1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 22:33:23.70 ID:BmSQNGz2o

姫神「この。お話は」

姫神「寒いネタが。九割以上で」

姫神「キャラ崩壊。設定無視」

姫神「都合の良い改変等を。多量に含んでいる」

姫神「知り合いではない人達が。知り合いだったり」

姫神「知ってるはずの人が。知らなかったり」

姫神「そういうのが。嫌いな人は」

姫神「読むことを。お勧めしない」

姫神「作者は原作未読であることも。伝えておく」



2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 22:35:22.55 ID:BmSQNGz2o

姫神「この。番組は」

姫神「いつやるの。いまでしょ。レベル0からの能力開発。三沢塾」

姫神「いつもあなたの隣に。必要悪の教会」

姫神「いつでも冷え冷え。垣根印の冷蔵庫」

姫神「春の限定メニューでお出迎え。ファミリーレストランJoseph's」

姫神「の提供で。お送りいたします」

姫神「……もしかしなくても。私の出番はこれでお終い?」

姫神「不幸。だ」クスン




3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 22:38:40.37 ID:BmSQNGz2o

デンワダヨッテミサカハミサカハアナタニツタエテミル デンワダヨッテミサカハミサカハアナタニツタエテミル

一方通行「あァン? あンのクソガキィ、まァた人の携帯勝手にいじりやがってェ」ピッ

一方通行「もしもしィ?」

???『もしもし? 私、風紀委員ですの。今駅にいますの』プツッ、ツーツー

一方通行「あァ? 誰に電話してンだ? オマエ……切れてやがる」

一方通行「登録してねェ番号にかける前はァ!」

一方通行「通話ボタンを押す前にもっぺン確認しろってンですよォ!」プンスコ

一方通行「……着信音、戻さねェとな」ピッピッ

一方通行「打ち止めァァァ! 暗証番号勝手に変えてンじゃねェェェェ!」

一方通行「あンのクソガキィ、調整から帰ったらおしおきだァ!」





4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 22:42:30.52 ID:BmSQNGz2o

デンワダヨッテミサカハミサカハアナタニツタエテミル デンワダヨッテミサカハミサカハアナタニツタエテミル

一方通行「まァたですかァ?」ピッ

一方通行「この番号はァ、現在オマエのためには使われておりませェン」

一方通行「発信音の後にメッセージ残しやがったら愉快なオブジェに変えますゥ」

???『もしもし? 私、風紀委員ですの。今公園にいますの』プツッ、ツーツー

一方通行「人の話はきちンと聞けって習いませンでしたかァ!?」

一方通行「なァンなンですかァ! 質の悪ィ悪戯しやがってェ!」

一方通行「ったく、オマエがどこにいようが俺の知ったことじゃねェンですよォ!」プンスコ




5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 22:46:19.20 ID:BmSQNGz2o

デンワダヨッテミサカハミサカハアナタニツタエテミル デンワダヨッテミサカハミサカハアナタニツタエテミル

一方通行「……」イラッ

デンワダヨッテミサカハミサカハアナタニツタエテミル デンワダヨッテミサカハミサカハアナタニツタエテミル

一方通行「……」ケイタイ、ポイッ

デンワダヨッテミサカハミサカハアナタニツタエテミル デンワダヨッテミサカハミサカハアナタニツタエテミル

一方通行「……」アー、イイテンキダナー

デンワダヨッテミサカハミサカハアナタニツタエテミル デンワダヨッテミサカハミサカハアナタニツタエテミル

一方通行「……」ノビー

デンワダヨッテミサカハミサカハアナタニツタエテミル デンワダヨッテミサカハミサカハアナタニツタエテミル

一方通行「……」コーヒーウメェ



7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 22:48:10.85 ID:BmSQNGz2o



デンワダヨッテミサカハミサカハアナタニツタエテミル デンワダヨッテミサカハミサカハアナタニツタエテミル

一方通行「いい加減諦めろよォ!」ピッ

???『もしもし? 私、風紀委員ですの。今角のコンビニにいますの』プツッ、ツーツー

一方通行「コンビニにいンならァ、コーヒー買って来てくれませンかねェ?」ツーツー

一方通行「最近の悪戯電話ってェのはこンなにしつこいンですかァ?」

一方通行「……待て。なンか変じゃねェか?」

一方通行「最初の電話が駅。次が公園。でェ、今のが角のコンビニ」チズトリダシ

一方通行「移動速度、早すぎだろォ」チズニマーク

一方通行「オマエは座標移動かってンですよォ」

一方通行「……つゥかよォ」

一方通行「確実に近づいてンじゃねェかァァ!」

一方通行「べ、別にィ? び、び、び、びびってなンかねェしィ?」ガクブル





8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 22:50:18.85 ID:BmSQNGz2o



冷蔵庫「」ブーン

一方通行「」ビクゥッ!

一方通行「……くかっ! くかかきこくけ!」ゴスッゴスッ

一方通行「いっきなり音出すとかなァに考えてやがンですかァ!」ドカッバキッ

一方通行「だいたい前からオマエはむかついてたンだよォ!」ゴキャッメキョッ

一方通行「今にも未元物質出しそォでよォ!」ベコッベコッ

冷蔵庫「」イイガカリデスタイ





9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 22:52:30.83 ID:BmSQNGz2o



一方通行「チッ、動いたら喉渇いちまった。さァて缶コーヒーでも……」

冷蔵庫「」チーン

一方通行「」アッレー、オッカシーナー

冷蔵庫「」オレノセイジャナイニャー

一方通行「めンどくせェが買いに行くかァ?」

冷蔵庫「」ナンカワスレテルゼヨ

一方通行「なァンかさっきから冷蔵庫が喋ってるような気がすンだよなァ」

一方通行「しかもどことなく知ってる奴に似てンだよなァ!?」

冷蔵庫「」キノセイダニャー





10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 22:55:58.75 ID:BmSQNGz2o



デンワダヨッテミサカハミサカハアナタニツタエテミル デンワダヨッテミサカハミサカハアナタニツタエテミル

一方通行「」ビクゥッ!

冷蔵庫「」ナッテルゼヨ

一方通行「さっきと同じ番号じゃねェか」ピッ

一方通行「……もしもしィ?」

???『もしもし? 私、風紀委員ですの。今あなたのマンションの前にいますの』プツッ、ツーツー

一方通行「マンションの前だァ!?」

一方通行「」ソーットマドカラソトヲ

一方通行「誰もいねェじゃねェか。びびらせンじゃねェ」




12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 22:57:57.88 ID:BmSQNGz2o



冷蔵庫「」ビビッテタノカニャーwww

一方通行「び、びびってねェし? あるわけねェだろォ、科学の街でンなオカルトじみた話がよォ」オバケナンテナーイサー

冷蔵庫「」ビビッテタンダニャーwwwwwww

一方通行「」イラッ

冷蔵庫「」オクチチャック

一方通行「つゥかよォ、どンな嫌がらせだよ? これ」

デンワダヨッテミサカハミサカハアナタニツタエテミル デンワダヨッテミサカハミサカハアナタニツタエテミル

一方通行「いーィ加減にしてくれませンかァ? マジで探し出して血流操作……」

???『もしもし? 私、風紀委員ですの。今あなたの部屋の前にいますの』プツッ、ツーツー




15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:10:10.43 ID:BmSQNGz2o

>>14
うン、続けるゥ


一方通行「ちょっ、おォォォォい! なァにやってやがンですかァァァァ!!」

一方通行「鍵は……よし、かかってンな!」

一方通行「おっとォ! チェーン、チェーン、とォ!」ガチャガチャ

一方通行「これで完璧だァァ! 入ってこれるもンなら入ってみやがれってンだ!」フー

一方通行「ちょうどいいぜェ! ドアの向こうの間抜け面ァ拝んでやるよォ!」ドアスコープノゾキ

一方通行「あァン? ンだよ、誰もいねェじゃねェかよ。ったく、くっだらねェ悪戯しやがって」

デンワダヨッテミサカハミサカハアナタニツタエテミル デンワダヨッテミサカハミサカハアナタニツタエテミル

一方通行「いィ加減オマエのくだらねェ悪戯につきあってらンねェんだけどよォ!」ピッ

???『もしもし? 私、風紀委員ですの。今……』

一方通行「そこら辺にしとけよォ! 相手が悪すぎだァ! オマエ見つけだして……」




16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:11:49.83 ID:BmSQNGz2o






???「今、あなたの後ろにいますの」






一方通行「ぎィィやあァァああァあァァァ!!」




18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:13:30.47 ID:BmSQNGz2o



一方通行「でェ? 風紀委員の白黒テレビさンは人ン家に空間転移で入るよォに教えられてンですかァ?」

白井「ドアに鍵がかけられておりましたもので。仕方なくですの」

白井「って、白黒テレビではありませんの! し・ら・い・く・ろ・こ、ですの!」

一方通行「つゥかよ、オマエ地デジ見れてンですかァ?」

白井「見れてますの……なぜ見れないとお思いですの?」

一方通行「どうせオマエの部屋のテレビも白黒なンだろォ?」

白井「違いますの! 家のテレビは目の付け所が鋭いんですの!」

一方通行「世界のタートルマウンテンモデルでェす、ってやかましィわ!」

白井「いえ、家にあるのはタートルマウンテンモデルではありませんの」

一方通行「あァ、そォなンですかァ」ダラーン

白井「自分から振っておいて! 何ですの! その興味のなさは!」





19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:14:35.59 ID:BmSQNGz2o



一方通行「いや、白黒テレビとか興味ないンでェ」

白井「ですから! 白黒ではありませんの!」

一方通行「ついでにオマエにも興味ありませェン」ユカニコロガリッ

白井「床に寝転がっては服が汚れますの」ハァ

一方通行「オマエ……」

白井「? 何ですの?」

一方通行「パンツは白でも黒でもねェンだな」

白井「////」バッ



20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:16:04.91 ID:BmSQNGz2o



一方通行「まァ、オマエのパンツに興味はねェンですけどォ」

白井「なんですの! なんなんですの!」プンスコ

一方通行「なァンか、微妙にセリフ盗られたよォな気ィすンですけどォ?」オキアガリッ

白井「気のせいですの! あぁ、もう! 話が全然進みませんの!」

一方通行「紫さン、お帰りはあちらですゥ」

白井「今来たばかりですの! まだ用が済んでませんの! ……って、紫さんって何ですの?」

一方通行「オマエのパンツの色だろうがァ」

白井「……これ、セクハラで訴えてもいいですの?」

一方通行「むしろあンなもン見せられたこっちが訴えてェンですけどォ?」

白井「おかしいですの! ここは訴訟大国ではありませんの!」ムキー




21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:17:37.73 ID:BmSQNGz2o



一方通行「んでェ? オマエは何しに来やがったンですかァ?」

白井「そうですの。こんなことをしている場合ではありませんの」カバンアサリ

一方通行「鳩でも出すンですかァ?」

白井「鳩を出すのはシルクハットですの!」

一方通行「芸名はァ『からくりツインテ』でェす」

白井「う・そ・で~す、ってやかましいですの!」

一方通行「ンだよ、『マギー白黒』の方が良かったかァ?」

白井「学園都市にJoseph'sってファミレスあるの知ってる? そこに週五回通う、常連の御坂って人知ってる?」

白井「その人が大好きなマジック、今からやるから」



22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:19:11.11 ID:BmSQNGz2o



一方通行「そっちかよォ! 耳でっかくすンじゃねェのかよォ!」

白井「マギーと言ったらこっちに決まってますの!」

一方通行「つゥかオマエ茨城弁うめェじゃねェか」

白井「当たり前ですの! マギーをリスペクトする者はあの喋りができなくてはいけませんの!」フンス

一方通行「ンなこたァど~ォでもいィンですけどォ~」

白井「さっきからなんなんですの!」ムキー

一方通行「ンでェ? そのからくりオセロだかマギーツインテだかは、なァにしに来やがったンですかァ?」

白井「もう突っ込む気もしませんの……これですの」



23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:24:01.59 ID:BmSQNGz2o



一方通行「あァン? なンだこりゃァ? 調査指令ィ?」

白井「そうですの。統括理事会から直接のオーダーですの」

一方通行「ンだ、そりゃァ?」

白井「内容は指定された三人の人物を伴って、とあることを調査せよ、とのことですの」

一方通行「その指定された人物ってのは……」

白井「第一位様、類じ……上条当麻さん、それと浜面仕上さんですの」

一方通行「冗談じゃねェですゥ。全力でお断りしますンでェ、お帰りくださァい」

一方通行「それによォ、三下の奴ァ補習で暇がねェとかほざいてやがったぞ?」



24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:25:21.08 ID:BmSQNGz2o



白井「それでしたら問題ありませんの」

一方通行「あァ?」

白井「この調査にご協力いただける場合、第一位様には統括理事会から謝礼」

白井「類じ……上条さんは補習免除と単位の保証」

白井「浜面さんには……バニースーツ? なんですの? これ?」

白井「オホン! とにかく! 皆様にもメリットのあるお話ですの」

一方通行「謝礼はいィンだがよォ、ガキの小遣い程度だったらお断りなンですけどォ?」




25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:26:15.43 ID:BmSQNGz2o



白井「これ位と聞いてますの」デンタクトリダシ

一方通行「」エ、マジデ?

白井「」マジデスノ

一方通行「」ソンナモラッチャッテイイノ?

白井「」デスノ

一方通行「やるゥ」

白井「助かりますの。それでは早速他のお二方の所に……」

一方通行「ちょっと待てェ。誰かを訪ねる前には連絡しなさいって習いませンでしたかァ?」ニタァ

白井「ですの」ニヤリ



26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:27:46.62 ID:BmSQNGz2o



一方通行「三下には俺が電話する。オマエは浜面に電話しろォ」ピッピッ

白井「了解しましたの」ピッピッ

冷蔵庫「」フタリトモタノシミスギダニャー

一方通行「もしもしィ? 俺俺ェ、俺だけど」

一方通行「今から事故起こすンでェ、示談金二億円振り込ンでくれませンかァ?」

上条『え? え? 一体何を言ってるんでせうか? おい、一方……』ツーツー

白井「詐欺はダメですの! 捕まりますの!」

一方通行「おらァ! 集合場所はどこにすンですかァ?」

白井「自由すぎますの、この方……とりあえずJoseph'sでいかがでしょう?」

一方通行「春の限定メニューでお出迎えってかァ? 三下は俺が責任持って連れてきてやるよォ」

白井「お願いいたしますの。では私は浜面さんを」

冷蔵庫「」キヲツケテイッテクルンダニャー



27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:30:28.34 ID:BmSQNGz2o



ファミレスJoseph's


上条「今日も上条さんは補習があるんですが」

一方通行「安心しろォ、そいつは解決済みだァ」キョロキョロ

上条「本当に留年しそうなんだよ!」

一方通行「だァから問題ねェっつってんだろォ」オ、イタイタ

一方通行「おゥ、待たせたな」

白井「私達もさっき着いたところですの」

浜面「あれ? 大将に一方通行じゃねえか? 何? お前らもなんかやって風紀委員に捕まったの?」

一方通行「なァンで俺が捕まンなきゃなンねェンですかァ?」

上条「いや、上条さんは補習……」

白井「お二人とも席にお座りになられては?」




28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:31:10.72 ID:BmSQNGz2o



一方通行「あァ……浜面、俺コーヒー。三下ァ、オマエはなンにすンだ?」

上条「いや、上条さんは……」

白井「私は紅茶をお願いしますの」

浜面「あれ? なにこの普段と変わらない感覚?」

一方通行「安心しろォ、三下ァ。オマエの分は全部出してやるゥ」

上条「マジですか!?」

一方通行「おォ」



29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:33:41.25 ID:BmSQNGz2o



浜面「一方通行さん、ゴチになります!」

白井「では遠慮なく」

一方通行「だァれがオマエらにまで奢るっつったよォ!」

浜面「意外と」

白井「ケチくさいですの」

一方通行「あァン!?」

浜面「まあいいや。で? 大将は何にする?」



30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:35:04.38 ID:BmSQNGz2o



上条「いや、一人じゃ大変だろ? 上条さんも行きますのことよ」

浜面「大将……」ジーン

一方通行「そいつはドリンクバーと席の往復が人生で唯一の楽しみで取り柄なンだから取り上げンじゃねェって」

浜面「俺の扱い酷くねえ? ねえ?」

一方通行「だいたいいつも通りだろォが」

浜面「いや、まあ、そうなんだけどさ……何だろう? メンバーが違うのにいつもとまるで変わらないこの感覚」

上条「ま、まぁまぁ、とりあえず、ドリンク取りに行こうぜ」



31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:36:31.18 ID:BmSQNGz2o



一方通行「……ンでェ? そっちはどうだったよォ?」

白井「最悪でしたの」ハァ

一方通行「あァ?」

白井「私が浜面さんを確保しに来たものと勘違いされまして……」

白井「あやうく、白井/黒子になるところでしたの」ガクブル

一方通行「あァ、そいつは、なンて言うか……」

一方通行「残念でしたねェ」



32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:37:37.79 ID:BmSQNGz2o



白井「どうして! 残! 念! ですの!!」ムキー

一方通行「いや、オマエが白井と黒子に別れりゃ、もう名前でいじられねェかなって」

白井「おかしいですの! それ以前に! 死んでしまいますの!」

一方通行「あァ、そォですねェ」

白井「とことんどうでもいいんですのね」ハァ

一方通行「そォですね」

白井「い○ともっぽく言ってもだめですの!」



33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:38:39.94 ID:BmSQNGz2o



一方通行「つゥかよォ」

白井「何ですの?」

一方通行「調査する『とあること』ってのァなンなンだ?」

白井「それにつきましては、あのお二人が戻ってから……」

上条「うぅ、相変わらず不幸だ」ショボーン

一方通行「なァンかあったンですかァ?」

浜面「いや、それがな、大将がボタン押した黒い炭酸飲料、何故か炭酸が抜けてんだよ」

上条「どうせ上条さんにはただの黒くて甘い水がお似合いなんですよ」



34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:39:57.02 ID:BmSQNGz2o



白井「どこまでついておりませんの?」

一方通行「いやそれ、別のに変えりゃァいいンじゃねェの?」

浜面「そう思って別のにさせてみたら、液体が出ないで空気だけ出るとか」

白井「ふむふむ」

浜面「出てくるところ間違えて手にかけちまうとか」

一方通行「そりゃもう不幸とかじゃなくてただの馬鹿だろォ」

浜面「悪戯してると勘違いされて店員さんから睨まれて」



35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:40:46.33 ID:BmSQNGz2o



上条「結局炭酸抜きの炭酸飲料に落ち着いたんですのことよ」

一方通行「もうオマエは水だけ飲ンでろよ」ズイッ

白井「よろしければ私のも差し上げますの」ズイッ

浜面「俺のも」ズイッ

上条「だー! そんな優しさはいらねー! ってか優しさじゃないよなそれ!?」

浜面「ほら、コーヒー。で、白井が紅茶だったよな」

一方通行「おォ」

白井「ありがとうございますの」



36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:42:48.35 ID:BmSQNGz2o



上条「上条さんの前に水を四つ並べて何事もなかったかのように進めないでください」

一方通行「四つじゃねェだろ」

白井「五つですの」

浜面「一つは黒いけどな」

上条「あぁ、もう!」

白浜通行「「「不幸だー」」」

上条「……謝りますンでェ、上条さンのセリフを盗らないであげてくださァい」




37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:43:49.64 ID:BmSQNGz2o



一方通行「人の口調マネしてンじゃねェ!」

上条「いや、なァンかできるかなァって思ってェ」

浜面「おォ、意外とできるもンだなァ」

白井「コツさえつかめば、割とかンたンですの」

一方通行「オマエらァ、いい加減にしとかねェと血流操作すンぞォ!?」

上条「申し訳ありませんの」フカブカ

浜面「反省してますの」フカブカ

一方通行「わかればいいンですの!」フンス

白井「今度は私ですの!?」



38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:44:50.28 ID:BmSQNGz2o



一方通行「でェ? このクソ忙しィ中わざわざ集めてなァに調べてェンですかァ?」

白井「最近学園都市内で流れている噂についての調査ですの」

一方通行「はァ? ンなくだらねェことにつきあわされンのかよォ」

上条「本当にそれだけで上条さんの補習は免除されるんでせうか?」

白井「統括理事会からのオーダーですので、そこは問題ありませんの」

浜面「何で俺のご褒美はバニーなんだ……しかも服だけ」

白井「私に聞かないで欲しいですの」

一方通行「サイズ違いが三着ってオマエどンだけバニー好きなンですかァ?」

浜面「三着!?」



39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:45:58.74 ID:BmSQNGz2o



一方通行「あいつら全員に着せンならそンだけいるだろォ」

上条「爆発しろ」

一方通行「もげろォ」

白井「死ねばいいですの。氏ねではなく死ねですの」

浜面「うぉぉい! そんなことしたらマジで死んじまう!」

一方通行「まァ原子崩しに、ンなもン着せようとしたら」

上条「浜面/仕上 の」

白井「できあがりですの」

浜面「なぁ大将、一緒に来てくれねぇか?」

上条「上条さんに女装の趣味はありませんのことよ?」

浜面「違えよ! 着てくれじゃねえよ! 麦野の能力を押さえて欲しいんだよ!」




40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:47:32.39 ID:BmSQNGz2o



上条「上条さんには何の得もありません」オコトワリ

浜面「いやいや! よく考えてみろって!」

浜面「麦野、絹旗、た……あの二人のバニー姿が見れるんだぞ!」

一方通行「滝壺外しやがったァ」

白井「一瞬勢いで入れかけましたの」

浜面「滝壺は……ダメだ」

上条「そんなはまづらは、応援できない」

浜面「おぉい! りこうみたいに喋って欲しくないんだよ!」

上条「おま! そこに触れちゃ……はーまづらぁ! ブ・チ・コ・ロ・シ・確定だにゃーん?」

一方通行「はいはィ、二人とも気持ち悪ィじゃン? 今すぐやめるじゃン?」

白井「一方通行が超気持ち悪いです」

上浜通行「「「絹旗はそんな声じゃねえ」」」




41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:49:06.36 ID:BmSQNGz2o



白井「はぁ、皆様あまりにも自由すぎですの。話が全然進みませんの」

一方通行「むしゃくしゃしてやったァ」

上浜「「後悔はしていない」」

白井「なんですの! 先程からその息の合いようは!」

一方通行「いや、なァ?」ネー

上条「うん」ネー

浜面「まぁなぁ」ネー

白井「なんだか私だけ仲間外れにされた気分ですの」

一方通行「それでェ? その噂ってェのはどンなンだよ?」

白井「ようやく、ようやく話が進みますの」エグッエグッ




42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:50:03.08 ID:BmSQNGz2o



白井「いわゆる怪談ですとか都市伝説と呼ばれる類の話ですの」

上条「おいおい」

浜面「いくらなんでも」

一方通行「統括理事会ってなァ馬鹿の集まりなンですかァ!」

白井「私も最初この指令書を見たときには自分の目を疑いましたの」

一方通行「そンなに季節外れの怪談が聞きたきゃ、稲川ジェーンでも呼べってンですよォ!」プンスコ

上条「それはともかく、この科学の街でそんなオカルト、どうなんだ?」

白井「私もそう思いますの」



43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:51:03.43 ID:BmSQNGz2o



白井「ですが、以前はただの噂話だけでしたが、最近では目撃証言が風紀委員にまでよせられる始末ですの」

浜面「目撃証言?」

白井「やれ、車がぶつかった少女が傷一つ負わずに歩き去っただの」

白井「しかも車は全損だそうで、『超気をつけてください』と言い残して去ったそうですの」

浜面「……」

白井「他には、食べ放題の店で全ての食材を食べ尽くす修道女の姿をした悪魔が現れただの」

上条「……」

白井「あぁ、こんなのもありましたの。アホ毛のある幼女を拐かす白い人、なんてのも」

一方通行「オマエ、それ全部わかってて言ってンだろ?」




44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:51:46.13 ID:BmSQNGz2o



白井「まぁ、その三件につきましては私がうまいこと報告書を改竄しておきましたの」

浜面「白井様、紅茶のおかわりはいかがでございましょう?」

上条「白井様、肩はこっておりませんか?」

白井「どちらも結構ですの」

一方通行「ンでェ? 風紀委員によせられる苦情を代行業者で処理させようってかァ?」

白井「なんですの! その電話代行業みたいなのは!」

上条「企業のお客様相談センターってそういうの多いらしいな」

浜面「え? マジで?」



45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:52:30.09 ID:BmSQNGz2o



一方通行「不祥事起こした会社の苦情受付もそンなもンだァ」

浜面「何だよ! 反省してねえじゃねえか!」

上条「実際に電話を受けて謝るのはその会社とはまるで関係のない人達なんですのことよ」

浜面「えぇ~、じゃあ俺の怒りはどこに行くんだよ?」

一方通行「どこにも行かねェンだよ。ほンとに伝えてェ相手には絶対ェ届かねェ」

浜面「大将、そんな幻想ぶち殺してくれよ!」

上条「上条さんにもこの幻想は殺せないんですよ」トオイメ

白井「あの……話を続けてもよろしいですの?」



46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:53:12.19 ID:BmSQNGz2o



白井「以前からそういった通報が多く、最近では風紀委員でも処理しきれなくなっておりましたの」

一方通行「ンでェ、どォいう訳かァ統括理事会が俺達を名指しで調査しろ、とォ」

白井「ですの」

上条「ま、まあ、さっきのみたいな話ばっかりなら楽勝だろ?」

白井「そうもいきませんの」

浜面「な、なんだよ? 本格的にやばそうな話になるのか?」ゴクリ

白井「私も中身はまだ知りませんの」



47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:53:53.05 ID:BmSQNGz2o



一方通行「はァ? じゃァなァにが問題なンですかァ?」

白井「これですの」ドッサリ

上浜通行「「「」」」(Д)゜゜

一方通行「電話帳ぐれェあンじゃねェ?」ナニコレ、コワイ

上条「はは、不幸だ」

浜面「これを全部俺達だけで調べるのか?」

白井「そうではございませんの」

一方通行「あン?」



48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:55:11.67 ID:BmSQNGz2o



白井「さすがにこれを全部調べるのは無理がありますの」

一方通行「まァそォだろォなァ」

上条「どう考えても一日やそこらで終わる量じゃありませんのことよ」

白井「つい、明日やろう、明日やろうと先延ばしにしてしまいそうな量ですの」ハァ

一方通行「ンなこと言ってたら終わるもンも終わらねェぞ」

浜面「じゃあいつやるの」

上通「「今でしょ」」

白井「……そこで、この中からインパクトの強そうなものを適当に選び出しますの」

上浜通行「「「」」」ムシデスカー

白井「調べたものをサンプルケースとして、他はそれらのケースと同様、とでも報告しますの」




49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:56:07.22 ID:BmSQNGz2o



一方通行「そンなンでいいンですかァ?」

白井「では第一位様はこれを全部調べたいんですの?」

書類の山「」ハーイ

一方通行「ハッ、おっ断りですゥ」

浜面「よし! じゃあちゃっちゃとやっちまおうぜ」

上条「それぞれ適当に取り出して、気になるのがあったらみんなに聞いてみるってやり方でどうだ?」シ、ゴマイトリッ

一方通行「あァ、いいンじゃねェか?」ニ、サンマイトリッ

浜面「おう、そうしようぜ」イチマイトリッ

白井「第一位様と浜面さんからまるでやる気が感じられませんの」トッタカミモドス

上浜通行「「「いや、お前が言うな」」」




50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:56:46.92 ID:BmSQNGz2o



浜面「なぁ、これなんてどうだ?」

一方通行「あァ? あまりの面白さに呼吸困難になるよォなもン見つけたンかよ?」

白井「別に面白いかどうかは問題ではありませんの!」

上条「何見つけたんだ?」

浜面「恐怖、花女!」

白井「何となくですが」

上条「先が読めそうな」

一方通行「どンな話なンだよ?」



51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:57:37.43 ID:BmSQNGz2o



浜面「ん~、少女の頭に寄生する花の妖怪だとよ」

浜面「んで、寄生された女の子は頭の花に少しづつ命を吸われて……」

上条「なんかありがちな話だな」

浜面「宿主が死んだら別の宿主に寄生するとかいうオチなんじゃね?」カミポイッ

一方通行「なァ」

白井「何ですの?」

一方通行「それって、アレじゃねェ?」

初春「」サテンサーン



52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:58:18.03 ID:BmSQNGz2o



白井「あれは違いますの。初春は正真正銘、あの花が本体ですの」

一方通行「はァ? いや、だからアレだろォが?」

白井「……」

白井「初春、妖怪でしたのね」ハァ

上条「いやいやいや、白井、お前面倒臭くなっただけだろ!」

白井「何がですの?」キョトン

浜面「あ、ごめん、違った」

一方通行「なァにがですかァ?」




53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:59:14.36 ID:BmSQNGz2o



浜面「花女は宿主から養分は吸い上げるけど殺しはしないらしい」メモミナオシ

一方通行「ン、まァ害のねェ妖怪ならほっといてもいいンじゃねェか?」

上条「えーと、ここはのったほうがいいんでせうか?」ヒソヒソ

白井「流れに逆らう方が無駄な労力を使いますの」ヒソヒソ

上条「じゃ、じゃあ! 初春さんが妖怪だったってことで!」

一方通行「はァ? なァに言ってやがンですかァ!? ただの頭に花飾り付けた中学生ってだけだろォがァ!」プンスコ

上条「」エー

白井「」ココデソウキマスノ

浜面「」サスガニツイテイケン




54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/06(土) 23:59:54.88 ID:BmSQNGz2o



一方通行「ったくよォ、まじめにやれよォ、三下ァ」

上条「へ? あの、すみま……せん?」

一方通行「妖怪なンざ、いるわけねェだろォがァ! オマエは脳内がお花畑なンですかァ!?」

上条「あの、泣いてもいいでせうか?」

浜面「うん、いいと思う」

白井「ハンカチ、お貸ししますの」

一方通行「おらァ、さっさと次調べますよォ!」




55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:00:38.41 ID:Kiw/CTfTo



上条「なかなか、これってのがないなぁ」ペラッ

一方通行「脱ぎ女、つっまンねェ……どンな能力もきかない能力を持つ男ォ?」ペラッ

白井「それ間違いなく上条さんですの」ペラッ

浜面「あぁ、大将のことか」ペラッ

一方通行「あァ、ンだよ、つっまンねェ」ペラッ

上条「え? あれ? 調べようともしないの?」

白井「無駄な労力ですの」ペラッ

一方通行「オマエは答えの分かってる問題解いてェ、なァンか楽しいンですかァ?」ペラッ




56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:01:49.77 ID:Kiw/CTfTo



浜面「これとかどうよ? 怪奇! レベル5を余裕で倒すレベル0の女!」

一方通行「オマエはどンだけ三下が好きなンですかァ!?」

上条「いや、上条さんは男の子ですよ?」

上条「それに上条さんの場合、余裕で倒したことなんて一度もないんですよ」トオイメ

一方通行「あァ?……あァ、そォいやそォか」ナンカゴメン

浜面「何でも、第三位でさえ瞬殺されるような化け物らしいぜ?」

上条「はぁ!? あのビリビリがか!?」

一方通行「あいつ意外と弱ェからなァ」

白井「まるでうちの鬼、いえ、プレデター……いえ、あの寮監でしたらプレデターも瞬殺ですの」

上浜通行「「「」」」アワワワワワワ



57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:03:04.10 ID:Kiw/CTfTo



白井「第一位様までそのように怖がらせるとは……常盤台の最終兵器、行き遅れの狂戦士、さすがですの」ゴクリ

???「」シノービヨルフフフフフーン

白井「」ダラダラ

???「」カゼガフフフフーン

白井「」ダラダラ

寮監「」ムンバッ!

白井「」アベシッ

寮監「」ペーイ

上浜「「白井ー!」」一方通行「白黒ォー!」




58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:04:04.05 ID:Kiw/CTfTo



一方通行「寮監さン、ちィーっす」フカブカ

上条「寮監様は本日もいつもと変わらず大変お綺麗で」フカブカ

浜面「犬でございます」フカブカ

寮監「食事に来てみれば、会うのは貴様らか」ツメタイメ

浜面「生きててごめんなさい」フカブカ

一方通行「うちの浜面がァご迷惑をおかけしましたァ」フカブカ

上条「上条さんは『とある女子寮の美人寮監』を何故やらないのかと、毎日TV局にハガキを出していますのことよ」フカブカ

寮監「……まぁいい。あまり周囲に迷惑をかけるなよ?」



59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:05:01.13 ID:Kiw/CTfTo



浜面「もちろんでございます」フカブカ

一方通行「浜面には後できちンとヤキ入れときますゥ」フカブカ

上条「寮監様だけで全二十六話作る自信が上条さんにはありますのことよ!」フカブカ

寮監「こいつは大丈夫なのか?」

一方通行「気にしないでくださァい、そいつ病気なンでェ」フカブカ

寮監「……そうか」

上条「どう考えても、とあるシリーズの中で寮監様がダントツだろうが! 何故もっとスポットを当てない!」フカブカ

寮監「本当に大丈夫か?」



60: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:05:56.76 ID:Kiw/CTfTo



一方通行「ふゥー。行ったかァ」ハー

浜面「生きた心地がしなかったぜ」ハー

上条「なんだか上条さんではない誰かが上条さんに乗り移っていた気がするんですが」ハー

一方通行「気のせいだァ、あンま深く考えンな」

浜面「なぁ」

一方通行「ンだよ?」

浜面「あれ、大丈夫なのか?」

上通「「え?」」

白井「」チーン



61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:13:18.50 ID:Kiw/CTfTo



一方通行「あァ、お湯かけりゃァ三分で元に戻るンじゃねェ?」

白井「戻りませんの! カップ麺ではありませんの!」

上条「そうだぞ、一方通行」

白井「類じ……上条さん」

上条「二分半でお湯は捨てないと」キリッ

白井「カップ焼きそばでもありませんの!!」ムキー

浜面「え? 大将、カップ焼きそば三分待たない方?」




62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:14:02.71 ID:Kiw/CTfTo



上条「上条さんは二分半で捨てますのことよ?」

浜面「うわ、まじか……俺きっちり三分待つわ」ウワー

白井「だからなんですの! 私の心配は? どうなってますの!」

一方通行「無事だったからいいじゃねェか」ウワコイツメンドクセエ

白井「露骨に面倒臭そうな顔するなですの!」ムッキー

上条「ところで上条さんは一つ気になったことがあるんですが」

浜面「なんだ?」



63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:14:48.61 ID:Kiw/CTfTo



上条「一方通行って学園都市最強だよな?」

一方通行「今更なァに言ってやがンですかァ?」アッタリマエダッテノ

上条「お前、寮監様に勝てんの?」

一方通行「」ンー

一方通行「無理ィ。絶対ェ無理ィ」ガクブル

浜面「いや、おい! だめだろ! それじゃ!」

一方通行「考えてもみろよォ、あの寮監だぞォ?」カオマッサオ



64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:15:36.99 ID:Kiw/CTfTo



一方通行「俺がプラズマ作ってン間に、コキッてやられて終わンぞ? 絶対ェ」

上条「いやいやいや、お前反射は!?」

一方通行「なァンかきかねェ気がすンだよなァ」

上白浜「「「」」」エー

一方通行「つゥかよォ、最強の称号を寮監に渡そうかと思っててよォ」

浜面「やばいな、一方通行が全てに自信をなくした男の顔になってやがる」

白井「まずいですの、あ、あの行きお……」キョロキョロ

白井「あの行き遅れが最強などと! 決して許されませんの!」



65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:16:22.92 ID:Kiw/CTfTo



上条「いいぜ、お前が最強じゃないなんて幻想……」

一方通行「あァ、今回そーゆゥのいらないンでェ」ソゲブオコトワリ

上条「」エー

白井「ま、まぁ、レベル5を余裕で倒すレベル0の女は常盤台の寮監でした、ということで」

浜面「というかよく考えりゃ他に見あたらねえだろ」

一方通行「よーォし、ンじゃ次だ次ィ」

上条「もう立ち直ってやがる」



66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:17:07.73 ID:Kiw/CTfTo



一方通行「腹がよじれるくれェ面白そォなもン、見つかりましたかァ?」ペラッ

浜面「ねえな」ペラッ

上条「ないな」ペラッ

一方通行「まじめに探してンですかァ!?」ダラーン

上条「いやお前に」

浜面「言われたくねえ」

白井「これなどいかがでしょう?」

一方通行「よォーし、俺を笑い死にさせろォ! だめならオマエが死ねェ!」

白井「何故ですの!」



67: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:18:16.04 ID:Kiw/CTfTo



一方通行「消える女、だァ?」

白井「確かにそこにいたはずなのに、気づいたら影も形もなくなってますの」

一方通行「そりゃ、オマエか結標なンじゃねェンですかァ?」アーツマンネ

浜面「空間移動系の能力者ってオチか」

一方通行「よし! つまンねェ! オマエ死ねェ!」ズビシッ

白井「だから何故ですの! お断りですの!」

上条「あのー、もしかしたらそれ上条さんの知り合いかもしれませんのことよ」

一方通行「オマエの知り合いには自分の姿を消せるような能力持った奴がいるンですかァ?」




68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:18:54.82 ID:Kiw/CTfTo



上条「あー、ちょっと違うんだけど」

一方通行「なンだよ、はっきりしねェな?」

上条「ま、そんな感じでいいや」

浜面「誰なんだ? 俺の知ってる奴?」

上条「いや。あぁ、でも白井は知ってるんじゃないか? 禁書目録の友達で風斬っていうんだけど」

白井「いつぞや地下街でお会いした方ですのね? ですが外見的特徴があの方とは異なりますの」

上条「え?」



69: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:20:04.44 ID:Kiw/CTfTo



白井「消える女は、黒髪ロングに巫女服ですの」

上条「姫神ぃぃぃぃぃぃ!!」

姫神「呼んだ?」

上白浜通行「「「「!!」」」」

上条「あのー……姫神さん? いつからそこにいらっしゃったのでせう?」

姫神「上条君達が。来るよりも前から」

姫神「正確には。このお話が始まったときから」ズットスワッテタ

一方通行「おい、浜面ァ、オマエ気づいてたか?」ヒソヒソ

浜面「いや、俺には突然現れたようにしか見えなかった」ヒソヒソ

白井「なんて言いますか、その……」ヒソヒソ



70: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:20:54.00 ID:Kiw/CTfTo



白浜通行(恐ろしく影が薄い人(ですの)だ)

姫神「心配するな。自覚はある」

上条「あのー、姫神さん?」

姫神「ふふふ。笑えない」

白井「あの、不躾ですが、あなたが消える女で間違いございませんの?」

姫神「何。それ」クビカシゲ

白井「」カクカクガシカジカデ

姫神「」フンフン

白井「」コレコレガコウデスノ



71: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:21:33.93 ID:Kiw/CTfTo



姫神「私は。消えたりできない」

姫神「至って普通の。魔法少女」

浜面「魔法少女?」

一方通行「巫女じゃないンですかァ?」

姫神「魔法。少女」

上条「専門学派と魔法名とオーダー名を名乗るんだよ、と言われてませんでしたっけ?」

白井「あの、上条さんが何を言ってるのかちょっとわかりませんの」



72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:22:28.78 ID:Kiw/CTfTo



姫神「とにかく。私は消えたりできない」

姫神「魔法名は。Fortis931をパクろうと思う」

上条「我が名が最強である理由をここに証明しちゃダメですのことよ!」

姫神「なら。Honos628でもいい」

上条「姫神さんは黄金錬成でもしたいんでせうか?」

姫神「当然。私が主役の世界を作る」

上条「姫神さん!? 喋り方がおかしくなってませんか!?」

姫神「間然。一体いかなる思考にて私の思想に異を唱えるか」



73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:23:21.81 ID:Kiw/CTfTo



上条「」オーイヒメガミーシッカリシロー

姫神「あるいは。我が身の全ては(存在感)亡き我が身のために。とか」

姫神「救われぬ私に救いの手を。でもいい」

浜面「なぁ結局、消える女って」

一方通行「あァ」

白井「極端に影の薄い方でしたの」

一方通行「正直、この距離で見ててもよォ、三下が一人で馬鹿なことやってンよォにしか見えねェわ」

浜面「あるいはすげぇハイレベルなパントマイマーだな」

白井「路上でお金がとれますの」



74: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:23:55.08 ID:Kiw/CTfTo



一方通行「もォいいンですかァ?」

上条「上条さんの知り合いがとんだご迷惑を」ペコリ

浜面「あれ? あの子帰ったのか?」

白井「まぁ、あの方にもご予定がおありになるのでしょうし」

上条「そうだな。できれば姫神にも手伝ってもらいたかったんだが」

姫神「さっきから。いる」



75: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:24:26.58 ID:Kiw/CTfTo



一方通行「無理強いはできねェだろォ? 俺達だって謝礼やらなンやらがなきゃァ」

上条「逃げてるよな」

姫神「だから。ここにいる」

浜面「この量だもんなぁ」ハァ

姫神「手伝っても。いい」

白井「仕方ありませんの。四人でなんとかしますの」

姫神「」クスン



76: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:25:03.47 ID:Kiw/CTfTo



姫神「だから。ここにいる」ユサユサ

上条「お? おぉ? 地震だ!」グラグラ

一方通行「あァ? 何言ってンだァ?」

浜面「全く揺れてないぞ?」

白井「目眩でもおこされましたの?」

上条「いや! 揺れてるだろ!」グラグラ

姫神「これで気づかないとか。もはやいじめ」ユサユサ



77: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:25:41.20 ID:Kiw/CTfTo



上条「さっきより揺れが激しくなってますのことよ?」グラグラ

一方通行「栄養足りてンですかァ?」

浜面「なぁ大将、昨日の晩飯何食った?」

上条「えーと、禁書目録は……」グラグラ

白井「あなたが何を食べたのか聞いてますの」

姫神「私を無視して。話を進めないで」ユサユサ



78: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:26:16.82 ID:Kiw/CTfTo



上条「塩分と糖分、水と脂肪を少々」グラグラ

一方通行「オマエそれ、塩と砂糖、水と油を舐めただけだろォがァ!」

浜面「大将」ホロリ

白井「なんて不憫な子ですの」ホロリ

上条「ははは、そう言われると目眩のような気がしてきましたのことよ」グラグラ

姫神「」ユサユサ



79: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:26:58.19 ID:Kiw/CTfTo



一方通行「ったく、しょォがねェな」ピンポーン

店員「ご注文うけたまわりまーっす」

一方通行「こっちのチビに、春の限定お子様ランチ一つゥ」

白井「お子様ランチって! 私は中学生ですの!」

浜面「ためになったね~」

白井「もう、ではありませんの!」

一方通行「ンでェ、こいつにはペディ○リーチャム、成犬用」

浜面「誰が犬だよ!」



80: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:27:38.38 ID:Kiw/CTfTo



店員「申し訳ありまっせーん。ドッグフードはないですぅー」

一方通行「そォなの? ンじゃこれでいいや、春の鮭づくし定食」

浜面「鮭が好きなのは俺じゃないんだけど」

一方通行「あァ? 奢ってやンだから文句言うな」

浜面「鮭大好き、浜面まっしぐらでございます」フカブカ

一方通行「ンでェ、こいつと俺には春の超肉盛り盛りセットォ」

上条「これ、禁書目録でも食いきれなさそうな量なんだが」グラグラ

姫神「私の。分は?」ユサユサ



81: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:30:50.64 ID:Kiw/CTfTo



一方通行「おォ、さすが春の限定メニューだなァ」

店員「ご注文繰り返しまーっす」

店員「お子様ランチがお一つぅ、鮭づくし定がお一つぅ、超肉セットがお二つぅ、以上でよろしいですかー?」

一方通行「ン」

店員「写真と現物に多少の違いはございますが文句言わねぇで食ってくださいね☆」

店員「では少々お待ちくださーい」

浜面「何だ? あの強烈にキャラ作ってるウェイトレス」

白井「どうせマニュアル通りですの。裏に行けば、あー、だりぃ、やってらんねぇよ、ちくしょー、とかですの」




82: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:31:49.72 ID:Kiw/CTfTo



店員「」アー、ダリィ、ヤッテランネェヨ、チクショー

白井「……」

一方通行「オマエはいつから精神感応系の能力者になったンですかァ?」

浜面「複合能力者、マジパネェ」

上条「白井さんはいつの間にレベル6の扉を開けてしまったのでせうか?」

一方通行「そりゃあれだろォ、三下のクローンを二万体ぶち殺して……」

白井「そんな実験ありませんの!」

浜面「じゃああれか? 小さい大将とか大きい大将とかいるのか?」




83: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:32:39.70 ID:Kiw/CTfTo



一方通行「不幸だ、とカミジョウは肩を落としますってかァ?」

浜面「ゴーグル付けてんのがクローンで付けてないのがオリジナルの大将なんだな?」

白井「そんなまた新たな都市伝説を作るようなお話を……」

上条「レベル0の上条さんのクローンはレベルいくつになるんでせうか?」

一方通行「それ以上落ちよォがねェだろォが」

浜面「いや逆に上がるとか?」

白井「上条さんのレベルが上がるとどうなりますの?」



84: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:33:28.20 ID:Kiw/CTfTo



一方通行「右手だけじゃなくてェ、ケツでも奇跡を殺せますゥ」

浜面「ちょ、おま」ブフゥッ

白井「愉快にケツふりやがって、誘ってますの?」

浜面「白井ものるな!」

上条「せめて左手にも幻想殺しが宿るとか」

一方通行「ンなの面白くねェだろォがァ!」

白井「両手で無効化? X3ですの?」

上条「上条さんの右手はIフィールドではないんですのことよ」




85: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:34:49.41 ID:Kiw/CTfTo



一方通行「似たよォなもンだろォがよォ! おらァ! そこで寂しそォにしてる奴に手ェ出しますよォ!」

姫神「!」パァァッ

白井「うんざりするほど残ってますの」ショルイトリッ

上条「まだやるのか?」ペラッ

白井「さすがにまだサンプルケースが少ないですの」ペラッ

浜面「いつまでかかんだよ、これ」ペラッ

姫神「……」ショボーン

一方通行「つべこべ言わずにさっさとやりますの!」



86: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:35:49.68 ID:Kiw/CTfTo



店員「おっ待たせしましたー」ゴトゴト

浜面「いっぺんに全部持って来やがった」

白井「これにはびっくりですの」

一方通行「あァ? ンだこりゃァ?」

店員「お客様ー? 何かございましたかー?」アレアレー?

一方通行「肉のォ! 量がァ! なァンかおかしかねェですかァ!?」

肉「」チョコーン



87: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:36:48.75 ID:Kiw/CTfTo



店員「メニューの写真と実際の料理は多少差があるんですぅー。文句言わずに食いやがれですぅー」

店員「ごゆっくりどーぞ、とか言われて本気でゆっくりしてくなですぅー」アハハハハ

一方通行「なンだったンだァ? あの店員はよォ?」

一方通行「しかもこれェ! 多少の差ってレベルじゃねェだろォ!」

浜面「裏に安全ピンシスターでもいるんじゃねえの?」

白井「とうまの注文だから私がちょっとくらい食べてもいいかも、とか言ってるんですの」

上浜通行「「「だから禁書目録はそんな声じゃねえ」」」

白井「」イラッ



88: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:37:36.19 ID:Kiw/CTfTo



上条「とりあえず、さっさと食って続きやろうぜ?」ワーイナンカゲツブリカノオニクダー

一方通行「そォですねェ」ダラーン

白井「一気にテンションだだ下がりですの」

浜面「まぁこのてんこ盛りの写真と現物とじゃなぁ」

一方通行「つゥかよォ、オマエはいい年こいてメシに旗立ててなァンか楽しィンですかァ!?」

白井「私が頼んだのではありませんの!」

上条「こういうのって普通日本の国旗じゃないのか?」

浜面「……これ、どこの国旗なんだ?」




89: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:38:31.76 ID:Kiw/CTfTo



白井「アンティグア・バーブーダ、ですの」

上条「アン……何だって?」

白井「アンティグア・バーブーダ。カリブ海東部の小アンティル諸島に位置する国ですの」

浜面「何でそんな国知ってんだよ」

白井「常識ですの。ちなみにイギリス連邦加盟国ですの」フンス

一方通行「お嬢の常識ってなァどォなってやがンですかァ」

上条「絶対名前が面白いから覚えてたんだ」

浜面「だよな」

白井「違いますの!」



90: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:39:14.24 ID:Kiw/CTfTo



一方通行「なァにインテリぶってンですかァ!? さっさと続きやりますよォ!」ペラッ

白井「ぶってませんの!」

浜面「本物のインテリですってやかましいわ」ペラッ

上条「白井の知識の三分の一でいいから上条さんに分けてもらえませんか」ペラッ

一方通行「ンなことしたら、オマエの口調の三分の一が『ですの』になりやがンでしょォがァ!」ペラッ

白井「三分の一が『ですの』って、どういうことですの!」

一方通行「三回喋る内のォ、一回が『ですの』?」




91: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:39:48.35 ID:Kiw/CTfTo



白井「どうして疑問系ですの!」

上条「まあまあ、落ち着くんですの」

浜面「これであと二回は普通だな」

白井「わざわざやらなくて結構ですの!」

一方通行「そンなに起こると血圧上がりますの」

白井「」ムキー

浜面「二人ともいじめすぎですの」

白井「浜面さんまで!!」キー



92: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:40:18.23 ID:Kiw/CTfTo



一方通行「あー、なンだ、悪かった」

白井「」プイッ

上条「いや、ホント上条さんは反省してますのことよ?」

浜面「正直ちょっとやり過ぎた」

白井「」プイッ

一方通行「続きやりますよォ」ペラッ

上条「鬼だ」

浜面「鬼がおる」



93: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:40:58.52 ID:Kiw/CTfTo



浜面「なぁ、どれくらい減ったんだ?」ペラッ

白井「まだ三分の一も減ってませんの」ペラッ

一方通行「三分の一『ですの』ォ……」ペラッ

上条「ちょっと自重しようか? 一方通行」ペラッ

一方通行「すみませンでしたァ」ペラッ

白井「あら? これは」

浜面「なんかあった?」ペラッ



94: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:41:35.62 ID:Kiw/CTfTo



白井「以前風紀委員にも通報のあった神隠しの話ですの」

一方通行「神隠しだァ? ジ○リですかってのォ」ペラッ

白井「いえ、実際に小さな男の子が数時間行方不明になっておりましたの」

浜面「お、なんか本格的になりそう?」

上条「数時間ってことはすぐに見つかったんだよな?」

白井「ですの。無事発見された男の子の証言もありますの」

一方通行「どンなンだ?」




95: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:42:32.30 ID:Kiw/CTfTo



白井「えぇと、何でもサラシを巻いた女の人に話しかけられたら」

白井「一瞬で個室に移動していて、何着も服を着替えさせられたそうですの」

上条「サラシ?」

白井「……これ、ただの幼児誘拐ですの」

浜面「どうした一方通行? 携帯なんか取り出して?」

一方通行「ン」プルルル、ガチャッ

結標『もしもし? 何か用?』

一方通行「風紀委員ですのォ! 幼児誘拐の罪でオマエは即刻死刑ですのォ!」




96: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:43:13.64 ID:Kiw/CTfTo



結標『え? ちょっと、何言って……』

一方通行「オマエがショタコンなのはとっくにバレてンだよォ!」

結標『ちょっと! 人を勝手にショタコンにしないで! そんなことロリコンに言われたくないわよ!』

一方通行「……哀れだなァ、オマエ」

一方通行「本気で言ってンなら抱きしめたくなっちまうほど哀れだわ」

結標『だから、何を言って……』

一方通行「けどなァ! 俺がロリコンだからってオマエがショタコンじゃねェって訳じゃねェだろォがよォ!」



97: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:44:05.80 ID:Kiw/CTfTo



白井「ロリコンのカミングアウトですの」ヒソヒソ

上条「ないわー、これはないわー」ヒソヒソ

浜面「打ち止め、よそで暮らさせた方がよくないか?」ヒソヒソ

一方通行「悪ィがこっから先は一方通行だ」

結標『ちょ、ちょっと待ちなさいよ! なんか嫌な思い出が蘇る流れなんだけど!?』

一方通行「大人しく尻尾ォ巻いて、塀の中へ引き返しやがれェ!」

結標『塀の中なんて入ったことないわよ! ちょっと! 聞いてるの!?』

一方通行「うっせェンですよォ!」プツッツーツー



98: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:44:58.87 ID:Kiw/CTfTo



上条「言いたいことだけ言って切りやがった」ウワァ

白井「言いたいことだけ言って男女問わず殴る人とどっこいどっこいですの」ハァ

浜面「麦野でももう少し話を聞いて……くれるかな?」

上条「上条さんに聞かないでください」

一方通行「ったくよォ……おら、解決ですよォ!」

白井「非人道的な実験のために誘拐された訳ではなくて良かった、と思うべきなのでしょうか?」

上条「うん、今回はそういうことにしておこう」



99: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:45:35.78 ID:Kiw/CTfTo



白井「さて、気を取り直して次いきますの」ペラッ

浜面「これは?」

上条「もう上条さんはどんな話でも驚きませんのことよ」

一方通行「言ってみろォ」

浜面「妖怪、猫息子」

白井「猫娘、ではなく?」

一方通行「おい、三下ァ……」

上条「あぁ、たぶんあいつだ」



100: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:46:21.10 ID:Kiw/CTfTo



浜面「語尾に『にゃーにゃー』付けて喋る、アロハにグラサンの怪しい妖怪らしい」

一方通行「土ィ御ィ門ォくゥゥゥゥゥン!!」

上条「やっぱりですか」トホホ

浜面「突如街中に現れては仲間の青い頭の妖怪とツンツン頭の妖怪に義妹の良さをとくとくと語るんだそうだ」

白井「また特に実害のない妖怪ですの」

上条「上条さんは妖怪ではありませんのことよ!」

浜面「何言ってんだ? 大将。妖怪の話だぜ? 大将の話なんか」

白井「全くしてませんの」



101: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:47:16.98 ID:Kiw/CTfTo



一方通行「その妖怪なら俺がァ……」

上条「待て一方通行、ここは上条さんに任せてもらえませんか?」

一方通行「どォすンだ?」

上条「今度あったら有無を言わさず、命に関わるパンチをしておきますのことよ」フフフ

一方通行「三下ァ……分かった、オマエに任すゥ」

白井「では猫息子に関しては上条さんが責任を持って対処する、ということで」

浜面「解決だな」




102: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:47:53.70 ID:Kiw/CTfTo



一方通行「しっかしよォ、ろくな話がねェンですけどォ!?」ペラッ

白井「良いことですの。本当に妙な事件がある方が困りますの」ペラッ

上条「そうだな。父さん母さん、今日も学園都市は平和です」ペラッ

浜面「俺の日常もこれ位平和だったらいいんだが」ペラッ

上条「もげろ」ペラッ

一方通行「爆発しろォ」ペラッ

浜面「その流れ、ずいぶん前にやったよね!?」




103: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:48:51.89 ID:Kiw/CTfTo



上条「あんな綺麗な年上系のお姉さんや天然系の娘、計算され尽くした少女に囲まれて……」ペラッ

一方通行「なァにが不満なンですかァ!?」ペラッ

浜面「麦野なんかちょっと鮭弁の買い出し遅れるだけでビーム撃つんだぞ!?」

浜面「絹旗は絹旗で面白いのか面白くないのかよく分からない映画見せられて寝たら窒素パンチだし」

上条「あー……うん……なんていうか」

一方通行「同情してやンよォ」

浜面「まあ滝壺は優しいんだけどな」



104: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:49:36.00 ID:Kiw/CTfTo



白井「死ねですの。氏ねではなく死ねですの」

浜面「だからそれはずいぶん前にやったよね!!」

一方通行「俺の同情を返しやがれってンですよォ」

上条「はは、上条さんの右手が幻想を殺したがっていますのことよ」

浜面「目が笑ってないよ! つうか、大将だって禁書目録と同棲してるだろ!?」

上条「あれはそんないいものじゃないんです」グスン

白井「ご自分の食事まで差し出している始末ですものね」ヨシヨシ

一方通行「命削ってンからなァ」




105: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:50:09.85 ID:Kiw/CTfTo



浜面「なんて言うか、すまんかった」

一方通行「わかりゃいいンだよォ、わかりゃァ」

上条「あれ? 何で一方通行が?」

白井「気にしたら負けですの」

一方通行「それにしてもよォ……」

白井「何ですの?」

一方通行「まァだ半分以上も残ってねェですかァ!?」

浜面「言うなよ、考えないようにしてたんだから」ハァ



106: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:50:50.81 ID:Kiw/CTfTo



白井「確かに、まだまだ残ってはおりますが……」

一方通行「」ォ?

白井「あと一件くらいのサンプルがあればじゅうぶんですの」

上条「」オォ!

白井「ですので、最後の一件は今までより少しインパクトの強いのをお願いしますの」

浜面「よし! じゃあ頑張って探すか!」

一方通行「一人で頑張ってくださァい、応援してるンでェ」



107: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:52:01.99 ID:Kiw/CTfTo



浜面「おおい!」

上条「それは違うぞ、一方通行」

浜面「だよな!? だよな!?」

上条「大丈夫、そんなはまづらも応援している」

浜面「だから! うるっせぇんだよ、ド素人が!!」

上条「大体、浜面はきもい。にゃあ」

浜面「フレメアはそんなこと言わないよ、ってハマヅラはハマヅラは涙を堪えてみる」

一方通行「二人ともォ、それ以上一言でも喋りやがったらァ、『コロンブスの卵』ですよォ-?」

白井「いい加減にして欲しいものです、とシライは眉をひそめます」ハァ

上浜通行「「「だからその声でやるな」」」



108: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:52:59.87 ID:Kiw/CTfTo



一方通行「最後の一件、ねェ」ペラッ

上条「そう言われると、これってのがないよなぁ」ペラッ

浜面「未来から来た女ターミネーター……あぁ、麦野か」ペラッ

白井「巨大蛇使いの女? 婚后さんですの」

上条「不老不死の幼女……小萌先生、都市伝説にされてますのことよ」ハァ

一方通行「ドッペルゲンガー? 複数の地点で同時刻に第三位の姿、って妹達かよォ!」

上条「なぁ、これは? レベル5に気づかれないストーカー」

一方通行「そりゃただの海原だろォが!」



109: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:54:28.90 ID:Kiw/CTfTo



上条「名状しがたいもの、黄衣の王……なんだヴェントか」

一方通行「なァンか今さらっと旧支配者流しませンでしたかァ?」

上条「旧支配者なんかではなく、ただの外国人ですのことよ」

浜面「旧支配者?」

白井「ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの小説に登場する神ですの」

浜面「お前、ホントに何でも知ってんな」

白井「何でもは知りませんの。知ってる……」

上通「「それ以上は言うな!!」」




110: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:55:30.12 ID:Kiw/CTfTo



一方通行「危うく余計な方面に敵ィ作るとこだったじゃねェかァ!」ドキドキ

上条「全くですのことよ? もうちょっと発言には気を付けてもらわないと」フーヤレヤレ

白井「それを貴方達がおっしゃいますの!?」

一方通行「浜面ァ! オマエも余計なパス出してンじゃねェ!」

浜面「あー、うん、なんか、ごめん?」

上条「大丈夫、そんなはまづらを……」

白井「ですから! そういうのがいけないんですの! 悪のりするなですの!」プンスコ




111: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:56:27.20 ID:Kiw/CTfTo



白井「もうこれでいいですの!」バン

一方通行「あァ? どンなンだよ?」

白井「上半身だけの少女が追いかけてくる話ですの」

上条「どこの学校にもありそうな怪談じゃないか?」

白井「金髪碧眼の女子高生が、サバ缶、サバ缶、と言いながら追いかけてきますの」

一方通行「」ナニソレコワイ

浜面「」エート

上条「そう言うのって必ず撃退方法とか知られてるんだよな」

白井「もちろんですの」



112: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:57:39.39 ID:Kiw/CTfTo



白井「その少女を追い返すには『鮭』と言えばいいそうですの」

一方通行「口裂け女の『ポマード』みてェだなァ、おィ」

上条「完全に、いろんな怪談が混ざったものだと思います」

一方通行「ンでェ? どこで出るンだよ?」

白井「主に第一○学区ですの」

一方通行「確認しに行く、にしてもあの辺はなァ」

上条「あんな治安の悪いとこに白井を連れてく訳にはいかないか」

白井「むしろ無能力者の上条さんの方が危険ですの」



113: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:58:27.54 ID:Kiw/CTfTo



浜面「それ調べに行く必要ないぜ」

一方通行「あン?」

浜面「俺の知り合いなんだ」

白井「またですの」ハァ

上条「いやでも、それならそれで」

一方通行「あァ、これで調査も終わりかァ?」

白井「ですの。皆様お疲れ様ですの」

浜面「実質、ここで話してるだけで終わったけどな」



114: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 00:59:35.70 ID:Kiw/CTfTo



上条「これで補習がチャラなら安いものですのことよ」

一方通行「そォいや、ンな話もあったな」

白井「それでは私、早速帰って報告書をまとめますの」

白井「第一位様には近日中に謝礼が振り込まれるはずですの」

白井「浜面さんには、ご指定の住所に例の物は送られますの」

浜面「待て! アジトはまずい!」

一方通行「オマエ、ンなとこ配達指定場所にしてンじゃねェよ」



115: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 01:00:12.85 ID:Kiw/CTfTo



白井「と、申されましても、すでに統括理事会の方に連絡はしてしまいましたの」

浜面「いつの間に!?」

白井「ついさっきですの」

浜面「やばい、殺される」アワワワワ

一方通行「浜面ァ」

浜面「助けてくれるのか!?」

一方通行「短ェ付き合いだったなァ」

浜面「おぉい! 助けてくれよぉ!」




116: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 01:00:58.41 ID:Kiw/CTfTo



浜面「そうだ! 大将! 助けてくれ!」

上条「上条さん、これからスーパーの特売に行かなければいけませんので」

浜面「ふ、ふ、ふ……」

白井「ふ?」

浜面「不幸だー!」

上条「それは上条さんのセリフですのことよ?」

一方通行「ったくよォ、ンじゃ俺は帰るぜ?」



117: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 01:02:14.84 ID:Kiw/CTfTo



上条「上条さんも、うちの暴食シスターに食べさせる食材を買いに行きますのことよ」

白井「私もそろそろ門限ですので」

一方通行「浜面ァ、せいぜい長生きしろォ。後数時間だとは思うけどよォ」

白井「来世でお会いしますの」

上条「生まれ変わっても、上条さんの子にはならないでくださいよ」

浜面「ああ、もう、分かったよ! 土下座でも何でもして生き延びてやるよ!」




118: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 01:03:08.26 ID:Kiw/CTfTo



浜面「ちくしょー、友達甲斐のない奴らだぜ」

浜面「にしても、全部知り合いだったって、すげえオチだよな」

浜面「……」






浜面「いや、待て。フレンダは、ダメじゃね?」



119: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 01:03:50.23 ID:Kiw/CTfTo



姫神「この。番組は」

姫神「いつやるの。いまでしょ。レベル0からの能力開発。三沢塾」

姫神「いつもあなたの隣に。必要悪の教会」

姫神「いつでも冷え冷え。垣根印の冷蔵庫」

姫神「春の限定メニューでお出迎え。ファミリーレストランJoseph's」

姫神「の提供で。お送りいたしました」

姫神「それじゃあ。私も帰る」バイバイ


おわり



128: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 20:15:59.21 ID:EbhNcNd/0

乙だぜ



129: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/08(月) 00:58:51.36 ID:cZUlDEJoo















http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1365255203/