1: </b> ◇sIwGJs3.BM<b> 2014/09/18(木) 05:19:37.55 ID:22clVdDZ0

千早「水瀬さんとっても可愛いわね」

伊織「は、はぁ!? 千早、いきなりどうしたのよアンタ!」

千早「いえ。普段は高槻さんしか目に入っていなかったのだけれど……」

伊織「その発言もなかなか酷いわね」

千早「でも水瀬さんも、とっても可愛いと思うの。小柄で可愛らしくて、何より素直じゃない感じが」

伊織「ふ、ふーん。当然じゃない。まぁでも、いきなりでも、この伊織ちゃんの可愛さに気がついたアンタを褒めてあげてもいいわよ?」

千早「そうやって褒められてる事を、認めている風に照れ隠す水瀬さんがとっても可愛いわ」

伊織「と、当然だって言ってるし、別に照れてないんだからっ」

千早「ちょっと怒ってる風にしながらも、満更でなさそうな水瀬さんがとっても可愛いわ」

伊織「ちょ、ちょっと千早……」

千早「繰り返されると、どう返したらいいかも分からなくなって顔を赤めるだけの水瀬さんもとっても可愛いわ」

伊織「もう何なのよ……もう……」



2: ◆sIwGJs3.BM 2014/09/18(木) 05:24:00.24 ID:22clVdDZ0

千早「思うのだけれど」

伊織「何よもう……」

千早「私と水瀬さんって、あまり接点は無いわよね」

伊織「まぁ……そうね。アンタは春香と一緒の時が多いし、デュオで組むこともあんまり無いもの」

千早「でも私、水瀬さんの歌が大好きなのよ」

伊織「それは素直に嬉しいわね」

千早「特に『きゅんっ!ヴァンパイアガール』の『han』って言ってる水瀬さんはとってもキュートだもの」

伊織「形を変えて攻めてきた……!」

千早「七彩ボタンの腰をクネクネとさせているダンスも、水瀬さんから醸し出される幼いエロスが堪らないの」

伊織「誰か止めて……誰か……」

千早「そう言いつつ、嫌だと言えない水瀬さんの優しさがとっても可愛いわ」



4: ◆sIwGJs3.BM 2014/09/18(木) 05:27:44.80 ID:22clVdDZ0

千早「私と水瀬さんって、不器用って所が共通点だと思うの」

伊織「べ、別に私は不器用ってわけじゃないわよ」

千早「言いたいことを素直に言えないって共通点はあるわ」

伊織「アンタ、自覚はあるのね……私は別に素直に言えない事は無いけどね!」

千早「水瀬さん、可愛いわ」

伊織「ふぇっ!?」

千早「水瀬さんが私の事をどう思ってるか、知りたいわ」

伊織「い、言わなくても、分かる、でしょ? な、仲間だし……」

千早「水瀬さんの口から、言ってほしいの」

伊織「う……うぅ……あぅ……」

千早「顔を真っ赤にさせながら言葉を捜す水瀬さんがとっても可愛いわ」



5: ◆sIwGJs3.BM 2014/09/18(木) 05:31:31.36 ID:22clVdDZ0

伊織「………………」

千早「……そう、そうなのね」

伊織「な、なによ」

千早「仲間と言いつつ、私の事をなんとも思ってないって事なのね」

伊織「ちょ、どうしてそうなるのよ!」

千早「良いのよ水瀬さん。私と水瀬さんはあまり接点が無いもの。言葉を探すなという方が無理だわ」

伊織「あ……そ、その……」

千早「無理しなくていいの」

伊織「ああ……もう、分かったわよ! 言うわよ!!」



7: ◆sIwGJs3.BM 2014/09/18(木) 05:39:28.70 ID:22clVdDZ0


伊織「アンタの歌に対してストイックな所がカッコいいわよ!」

伊織「アンタが時々見せる笑顔がとっても魅力的よ!!」

伊織「不器用で時々似合わない事をして失敗するアンタが微笑ましいわよ!!!」

伊織「時々やよいを愛でるアンタが可笑しくて笑っちゃうけど愛らしいわよ!!!!」

伊織「こうしていきなりわけ分からない褒め方するけど正直嬉しいわよ!!!!!」

伊織「そんなアンタが大好きよ!! 何か文句ある!!??」

伊織「はぁ……はぁ……」

伊織「あ……」

伊織「うううぅ……っ」

千早「無我夢中で告白してしまって表情がリンゴの様に真っ赤になる水瀬さんがとっても可愛いわ」

伊織「馬鹿馬鹿、超馬鹿、変態、ド変態、Der変態っ!!!」

伊織「でも大好きよばかぁ!!!!」



9: ◆sIwGJs3.BM 2014/09/18(木) 05:44:32.10 ID:22clVdDZ0


千早「嬉しいわ、水瀬さん」

伊織「こ、この伊織ちゃんがここまで言ってあげたんだから、感謝しなさいっ!」

千早「クッションで顔を隠しながらも強がってみる水瀬さんがとっても可愛いわ」

伊織「……千早、罰ゲームを用意するわ」

千早「ええ。何かしら」

伊織「……時々、今日の十分の一でいいわ」

伊織「私の事をこうして可愛いって言いなさい」

伊織「……そしたら、許してあげないことも、ない、わよ?」

千早「私もう今の段階で水瀬さんに危ない感情を抱きそうなのだけれど」



10: ◆sIwGJs3.BM 2014/09/18(木) 05:45:56.48 ID:22clVdDZ0

千早「水瀬さん、とっても可愛い」

伊織「そう、その程度でいいの」

千早「水瀬さん、好きよ」

伊織「ふーんっ、当然じゃない。この世の誰も彼もが、伊織ちゃんの魅力にメロメロなんだからね!」

千早「それを、独り占めしたら、ダメかしら」

伊織「……え?」

千早「ねぇ、水瀬さん」

伊織「……」


伊織「た、たまに独り占めする位なら……」

伊織「許してあげないことも、無いわ」

おわり



11: ◆sIwGJs3.BM 2014/09/18(木) 05:47:28.14 ID:22clVdDZ0

これだけですみません。
ただ単に伊織×千早が見たかった、書きたかっただけなんです。

トイレから戻ったらhtml申請出してきます。



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/18(木) 06:00:50.56 ID:/KeKSyXT0


凄く良かった



17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/18(木) 08:42:53.93 ID:XiGwCwH00

おつー
ああもう、いおりんかわいいなぁ!













http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1410985167/