悪いな」

凛「別に良いよ……それより早く入りなよ、体洗ってあげるから」

P「おう、いつもありがとうな……ところでさ」

凛「うん、何?」

P「風呂場の窓は鉄格子が嵌めてあるし、ドアは帰って来てから付けた指紋認証があった筈なんだけど、どうやって破ったんだ?」

凛「ふふっ……愛の力だよ」

P「そうか、凄いな」

―――
――


P「――……っていう事があっただろ?」

凛「うん、あったね」



27: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/20(月) 22:30:37.40 ID:zVOy09sM0

P「これはストーカーじゃないのか?」

凛「ストーカーじゃないよ」

P「じゃあ何だ?」

凛「プロデューサーを慕ってるだけだよ」

P「そうなんだ」

凛「そうだよ」

P「ふーん」



31: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/20(月) 22:55:37.62 ID:zVOy09sM0

P「……いや、でもさ」

凛「何?」

P「その次の日の事だけどさ……――」


――
―――

―朝・P宅内―

P「……ん……んぁ、今何時だ?」ゴソゴソ

P「おー、目覚ましの2時間前に起きちまったな」

凛「……ん……」スヤスヤ

P「いつも先に起きてる凛も、流石にまだ寝てるな」

凛「んっ、んぅ……あれ、プロデューサー?早いね」

P「あぁ、急に目が覚めちゃってな……悪い、起こしちゃったか?」

凛「ううん……もうすぐ起きるつもりだったから平気」

P「そんな早く起きてるのか?」

凛「うん……私達が寝てる間に、まゆがカメラや盗聴機を仕掛け直してるかもしれないから」

凛「朝ごはんを作る前に、チェックしないといけないしね」

P「そうか……いつも早く起きて、そんな事してたのか」

凛「うん」

P「じゃ、せっかく早く起きた事だし、今日は俺が朝ごはんを作るかな」

凛「良いの?ありがとう。楽しみにしてる」

P「おう、待ってろ……ところでさ」

凛「うん、何?」

P「昨日、凛が帰ってから、改めて網膜認証を玄関に付け直したんだけど、どうやって破ったんだ?」

凛「ふふっ……愛の力だよ」

P「そうか、凄いな」

―――
――


P「――……っていう事があっただろ?」

凛「うん、あったね」



32: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/20(月) 22:57:22.76 ID:zVOy09sM0

P「これはストーカーじゃないのか?」

凛「ストーカーじゃないよ」

P「じゃあ何だ?」

凛「プロデューサーを慕ってるだけだよ」

P「そうなんだ」

凛「そうだよ」

P「ふーん」



37: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/20(月) 23:25:52.13 ID:zVOy09sM0

P「お、もうこんな時間か……それじゃそろそろ……」ガタッ

凛「あっ、プロデューサー。晶葉のとこなら、寄らなくて良いよ……はいこれ」ゴトッ

P「あれ?俺が晶葉に頼んで、内緒で作ってもらったパスコード付の鍵だよな?なんで凛が持ってるんだ?」

凛「プロデューサーの事なら、何でもわかるからね」

凛「私が先に晶葉のとこに行って、ちょっとお願いして預かっておいたよ」

P「そうか、わざわざすまないな」

凛「別に良いよ……暗証番号は579305731124だよね?」

P「もうそこまで知られてるのか、流石だな」

凛「ふふっ、これぐらいどうって事ないよ」

P「さて……それじゃ、このまま帰るかな」

凛「私も帰る」

P「じゃあ、途中まで送って行くよ」

凛「ありがとう」

P「お疲れ様でーす、お先に失礼しまーす!」

凛「お疲れ様です」

 ガチャ バタン

ちひろ「……早苗さん、あれって何とか出来ないんですか?」

早苗「んー……本人もある程度、鍵を付け変えたりして抵抗してる様だけど」

早苗「毎回破られて、ほぼ諦めちゃってるみたいだしね……」

ちひろ「でも……」

早苗「それに被害者本人が、被害届も何も出してないからね……どうにも出来ないよ……」

ちひろ「あぁ、そういう事ですか……」

早苗「そう、そういう事……」

ちひろ「じゃあ、仕方ないですね……」

早苗「でしょ……?」

ちひろ「はい……」










おわり



40: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/20(月) 23:29:19.08 ID:zVOy09sM0

という訳でおわり

ssで度々出てくる、プロデューサーへの愛がちょっと重い凛も大好き

相も変わらずコピペを読んでくれて、ありがとう!



41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 23:30:54.34 ID:KCSnqtxdo





43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 23:31:52.25 ID:s8L8kL9y0





44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 23:33:10.28 ID:CGT+J5MYo

もはや鍵とか多く付ける意味無いよね……














http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413806381/