1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 17:58:57.96 ID:d7dq2Vv/0

まゆり「う~ん、紅莉栖ちゃんもそう思う?」

紅莉栖「ええ」

フェイリス「凶真は押しに弱いのニャ」

ルカ子「土下座して岡部さんとできるなら、僕……」

萌郁「……ヤる」

鈴羽「でも、それなら無理やりヤッた方が早くない?」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 18:07:03.87 ID:d7dq2Vv/0

紅莉栖「はあ……」

鈴羽「な、なに!? そのため息!」

まゆり「スズさんは分かってないのです」

鈴羽「分かってないって……要は岡部倫太郎と性交したいんでしょ? なら無理やりヤッた方が」

紅莉栖「それが分かってないのよ。無理やりヤルなんて猿でもできるわ」

鈴羽「くっ!」

フェイリス「無理やりじゃ意味ないのニャ」

ルカ子「その、やっぱりお互い同意の上でした方が、その……」

萌郁「……萌える」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 18:11:02.47 ID:d7dq2Vv/0

鈴羽「でも土下座して頼みこむ時点で同意とは言えないんじゃ……」

紅莉栖「はあ……まだ分かってないわね」

鈴羽「な、なにさ!?」

紅莉栖「いい? 土下座したとはいえ、それを承諾した時点で同意したようなものよ」

鈴羽「でも岡部倫太郎が仮に承諾したとしても、絶対に気まずいじゃん」

まゆり「それがいいのです」

鈴羽「!?」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 18:15:58.47 ID:d7dq2Vv/0

フェイリス「凶真は背徳感を感じながらも、体は素直……」

ルカ子「そんな岡部さんにこっちは益々興奮して……」

萌郁「……終わったら、お互い、満足」

鈴羽「!?」

紅莉栖「それにあいつ、結構責任感が強いから一度ヤレば……」

まゆり「オカリンはずっと傍にいてくれるようになるのです♪」

鈴羽「ずっと、一緒に……岡部倫太郎と」ゴクリ



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 18:23:00.02 ID:d7dq2Vv/0

紅莉栖「ね? 無理やりヤるより遥かに賢いヤり方でしょ?」

鈴羽「訂正するよ、牧瀬紅莉栖。あたしが間違ってた」

まゆり「えへへ。分かってもらったらいいんだよ、スズさん」

鈴羽「でもさ、土下座してヤらしてもらうって事は……」

フェイリス「うニャ?」

鈴羽「たぶん、最初の一人しか、抱いてくれないよね。岡部倫太郎の性格を考えると」

ルカ子「えっ……」

鈴羽「だってさ、牧瀬紅莉栖の言った通り、岡部倫太郎は責任感が強いから最初にヤった人意外とはヤらないと思うんだけど……」

萌郁「!?」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 18:27:02.67 ID:d7dq2Vv/0

鈴羽「そうなると誰が最初に土下座するのかなーって」

紅莉栖「……」

まゆり「……」

フェイリス「……」

ルカ子「……」

萌郁「……」

鈴羽「あれ? なんかマズい事、言った?」

ガチャ

岡部「むっ? なんだラボメンガールズが全員集結とは珍しいな」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 18:35:03.04 ID:d7dq2Vv/0

紅莉栖「!?」

紅莉栖(一番早く土下座をした人が岡部とニャンニャンできる! 体力勝負じゃまゆりや阿万音さんには叶わない)

紅莉栖(でも、幸いにもこの位置は岡部から一番近い! これなら私が一番最初に岡部に土下座を……!)

紅莉栖「……」ザッ

まゆり「……っ」ガシッ

紅莉栖「なっ」

紅莉栖(まゆり!? くっ、反応が思った以上に早い!)

まゆり(紅莉栖ちゃんに抜け駆けはさせないのです)ムギュー

紅莉栖「くっ……」

岡部「助手? それにまゆり、何をしているのだ?」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 18:40:09.49 ID:d7dq2Vv/0

紅莉栖「こ、これは、その……」

まゆり「えっへへ~なんだか急に紅莉栖ちゃんをむぎゅーってしたくなったのです」

紅莉栖「も、もう、まゆりったら……」

岡部「仲が良いのは構わんが、ダルの前では控えろよ。奴が見たら興奮しだすからな」

紅莉栖「そ、そうね、まゆり、少し自重した方がいいわ」

まゆり「う~ん、残念なのです」サッ

紅莉栖(ふぅ、まゆりを離すことは出来た。でも、出鼻を挫かれたのは痛手ね……)

まゆり(やっぱり、紅莉栖ちゃんは油断できないのです……)



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 18:50:26.42 ID:d7dq2Vv/0

岡部「しかし、何故今日に限ってこんなにラボメンが集まっているのだ?」

フェイリス「ニャニャ、それはラボメンガールズのみで円卓会議が行われたからニャン」

岡部「なに!? この俺を差し置いて円卓会議だと!?」

フェイリス「仕方ないニャ。これは乙女にのみ参加を赦された神聖な集まり。いくら凶真でも参加する事はできないのニャ」

岡部「それはつまり、ただのガールズトークか?」

フェイリス「世俗に言えばそうニャ」

岡部「……そんなものを円卓会議と呼ぶな」

フェイリス「ニャハハ、でも凶真を仲間外れにした事は謝るニャ」サッ

紅莉栖(!! 会話の中でスムーズに土下座のフォームに!?)

まゆり(ここからじゃ、止められない……!)

フェイリス(えへへ、これで、岡部さんは私の……)



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 19:02:16.27 ID:d7dq2Vv/0

萌郁「……させない」ヒョイ

フェイリス「ふにゃ!?」

岡部「……なあ、指圧師」

萌郁「……なに?」

岡部「なぜフェイリスのを持ち上げてるのだ」

フェイリス「は、離すニャ! モエニャン!」ブラーン、ブラーン

萌郁「……なんと、なく?」

岡部「何となくって……早く離してやれ。その、服が乱れてるだろ」プイッ

萌郁「いま、離す……」バッ

フェイリス「うにゃ……」バタッ

岡部「お、おい、大丈夫か?」

フェイリス「い、痛いのニャ、モエニャン」

萌郁「ごめん、なさい……離せ、って、言われたから、岡部くんに」

岡部「俺のせいにするな!?」

フェイリス(くっ、一筋縄じゃいかない、か……)
萌郁(岡部くんは、渡さない……)



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 19:11:03.54 ID:d7dq2Vv/0

岡部「まったく、何をやって……」

ルカ子「岡部さん!」

岡部「なんだ、ルカ……子?」

ルカ子「……」ドゲーザ

紅莉栖「なっ!?」

まゆり「そんな……」

フェイリス「いつのまに……」

萌郁「くっ……」

鈴羽「フェイリスと桐生萌郁にみんなが視線を向けてる間に土下座して、名前を呼んで振り向かせるなんて……やるね、漆原るか」

岡部「な、なにを、しているんだ?」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 19:19:22.13 ID:d7dq2Vv/0

ルカ子「あ、あの、岡部さん! ぼ、ぼく、岡部さんにお願いがあって……」

岡部「お、お願いって、土下座をするほどのものなのか?」

ルカ子「はい!」

岡部「と、とりあえず顔を上げろ。弟子の願いなど、わざわざ土下座せずとも叶えてやる」

ルカ子「ほ、本当ですか?」

岡部「あ、ああ。だから土下座は止めろ」

ルカ子「は、はい……」サッ



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 19:28:57.02 ID:d7dq2Vv/0

岡部「それで、お前の願いとはなんだ?」

ルカ子「あ、あの、その、えっと……」モジモジ

岡部「焦らなくていい。ゆっくりでいいから言ってくれ」

ルカ子「は、はい。あの、岡部さん」

岡部「なんだ?」

ルカ子「その、僕の……」

岡部「ルカ子の?」

ルカ子「ぼ、ぼくのSteins;Gateを岡部さんの妖刀・五月雨でfucking to the Gateしてください!!」

岡部「……」

岡部「えっ」



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 19:30:13.40 ID:gxIUCGXH0

これはひどい



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 19:31:16.97 ID:ZV759aZF0

酷過ぎワロタ



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 19:35:10.58 ID:d7dq2Vv/0

紅莉栖「これはひどい……」

まゆり「るかくん、やっぱり受けだったんだ」

フェイリス「フェイリスは攻めだと予想してたのに……」

萌郁「受け? 攻め?」
鈴羽「なんの事だろ……」

岡部「る、ルカ子? 冗談、だよな?」

ルカ子「お願いします!岡部さん!」ドゲーザ

岡部「なっ……」



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 19:38:52.08 ID:d7dq2Vv/0

岡部「えっ、いや……」

ルカ子「だ、ダメですか?」

岡部「むしろ何故いけると思った!?」

ルカ子「そう、ですか……」シュン

岡部「す、すまん、ルカ子。俺はそっちの気は……」

ルカ子「やっぱり……岡部さんは、その、攻めより受けがいいんですか?」

岡部「えっ」



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 19:44:32.48 ID:d7dq2Vv/0

フェイリス「ニャンと!」

まゆり「オカリンが受けかぁ……」

紅莉栖「岡部が、受け……ふふ、ふひ」ジュル

鈴羽「だから受けとか攻めって何さ」

萌郁「……分からない」

岡部「う、受け!? な、何を言ってるんだ!?」

ルカ子「僕、後ろは一人でする時に慣れてますから、いいんですけど……前はよく分からなくて、大丈夫かな」

岡部「る、ルカ子?」



81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 19:45:28.03 ID:0xFhF8aKO

るか子www



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 19:52:15.94 ID:d7dq2Vv/0

岡部「お、お前、ナニを……」

ルカ子「で、でもやっぱり僕は岡部さんに攻められる方が……」

岡部「る、ルカ子!」

ルカ子「なんですか?」

岡部「俺は、お前とは、その、そういう関係を結べない」

ルカ子「えっ……な、なんで」

岡部「同性愛を否定するつもりはない。だが、俺はそれではない」

ルカ子「そんな、土下座、してるのに……」

岡部「ど、土下座でそんな関係を結ぶほど、俺は軽い男ではない!」

紅莉栖「えっ……?」



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 19:54:15.94 ID:iJC6CDwkO

ですよねー



95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 19:59:58.28 ID:d7dq2Vv/0

岡部「えっ、て……なぜそこで助手が反応するのだ」

紅莉栖「お、岡部?」

岡部「なんだ」

紅莉栖「岡部は、その……土下座したらヤらせてくれないの?」

岡部「はあ!?」

紅莉栖「……っ」ビクッ

岡部「……お前は土下座したら誰とでも関係を持つか?」

紅莉栖「だ、誰がそんな事するか!バカ!あんた、私の事をそんな風な女と思ってたの!?」

岡部「……」

紅莉栖「なによ……」

岡部「……これはひどい」



103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 20:08:28.21 ID:d7dq2Vv/0

岡部「いいか、紅莉栖」

紅莉栖「ふぇ? な、名前で……」

岡部「俺は軽い思いでそういった事をするつもりはないし、関係を持つつもりはない」

紅莉栖「う、うん」

岡部「つまり、お前と同じだ。俺は土下座程度では揺るがん。分かったな?」

紅莉栖「……」

岡部「まさかとは思うが、助手意外にもこんな考えを持った奴はいないだろうな」

まゆり「……」

フェイリス「……」

ルカ子「……」

萌郁「……」

岡部「なぜ、俺から目を逸らす……」



122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 20:29:45.83 ID:d7dq2Vv/0

岡部「とりあえず、今日は全員帰れ」

紅莉栖「えっ、な、なんで……」

岡部「お前たちは一度、冷静になる必要がある」

まゆり「……」

フェイリス「……」

ルカ子「……」

萌郁「……」

岡部「あと、ルカ子」

ルカ子「……っ」ビクッ

岡部「さっきも言ったが、お前の気持ちには答えられない」

ルカ子「はい……」

岡部「だが、お前はいつまでも俺にとって大切な仲間であり、弟子だ。それだけは覚えておけ」

ルカ子「! は、はいっ! えへへ」

岡部「では、今日は解散とする!」



128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 20:34:02.02 ID:d7dq2Vv/0

――――
――

岡部(……騒がしい一日だった)

岡部「はあ……」

岡部「……俺、あいつらから土下座したらヤらせてもらえるような男に思われていたのか」

岡部「……」

岡部「なぜだ……」

鈴羽「だって君、なんだか押しに弱そうなだし……」

岡部「なっ、バイト戦士!?」

鈴羽「うぃーす」



135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 20:44:08.64 ID:d7dq2Vv/0

岡部「今日は帰れと言っただろ」

鈴羽「それって牧瀬紅莉栖たちの頭を冷やすために言ったんだよね?」

岡部「……その言い方だと、お前は紅莉栖たちとは違う考えなのか?」

鈴羽「少し言いくるめかけたけど、やっぱ土下座するのはな~」

岡部「……まさか、お前が一番まともな意見を言うとはな」

鈴羽「ちょっと、それどういう意味さ!」



143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 20:51:50.15 ID:d7dq2Vv/0

岡部「普段のお前ならまともな意見は期待できないからな」

鈴羽「なにをー!」

岡部「だが、まともな意見を言う奴が一人はいてくれて嬉しいぞ? 鈴羽」

鈴羽「あっ……」

岡部「どうした?」

鈴羽「う、ううん、なんでもない」

鈴羽(もう、急に名前で呼ぶんだから……牧瀬紅莉栖の気持ちが少し分かった気がする)



150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 21:01:03.64 ID:d7dq2Vv/0

鈴羽「ねえ、岡部倫太郎」

岡部「なんだ?」

鈴羽「君は土下座じゃ揺るがない男なんだよね」

岡部「当たり前だ! まったく、助手たちは土下座すれば何でも許されると思っているのか」

鈴羽「ふ~ん、そっか」

岡部「……まさか、お前まで土下座するんじゃないだろうな」

鈴羽「まっさかー! そんな事しないよ」

岡部「ふん、ならいいが……」

チュッ

岡部「んむっ!」

鈴羽「んっ……これなら、ちょっとは揺るぐかな? 岡部倫太郎」



159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 21:07:50.50 ID:d7dq2Vv/0

岡部「お、お前、な、なにを……んむっ!?」

鈴羽「んっ、はむ……」クチュ

岡部「や、やめ、んぐっ……」

鈴羽「むっ、んっ、……ぷは」

岡部「はあ、はあ……な、なにをして」

鈴羽「やっぱさ、土下座なんかするよりこうした方が早いと思わない?」バッ

岡部「えっ?」

ドサッ

岡部(お、押し倒された……?)



164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 21:13:53.95 ID:d7dq2Vv/0

岡部「す、鈴羽……!?」

鈴羽「好きだよ」

岡部「な、に……?」

鈴羽「あたしは、君が好き。大好きだよ、岡部倫太郎……ううん、オカリンおじさん!」ギュ

岡部「こ、こら! 離せ! あとおじさんは止めろ!」ジタバタ

鈴羽「ふーははは、だが断るー」ムギュー

岡部「や、やめ……」

鈴羽「オカリンおじさん……えへへ」ヌギヌギ

岡部「ぬ、脱がすな! 脱ぐな!」

鈴羽「それじゃ、いっただきまーす!」

岡部「やめろおおおおおおおおおおお!!!」



170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 21:21:05.65 ID:d7dq2Vv/0

ダル「うっは~明日は由季たんとのデートwwwwww」

ダル「オカリンに自慢してやろうずwwwwww」

ラボ扉前

パンパンパン

ダル「ん? なんぞこの音……ラボから?」

ダル「ま~た、オカリンが実験をして」

ンッ、イイヨ、オカリンオジサン、……アンッ パンパンパン

ダル「えっ?」

ス、スズハ……スズハ!
ンッ、エヘヘ、ヤットオジサンモヤルキニナッタネ、ンッ パンパンパン

ダル「……」



182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 21:28:15.65 ID:d7dq2Vv/0

ガタン

鈴羽「んっ、あれ、いま、んっ、な、なんか、音、しなかった……?あんっ」ユサユサユサ

岡部「さあ、なっ!……お前に、夢中で気付かなかった」パンパンパン

鈴羽「あんっ」

岡部「鈴羽! 鈴羽!」パンパンパン

鈴羽「いいよぉ、オカリンおじさん、んあ」パンパンパン

岡部「……うっ」ドプッ
鈴羽「んっ、くっ……」ビクッ

岡部「……ふぅ」

鈴羽「えへへ」



201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 21:37:26.21 ID:d7dq2Vv/0

次の日

ガチャ

紅莉栖「ハロー、って、あれ、阿万音さん?」

鈴羽「うぃーす」

岡部「むっ、助手か」

紅莉栖「助手じゃないと言っとろーが! まったく」

岡部「それで、頭は冷えたか?」

紅莉栖「……ええ、お陰様でね」

岡部「ふむ、ならいい」



209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 21:43:12.04 ID:d7dq2Vv/0

紅莉栖「それにしても、阿万音さんがこんな早くにラボにいるなんて珍しいわね」

鈴羽「そりゃあ、昨日はここで泊まったからね」

紅莉栖「なるほど」

紅莉栖「……」

紅莉栖「えっ」

鈴羽「体力には自信があるんだけど、さすがに初めてだと体だダルいね。なんか、まだ挟まってる感じがする」

岡部「よく言う。あれだけ絞りとった癖に……」

鈴羽「ええーでも、途中から君だってノリノリだったじゃん! 何回、愛してるって言われたか分かんないよ」

岡部「あ、あれは……!」

紅莉栖「えっ……」



219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 21:52:40.79 ID:d7dq2Vv/0

紅莉栖「あ、あの、どういう、こと……?」

鈴羽「結論だけ言う」

紅莉栖「……」ゴクリ

鈴羽「性交した」

紅莉栖「!?」

鈴羽「性交した性交した性交した性交した性交した。あたしは性交した!」

紅莉栖「なっ……」

鈴羽「性交した性交した性交した、あたしはオカリンおじさんと性交した性交した。何度も愛してるって、囁かれながら性交した性交した性交した」

紅莉栖「」

鈴羽「色んな体位で性交した性交した性交した。騎乗位が一番オカリンおじさんが感じてくれた!性交した性交した性交」
紅莉栖「」

岡部「や、止めろ! 恥ずかしいだろうが!」

鈴羽「ええー」

岡部「ええー、じゃない!」



226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 21:57:14.33 ID:ZDxvu/yFO

性交やめんかwww



229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 21:59:30.56 ID:d7dq2Vv/0

ガチャ

まゆり「トゥットゥルー♪ あれ? 紅莉栖ちゃん、どうかしたの?」

紅莉栖「」

岡部「まゆりか、紅莉栖は……ちょっとな」

まゆり「んー? あっ、スズさん! 今日は早いんだね」

鈴羽「ラボに泊まったからね」

まゆり「ほえ? どうしてラボに……」

鈴羽「性交した」

まゆり「!?」

鈴羽「性交した性交した性交した性交した。あたしは岡部倫太郎と性交した。性交」

まゆり「」

岡部「だ、だから止めんか!」

鈴羽「えへへ」



233: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 22:05:53.18 ID:d7dq2Vv/0

ガチャ

フェイリス「凶真ー!遊びに来たのニャン!」

鈴羽「性交した」

フェイリス「うにゃ?」

鈴羽「性交した性交した性交した。あたしは岡部倫太郎と性交した。気持ちよかった。性交した性交」

フェイリス「」

岡部「だ、だから、止め……」

ガチャ

ルカ子「お、岡部さん、おはようございます」ペコリ

鈴羽「あたしは岡部倫太郎と性交した!」

ルカ子「えっ」

鈴羽「性交した性交した性交した性交した。ゴムなしで性交した性交」

ルカ子「」

岡部「もう止めてくれ……」



238: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 22:11:59.85 ID:d7dq2Vv/0

ガチャ

萌郁「岡部、くん……昨日はごめんなさ」

鈴羽「性交した!」

萌郁「……?」

鈴羽「性交した性交した性交した!あたしは岡部倫太郎に全身舐めまわされながら性交した!性交した性交した」

萌郁「……」

鈴羽「責任を取るって、言われながら性交した!」

萌郁「!?」

鈴羽「性交した性交した性交した。いつかは結婚する。結婚する結婚する結婚する結婚する結婚」

萌郁「」

鈴羽「ふぅ……」

岡部「」



245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 22:18:09.50 ID:d7dq2Vv/0

岡部「お、お前、なんて事を……」

鈴羽「でも嘘は言ってないよ?」

岡部「ぐっ」

鈴羽「オカリンおじさん、あたしの体、足の指から首筋まで舐め回しながら性交したじゃん」

岡部「あ、あれは……気が動転して」

鈴羽「やり終えた後、責任取るって言ったし……それも気が動転して?」

岡部「……あれは本音だ」

鈴羽「えへへ、そっか」ギュ



253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 22:27:56.16 ID:d7dq2Vv/0

ラボ扉前
ダル(昨日のはきっと何かの見間違いだお……)

ダル(だいたいあのへたれのオカリンがラボでおんにゃのことセクロスとかねーよwwwwww)

ダル(昨日言いそびれた由季たんとのデートを自慢して今日はリア充ライフを楽しむんだお)

ガチャ

ダル「トゥットゥルー♪ダルしぃだ……お?」

岡部「愛してる、鈴羽」
鈴羽「あたしも、愛してるよ。オカリンおじさん」チュッ

ダル「……」

鈴羽「あっ、父さん」

ダル「本当、だった……」

岡部「ダル、いや、お義父さん」
ダル「えっ」

岡部「お前の娘は、必ず俺が幸せにしてみせる。いや、幸せになる」
鈴羽「それがシュタインズ・ゲートの選択だからね!」

ダル「」

おわり



262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 22:29:33.61 ID:OSWF+sfu0

おつおつ



270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/23(月) 22:32:22.45 ID:iJC6CDwkO
















http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1343033937/