1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/31(金) 23:24:08.59 ID:qSmjoKfW0


蘭子「ん、うーん……」

蘭子「はぁー……」

蘭子「良い湯だなぁ…… (炎熱が身に染みるわ……)」

蘭子「景色もすっごく良いなぁ…… (空は蒼、大地は紅葉……)」

蘭子「疲れも吹き飛んじゃうなぁ…… (闇ん飲ませ……)」

蘭子「温泉に来てよかった♪ (友の導きし炎熱の地よ!)」





2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/31(金) 23:35:38.15 ID:qSmjoKfW0


かな子「蘭子ちゃん、すっかり堪能してるね♪」

蘭子「ハッ……!?」

かな子「温泉気持ちいいもんね、その気持ち分かるよー」

蘭子「ふ、フハハっ! 我が魂は磐石よ! (ぜ、全然緩んでないもん!)」

かな子「そうかな? 頬が緩んでるよ?」

蘭子「ふぇっ!?」

かな子「あはは、冗談だよ~♪」

蘭子「うう……新たな小悪魔…… (レイナちゃんより意地悪かも……)」

かな子「そうだ、身体はもう洗った?」

蘭子「いや、まだ……」



3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/31(金) 23:45:30.14 ID:qSmjoKfW0


かな子「蘭子ちゃん、身体洗ってあげるよー♪」

蘭子「では我が翼を頼もうか!」


かな子(つばさ?)

かな子(翼……蘭子ちゃんの言葉だとどこなんだろう?)

かな子(背中? ツインテール? うで? ??)

かな子(う~ん……試されてるのかな?)

かな子(ええっと……)


かな子「もう全部洗っちゃうねー!」

蘭子「!!?」




5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/31(金) 23:52:57.71 ID:qSmjoKfW0


蘭子「モコモコモコォ!!?」

かな子「背中に、ツインテールに、うでに、翼?もぜーんぶ!」

蘭子「も、もこー!」

かな子「わっ、ご、ごめん蘭子ちゃん! やり過ぎちゃった!?」

蘭子「もこ! もこもこ!」

かな子「あ、泡だらけ……洗い過ぎちゃったね……」

蘭子「もここ!」

かな子「っていうか蘭子ちゃん、もこもこしか話せなくなってる!?」

蘭子「もこー!」

かな子「ご、ごめんね! 今洗い流すねー!」

蘭子「もこっ」



6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/01(土) 00:03:37.66 ID:bgww5b4W0


蘭子「ふぅ、ふぅ……霊界を垣間見たわ…… (ちょっとモコり過ぎですっ!)」

かな子「うう、ごめんね蘭子ちゃん……つい」

蘭子「この罪はあがなってもらうわ…… (罰が必要ですよね……?)」

かな子「う……お、お菓子とかで許してくれる……?」

蘭子「最近体重が気になるからそれはちょっと……ではなく、目には目を、闇には闇を!」

かな子「え、ええ~!?」

蘭子「フフフ……掟には抗えない! (逃げちゃダメですよー!)」

かな子「ふぇぇー!?」




8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/01(土) 00:14:32.44 ID:bgww5b4W0


かな子「あう……私ももこもこです……」

蘭子「ふぁーはっはっは! これぞ魔王の力よ! (神崎蘭子、頑張りました!)」

かな子「が、頑張りすぎだよ蘭子ちゃん~!」

蘭子「浄化の綿雲よ! (綿菓子のお化けみたい♪)」

かな子「えへへ……これはこれで、何だか面白いかも♪」

蘭子「仮装の祭典よ! (ハロウィンパーティみたい!)」

かな子「そうかな? えへ、食べちゃうぞー!」

蘭子「きゃー♪」

かな子「それならトリックオアトリートですよ、蘭子ちゃん♪」

蘭子「ふむ、では炸裂飴細工を…… (じゃあ、このサイダー味のアメあげる♪)」

かな子「わーい……ってこれ石鹸じゃないですかー!」

蘭子「食さぬのか? (食べないんですか?)」

かな子「もぉー! お菓子が好きだからって、石鹸まで食べません!」

蘭子「フフフ♪」




9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/01(土) 00:36:46.18 ID:bgww5b4W0


蘭子「よし、その穢れを浄化してみせよう! (じゃあ洗い流しますねー)」

かな子「……ぷはー。ありがとう、蘭子ちゃん♪」

蘭子「礼には及ばぬ! (いえいえー♪)」

かな子「とりあえず身体は洗えたかな?」

蘭子「待て、浄化の残滓が…… (あ、泡が残ってます!)」

かな子「あれ、どこどこ?」

蘭子「こっち……いや、そっちにも……」

かな子「あれれ。あちこちですね」




10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/01(土) 00:54:26.47 ID:bgww5b4W0


蘭子「よし、我が拭い去ってみせる (私が拭くから動いちゃダメですよー?)」

かな子「……ふっふっふ」

蘭子「む?」

かな子「えーい!」

蘭子「きゃっ?」

かな子「蘭子ちゃんも、もう一回泡々ですっ♪」

蘭子「もー、うったまがったがねー! (びっくりしちゃったー!)」

かな子「へ?」

蘭子「あっ……」

かな子「えへへ。今の、素の蘭子ちゃんですよね♪」

蘭子「や、闇の眷属たる私が、二度も不覚を……!」

かな子「蘭子ちゃん、やっぱり可愛いなぁー♪」

蘭子「うぅ……泡があったらモコりたい……!」




11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/01(土) 01:06:00.63 ID:bgww5b4W0


蘭子「ふう……素晴らしき炎熱の加護よ……」

かな子「気持ちいいお湯ですねぇ……」

蘭子「うむ。阿蘇を思い出すわ……」

かな子「いいですねぇ……」

蘭子「紅葉がいっぱい……」

かな子「綺麗だねぇ……」

蘭子「ほわぁ……」

かな子「ほわぁ……」




12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/01(土) 01:14:20.19 ID:bgww5b4W0


かな子「ふー……うーん……」

蘭子「何事か……?」

かな子「ちょっとね、ゆっくりつかり過ぎちゃった。軽くのぼせたみたいなの」

蘭子「そうか……」

かな子「私はもう上がるね。蘭子ちゃんはどうする?」

蘭子「あと100数えたら……」

かな子「うん、じゃあまた後でね~」

蘭子「うむっ」




13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/01(土) 01:25:36.82 ID:bgww5b4W0


蘭子「きゅうじゅうはーち……きゅうじゅうきゅう……」

蘭子「ふう、魔力を蓄えすぎたか……? (私ものぼせちゃったかなぁ……)」

蘭子「幻惑の世界よ…… (頭くらくらする~)」

蘭子「いざ、衣を纏いにゆかんっ (そろそろあがろーっと)」

蘭子「フフフ。友の幻が…… (えへへ、プロデューサーの姿まで見えちゃうー)」

蘭子「……」




14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/01(土) 01:36:25.79 ID:bgww5b4W0


蘭子「あれ、え? プロデューサー?」

蘭子「な、ななな何でここに!?」

蘭子「こ、ここは乙女の園なるぞ! 立ち去れー!」

蘭子「……へ? 男湯?」

蘭子「……あれ?」

蘭子「もしかして朦朧として……」

蘭子(うっかり回り込んできちゃった!?)




15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/01(土) 01:40:22.39 ID:bgww5b4W0


蘭子「す、すすすまぬ友よ! すぐに立ち去らねば……っ」

蘭子「何者かの魔の手が…… (誰かに見られたりしたら……)」


かな子「蘭子ちゃーん? 出ないのー?」


蘭子「ひゃっ!?」

蘭子(い、今戻ったらばれちゃう……!)


かな子「あれ、もう出ちゃったのかな……?」


蘭子(うっ……出る機会逃した……)




16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/01(土) 01:45:49.07 ID:bgww5b4W0


蘭子「しばらく時を稼がねば…… (ちょっと時間をおいてから戻らないと……)」

蘭子「急くのは混沌への落とし穴…… (すぐ戻ったら不自然だし……)」

蘭子「……む? 身体は洗ったのか、だと?」

蘭子「えっと……」

蘭子「……ま、まだだったら?」

蘭子「……えっ? 洗ってくれるの?」

蘭子「そ、そうか……うむ、苦しゅうないぞ!」

蘭子「フフ、流石は我が友、解っているな!」

蘭子「では我が翼を頼もうか!」




17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/01(土) 01:50:38.55 ID:bgww5b4W0


蘭子「ふ……ふむふむ。良いぞ……」

蘭子「フフフ……これなら力の目覚めも遠くない」

蘭子「しかし……意外と大きな手……」

蘭子「い、いや何でもないぞ」

蘭子「フフ……」

蘭子(プロデューサーに背中流してもらってる♪)




18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/01(土) 01:57:14.50 ID:bgww5b4W0


蘭子「ふう、中々悪くなかったわ」

蘭子「これなら堕天使の召使いを目指せよう! (私専属の執事にしたいくらいです♪)」

蘭子「ふはは、魔王の戯れ! (なんて、冗談でーす♪)」

蘭子「……ん? 浄化の欠片が花園に…… (女湯の方に石鹸転がしちゃったんですか?)」

蘭子「ならば我が力を見せてくれる! (じゃあ取ってあげますから、こっちに!)」




19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/01(土) 02:10:05.96 ID:bgww5b4W0


蘭子「浄化の欠片を授けん! (はい、石鹸どうぞ♪)」

蘭子「では、これでしばしの別れを…… (じゃあ、そろそろあがりますね!)」

かな子「あっ、蘭子ちゃん。やっぱりまだ入って……」

蘭子「えっ……」

かな子「え?」

蘭子「あ……」

かな子「な、なななっ!?」

蘭子「あ、いや、これは……」

かな子「ど、どーしてプロデューサーさんが女湯にいるんですかぁっ!?」

蘭子「い、否っ! 決して翼を浄化してもらったとかではなく……!」

かな子「しかも翼を浄化しちゃったんですか!?」

蘭子「あっ。いや違っ……!」

かな子「蘭子ちゃん、どういうことか説明してくれますか……?」

蘭子「えっと……その」


蘭子「浄化してもらっちゃった……えへへ♪」




20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/01(土) 02:18:39.40 ID:bgww5b4W0


かな子「もー! プロデューサーさん! お仕置きです! もこもこです、もこもこー!」

蘭子「あ、宴は共に! (もこもこ混ぜてー♪)」

かな子「泡だらけにして、綿菓子になって皆に食べられちゃえばいいんですー!」

蘭子「甘美な誘惑! (美味しそー!)」

かな子「……蘭子ちゃん、浄化されちゃったんですよね?」

蘭子「……えっ?」

かな子「じゃあ蘭子ちゃんも同罪なのでは……」

蘭子「う……」

かな子「もぉー! 蘭子ちゃんもメレンゲになっちゃえばいいんですー!」

蘭子「きゃー♪」

かな子「プロデューサーさんも蘭子ちゃんも、今日のおやつ抜きですからね!」

蘭子「ふはは、我が魔力は収まらぬ! 我が友もそう言って……」

蘭子「……おやつ抜き?」


蘭子「そ、それだけはーっ!」




21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/01(土) 02:26:00.82 ID:bgww5b4W0

おしまい
みむらんこは可愛い
加奈ちゃんの上顎中切歯もやっぱり可愛い













http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1414765438/