1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/31(金) 17:40:24.73 ID:ohrFAprZ0

かな子「トリック・オア!」

愛梨「トリート!」ばばーん

モバP「・・・・」カタカタカタ

かな子「Pさん! お菓子をくれなきゃ・・・・」

愛梨「イタズラしちゃいますよー?」

モバP「ねえよ」

二人「へ?」



2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/31(金) 17:51:57.15 ID:ohrFAprZ0

愛梨「ど、どういう意味ですか!? お菓子が無いって・・・」

モバP「お菓子を買うだけの資金が足りんのだよ。 最近色々と出費がかさんでさ」

モバP「で、その出費の一つがお前たちの菓子代だ。確実に事務所の資金繰りを蝕んでいる」

モバP「ちひろさんも頭を抱えている状態だ。抱え過ぎてシグルイの九朗右衛門みたいになりそうだ」

かな子「私たちがそんなに大食いだっていうんですか!?」

モバP「わかるまい!糖分を貪るだけのお前たちには!この、お菓子を通して出る出費が!」バシィ

愛梨「いちじゅうひゃくせんまん・・・・ こ、これは!?」

かな子「誰がこんな酷い事を・・・!」

モバP「鏡見ろ、鏡」

モバP「ともかく、トリックもトリートもあったもんじゃない。お菓子が欲しけりゃ別に稼げ」カタカタ

愛梨「むむむ」



3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/31(金) 18:02:59.73 ID:ohrFAprZ0

李衣菜「ちょっと待ったぁー!」バァン!

モバP「!」

夏樹「その話、アタシ達も混ぜてもらおうかな」

愛梨「皆どうして・・・?」

夏樹「誰かを助けるのに理由が要るかよ。アンタもアタシも同じ事務所の仲間だから、それじゃ不満かい?」

李衣菜「お菓子食べられなくなるの困るからね」

愛海「それで痩せてしまって、揉み心地が悪くなるのもね・・・うへへ・・・・!」ジュルリ

楓「私たちに出来る範囲で協力しましょう」

かな子「皆の心が(一人除いて)ひとつに・・・!」

モバP「むう・・・ まあ良い。無茶はしないようにな」





4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/31(金) 18:13:30.69 ID:ohrFAprZ0

~夏樹&李衣菜コンビの場合~

李衣菜「いーごーふらいふりー♪ れーっぴーぽーしー♪」ギャンギャン

モバP「へえ、ゲリラ・ライブを開くなんてな」

夏樹「ああ!だが、強制的に金をとるワケじゃねえ、あくまで自分の意思で出してもらうのさ」

モバP「金を搾り取るなんてロックじゃないしな」

夏樹「皆ァ! アタシ達のロックを聴いてくれてありがとう!」

夏樹「カネを払う価値が無いと思ったら、それでもいい!ただ・・・皆の善意をくれ!」

ワァァァァァァァァ!

李衣菜「とぅーげーざーうぃーふらい♪ さむでーい♪」



5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/31(金) 18:24:52.41 ID:ohrFAprZ0

~愛海の場合~

もみ屋
    百円

愛海「もみ屋だよー! 安いよー!」

モバP「・・・・全然客が来ないな・・・」

愛海「な、何の!これからこれから! もみ屋だよー! 貴方の肩からナニまで揉みに揉み尽くすよー!」

モバP「下心が丸見えだからじゃないか?」

愛海「ギクッ! バ、馬鹿な事を! あたしがそんな汚い真似するワケ・・・」

男性「失礼。肩を揉んでくれるというのは本当かね?」

モバP「嘘偽りはありませんよ。このお方が体から心まで揉みほぐしてくれますよ」

愛海「えっ」 



6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/31(金) 18:32:54.45 ID:ohrFAprZ0

男性「ではお願いするか。仕事で疲れていてね」

愛海「くぅぅ・・・ 何故あたしが男の肩なんざ・・・」

モバP「俺が付いている限りはお望みのモノを揉めると思うなよ・・・」とおるるるるるるるるん

モバP「もしもーし? ・・・え?何だって? 今は手が離せないんだよ」

愛海(? 誰だろ)

モバP「わ、分かったよ! 行くから!すぐ行きますから!」

モバP「本当に遺憾だが、俺は事務所に戻る!くれぐれも妙な事するんじゃないぞ!」ダダダッ

愛海(・・・・チャーンス♪)

男性「何があったのかな?」

愛海「いえ、何でもありませんよ? さ、ごゆっくり・・・」モミモミ



7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/31(金) 18:43:12.21 ID:ohrFAprZ0

~??の場合~

モバP「戻ったぞ!」

ジャックランタン(愛梨)「あ、お帰りなさい!Pさん♪」

モバP「のわーーっ!? 何やってんだ!?」

ジャックフロスト(かな子)「仮装ですよ! ハロウィーンなんだから、仮装しなくちゃ♪」

ランタン「私たちは今から、とっておきの作戦を実行しに行きます!」

フロスト「成功を祈っていてくださいね♪いってきます!」ダッ

モバP「・・・アイツらを放っておくべきじゃなかった・・・・ しかし・・・」

時子「フン、ノロマな男ね。この私を待たせるとは大層な御身分ね?」

モバP「くっ」



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/31(金) 18:50:20.64 ID:ohrFAprZ0

~時子の場合~

モバP「時子が協力を申し出るなんて、夢にも思わなかったな」

時子「様を付けなさいこのデコ助が。 ただの暇つぶしよ」

モバP「へいへい・・・ で、何かいい策があるのか?」

時子「脳ミソがクソになってるの? 策があるから呼んだんでしょうが」

時子「分かったらさっさと車を出しなさい」

モバP「へ?」

時子「車を出せと言っているのよ、ホラ!」ピシッ!

モバP「あづっ!分かった分かったよ!」



9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/31(金) 18:59:30.97 ID:ohrFAprZ0

~~~~~

時子「着いたわ。停めなさい」

モバP「ここは・・・○×プロダクション? けっこう大手の奴じゃないか」

時子「付いてきなさい、置いてくわよ」

モバP「あ、ああ」(どうしよう、悪い予感しかしない)

受付嬢「○×プロダクションへようこそ!何の御用でしょうか?」

時子「ここの所属の女という名の人と会いたいのだけれど」

モバP(女さん? 毒舌とSっぷりで人気上昇中のアイドルか)

受付嬢「アポイントメントはお持ちでしょうか?」

時子「そんな事はどうでもいいのよ! この私が会いたいと言っているのよ?」ギロリ

受付嬢「ヒィ! わ、分かりました!」ガクブル



10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/31(金) 19:06:40.95 ID:ohrFAprZ0

~~~~~

モバP「失礼します」ガチャリ

男「こんにちは、ウチの女にお会いしたいとの話ですね?」

モバP「いや、正確に言うと私ではなく・・・・」

女「ふうん、このアタシに会いに来たって?」

モバP(テレビで見るのとでは迫力が全く違うな・・・)

時子「フフフ・・・お久しぶりね?女」

女・男「ヒィィッ!?」ガタタッ

モバP「!?」



11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/31(金) 19:18:21.89 ID:ohrFAprZ0

時子「いつぞやのドラマで共演して以来ね? 調子はどう?」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

モバP(なんてプレッシャーだ・・・! 罵倒の言葉の一つも無いのに!)

女「あ、あの・・・・」

男・女「ごめんなさいィィ-------ッ!!」ベターッ

モバP「へ?」

男「こ、こいつは今が勝負時なんです! 潰すのだけは止めて下さい!」

女「どうかここはこれでご勘弁をーーーーッ!」サッ

時子「へぇ・・・結構入ってるじゃない」

モバP「おい!これはどういう事だよ!?」

時子「簡単な事よ。Sだの毒舌だのを売りにしている奴らに許可を出してあげる」

時子「その見返りとして私は料金頂く・・・・名づけて「ドS許し時子様参り」といった所かしら」

モバP「恐喝じゃねーか! 今すぐ返せ!」

時子「チッ! ・・・ホラ、喜んで受け取りなさい」

女「あ、有難うございます!」

モバP「謝らんでいいーーーーーーッ!」


その後、幸子にも同様の手口で金をふんだくっていたことが判明したが、
「幸子ならいいや」ということで満場一致で無罪となった。



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/31(金) 19:59:36.12 ID:ohrFAprZ0

~~楓チームの場合~~

モバP「ただいまー・・・・」

楓「お帰りなさいPさん。一杯、どうですか?」

モバP「ん、こいつは・・・どぶろく?」

楓「1杯50円です。匂いが少しキツめですけど、味は保障しますよ?」

モバP「成程、売上を購入費に回そうというワケだな。どれどれ・・・」



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/31(金) 20:05:52.47 ID:ohrFAprZ0

瑞樹「そんなモノじゃダメよ!もっと小刻みに!リズムよく!」

留美「クッチャクッチャクッチャクッチャクッチャクッチャクッチャクッチャクッチャクッチャクッチャクッチャ」

瑞樹「そう!その調子!一気にラストスパートよ!」

留美「クッチャクッチャクッチャクッチャクッチャクッチャクッチャクッチャクッチャクッチャクッチャクッチャ・・・ペッ!」

瑞樹「うっ! ・・・フフ、こいつは上等などぶろくが出来るわ・・・」



モバP「・・・」

楓「どうしたんですか?Pさん?」

モバP「勤務中なんで、止めときます」



14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/31(金) 20:13:21.40 ID:ohrFAprZ0

その頃、愛海は・・・

愛海「もみもみ・・・・はいっ!終了っ!」

男性「うぅ~~ん!生き返ったようだ!至福のひと時をどうも!」

愛海「いえいえ!こちらこそ! 有難うございました~!」

愛海「・・・うぅぅっっし! 今度こそ格別の獲物を・・・!」

警官「君、ちょっといいかな?」

愛海「!?は、はい!?」

警官「女の子がいかがわしい仕事をしていると通報があったんだが、もしかして」

愛海「うっしゃああああああ!あたしは違いますッ!」バギィ

警官「がはあッ!?」

愛海「いよっしゃぁぁぁぁぁ!違うんです!あたしは悪い事なんて一切してません!ゼーロゼロ!」スタコラサッサー

警官「ま、待てーッ!」



15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/31(金) 20:19:56.86 ID:ohrFAprZ0

早苗「フンフフーン♪ オフの日なんて久しぶりー♪」

早苗「でも、レッスンも仕事もないとなると暇ねー・・・事件とか起こらないかしら」

警官A「逃がすな!追えーーッ!」

警官B「囲め!包囲して取り押さえるんだ!」

早苗「! ちょっとキミ、何が起こったの!?」

警官C「さ、早苗さん!? お噂はかねがね・・・」

早苗「いいから!」

警官C「『もみ屋』といういかがわしい事をしている少女がいるとの通報があったんです」

警官C「そこで私の同僚が向かった所、暴行を加えられた上に犯人は逃走を図ったそうです・・・何かご存じですか?」

早苗「・・・」

警官C[なんてある訳無いですよね・・・ハハハ」

早苗「いえ、知人よ」



16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/31(金) 20:44:35.17 ID:ohrFAprZ0

警官D「早く取り押さえろ!何を手こずっているんだ!」

愛海「つけあがるなあああぁぁぁーーーーッ! 十二王方パイ! 大車へぇぇぇぇぇい!!!」

警官D「たわっ!」

警官E「ちにゃ!」

愛海「ハハハ! 未だ負けを知らぬは棟方不敗マスターアツミよぉ!」

愛海「物事はそう上手くいかんという事を、身をもって教えてくれるわーっ!」

早苗「おっと、やらせない!」ガシイッ

愛海「がああっ!?」

早苗「あ・つ・みちゃーーん?こんな所で何をしているのかなー?」

愛海「ぎゃああああ!折れる!折れるゥーーーッ!」ミシミシ

早苗「話は事ム所でゆっくりーしよーねー?」ニコニコ



17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/31(金) 20:56:08.13 ID:ohrFAprZ0

~~愛梨・かな子コンビの作戦~~

ドア「ピンポーン」

学生「はーい」ガチャ

ランタン「ヒーホー! とりっく・おあ・とりーとぉ!」ガバチョッ

学生「うわあ!?」

フロスト「ヘイ!そこのお兄ちゃん!お腹すいてねーかィ!?」

学生「え?え?」

ランタン「そんなハングリーな君にィ! オイラ達ジャックシスターズがァ!」

ランタン「愛とォ!」

フロスト「幸せをォ!」

二体「お届けするホー!」

学生(た、助けて・・・)

ランタン「学生クン! キッチンを少し借りるホー!」

フロスト「あっ愛r・・・ランタン!待ってホー!」





18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/31(金) 21:10:35.29 ID:ohrFAprZ0

~~~~~

学生「う・・・うまい!」

ランタン「当然ホね! オイラ達が心を込めて作ったんだからァー!」

学生「御馳走様!いやあ、久々に美味い物を食えましたよ!」

フロスト「ヘイ兄ちゃん!オイラ達からタダ飯貰って逃げようっての?」

学生「えっ!?」

ランタン「んー・・・ 材料費、人件費、その他諸々含め・・・」

ランタン「しめて6000マッ・・・円って所ホね」

学生「仕方ないな・・・はいどうぞ」

フロスト「よっしゃあ!それじゃ、バイバーイ!」ガチャリ

ランタン(相手の家に強引に押しかけ、美味いケーキを作り金を奪い取る!)

フロスト(この作戦に、弱点はありません!) 



19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/31(金) 21:20:30.81 ID:ohrFAprZ0

~~ある夫婦の家~~

夫「・・・」モグモグ

ランタン「どうだホー!オイラ達のケーキの味はァー!」

フロスト「お代だァー!お代クレクレ!」

夫「このケーキは出来損ないだ。これ以上食えたモンじゃない」

フロスト「ほわっつ!?」

夫「生地はパサパサ、砂糖を使いすぎててフルーツの甘味を完全に殺している」

夫「金を払えだぁ?冗談じゃない」

ランタン「い、言わせておけばァー!」

夫「来週ここに来てください。もっと美味いケーキをお見せ・・・」

妻「もう、やめて下さい!この人ったら!」

夫「で、でもな・・・」

フロスト「チキショー!もう知らんポーン!」ダダダーッ



20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/31(金) 21:26:19.06 ID:ohrFAprZ0

愛梨ランタン「かな子ちゃん、もう止めようよ・・・」

かな子フロスト「駄目だホー! もっと押しかけて、10年分くらいのお菓子代を集めるんだホー!」

愛梨(完全に食欲に取りつかれてる・・・・)

フロスト「むかむかどっかん! 憂さ晴らしにあの家に乗り込んだるー!」

ランタン「か、かな子ちゃん!」



22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/31(金) 21:42:07.88 ID:ohrFAprZ0

ランタン(侵入してケーキを作ったまではいいけど・・・)

長男「おい次男!この大きいの食えよ!」

次男「いや、体の大きな兄ちゃんが食べるべきだよ!」

長男「バカ!お前は食べ盛りだから、俺より食わなきゃいけないんだ!」

長女「うっうー!喧嘩せず、皆で分け合って食べましょー!」

フロスト(どうふんだくればいいの・・・?)

長女「ありがとうございましたー!こんなに美味しいケーキを作ってくれて!」

長女「これ・・・うちは貧乏だから少ないですけど・・・」

ランタン「ノーッ! 受け取れないホ・・・ませんよ!」

長女「いいんです!受け取ってください!だって・・・」

長女「家族が喜ぶ姿を見れただけで、お金を払う価値は十分ありますから!」

2体「!!」ズキューゥゥゥン




23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/31(金) 21:56:35.41 ID:ohrFAprZ0

~~~~~

モバP「・・・それで家々に謝罪して回って、お金も全て返した、と」

かな子「はい・・・私、間違ってました。周りの人に手伝ってもらって、自分だけ良い思いをしようだなんて・・・」

モバP(もっと早く気付けよ)

かな子「私たち、これからはただお菓子を食べるより、むしろ作ろうと思います」

愛梨「材料とか色々お金はかかりますけど・・・ 皆の笑顔のためと思えば!」

かな子「だからPさん!もう食費は必要ありません!私たちが作りますから!」

モバP「・・・」

モバP「ま、料理番組の練習とか必要になるからな・・・」

モバP「すると、その材料費も『必要経費』になってくるかな?」

愛梨「・・・!Pさん!」

モバP「今回だけだぞ。全く、ちひろさんに何て言おうか・・・・」



24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/31(金) 22:03:53.37 ID:ohrFAprZ0

夏樹「・・・・」ガチャリ

モバP「おお、お帰り。成果はどうだった?」

李衣菜「いや、それがさ・・・・」

李衣菜「ライブは結構人も集まって、お金も払ってくれたんだけど・・・・」

李衣菜「中から『俺たちの曲をパクるな!』『著作権料出せ!』って人が出てきて・・・」

夏樹「マズい、訴訟沙汰になって大損こくかもしれない・・・」

全員「・・・・」



結局、桃華ちゃまの力を借りて勝訴しましたとさ。


おわり



25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/31(金) 22:07:19.20 ID:ohrFAprZ0

ハロウィーンと絡めて滅茶苦茶やろうとしたら本当にカオスになってしまいました
アイドル達がゲス過ぎた感があるのでそれは申し訳ありません
でも一つの楽しみ方として見ていただけたら幸いです



26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/31(金) 23:53:39.16 ID:tB8WDBgzO

おつ
暴走するのもええやん













http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1414744814/