1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/27(月) 20:30:33.08 ID:m7VgkBoX0

士郎「ん?ああ、>>3ってのはな・・・」



3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/27(月) 20:31:22.08 ID:Bbks6ssvo

アルクエイド



6: タイトルのセリフ、士郎→シロウ 2014/10/27(月) 20:39:43.71 ID:m7VgkBoX0

セイバー「シロウ、アルクェイドとはなんですか?」

士郎「セイバー・・・アルクェイドを知らないのか」

士郎「大先輩だぞ・・・」

セイバー「はぁ・・・大先輩・・・?」

士郎「型月のゲーム、『月姫』のメインヒロインで」

士郎「『真祖』っていう吸血鬼のお姫様だよ」

セイバー「はぁ・・・よくわかりませんが」

セイバー「メインヒロインですか・・・なるほど」

士郎「(そこに食いつくんだ)」

士郎「ちなみにめちゃめちゃ強いらしいぞ」

セイバー「ほう」

士郎「セイバーが2人がかりで勝てるかどうからしい」

セイバー「ふふふシロウ、冗談もほどほどに」

士郎「(冗談ではありませんが)」

セイバー「いつか、手合せの機会があるでしょうか」

士郎「(ありませんように、セイバーの命のために)」




7: タイトルのセリフ、士郎→シロウ 2014/10/27(月) 20:41:54.41 ID:m7VgkBoX0

セイバー「それはさておき、>>9とはなんですか?」

あれ?前スレはHTML化依頼出したんだけど・・・
なんかやり方違う?



9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/27(月) 20:42:47.05 ID:lIuUNELdO

薄い本(衛宮切嗣とセイバーの)



12: ◆KAb7/dbXM2 2014/10/27(月) 20:50:42.49 ID:m7VgkBoX0

セイバー「シロウ、薄い本(衛宮切嗣とセイバーの) とはなんですか?」

士郎「ぶっ!」

セイバー「どうしたのですか、シロウ」

士郎「いや、どうもこうも・・・お前、その言葉自体に憤りを感じないのか」

セイバー「・・・」

士郎「・・・」

セイバー「・・・感じています」ゴゴゴゴゴゴ

士郎「(めちゃめちゃ感じてたー!!)」

セイバー「薄い本・・・とはわかりませんが」

セイバー「まずキリツグと私、という言葉の響きでアウトです」

士郎「そこからか・・・」



13: ◆KAb7/dbXM2 2014/10/27(月) 20:51:21.90 ID:m7VgkBoX0

セイバー「ところで・・・薄い本とはなんでしょう」

士郎「(薄い本の意味を知らずにこの怒り・・・俺はどうすれば・・・)」

セイバー「シロウ?薄い本とは?」

士郎「・・・まぁ、あれだ」

士郎「その・・・セイバーと切嗣の・・・戦記?みたいな」

セイバー「なるほど・・・それでしたら薄いのも納得です」

士郎「(納得してくれた・・・よかった・・・)」

セイバー「して、その本とやらはどこに?」

士郎「・・・と、虎の・・・?」

セイバー「なるほど、藤村家ですか」

セイバー「今度尋ねてみることにしましょう」

士郎「(すまん藤ねぇ・・・あとは任せた)」



14: ◆KAb7/dbXM2 2014/10/27(月) 20:52:37.03 ID:m7VgkBoX0

セイバー「シロウ、ところで>>17とはなんでしょう」

まさか同じ日に同じコンセプトでスレが立つとは・・・
とりあえず、その人とは別人です



16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/27(月) 20:53:58.07 ID:bVLPru12o

満漢全席



17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/27(月) 20:54:01.20 ID:9ocRjgAAO

ラグナロク



19: ◆KAb7/dbXM2 2014/10/27(月) 21:00:38.91 ID:m7VgkBoX0

セイバー「シロウ、ラグナロクとはなんですか?」

士郎「ラグナロクってのは・・・ああ、あれだ」

士郎「北欧神話でいう『終末の日』のこと、だったかな、本来の意味は」

士郎「日本語だと『神々の黄昏』とかいうらしい」

セイバー「ほう、北欧神話ですか」

セイバー「今度、ランサーにでも聞いてみるとしましょう」

士郎「まぁ、あいつなら俺よりは・・・詳しいかな?」

士郎「(っていうかセイバーも俺より詳しいんじゃないのか・・・?)」

セイバー「しかし、日本のアニメやマンガではよく聞く言葉です」

士郎「ゲームのタイトルにもたまに見るな」

セイバー「あれは果たして、本来の意味をわかって使っているのでしょうか・・・?」

士郎「セイバー、そういうのはな、言葉の響きが大切なんだ」

セイバー「なるほど・・・厨二、というやつですね」キリッ

士郎「(セイバーも俗にまみれたなぁ・・・)」



20: ◆KAb7/dbXM2 2014/10/27(月) 21:02:26.57 ID:m7VgkBoX0

セイバー「ところでシロウ、>>23とはなんでしょう?」



22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/27(月) 21:03:14.16 ID:bVLPru12o

お年玉



23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/27(月) 21:03:17.60 ID:5tj4iSj4O

近親相姦



26: ◆KAb7/dbXM2 2014/10/27(月) 21:09:31.12 ID:m7VgkBoX0

セイバー「シロウ、近親相姦とはなんですか?」

士郎「セイバー、その言葉をどこで」

セイバー「いんたーねっとで見たのです」

士郎「(俺に聞く前にそのいんたーねっとで調べてほしかった・・・)」

セイバー「シロウ、近親」

士郎「あーあーあー、あのな、セイバー」

セイバー「はい」

士郎「近親相姦ってのは・・・その・・・」

士郎「血のつながった・・・人同士で・・・その・・・」

セイバー「・・・」

士郎「・・・」



27: ◆KAb7/dbXM2 2014/10/27(月) 21:10:47.68 ID:m7VgkBoX0

セイバー「・・・知らないのですか?」

士郎「・・・はい」

セイバー「そうですか・・・」

士郎「(逃げることに決めました)」

セイバー「誰なら詳しいでしょうか・・・サクr」

士郎「セイバー!!!」

セイバー「は、はいっ?」

士郎「それは・・・その・・・インターネットで調べるたほうがよくわかるぞ」

セイバー「なるほど・・・では、そのように致します」

士郎「・・・はい」

士郎「(セイバーがどこでインターネットを使っているかは、気にしないことにする・・・)」



28: ◆KAb7/dbXM2 2014/10/27(月) 21:11:24.88 ID:m7VgkBoX0

セイバー「それはそれとしてシロウ、>>31とはなんでしょうか」



30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/27(月) 21:13:31.75 ID:HdQ1IWlNO

ソニック・ザ・ヘッジホッグ



31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/27(月) 21:13:35.24 ID:T3gavkrBO

マーボケリィオルタ3P



36: ◆KAb7/dbXM2 2014/10/27(月) 21:18:57.37 ID:m7VgkBoX0

セイバー「シロウ、マーボケリィオルタ3P とはなんですか?」

士郎「・・・」

セイバー「(・・・なにかの呪文でしょうか)」

士郎「(ぶっちゃけ知らない、マジでなんのことかわからない)」

士郎「(でも・・・この言葉・・・文字列・・・)」

士郎「(ものすごく・・・深い闇を感じるのは俺だけか・・・!?)」

セイバー「・・・シロウ、これは」

士郎「・・・」



37: ◆KAb7/dbXM2 2014/10/27(月) 21:20:33.58 ID:m7VgkBoX0

セイバー「・・・なにか・・・呪文のような・・・?」

士郎「・・・セイバー」

セイバー「・・・はい」

士郎「俺にはそれがなんのことか、本当にさっぱりわからないんだが」

士郎「その言葉はもう口にしないほうがいい」

セイバー「は、はい・・・」

セイバー「(シロウの目が本気だ・・・これは本当に、なにか禁呪のような・・・)」

士郎「(これはたぶん、本当の意味を知ってはいけないんだ・・・そうだ・・・)」



38: ◆KAb7/dbXM2 2014/10/27(月) 21:21:17.31 ID:m7VgkBoX0

セイバー「では・・・>>41とはなんですか?」



40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/27(月) 21:22:17.10 ID:Ag+RZzh4o

アイカツ



41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/27(月) 21:22:20.17 ID:9lZ9xAxrO

ちゃんと説明しないの多いな
騎士道



47: ◆KAb7/dbXM2 2014/10/27(月) 21:29:07.21 ID:m7VgkBoX0

セイバー「シロウ、騎士道とはなんですか?」

士郎「(た、試されてる・・・!?)」

セイバー「・・・」

士郎「(ちゃ、ちゃんと答えないと・・・なんかヤバいことになりそうな・・・)」

士郎「き、騎士道とは!」

セイバー「はい」

士郎「中世ヨーロッパにて発達した『騎士』という職業のとるべき模範的な行動のことであり!」

セイバー「はい」

士郎「優しさ、慈悲の心など、騎士が持つべき倫理感を表したものである!」

セイバー「はい」



51: ◆KAb7/dbXM2 2014/10/27(月) 21:31:03.14 ID:m7VgkBoX0

士郎「騎士道には3つあり、1つは宗教的騎士道、1つは」

セイバー「シロウ」

士郎「・・・はい」

セイバー「騎士道とは、そこまで難しい話ではありませんよ?」

士郎「なら聞くなよ!!!」

セイバー「騎士道とは・・・」

士郎「(セイバーのことだよ(ニッコリ)、みたいにしとけばよかった・・・)」

セイバー「・・・つまり・・・」

士郎「(・・・長くなるだろうなぁ・・・)」

セイバー「・・・聞いていますか?」

士郎「はい」



52: ◆KAb7/dbXM2 2014/10/27(月) 21:31:53.39 ID:m7VgkBoX0

セイバー「では、>>55とはなんですか?」



54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/27(月) 21:32:47.97 ID:1bVMFCWe0

衆道



55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/27(月) 21:32:50.42 ID:oI6fOAWLO

エクスカリバー



61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/27(月) 21:36:16.74 ID:HdQ1IWlNO

おい所持者wwww



63: ◆KAb7/dbXM2 2014/10/27(月) 21:38:59.46 ID:m7VgkBoX0

セイバー「シロウ、エクスカリバーとはなんですか?」

士郎「(セイバー、頭おかしくなっちゃったのかな・・・?)」

セイバー「シロウ」

士郎「(それともまだ試されてる・・・?)」

セイバー「シロウ、エクスカリバーとはなんでしょう」

士郎「・・・エクスカリバーってのは、ブリテンの正当な後継者にのみ引き抜けるとされた」

士郎「岩に刺さった剣のこと・・・だったはずだ、確か」

セイバー「はい」

士郎「(なんだろう、すごく馬鹿にされてる気がする)」



65: ◆KAb7/dbXM2 2014/10/27(月) 21:40:15.43 ID:m7VgkBoX0

士郎「この剣を抜いたのが、他ならぬアーサー王なわけですよ」

セイバー「なるほど」

士郎「あ、でも、湖の乙女から与えられた、ってのはなんだっけ・・・」

士郎「あれってどうなんだっけ・・・あれ?」

セイバー「・・・ふっ」

士郎「・・・セイバー、なんで鼻で笑ったの?」

セイバー「・・・いえ、続けてください」

士郎「(アーサー王物語読み直すか・・・本物目の前にいるけど・・・)」



66: ◆KAb7/dbXM2 2014/10/27(月) 21:41:11.58 ID:m7VgkBoX0

セイバー「それはそれとして、>>69とはなんですか?」



68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/27(月) 21:41:41.28 ID:0TCHofVco

ロマンス



69: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/27(月) 21:41:46.22 ID:wIQiU45AO

おちんぽミルク



78: ◆KAb7/dbXM2 2014/10/27(月) 21:49:38.39 ID:m7VgkBoX0

セイバー「シロウ、おちんぽミルクとはなんですか?」

士郎「(神様、俺はなにか悪いことをしたのでしょうか・・・?)」

セイバー「シロウ」

士郎「セイバー、その言葉を発することになにか疑問を覚えちゃったりしないのか?」

セイバー「も、もちろん覚えます・・・///」

士郎「あ、覚えるんだ」

セイバー「しかし・・・なにか、口が勝手に動くのです・・・」

セイバー「神の意志が・・・おちんぽミルクについてシロウに聞きなさいと・・・」

士郎「なんだよその神・・・信じたらダメなやつじゃん・・・」




79: ◆KAb7/dbXM2 2014/10/27(月) 21:51:08.01 ID:m7VgkBoX0

セイバー「・・・してシロウ、おちn」

士郎「セイバー、おちんぽミルクってのは、要するに精子のことなんだよ」

セイバー「!!」

士郎「(もうどうにでもなれ)」

士郎「セイバー、精子ってのは、要するに子種のことだ」

士郎「子種とは、未来を紡ぐ立派な役割を持っているわけで」

士郎「それをおちんぽミルクなんて呼ぶのは、あまりに失礼だと思わないか」

セイバー「・・・そ、その通りです・・・」

士郎「だから、二度とおちんぽミルクという言葉を使わないように」

セイバー「は、はい・・・」

士郎「よろしい」

セイバー「(お、怒られました・・・)」

士郎「(いいんだ・・・これでいいんだ・・・)」



80: ◆KAb7/dbXM2 2014/10/27(月) 21:52:36.06 ID:m7VgkBoX0

セイバー「失礼しました・・・では、>>83について教えてください」



83: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/27(月) 21:53:08.11 ID:ufQxWxboO

ブリテン



89: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/27(月) 21:56:46.43 ID:hXPzsZLJO

王様ぇ……



90: ◆KAb7/dbXM2 2014/10/27(月) 22:00:16.62 ID:m7VgkBoX0

セイバー「シロウ、ブリテンとはなんですか?」

士郎「うーん・・・今は、グレートブリテン島のことを指すのかな?」

セイバー「ほう」

士郎「いまその島にはグレートブリテンおよび北アイルランド連合王国、っていう」

士郎「国が存在してるんだけど、知ってたか?」

セイバー「それは、イギリス、のことですね?」

士郎「ああ、凛が留学したロンドンもこの島にあるぞ」

セイバー「なるほど」



92: ◆KAb7/dbXM2 2014/10/27(月) 22:00:55.01 ID:m7VgkBoX0

士郎「・・・行ってみるか?」

セイバー「・・・ええ、いつか訪れてみたい場所のひとつです」

士郎「飯はマズいらしいけどな」

セイバー「それも愛しましょう、我が故郷なのですから」

士郎「・・・セイバー」

セイバー「それに、士郎と行くならなんの問題もありません」

士郎「あ、そういうこと・・・」

セイバー「いつか、必ず行きましょうね」

士郎「・・・ああ、そうだな」



93: ◆KAb7/dbXM2 2014/10/27(月) 22:01:46.44 ID:m7VgkBoX0

セイバー「最後に、>>97とはなんですか?」



95: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/27(月) 22:02:27.75 ID:Cr6UXOt1O

アーサー王



96: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/27(月) 22:02:32.69 ID:Ag+RZzh4o

士郎



97: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/27(月) 22:02:33.66 ID:9ocRjgAAO

武士道



103: ◆KAb7/dbXM2 2014/10/27(月) 22:19:12.84 ID:m7VgkBoX0

セイバー「シロウ、武士道とはなんですか?」

士郎「むっ、武士道か」

士郎「前読んだんだけどな・・・」

セイバー「読んだ?」

士郎「ああ、昔新渡戸稲造って人が書いた本なんだけど」

士郎「日本人の持つ「武士道」って考え方について、外人に説明したんだ」

セイバー「なるほど」

士郎「その本のタイトルが、「Bushido: The Soul of Japan」、日本語訳が『武士道』だ」

セイバー「日本人が、英語で書いた本なのですね」

士郎「それだけ、日本の心を伝えたかったのかもな」



104: ◆KAb7/dbXM2 2014/10/27(月) 22:20:18.23 ID:m7VgkBoX0

セイバー「して、武士道とはなんなのでしょう?」

士郎「・・・まぁ、細かい話をするとすごく大変だけど」

士郎「根本的なところでは、騎士道とそんな変わらないんじゃないか?」

士郎「武士たるもの、雇い主への忠誠と、優しい心を忘れるな、みたいな」

セイバー「なるほど、つまり、誇りある武人の生き方、ということでしょうか」

士郎「そうだな・・・うまく説明できなくてごめん」

セイバー「いえ、大丈夫です」

セイバー「今度、ニトベの『武士道』を読んでみましょう」

士郎「(絶対挫折するな・・・)」



105: ◆KAb7/dbXM2 2014/10/27(月) 22:21:07.39 ID:m7VgkBoX0

なんか全然落ちなかったからもういっちょ

セイバー「そういえば、>>108とはなんですか?」



106: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/27(月) 22:21:51.93 ID:qLPBHqNO0

ギャラドス



107: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/27(月) 22:22:04.91 ID:Cr6UXOt1O

貧乳



108: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/27(月) 22:22:19.78 ID:bVLPru12o

シロウにとって私



114: ◆KAb7/dbXM2 2014/10/27(月) 22:29:08.29 ID:m7VgkBoX0

セイバー「シロウ・・・シロウにとって私とはなんですか?」

士郎「なっ・・・///」

セイバー「・・・///」

士郎「それは、その・・・」

セイバー「・・・シロウ?」

士郎「・・・セイバーは、俺のサーヴァントで、剣の師匠で」

セイバー「・・・はい」

士郎「その・・・大切な、人だよ」

セイバー「・・・はい」

-------------------------------------------

「『言葉だけじゃ伝えきれない・・・セイバー!』ガバッ」

「『シ、シロウ・・・///』」

凛「・・・ってなると思ったか、バーカ!!!!」

桜「姉さん、誰に怒ってるんですか?」

凛「知らない!!!」

おわれ



115: ◆KAb7/dbXM2 2014/10/27(月) 22:30:09.43 ID:m7VgkBoX0

これでオチたってことで・・・
最後までお付き合いいただきありがとうございました

HTML化依頼を出しておきます



117: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/27(月) 22:30:42.86 ID:oxlwRPBBo

おつ



119: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/27(月) 22:33:17.25 ID:bVLPru12o

おつです













http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1414409423/