1: ◆sIPDGEqLDE 2014/11/01(土) 19:42:14.52 ID:ZANfG+ND0


小鳥「う~ん、どうしようかしら……。ありがたいけど、こんなにあっても……」

がちゃっ

亜美「はろはろ→! 帰ってきたYO!」

小鳥「あら、亜美ちゃん。おかえりなさい」

亜美「およ、ピヨちゃんだけ?」

小鳥「えぇ、プロデューサーさんは春香ちゃんに着いて行ったし、他の皆もお仕事だったりお休みだったり」

亜美「そっかぁ、真美も今日はお休みだし、何だか寂しいね」

小鳥「うふふ、でもそれは皆が頑張ってるって証拠だから」




2: ◆sIPDGEqLDE 2014/11/01(土) 19:44:24.54 ID:ZANfG+ND0


亜美「あれ、ピヨちゃんそのおっきいダンボール何?」

小鳥「あぁ、これ?」

亜美「んっふっふ~、さてはピヨちゃんがこっそり書いているというアレな本の山ですな~?」

小鳥「ししし、失礼ね! こんなに沢山在庫抱えてないわよ! 最近は壁になったりして完売だってするんだから!」

亜美「え~っと、ごめん。亜美、ピヨちゃんが何言ってるのか理解できないや……」

小鳥「ピヨ!? ……コホン。これはそういうものじゃなくってね」

亜美「じゃあなんなのさ~」

小鳥「この前あずささんがロケでお世話になった農家さんが、お礼にって送ってきてくれたのよ」

亜美「どれどれ? あっ! さつまいもだ!」

小鳥「そうなのよ、箱いっぱいのお芋でどうしようか迷っちゃって……」

亜美「あずさお姉ちゃんにあげたらいいんじゃないの?」




3: ◆sIPDGEqLDE 2014/11/01(土) 19:45:41.60 ID:ZANfG+ND0


小鳥「う~ん、そうなんだけどね。流石にあずささん一人で食べきれる量じゃないし……」

亜美「じゃあ皆で分けちゃおうよ!」

小鳥「やっぱりそれが一番よね」

亜美「じゃあ亜美はこのおっきいのも~らい!」

小鳥「うふふ、真美ちゃんのも持って行ってね」

亜美「んっふっふ~、なんだったらパパとママの分までもらって行っちゃおうかな~」

小鳥「沢山あるとはいえ、他の子の分もちゃんと残しておいてね?」

亜美「…」

小鳥「亜美ちゃん?」




4: ◆sIPDGEqLDE 2014/11/01(土) 19:47:29.98 ID:ZANfG+ND0


亜美「ねえピヨちゃん、焼き芋ってどうやって作るの?」

小鳥「焼き芋? そうねぇアルミホイルで包んでオーブンで焼けば…」

亜美「うあうあ~、そうじゃなくって。ほら、漫画とかでよくあるじゃん、落ち葉集めてそれで焼き芋焼いてるやつ!」

小鳥「えぇ!?」

亜美「亜美、一回でいいからアレをやってみたいんだYO」

小鳥「う~ん、ただ落ち葉を集めただけじゃ出来ない気も……」

亜美「そうなの?」

小鳥「えぇ、ちょっと調べてみましょう」カチャカチャッターン!

亜美「さっすがピヨちゃん! 頼りになる~!」




5: ◆sIPDGEqLDE 2014/11/01(土) 19:49:15.50 ID:ZANfG+ND0


小鳥「あ、あったあった。ふ~ん、こうやってやるといいのね~」

亜美「どうやんのどうやんの?」

小鳥「火を使うことだから、亜美ちゃん一人にはさせられないわね……」

亜美「え~。折角調べたのに?」

小鳥「それに結構大変みたいよ? 土をならしたり重労働だったりするみたい」

亜美「そうなの?」

小鳥「えぇ。亜美ちゃんだけだと多分、ううん、きっとできないんじゃないかしら?」

亜美「えぇ~……」

小鳥「ごめんね亜美ちゃん」

亜美「そっかぁ……」

小鳥「(何だかすごい罪悪感が……。いやでもここは大人としてちゃんとしておかないと!)」




6: ◆sIPDGEqLDE 2014/11/01(土) 19:50:50.52 ID:ZANfG+ND0


亜美「亜美、ずっとやってみたかったんだけど、ダメって言われちゃちかたないよね……」

小鳥「うっ……」

亜美「子供の頃からの夢だったんだけど、もう叶えられないんだね……」

小鳥「…」

亜美「それじゃあ亜美は家でオーブンでせめてもの焼き芋っぽさを楽しむよ。じゃね、ピヨちゃん」

小鳥「ん~~~~も~~~! わかったわよ! 私が付き合ってあげるから!」

亜美「ホントに!? わ~い! あんがとピヨちゃん!」

小鳥「はぁ……。私って甘いなぁ……」

亜美「じゃあ早く行こうよピヨちゃん!」

小鳥「あぁ、待って亜美ちゃん。一応プロデューサーさんと律子さんにメモを残していかないと」

亜美「あ、そっか」




7: ◆sIPDGEqLDE 2014/11/01(土) 19:52:20.23 ID:ZANfG+ND0


小鳥「えっと、ダンボールのさつまいもは持って行ってください。私は少し出ています……っと。

   うん、あとはプロデューサーさんのデスクに貼っとけば大丈夫ね」

亜美「ピヨちゃんできた~?」

小鳥「えぇ、それじゃあ行きましょうか」

亜美「わ~い!」

がちゃ、ばたん





9: ◆sIPDGEqLDE 2014/11/01(土) 19:53:32.55 ID:ZANfG+ND0




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







10: ◆sIPDGEqLDE 2014/11/01(土) 19:55:05.83 ID:ZANfG+ND0


小鳥「公園に着いたけど、まずは落ち葉を集めましょう」

亜美「らじゃー!」

小鳥「亜美ちゃんが落ち葉を集める間に私は土を盛ったり、準備しておくわね」

亜美「よ~し、いっぱい集めるぞ~!」

小鳥「ふふふっ。転ばないでね」

亜美「うあうあ~、はるるんじゃないんだから転ばないYO!」

小鳥「否定も肯定もし辛いんだけど……」

亜美「んじゃ行ってくるね~」

小鳥「は~い。さて、まずは土を盛って添え木を置く……っと」

ざくっざくっ

小鳥「ふ~、スコップを使うのって力がいるのよね~。雪歩ちゃんはすごいわ~」

ざくっざくっ

小鳥「こんなものでいいかしら? 次に添え木ね。置くだけでいいみたいね」




11: ◆sIPDGEqLDE 2014/11/01(土) 19:59:20.07 ID:ZANfG+ND0


亜美「ピヨちゃーん、沢山集めてきたYO」

小鳥「わ、ホントだ。すごいわね~、ゴミ袋が満杯だわ」

亜美「ピヨちゃんの方は準備できた?」

小鳥「えぇ、焼き場の準備はできたわよ。あとはお芋を新聞紙とアルミホイルで包めば準備完了ね」

亜美「早く早く!」

小鳥「えっと、じゃあ亜美ちゃんはバケツにお水を汲んで来てくれる?」

亜美「ピヨちゃん人使い荒いYO~」

小鳥「火を扱うんだから、水は手元に置いておかないと」

亜美「そっか、じゃあ行ってくるね」

小鳥「は~い。えっと、まず新聞紙でお芋を包んで……と、これを濡らさないといけないのよね

   とりあえず全部包んじゃいましょう」




12: ◆sIPDGEqLDE 2014/11/01(土) 20:00:11.68 ID:ZANfG+ND0


亜美「持ってきたよピヨちゃん」

小鳥「あ、ありがとう亜美ちゃん」

亜美「もう焼ける?」

小鳥「一度新聞紙で包んだお芋をお水につけてからね、あと落ち葉にも」

亜美「水につけたのに焼けるの?」

小鳥「う~ん、何でかしらね? 焼き蒸す感じなのかしら?」

亜美「まぁ、焼けるんならなんだっていいよね」

小鳥「そ、そうね……」

亜美「このお芋を水につけたらいいんだよね?」

小鳥「あ、うん。つけたら絞らないといけないからね」

じゃばー




13: ◆sIPDGEqLDE 2014/11/01(土) 20:01:56.68 ID:ZANfG+ND0


亜美「これでいいかな? もっと絞ったほうがいいの?」

小鳥「ちょっと滴るくらいがいいって書いてあるし、そのくらいでいいんじゃないかしら?」

亜美「んっふっふ~、後はアルミホイルで包んで焼くだけだね」

小鳥「そうね、着火する時は危ないから離れててね」

亜美「らじゃー!」

小鳥「それじゃあホイルで包んで……っと。うん、それじゃあ火をおこしましょう」

亜美「落ち葉をそこに乗っければいい?」

小鳥「そうね、その下に新聞紙を丸めたものを入れて火種にしましょう」

ばさばさ~

亜美「早く火をつけようよ~」

小鳥「その前に帽子と首に湿ったタオルを巻いてね」

亜美「どうして?」




14: ◆sIPDGEqLDE 2014/11/01(土) 20:03:24.33 ID:ZANfG+ND0


小鳥「細かい火の粉が飛んで火傷なんかしちゃったら大変でしょ? ただでさえ亜美ちゃんはアイドルなんだから」

亜美「う~ん、わかった」

小鳥「いい子ね」

ごそごそ

亜美「どう? 似合ってる?」

小鳥「ステージ衣装には負けるけど、可愛らしいわよ。じゃあ火を点けるからバケツ持って離れててね」

亜美「ほ~い」

小鳥「まず新聞紙に火を着けて……ほいっ」

めらめら~

亜美「着いた! わっ、すぐにおっきくなった……」

小鳥「弱まるまで少し待ちましょう」




15: ◆sIPDGEqLDE 2014/11/01(土) 20:04:00.42 ID:ZANfG+ND0



――――――


――――


――




16: ◆sIPDGEqLDE 2014/11/01(土) 20:05:28.19 ID:ZANfG+ND0


小鳥「大分弱まってきたわね」

亜美「もう芋入れていい?」

小鳥「えぇ、入れましょう」

亜美「うわ~い!!」

小鳥「はい、このトングで入れてね」

亜美「了解であります!」

小鳥「火傷しないよう気をつけてね」

亜美「んっふっふ~、芋を掴んで~……ほいっと」

小鳥「ふふっ、嬉しそうね」

亜美「ふ~、全部入ったよ」




17: ◆sIPDGEqLDE 2014/11/01(土) 20:06:49.12 ID:ZANfG+ND0


小鳥「そしたら焼きあがるまで待ちましょう」

亜美「30分くらい?」

小鳥「ううん、1~2時間くらいよ」

亜美「そんなに!?」

小鳥「合間合間に落ち葉を追加しないといけないから意外とすぐな気もするわね」

亜美「あ、そっか」

小鳥「とりあえず飲み物でも買いましょう。私は火の番をしているから、亜美ちゃんお願いしていいかしら?」

亜美「やっぱり今日のピヨちゃんは人使い荒いYO」




18: ◆sIPDGEqLDE 2014/11/01(土) 20:07:52.24 ID:ZANfG+ND0


小鳥「し、仕方ないじゃない……!」

亜美「冗談だよん。んじゃ行ってくるね、ピヨちゃん何飲む?」

小鳥「暖かい紅茶をお願い」

亜美「ん、じゃね!」

小鳥「気をつけてね~」

すたすた

小鳥「ふぅ、火の近くだから暖かくて良いわね~。子供の頃は暖炉のある家とか憧れてたけど

   実際にあったら手入れとか大変そうよね……。ん、ちょっと葉っぱを足さなきゃ」

ばさばさ

小鳥「よし」

亜美「ピヨちゃ~ん、お待たせ~」

小鳥「あら亜美ちゃん、早かったわね」




19: ◆sIPDGEqLDE 2014/11/01(土) 20:09:04.17 ID:ZANfG+ND0


亜美「そかな? 結構かかった気もするんだけど。えっと、はいこれ」

小鳥「あ、ありがとう」

亜美「もう焼けた?」

小鳥「流石にまだ時間かかりそうね」

亜美「そっかぁ、焼き芋作るのって時間かかるんだね」

小鳥「う~ん、落ち葉焚きじゃなかったらもっと、それこそ30分くらいでできるんだろうけど」

亜美「でも、苦労して作ったほうがきっと美味しいよね!」

小鳥「あら、いい事言うわね」

亜美「んっふっふ~、ライブとかだって厳しいレッスンした後の方が、ちゃんと出来た時何倍も嬉しいもん」

小鳥「えぇ、そうね。そろそろ葉っぱを足しましょうか」




20: ◆sIPDGEqLDE 2014/11/01(土) 20:10:32.80 ID:ZANfG+ND0


亜美「あ、亜美がやるよ!」

小鳥「うふふ、お願いね」

ばさばさ

小鳥「この葉っぱが無くなりそうになったら丁度いいくらいかもしれないわね」

亜美「ホントに!?」

小鳥「時間的に多分ね」

亜美「はやく焼けないかな~」




21: ◆sIPDGEqLDE 2014/11/01(土) 20:12:03.37 ID:ZANfG+ND0



――――――数十分後


小鳥「そろそろいいかしら?」

亜美「焼けた? 焼けた!?」

小鳥「一個取り出して、櫛で刺してみましょう」

ぷすっ

亜美「どう?」

小鳥「うん、抵抗なく入っていったからこの子はもう焼けてるわよ」

亜美「ぃやった~! 焼き芋できた~!」

小鳥「他のお芋はどうかしら」




22: ◆sIPDGEqLDE 2014/11/01(土) 20:13:22.20 ID:ZANfG+ND0


亜美「あ、亜美がやるよ!」

小鳥「それじゃあお願いしていいかしら。私はアルミホイルを剥くから」

亜美「えいっ。えいっ」

ぷすっぷすっ

亜美「おぉ~」

小鳥「焼け具合はどう? 途中でつっかかったりしたらまだちゃんと焼けてないわよ」

亜美「大丈夫っぽいよ!」

小鳥「それじゃあ焼けたやつから剥いていくからもらえるかしら?」

亜美「らじゃー!」

がさがさ

小鳥「ふ~、これで全部剥けたわね」




23: ◆sIPDGEqLDE 2014/11/01(土) 20:14:20.68 ID:ZANfG+ND0


亜美「おぉ~」

小鳥「さ、割るわよ」

ぱかっ

ほわ~

亜美「わぁ~、美味しそう~!」

小鳥「ごくり……」

亜美「食べていい?」

小鳥「えぇ、食べましょう」

ピヨ亜美「「いただきま~す!!」」




24: ◆sIPDGEqLDE 2014/11/01(土) 20:15:27.10 ID:ZANfG+ND0


亜美「あ~むっ……ん~~~!!」

小鳥「はむっ……ほ、ほれは……!!」

ピヨ亜美「「美味し~~~い!!!」」

亜美「甘くって……はふほふ……」

小鳥「ほっくほくだわぁ……」

亜美「はぐっ……んぷぅ……」

小鳥「あぐあぐっ……ほぅ……」

亜美「美味しかった~」

小鳥「えぇ、これは予想以上ね……!」




25: ◆sIPDGEqLDE 2014/11/01(土) 20:16:16.52 ID:ZANfG+ND0


亜美「やっぱり苦労した分美味しさも盛り塩だね」

小鳥「ひとしお……かしら?」

亜美「沢山焼いたけど、流石に全部は食べきれないよね」

小鳥「そうねぇ、いくつかは持って帰りましょうか」

亜美「真美にも食べさせてあげよ~っと」

小鳥「そうね、きっと喜ぶわよ」

亜美「今すぐには持てないからちょっと冷ましてからにしよっと」

小鳥「じゃあその間にお片付けしましょう」

亜美「う……。それが残っていたか……」




26: ◆sIPDGEqLDE 2014/11/01(土) 20:17:48.99 ID:ZANfG+ND0


小鳥「とりあえずバケツの水をかけて消火しましょう」

亜美「は~い」

じゃば~

じゅわ~

亜美「わっ、すごい煙……!」

小鳥「灰はゴミ袋に……掘った穴は埋めないと……」

ざっざっ

亜美「う~、食べる前も後も大変だYO……」

小鳥「ちゃんとやらないとダメよ、亜美ちゃん」

亜美「は~い……」




27: ◆sIPDGEqLDE 2014/11/01(土) 20:19:52.74 ID:ZANfG+ND0



――――――――


――――


――




28: ◆sIPDGEqLDE 2014/11/01(土) 20:22:19.88 ID:ZANfG+ND0



小鳥「ふ~、お片づけ完了!」

亜美「意外と時間かかっちゃったね」

小鳥「でもお芋は充分冷めたんじゃないかしら?」

亜美「ほいっと。うん、素手でも持てるしじんわり温かい!」

小鳥「うふふ、それじゃあ持って帰りましょうか」

亜美「ほ~い!」

小鳥「袋がお芋でいっぱいね」

亜美「真美の分とパパとママの分だかんね!」

小鳥「私は一人分だし、そんなに食べられないから2本だけ」

亜美「ピヨちゃん、今日はあんがとね」

小鳥「ふふっ、どういたしまして」




29: ◆sIPDGEqLDE 2014/11/01(土) 20:23:17.57 ID:ZANfG+ND0


亜美「焼き芋を作るのがこんなに大変だって思わなかったけど、すっごく楽しかったよ!」

小鳥「楽しんでもらえたなら私も良かったわ」

亜美「またやろーね!」

小鳥「それはダメ」

亜美「え」

小鳥「これ多分明日筋肉痛だからもうやらないわよ」

亜美「アッハイ……」




おしまい



30: ◆sIPDGEqLDE 2014/11/01(土) 20:24:57.70 ID:ZANfG+ND0

終わりです。

公園等で落ち葉焚きすると最悪通報もありえるので、実際に行う際はお気をつけください。

少しでもお楽しみいただけたら幸いです。
それではお目汚し失礼しました。



31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/01(土) 20:47:00.91 ID:L/El3V8z0

おつー













http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1414838524/