1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/14(水) 23:26:53.30 ID:JzcnKkEkO

雪乃「こんにちは」

八幡「……」ペラペラ

ジィーーー

八幡「……」ペラペラ

ジィーーー

八幡「なんだよ」

雪乃「何も」

八幡「……」ペラ

ジィーーー

八幡「…」チラッ

雪乃「…」ニコッ

八幡「!」サッ メソラシ

雪乃「(かわいい)」




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/14(水) 23:35:38.76 ID:JzcnKkEkO

雪乃「紅茶いる?」

八幡「ああ、頼む」

雪乃「どうぞ」

八幡「ありがと」

八幡「……」ペラペラ

雪乃「飲まないの?」

八幡「冷ましてから飲む。猫舌だからな」

雪乃「紅茶は熱いほうがおいしいのだけれど」

八幡「いや、だから猫舌なんだって」

雪乃「……」

雪乃「紅茶は…」

八幡「わかったよ」

八幡「……」フーフー ズズッ

八幡「熱ッ」

雪乃「(かわいい)」





4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/14(水) 23:57:44.66 ID:JzcnKkEkO

雪乃「もう時間ね」

八幡「そうだな、今日は終わりにするか」

八幡「じゃあな」

雪乃「待ちなさい」

雪乃「手を…」

八幡「え…」

雪乃「手を出しなさい」

八幡「え?なんで?」

雪乃「さよならの握手をするのよ」

八幡「……」

八幡「いや…なんでさよならするのに握手しな

いといけないんだよ」

雪乃「雪ノ下家では代々さよならの代わりに握

手をするのよ」

八幡「そんなの初耳だぞ」

雪乃「さっき思い出したのよ」

八幡「でもだ…それは雪ノ下家の風習なわけだ

ろ。別に俺がしなくても」

雪乃「さようなら」サッ

八幡「……」

八幡「はぁ…わかったよ」ギュッ

雪乃「…」

八幡「…」

雪乃「…」ニギニギ

八幡「!!」

雪乃「…」ニギニギ

八幡「…///」

雪乃「(かわいい)」







7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/15(木) 00:07:09.90 ID:2mKgGchVO

八幡「もういいだろ」サッ

八幡「もう帰るからな」

雪乃「自転車置き場まで一緒に行くわ」

八幡「はぁ?」

雪乃「だから一緒に行くのよ」

八幡「だったら何でさよならの握手をしたんだよ」

雪乃「あなたに触れたいからに決まってるじゃない」

八幡「……」ポカーン

雪乃「(かわいい)」







9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/15(木) 00:23:47.95 ID:2mKgGchVO

校門にて

八幡「じゃ本当に帰るからな」

雪乃「ええ、さよなら」

八幡「じゃあな」


日は既に傾いている。

西日の差した二人と影だけが残る

印象的な世界

こぎ出す車輪の音だけが

私と彼の距離を伝える



なんてね。


私は叫んだ


「比企谷君ッ!!」


パッと振り向く前に言ってみせる



「大好きです!付き合ってください!!」














ふふ…、その顔が見たかった。

かわいいんだから。


終わり
















http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1421245613/