1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/02(金) 21:54:01.70 ID:f/o+i2/m0

苗木「なんだろうこれ……」

苗木「おーい、モノクマーっ」





苗木「?」

苗木「モノクマーっ」







苗木「来ない…なんで?」



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/02(金) 21:57:55.63 ID:f/o+i2/m0

苗木(どうしよう…押すべきか? 押さないべきか…?)

苗木(このまま置いてても仕方ないよね! よし!押そう!)

苗木(せーのっ)

モノクマ「アッハッハッハッ!」ヒョコ

苗木「はわわわわわ!?」

モノクマ「おやおや? どうしたの?変な声だして」

苗木「い、いきなり出てこないでよ。びっくりするじゃないか」

モノクマ「ごめんごめん」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/02(金) 22:01:45.90 ID:f/o+i2/m0

モノクマ「で、何の用かな?」

苗木「このスイッチだよ。押したら何が起こるのか教えてよ」

モノクマ「…」

苗木「モノクマ?」

モノクマ「それは僕にもわからないよ」

苗木「え」

モノクマ「これはそれを楽しむためのスイッチなんだからさあ」

苗木「じゃあ押さないほうがいい場合もあるってこと? たとえば、押したら学園が爆発しちゃうとか…」

モノクマ「アッハッハッハッ! 苗木くんは面白いなあ」

苗木「僕はまじめに聞いているんだよ」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/02(金) 22:06:55.04 ID:f/o+i2/m0

モノクマ「まあ良い事が起きるかはオマエラ次第だよ。少なくとも学園が爆発しちゃうとかいきなり誰かが死んじゃうとかそんなことは起きないよ」

苗木「信じていいんだね?」

モノクマ「僕はウソは言わないよ。じゃあこれでー」スッ

苗木(押すしか…ないよな…今のままだと…脱出なんてとても…)

苗木(よし!今度こそ!)

苗木「」ポチッ











5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/02(金) 22:10:03.93 ID:f/o+i2/m0

苗木(あ、あれ?)

苗木(何も…ない…?)

苗木 ズキィィィィ!

苗木「!?」

苗木 ズキィィィ!

苗木(痛い…すごい頭痛が…なんで? なんでだ?)

苗木(とにかく…皆のところへ…)ヨロヨロ

苗木「」バタン







モノクマ「うぷぷぷぷ…面白くなりそうだね」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/02(金) 22:16:03.39 ID:f/o+i2/m0

食堂~

ダダダダダッ バタンッ

朝日奈「うわわ! って舞園ちゃん! どうしたの!」

舞園「あの、…いないんです…」ハァハァ

朝日奈「いない?」

舞園「はい…どこにも…どこにもいないんです…」

朝日奈「何? 誰かいなくなったの?」

舞園「何度も部屋をノックしても出てこないんです! 体育館にもいなかったし!」

大神「落ち着け!落ち着くのだ!」

舞園「…」

大神「順を追って話せ! 誰がいなくなったというのだ…」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/02(金) 22:20:09.76 ID:f/o+i2/m0

大神「苗木がか…?」

舞園「はい。早起きして一緒に探索をする予定だったんですが」

朝日奈「ちょ! なにそれ?デート?」

大神「朝日奈よ。その話はあとでするべきだ」

朝日奈「…ごめん」

舞園「そ、それで食堂で待ち合わせする手はずのはずが苗木くんがいなかったんですよ」

大神「なるほど」

朝日奈「きっと学園のどこかにいるよ。もうすぐ皆起きてくるからそのときに探そう?」

舞園「お願いします…」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/02(金) 22:27:16.38 ID:f/o+i2/m0

ゾロゾロ

ゾロゾロ

舞園「カクカクジカジカ」

石丸「苗木くんが?」

大和田「モノクマだ…あいつが何かしやがったんだ」

江ノ島「マジ怖いんだけど…」

十神「ふん。自業自得だ」

大和田「んだと?」

十神「大した取り柄もないくせに単独行動するからこうなるんだ。愚民は愚民らしく愚民同士で群れていればいいものを」

大和田「そいつはどういう意味だ? 俺らも愚民だってことか?」

十神「いちいち確認することか愚民」

大和田「てめええええ!」

苗木「やめるんだ二人とも!」

大和田「?」

セレス「いるじゃありませんか。人騒がせなお人ですね」

舞園「苗木くん? 本当に苗木くんなんですか?」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/02(金) 22:31:54.05 ID:f/o+i2/m0

苗木「は、ハハハハ…ごめん舞園さん。昨日の約束、破っちゃったね」

舞園「そ、そんなの…そんなのどうだっていいですよぉ」グスン

霧切「苗木くん。説明してもらえないかしら。今までどこにいたの?」

苗木「購買部だよ…昨日の約束については…皆知ってる?」

霧切「ええ。探索する予定だったのよね?」

苗木「…僕は予定より早く起きちゃって…一足早く…見て回ってたったんだ…よ…そしたらモノモノマシーン見つけて…」

舞園「苗木くん? 顔色悪いですよ?」

苗木「へ、へちゃらさ…で、変なスイッチ引いてそれ押したら…急に頭痛がして…」

霧切 フムフム



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/02(金) 22:38:59.99 ID:f/o+i2/m0

苗木「さ、…み、みんな…朝ごはんを食べよう…ごめんね…僕のせいで」

葉隠「苗木っち! マジで無理すんなって! 俺ら別に怒ってねえべ!」

セレス「あなたは部屋でお休みになるべきですわ。食べ物は後で持っていきますから」

苗木「あ、あはは…みんな、ありがt…」バタン

舞園「苗木くん? 苗木くん! しっかりしてください!苗木くん苗木くん!」ユサユサッ

霧切「だめよ。揺すらないで」

舞園「頭痛だから脳に何かあるかもしれないわ。ゆっくりと部屋まで運ぶのよ」

モノクマ「アッハッハッハッ!」ヒョコ

大和田「モノクマ…てめえよくもやってくれたな」

モノクマ「え? なんのこと?」

大和田「とぼけんな! てめえが用意した変なスイッチのせいで苗木がくたばったんだよ!」

モノクマ「ちがうよ。スイッチを押したのは苗木くんの意志だもん」

大和田「なっ…くそ…」バァン!



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/02(金) 22:45:23.38 ID:f/o+i2/m0

霧切「何しにきたの? 私たちはあなたと遊んでいる暇はないの」

モノクマ「おおっ。そうだった。苗木くんのために閉鎖されていた保健室を解放いたしましたー!」

江ノ島「マジ?」

モノクマ「あそこなら医療器具はある程度ならあるし、寮の個室より安心だよ」

大和田「ふざけんな!誰がお前のいうことを」

霧切「待って。一理あるわ」

大和田「んだよ」

霧切「とにかく保健室へ運びましょう」

セレス「おら豚」

山田「はいはい」シュパッ

霧切「じゃあお願いね」

山田「お任せあれ」

エッホッホッー



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/02(金) 22:49:43.94 ID:f/o+i2/m0







ガサッ

セレス「あら」

苗木「ん…あっ…」ムクッ

セレス「苗木くん? 起きたのですか?」

苗木「ん? ここどこぉ?」

セレス「保健室ですわ。あなた倒れたんですよ」

苗木「ほけんしつ…そっかぼく倒れちゃったのかぁ」

セレス(妙ですわね。何か口調に違和感が…)



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/02(金) 22:55:41.31 ID:f/o+i2/m0

玄関ホール近辺~

大神「舞園よ。少し休んだらどうだ? おぬしも倒れるぞ」

舞園「平気ですこんなの。それよりも苗木くんが心配で」

江ノ島「あんたやるよねえ。なあなあ苗木のこと好きなん?」

舞園「そ、そんな…私は別に…」

江ノ島「いっちゃいなyo! 苗木のことすきなんでs、いたっ! 何すんだよてめえ」

大神「場を読め…」

江ノ島「くっ…」





セレス「どっひゃああああああああああー!」

舞園「セ、セレスさん?」

江ノ島「何? なんなの?」

大神「急げ!走れ!」ダダッ

ダダッ


ガラッ

舞園「セレスさん? 苗木くん? どうかしたんですか?」

セレス「なんという…いったいなにが…」フルフル



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/02(金) 22:58:10.73 ID:f/o+i2/m0

ガラガラッ

石丸「苗木くん!」

大和田「苗木ぃ!」

山田「セレス殿!」

朝日奈「苗木?」

舞園「み、みんな?」

霧切「セレスさんの悲鳴を聞きつけたのよ。 いったい何が」

舞園「それが…ですね…」

大神「われには説明できぬ。いったい苗木に何が起きたというのだ…」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/02(金) 23:03:21.41 ID:f/o+i2/m0

霧切「苗木くん? 私よ? わかる?」

苗木「うん。もちろんわかるよ!」

霧切「そう。自分の名前と生年月日いえるかしら?」

苗木「なえぎまこと。えっとカクカクジカジカ」

舞園「あってます、けどわかりますよね。」

霧切「口調が微妙に変わってるわね。すこし幼い感じに」

苗木「ねーねー。みんなどーしたのー? こんなに集まっちゃってさ」

セレス「先ほど説明した通りですわ」

苗木「そっかー! うん? みんなじゃないなーだれかいないみたい」ジローッ

葉隠「ああそれなら十g」

霧切「待って」

葉隠「な、なんだべ」



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/02(金) 23:08:14.99 ID:f/o+i2/m0

霧切「苗木くん、誰がいないの? 言ってみて」

苗木「うーん…あ、そうそう。百夜お兄ちゃんとトーコおねえちゃん!」

一同「!?」

朝日奈「い、いまなんて…」

霧切「苗木くん、ここにいる全員の名前いえるかしら?」

苗木「うん!まず響子さんでしょ!盾子さんでしょ。葵さんでしょ。多恵子さんでしょ」

セレス「お待ちください。苗木くん。私のことはセレスとおよびください」

苗木「んーどうしてー?」

セレス「いいから」

苗木「はーい」

セレス(かわいい)



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/02(金) 23:11:55.31 ID:f/o+i2/m0

苗木「~くんでしょ カクカクジカジカ」

葉隠「な、なんかくすぐったいべ」

桑田「ああ、苗木って結構かわいい顔してるからな…」

苗木「それで最後は、さやかー!」

舞園「!?」

舞園「どうして私だけ呼び捨てなんですか?」

苗木「いつもそう呼んでるでしょ? さやかはさやかだー!」

舞園(かわいい)



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/02(金) 23:55:58.28 ID:mKLWG/LHo

(かわいい)



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 09:32:11.09 ID:TVzOpmrw0

霧切「つまりあのスイッチは…押した人が幼くなるスイッチだったのね」

桑田「マジかよ…そんなスイッチが」

モノクマ「アッハッハッハッ!」ヒョコ

モノクマ「大正解! あのスイッチは若返りスイッチっていうんだけどね」

舞園「もとに戻すにはどうすればいいんですか?」

モノクマ「うぷぷぷぷ。簡単だよ。それはね」ヒソヒソヒソ

舞園「え? えええええええええーっ!」

モノクマ「ま、頑張ってねー」ヒョイ

桑田「舞園ちゃん、なんて言われたんだ?」

舞園「……」

桑田「舞園ちゃん?」

舞園「ごめんなさい」スタタッ

苗木「さやかー? どうしたの? さやかーっ!」

大神「弱ったな。舞園が話さないと苗木を元に戻せない」



29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 09:36:28.88 ID:TVzOpmrw0

セレス「とりあえず今日のところは引きあげましょう」

セレス「苗木くん、お体の調子はどうですか?」

苗木「うん! バッチシだよ! 頭痛もどこかにとんでっちゃった!」

セレス(かわいい)

霧切「では戻りましょう」

石丸「少し遅くなったが朝食といこうではないか」

江ノ島「wktk」



30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 09:40:28.62 ID:TVzOpmrw0

江ノ島「ほら苗木、これ食べな」

苗木「あ、ありがとー盾子ちゃん」パクパク

江ノ島(かわいい)

朝日奈「苗木ぃ ドーナツ食べる?」

苗木「食べるたべるーっ」

朝日奈「ならこっちおいで。ほら」ポンポン

苗木 トテトテ

舞園「……」

霧切「どうしたの?」

舞園「」ビクッ

霧切「いったいモノクマに何を言われたの」

舞園「それは」



31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 11:04:15.09 ID:TVzOpmrw0

舞園「ごめんなさい…今は言えないんです」

霧切「そう。まあいいんじゃないかしら。あんなに楽しそうなんだから」

苗木「きょーこさん!きょーこさん!」

霧切「え、な、何かしら…」

苗木「きょーこさんも一緒に食べよー?」

霧切「…か、かまわないわよ」

苗木「さやかも食べよー」

舞園「ええ。いいですよ」



32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 20:34:20.08 ID:TVzOpmrw0

江ノ島「ほら、苗木。口元汚れてんぞ」フキフキ

苗木「ありがとー盾子ちゃん」

江ノ島「」キュウウン

桑田「なあ、俺なんかに目覚めそうなんだけど」

葉隠「なんかにって何だべ?」

桑田「おま…今ので通じねえのかよアホ」

葉隠「はぁああ? アホって言ったやつがアホだべ!アホ!」

桑田「その理屈がアホだろ。しかもガキ」

葉隠「怒ったぞ!俺は怒ったべさ!」

大神「やめろ」

桑田・葉隠「はい…」



33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 20:39:21.26 ID:TVzOpmrw0

朝食後~

苗木「朝ごはんおいしかったねー」

舞園「そ、そうですね」

セレス「苗木くんはこのあとどうするのですか?」

苗木「うーん」

霧切「そうね。苗木くん。私の部屋にいらっしゃい」

苗木「ええ? いいの?」

舞園「霧切さん、いったい何を…」

霧切「試したいことがあるのよ。できるだけ大人数いると助かるのだけれど」

セレス「」パチン

山田「はいはい。なんでしょう?」シュバ

セレス「皆を霧切さんの部屋に呼び出してください」

山田「おまかせをー」ドスドスドス



34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 21:19:58.12 ID:TVzOpmrw0

霧切の部屋~







霧切「まあこんなとこね」

江ノ島「霧切、あんたすごいね。こんなことおもいつくなんてさ」

霧切「どうってことはないわ。それより舞園さん、まだ教えてくれないの? もとに戻す方法」

舞園「あっ…あ、あの…もう少しだけ…」

霧切「そう。わかったわ」

苗木「それにしても暇だよねえこの学校」

江ノ島「じゃあさ、トランプしない? あたし持ってきんだ」

苗木「おーおー」

セレス「いいですわね」

江ノ島「じゃあ持ってくっから。ちょっと待ってて」

朝日奈「男子は…いいか別に。女子だけのほうが盛り上がるよねー」

苗木「僕も男子だよーっ」

朝日奈「あ、そか。ごめんごめん」

一同「アハハハ」

舞園「……」



35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 21:25:53.82 ID:TVzOpmrw0

セレス「ウフフフフ」

朝日奈「もーまたセレスちゃんの勝ち?」

江ノ島「あはは…あたしトランプ苦手みたい…」

苗木「盾子さん、全部ビリだからって落ち込まないで。トランプなんて運だから」

江ノ島「あ、ありがと苗木」

霧切「あら、もうすぐ夜時間だわ。皆部屋に戻りましょう」

舞園「そ、そうですね」

苗木「さやかー!」

舞園「はい。なんですか?」

苗木「今日一緒に寝よー」

一同「!?」

舞園「それはちょっと…勘弁してもらえますか?」

苗木「んーなんでー? ほかに誰か来るの?」



36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 21:33:41.78 ID:TVzOpmrw0

舞園「そういうわけではありません。けど今日は遠慮してください」

苗木「ナットクいかないよーっ! なんで駄目なのさー」

舞園「ですから…その…」

苗木「ねぇ一緒に寝ようよー」

舞園「いい加減にして下さいっ!」

苗木「!?」

朝日奈「舞園ちゃん!?」

舞園「何度も何度もしつこいですよ苗木くんっ! 嫌だと言っているのにどうしてわからないんですかっ」

苗木「…」ジワッ



37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 21:34:07.65 ID:TVzOpmrw0

江ノ島「ちょっと舞園、そんな言い方ないじゃん。中身は小学生なんだよ」

舞園「関係ありませんっ! とにかく苗木くん。苗木くんのことは嫌いじゃありませんけど、一緒に寝るのだけは勘弁してくださいっ」スタスタ

江ノ島「おいてめえ、逃げんのかよ」

セレス「しかし苗木くん、あなたにも反省すべきところはありますわ。しつこかったのは事実ですからね」

苗木「うん…ごめんなさぁい…」

セレス「それは明日舞園さんに言ってください」

江ノ島「苗木、あんたが良ければだけどさ、今日はあたしと寝よ。ね?」

苗木「うん。ありがと盾子さん…」ジワッ

江ノ島(チョーカワイイ……)



39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 21:41:31.50 ID:TVzOpmrw0

舞園の部屋~

舞園(…あれで…あれでよかったのでしょうか…)

舞園(いやいや。あれはきっと間違っていません。苗木くんがもとに戻るためにはああするしかないのです)

舞園(苗木くんがもとに戻る方法…)

モノクマ≪舞園さん以外の女子と恋仲になっちゃえばいいんだよ。そして苗木くんが本当の男になっちゃえば…≫

舞園(本当の男とはつまり…あれするという意味…ですよね…正直言って…嫌です…)ジワッ

舞園「ヒック…エッグ…」

舞園「わーーー」ボロボロボロッ



40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 21:47:49.51 ID:TVzOpmrw0

翌朝~

食堂~

石丸「そろうのが遅いぞ皆!」

桑田「おめえが早すぎんだよ。ったく…」

セレス「まだそろっていませんわ。江ノ島さんと苗木くんが」

舞園「え……」

百夜「ほっとけ。和を乱す輩ははじめからいらん」

大和田「おめえにだけは言われたかねえよ!」

石丸「ぬぬぬ、あの痴女が」

石丸「ええい。僕が起こしてくる。皆は待っていてくれ」

舞園「待ってください! 私もいきます」

葉隠「おい、もしかしてよ…だれかにころs」

朝日奈「バカ!縁起でもないこというな」



41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 21:52:20.88 ID:TVzOpmrw0

石丸「苗木くん!苗木くん!」ドンドン

舞園「苗木くん」ドンドン

石丸「苗木くんは後回しだ。江ノ島くんの部屋に行くぞ」タタッ

石丸「江ノ島くん!江ノ島くん!」ドンドン

モノクマ「やっほーーい」ヒョコ

石丸「モノクマ…」

モノクマ「うぷぷぷ。僕がこのマスターキーをつかって開けてあげるよ」

石丸「おお、ありがたい。早くしてくれ」

モノクマ「」ガチャ

モノクマ「開いたよー!じゃあこれでー」ヒョイ



42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 21:59:04.30 ID:TVzOpmrw0

石丸「江ノ島くん! いったい何時だと」

石丸「!?」サーッ

江ノ島「ムニャムニャ…レーションおいしい…」

苗木「」スヤスヤ

舞園「」

石丸「ふ、不純異性交遊だ! 二人とも!抱き合うのをやめろ!離れろ!離れるんだー!」

江ノ島「…え…なに…?」パチッ

江ノ島「うっわわわ!? なんであんたがここにいんのよっ!マジキモいんだけどっ!」

石丸「なんだその言いぐさは。あんまり遅いから心配したのだ」

舞園「苗木くん…江ノ島さんと寝たんですね…」

江ノ島「はぁ!? ちょ、変な意味にきこえるからそんな言い方すんな」

苗木「あ、あれ…さやか…きよたかくん…」

石丸「そ、そういえば君は精神は子どもだったな…この場合どうなるんだ…」フーム

江ノ島「だからぁ!あたしは何もしてないつーのっ!」



43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 22:04:00.02 ID:TVzOpmrw0

食堂

苗木「みんなおはよー、おそくなってごめんねー」

一同(かわいい)

葉隠「ま、寝坊くらいおれもよくするべな」

不二咲「気にしなくていいからね、苗木くん」

大和田(不二咲と苗木、なんかお似合いだな…)

セレス「」パチン

山田「はいはい」シュバッ

セレス「ロイヤルミルクティーを」

山田「はいはい」

苗木「ぼくもー」

山田「はいはい」



44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 22:07:20.79 ID:TVzOpmrw0

霧切「舞園さん」ズイッ

舞園「な、なんですか霧切さん」タジタジ

霧切「まだだめなの? 苗木くんがもとに戻る方法」

舞園「……」

霧切「何をだまっているのかしら」

舞園(霧切さんなら…なんとかしてくれるかもしれません…)

舞園「ちょっと来てください。誰にも聞かれない所で」

霧切「ええ」



46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 22:12:56.11 ID:TVzOpmrw0

舞園「というわけなんです」

霧切「つまりあなたが苗木くんに好意を持っていることを逆手にとっているわけね」

舞園「ど、どうしてわかるんですか?」

霧切「わかるわよ見ていれば」

舞園「そう、だったんですか」

霧切「誰なら許せるの」

舞園「え?」

霧切「寝取られても許せるのは誰なのかと聞いているの」

舞園「ちょっと待ってください! できればそれは避けたいんですが…」



47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 22:16:46.40 ID:TVzOpmrw0

霧切「いい? この前私の部屋でやった実験のことを思い出してみて」

舞園「はぁ」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

霧切「苗木くん、これから質問をしていくからわかるなら答えて頂戴」

苗木「はーい」

霧切「じゃあまず私たちの才能をいえるかしら」

苗木「うん。もちろんだよ。まずさやかはね」

舞園「全部あってますね」

霧切「この学園にきてからの記憶はある、というわけね」



48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 22:20:20.72 ID:TVzOpmrw0

霧切「ならこの問題とけるかしら」サラサラッ

舞園「連立方程式ですか…」

苗木「わかんないよー何これー」

霧切「ではこれ」サラサラッ

舞園「正負の数の計算ですか…」

苗木「むむむ…」

霧切「じゃあこれ」

舞園「比例と反比例ですね」サラサラッ

苗木「これならわかるよー」サラサラッ

霧切「なるほど」

セレス「何を調べようというのですか?」



49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 22:25:16.60 ID:TVzOpmrw0

霧切「苗木くんの知識レベルよ。具体的な精神年齢を調べようと思ったの」

舞園「なるほど。比例と反比例は確か…小学六年生くらいですね」

江ノ島「へぇー苗木って小6んときこんなんだったんだー、チョー意外」

セレス「精神年齢は12歳、ということですか。まあまあ大人ともいえますわね」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 22:30:59.06 ID:TVzOpmrw0

霧切「これからのこと考えてみて。このままだと苗木くんは一生小学生並みの知能で行くていくことになるのよ」

舞園「そんなの私がカバーします」

霧切「無理よ。今は大丈夫でも大学・社会人になったときどうするの? いつまでもあなたがそばにいるわけにはいかないのよ」

舞園「…」

舞園「霧切さんは、ここを出るつもりなんですか」

霧切「まだあきらめてないわ。きっと何か方法があるはず。若返りスイッチがあるなら脱出スイッチがないとも言い切れないわ」

舞園「霧切さん…」

霧切「大丈夫。落ち着いて考えれば方法は見つかるわ」



51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 22:45:37.73 ID:TVzOpmrw0

霧切「それに…」

舞園「?」

霧切「あなたが苗木くんにつらくあたったこと」

舞園「あ…」

霧切「あの行動、無駄にするわけにはいかないわ。苗木くんを元に戻したいからこそあんなことをしたんでしょ?」

舞園「」ジワッ

霧切「ないちゃダメ。これから皆のところに戻るんだから」

舞園「…はい…」



52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 11:15:25.38 ID:+/J2rppA0

モノクマ「うぷぷぷぷぷ」

モノクマ(そろそろ動機を提示しようかと思ったけど…)

モノクマ(いいよいいよ。舞園さんの絶望にあふれた表情。もう少し見たいねえ)

モノクマ(うぷぷぷぷ。好きな人が寝取られる。それを分かっていながら何もできない…)

モノクマ(まさに絶望だね!)



53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 11:21:42.10 ID:+/J2rppA0

朝食後…

舞園の部屋~

霧切≪誰と恋仲になら許せるか。考えておいてね≫

舞園(霧切さんはああいったけれど)

舞園(やっぱり許せません!誰が苗木くんと結ばれても私は嫉妬するでしょう)

舞園(…道は一つ…苗木くんを元に戻して…この学園から脱出する)

舞園(苗木くんと離れてしまえば自然とあきらめはつくはずですから…)

コンコン

舞園「!?」

舞園「はい」ガチャ

江ノ島「こんちはー!」

舞園「江ノ島さん?」



54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 11:26:50.06 ID:+/J2rppA0

江ノ島「もし暇だったらさー、あたしの部屋でトランプしない?」

舞園「ええ。ぜひご一緒させてください」

舞園(一番弱いのによくやりますね……)

江ノ島「もう皆集まってるよ。今回は女子全員いるんだよねー」

舞園「それは…楽しそうですね」

江ノ島「♪」

舞園(江ノ島さん。意外と寂しがり屋なんでしょうか)



55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 12:36:11.24 ID:+/J2rppA0

ワイワイガヤガヤ

フフフ、マタワタクシノカチデスワ

セレスチャン、ツヨスギー

ワレハトランプニガテダ…

舞園(この中だと…)

舞園(まず大神さんと腐川さんは絶対ダメです。論外です。)

舞園(セレスさん、朝日奈さん、江ノ島さん、霧切さん)



56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 20:07:26.12 ID:+/J2rppA0

舞園(この4人の中から…)

苗木「ねーさやかー! さやかもトランプしよ」

舞園「いえ。遠慮しておきます」

苗木「そう…」シュン

江ノ島「苗木ー、今日はどうすんのアンタ」

苗木「うーん。盾子さんと寝る」

江ノ島「♪」

舞園(江ノ島さんとなら…苗木くんも幸せになるでしょうか…)



57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 20:10:54.01 ID:+/J2rppA0

夜~

江ノ島の部屋~

江ノ島「さ、そろそろ寝よ」

苗木「えー」

江ノ島「えーじゃない! 体調崩すよ。フェンリルにいたころは睡眠不足で苦労したんだから」

苗木「ふぇんりる?」

江ノ島「あわわわ! 別にいまの何でもないからっ! 忘れて!」

苗木「ふぇんりるって何?」

江ノ島「いいから。もう、寝るよ」パチッ

苗木「…む…」

苗木 スヤスヤスヤ

江ノ島(かわいい…)



59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 20:15:38.01 ID:+/J2rppA0

モノクマ「おい」

江ノ島「レーションガイッパイ…」ウトウト

モノクマ「起きろ!」ポカッ

江ノ島「痛っ!ちょっとn、盾子ちゃん?」

モノクマ「こんばんわ戦刃むくろちゃん」

江ノ島「ちょっと、いままずいって。苗木が起きちゃうよ」

モノクマ「大丈夫だよ。体力は子ども。一度寝たらそう簡単におきないよ」

江ノ島「だといいけど…何の用?」

モノクマ「ふん。すっかりお姉さん気取りのようだね。残姉のくせに」

江ノ島「……」



60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 20:23:20.47 ID:+/J2rppA0

モノクマ「おねえちゃんさ、苗木くんのこと好きでしょ?」

江ノ島「!?」

江ノ島「な、何言ってるの? 苗木くんは友達で…」

モノクマ「うぷぷぷ。隠すことないじゃないか。言っちゃいなYO」

江ノ島「まあ。そんな感じ」

モノクマ「知ってるんだよ。まだ記憶を消される前。君が苗木くんをデートに誘っていたこと」

江ノ島「なっ…」

モノクマ「まあそれはいいとして…」

モノクマ「デートの内容がサバゲーってどんな脳味噌してんだてめえはよおおおぉ!」

江ノ島「べ、別にいいじゃん。なんか変なの?」

モノクマ「おかしい自覚もないとは…やっぱり残姉ちゃんだね」



61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 20:32:20.52 ID:+/J2rppA0

モノクマ「そんなことよりお姉ちゃんの恋を成就させるいい話があるんだ。苗木くんももとに戻るよ」

江ノ島「何それ?」

モノクマ「食いつきいいね」

モノクマ「それはね…」

江ノ島「ええええーっ!」

モノクマ「うぷぷぷぷ。チャンスは今だけだよ。うかうかしてると他の女子にとられちゃうかも」

モノクマ「じゃあこれでー」ヒョイ



62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 20:36:00.54 ID:+/J2rppA0

翌朝~

朝食後~

舞園「江ノ島さん、お話があります」

江ノ島「え、な、何?」

舞園「ここでは何ですから場所を変えましょう」

江ノ島「まさか…あんたも知ってんの?」

舞園「何をですか?」

江ノ島「じゅんk、モノクマから言われたことだよ」

舞園「ついてきてください」スタスタスタ



63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 20:40:19.92 ID:+/J2rppA0

舞園「だったら話は早いですね」

江ノ島「な、何? あたしは…あたしは…」

江ノ島「苗木をあきらめる気はないから!」

舞園「……」

舞園「……」

江ノ島「なんだよ。何とかいいなよ」

舞園「…」ジワッ

江ノ島「ちょ、おい」

舞園「江ノ島さん、それを聞いて安心しました」

江ノ島「え」

舞園「ぜひ、苗木くんとお幸せに」

江ノ島「待ちなよ。あんたほんとにそれでいいの?」

舞園「いいんです。私は皆で一緒にここを出られれば」



64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 20:44:45.81 ID:+/J2rppA0

モノクマ操作室

モノクマ「うぷぷぷぷ」

モノクマ「さすが舞園さん、覚悟を決めたようだね」

モノクマ「だけど終わらせない。終わらせないよ」

モノクマ「役目を忘れてノロケてる残念にもオシオキしなきゃね」



65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 20:49:05.82 ID:+/J2rppA0

江ノ島「な、苗木…ちょっと話あんだけど…」キョロキョロ

苗木「ん? 何かな?」

江ノ島「ちょっと…その体育館いこっか」

苗木「いいけど…」

江ノ島「」トテトテ

霧切(江ノ島さんと苗木くん…まさか舞園さん…)

霧切(決めたのね…)



66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 20:55:20.80 ID:+/J2rppA0

江ノ島「そ、その苗木、あたしと付き合ってくんない?」

苗木「いいよ! どこに?」

江ノ島「」カァーーー

江ノ島「いや…そういう意味じゃなくってさ…ほらわかんないかなあ…」

苗木「付き合う…」

江ノ島「そう付き合うっていうのはさ、デ、デートしたりとか、将来結婚したり…とか…?」

苗木「その前にさ、ほんとのこと言ってよ」

江ノ島「ほんとのこと…? なんだよそれ」

苗木「盾子さんは本当はそんな姿じゃない」

江ノ島「あ、あはは。ウィッグのこと言ってんの? そんなのイマドキ誰だってつけるって! セレスだってウィッグだよ?」



67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 21:00:08.36 ID:+/J2rppA0

苗木「違うよ。盾子さんの手の甲のマークだよ」

江ノ島「!?」

苗木「不思議だったんだ。雑誌で見たときはあんなのなかったもん」

江ノ島「これはその…イレズミで」

苗木「どうしてそんなのつけるの? せっかくきれいな体なのに」

江ノ島「っておいそこかよ」

苗木「別にイレズミがなんなのかはどうでもいいんだよ。ただ本当のこと教えてほしいんだ。超高校級のギャル、江ノ島盾子さんじゃないんでしょ? 」

江ノ島(苗木くんってこんなに鋭かったっけ…? いやあたしがファンデ落しちゃったせいか…)



68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 21:11:40.70 ID:+/J2rppA0

ファサ

江ノ島「ばれちゃったんだ。そうだよ。私は江ノ島盾子じゃない。超高校級の軍人、戦刃むくろ」

苗木「戦刃むくろ…」

苗木「ならむくろちゃんだね」

戦刃(切り替えはやいね)

戦刃「そ、それで…さっきの話なんだけど…」

モノクマ「こらーーーーーっ!」ヒョコ

戦刃「盾子さん」

モノクマ「聞いたぞ聞いたぞ。僕怒ったぞー!」

戦刃「な、なんで? 盾子さんが唆したんでしょ」

モノクマ「だからって正体ばらさないでよっ! もうバカアホクズカス!」

苗木「ちょっと!ひどいよー!そんな言い方ないでしょ」

モノクマ「ふん。苗木くん。君のせいでこうなってるっていうのにね。まあ君だけの責任じゃないから怒らないであげるけど」

モノクマ「ふうん。まあいいや。やることやったら苗木くんを元に戻してあげる。あわよくばここから出してあげるよ」

戦刃「ほんとにっ?」

モノクマ(まあ…飽きちゃったていうのが本音なんだけど…)



69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 21:15:47.93 ID:+/J2rppA0

戦刃「ねえ苗木くん…」

苗木「いいよ」

戦刃「へ?」

苗木「デートもケッコンも僕でよければよろしく」

戦刃「は、はわわわわ! そんな急に結婚なんて…」

苗木「むくろさん」

戦刃「あ、ある意味どんな戦場よりもおそr」

苗木 チュッ

戦刃「あ…あ…」

苗木「これでいいのかな? キスって」

戦刃(めっさ可愛い…)



70: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 21:21:10.29 ID:+/J2rppA0

戦刃「苗木くん!」

苗木「なに?」

戦刃「私の部屋に行こう!」

苗木「うん!」


モノクマ操作室~~

モノクマ「監視カメラがあること忘れてやがるあのバカ姉」

モノクマ「ま、赤の他人の行為ほど見ていて気持ち悪いものはないし…」

モノクマ「優しい優しいこの僕が…特別に残姉だけの部屋の監視は止めてあげる…」

モノクマ「せいぜい束の間の快感を楽しみなよ…」



71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 21:29:35.20 ID:+/J2rppA0

苗木「ん…ここは…」

戦刃「苗木くん…起きた?」

苗木「へ? 君、誰? ってうわあ!なんで裸なんだよ!」

戦刃「え? もしかして記憶は引き継がない…?」

苗木「僕の、僕の服は…?」

戦刃「ここに」

苗木「痛っ!」

戦刃「苗木くん? 苗木くん!」

苗木「痛い!頭が…締め付けられてる…くっ…」

苗木(あ、あれ…なんか…見える…)



72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 21:38:18.16 ID:+/J2rppA0

苗木ー、今日はあたしと寝よっかー

ほら、苗木、口元汚れってぞ。

苗木ー ドーナツ食べるー?

苗木くん、私の部屋にいらっしゃい

苗木くん、特別にポーカーのコツをお教えしますわ

おい苗木、女風呂覗きにいくべ


苗木(全部…僕の記憶…)

苗木、あたしと付き合ってよ

デートとか、結婚とか

苗木(どうして…)

あたしは戦刃むくろ、超高校級の軍人よ


苗木「戦刃さんっ!」ガシッ

戦刃「へ? 何?」

苗木「教えてくれ。僕が子どもになっている間、何があったんだい?」

戦刃「えっと…長くなるよ?」

苗木「かまわないから教えてくれ」

戦刃「まず…」カクカクジカジカ



73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 21:42:45.64 ID:+/J2rppA0

苗木「そうなんだ…くっ…」

戦刃「苗木…くん…」

苗木「戦刃さん、一つ聞いていいかい」

戦刃「うん。何?」

苗木「君は僕を元に戻すためだけにこんなことしたの?。それとも僕のことが、本当に好きだから?」

戦刃「…両方…かな…」

苗木「そうなんだ。それは本当に」

苗木「ありがと」

戦刃(かわいい)



74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 21:46:35.85 ID:+/J2rppA0

戦刃 ギュッ

苗木「ちょ、戦刃さん」

戦刃「よかった…戻ってほんとによかったよぅ…」

苗木「うん。ごめんね。僕も悪かったよ。不用意に変なスイッチ押しちゃって」

苗木「それよりもほかの皆はどこ? 食堂?」

モノクマ「アッハッハッハッハッ!」ヒョイ

戦刃「くっ…盾子ちゃん?」

モノクマ「お楽しみのところ悪いね。どこかの誰かさんのせいで半分種明かしされちゃったし、ぼくもう飽きてきたちゃったよ」

苗木「モノクマ…」

モノクマ「やあ苗木くん。いや、ここは久しぶりと、いうのが正しいのかな?」



75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 21:57:47.04 ID:+/J2rppA0

モノクマ「あ、そうそう。本題に入る前に苗木くん、君に伝えるべき言葉があったよ」

苗木「なんだよ」

モノクマ「いや苗木くんだけじゃないか。残姉にも言うことだね」

戦刃「…」

モノクマ「まず苗木くん、童貞卒業おめでとう」

苗木「」

モノクマ「残姉も処女卒業おめでとう」

戦刃「」



76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 22:03:55.51 ID:+/J2rppA0

苗木「…いいから…早く本題に…」

モノクマ「うぷぷぷ…これから始まる校内放送を待っててねー」

戦刃「ちょっと盾子ちゃん、もったいつけないで教えてよ」

モノクマ「おい」

戦刃「な、なに?」

モノクマ「何命令してんだよ。僕の仲間でもないくせにさ」

戦刃「え?」

モノクマ「何正体バラしてんだよ。あぁ?」

戦刃「それは…成り行き上、仕方なく…」

モノクマ「うっせんだよ!てめえ仲間裏切ってんだぞ!」

戦刃「…ごめん…」

モノクマ「君はもう仲間でもなんでもないよ。苗木くんと同じ立場、コロシアイする側の人間なんだ。せいぜい生き残ることだね」ヒョイ



77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 22:06:37.05 ID:+/J2rppA0

戦刃「ねえ苗木くん」

苗木「ん?」

戦刃「連れ込んだ私がいうのも変だけど、少し一人にさせてもらえない…かな…ちょっと考えたい…」

苗木「うん。わかった」

苗木「戦刃さん」

戦刃「何?」

苗木「君は僕が守るから」

戦刃(かっこいい…)



78: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 22:19:39.76 ID:+/J2rppA0

翌朝

食堂~

苗木「皆、聞いてくれ」

葉隠「おお、苗木っち。戻ったべか」

不二咲「苗木くん? 本当の苗木くんなの?」

苗木「おかげさまで。皆心配させてごめんね」

山田「いやいやとても楽しい」

セレス ドカッ

霧切「まだ苗木くんの話は終わってないわ」

桑田「あぁ? どうしたんだ?」

苗木「今から皆に知らせることがあるんだ。戦刃さん、入って」

朝日奈「いくさば…?」



79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 22:21:37.04 ID:+/J2rppA0

石丸「だ、誰なんだ君は?」

戦刃「私は、戦刃むくろ。江ノ島盾子の姿をしていた身代わりをしていました」

大和田「んだとお?」

十神「ふん」

戦刃「モノクマこそが本物の~」

~~

~~~

~~~



80: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 22:27:52.79 ID:+/J2rppA0

霧切「なるほど。私が才能を思い出せないのも…」

戦刃「霧切さんはかなり警戒されていたので念入りに消されたの。肩書きは超高校級の探偵」

セレス「なるほど。どうりで高い思考力をお持ちなわけですね」

モノクマ「ヤッホーーーーーーイ!」ヒョコ

大和田「モノクマ!」

モノクマ「ぜーんぶ聞いちゃったねー!もう残姉のせいでぜーんぶ台無しだよ」

モノクマ「というわけで僕飽きちゃいました…」ショボーン

大神「いったい何が言いたいのだ」

モノクマ「ここで閉じ込めてコロシアイさせてもつまんないって言ってんの。学園の秘密は最後の最後にとっておくつもりだったのに…」

霧切「なら私たちをどうする気なの?」

モノクマ「うぷぷぷ。出血大サービス。これから出す条件をクリアすればここから出してあげる」

朝日奈「うそ? ほんとに?」

葉隠「やったべ! 出られるべ!」



81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 22:33:49.23 ID:+/J2rppA0

霧切「待って。静かにして。モノクマ、なんなのその条件は」

モノクマ「誰か一人でも死人が出たらその時点で出してあげるよ」

大和田「な…」

十神「どうせそんなことだろうと思ったぜ」

石丸「そそそそそ、そんなことあるわけないだろう」

モノクマ「なら一生ここで暮らすしかないね」

セレス「ふん。わたくしの言った通りです。誰かを[ピーーー]か。うまく適応するか。二つに一つですわ」

舞園「…」

苗木「そんなの…ひどすぎるよ」

モノクマ「そもそもこうなった原因は苗木くんとそこのバカ姉にあるんだよね」

一同「!?」ジロッ

モノクマ「しかもこの二人、かなり熱い夜を過ごしてたんだよー ヒューヒュー!」

朝日奈「な、苗木…それってホントなの?」

石丸「苗木くん!ウソなんだろう!ウソだときっぱり言いたまえ」



82: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 22:37:56.92 ID:+/J2rppA0

苗木「……」

舞園(苗木くん…あなたという人は本当に……バカですね…)

舞園(こんな時もウソがつけないなんて…お人よしにもほどがありますよ)

モノクマ「とりあえず学園内のすべてのエリアを解放しておいたよー。せいぜい活用してねーアディオス!」ヒョイ

霧切(まずいわ…殺意が苗木くんと戦刃さんに向き始めてる…)

石丸「と、とりあえず…部屋を探索しよう」

ゾロゾロ

ゾロゾロ

苗木「行こう。戦刃さん」

戦刃「…うん…」



83: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 22:42:50.07 ID:+/J2rppA0

舞園(このままだと…苗木くん、戦刃さんのどちらかがやられます…)

舞園(当然ですよね…この状況をつくった原因なのですから。やる側は大義名分を持っています)

舞園(なんとかするべきです…)スタスタ

舞園(この部屋は…?)ガラガラッ

舞園(これはいいものを見つけたかもしれません…)

舞園(おそらくすぐに実行に移す人はいないでしょう。先手必勝です)

舞園(準備が必要ですね)



84: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 22:47:56.06 ID:+/J2rppA0

タダイマカラヨルジカントナリマス

戦刃「苗木くん。えっとその、寝る場所はどうする?」

苗木「うん。皆の目もあるし別に別にしよう」

戦刃「オッケー!」

苗木「おやすみ、戦刃さん」

戦刃「おやすみ、苗木くん」



85: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 22:50:47.56 ID:+/J2rppA0

翌朝~

食堂~

石丸「さ、さっそく朝食を始めよう」

霧切「待って! 舞園さんが…」

セレス「確かに来ていませんね」

苗木「舞園さんが…? 遅刻するような人じゃないはずだ」

戦刃「ねえ苗木くん」

苗木 ダッ

戦刃「苗木くん!?」



86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 22:53:53.49 ID:+/J2rppA0

苗木「くそっ!開かない!」ガチャガチャ

戦刃「そこどいて!」

苗木「え?」

戦刃「そりゃあああ!」センマイガワラセイケンッ

バゴォォン

苗木「…」

戦刃「ほら早く!」

苗木「あ、あ、そうだ。舞園さーーん!」タタッ



87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 22:57:22.09 ID:+/J2rppA0

苗木(うそ…)

戦刃(どうして…)

モノクマ「ウププププ…」

苗木「モノクマっ! お前のせいで! お前のせいで!」

モノクマ「ちょっとやめてよ~。自爆しちゃうよボク」

苗木「くっ…」

戦刃「誰が…いったい誰が舞園さんを?」

苗木「絶対突き止める! 舞園さんを殺した犯人を」

モノクマ「バカだなあ君たちは」

苗木「なに?」

モノクマ「机の上をみてごらんよ」

苗木「」カサッ

苗木「これって…」



88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 23:05:04.58 ID:+/J2rppA0

苗木(舞園さんの遺書だった)

苗木(自分が生きていても嫉妬する日々が続くということ)

苗木(皆は何があっても生きてほしいということが書いてあった)

苗木(舞園さんは僕らを救うために…コロシアイをさせないために…自らの命を投げ出したのだ)

戦刃(苗木くん! 苗木くん!)

苗木(それからのことは覚えていない)

苗木(気が付くと僕は、食堂にいた)

苗木(皆はぼくとかなり離れた席に座っていて、戦刃さんだけが僕のそばに座っていてくれた)

苗木 ジワッ

苗木(わけもなく…涙がこぼれた…)



89: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 23:09:45.03 ID:+/J2rppA0

大神「苗木よ」

苗木「大神さん?」

大神「誰もおまえをせめてはいない」

苗木「そんな…」

葉隠「苗木っち、舞園っちが死んだのは残念だけどよ…おまえのせいだなんて思ってないべ」

桑田「そうだぜ。だいたい舞園ちゃんがいなくなったって知った時、真っ先に飛び出したのはお前じゃねえかよ。そんな奴が悪い奴なわけねえよ」

セレス「さ、玄関ホールに行きましょう。もうすぐ扉が開くはずですわ」



90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 23:12:28.69 ID:+/J2rppA0

桑田「帰ろうぜ。俺たちの家によ」

葉隠「おう。帰るべ」

朝日奈「立ちなよ苗木」

セレス「苗木くん」

山田「苗木殿」

大神「苗木よ」

霧切「苗木くん」

戦刃「苗木くん、いこ?」

苗木「皆…ありがとう…」

桑田「ばーか。泣いてんじゃねえよ!」



91: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 23:16:38.80 ID:+/J2rppA0

苗木(僕らは、学園を脱出することができた)

苗木(すべての原因は若返りスイッチだろうけど…)

苗木(あれを押す前、モノクマはこういった)

苗木(良い方向にいくかそうでないかは僕たち次第だと…)

苗木(これは良い方向にすすんだのだろうか。それとも悪い方向なのだろうか)

苗木(いや。そんなこと考えていたって仕方ない。僕の取り柄は人より前向きなこと)

苗木(いつまでもくよくよしていたら、舞園さんにも申し訳ないか…)

苗木(さよなら…希望ヶ峰学園…)


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ……



92: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 23:17:06.81 ID:+/J2rppA0

お わ り



93: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 23:56:17.97 ID:RnQ83d1jO

おつ













http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1420203241/