1: ◆Z2EXv0FZUc 2015/02/25(水) 23:56:06.00 ID:hy16xXCWo

P「おい、お前ら。いくらなんでも散らかしすぎだぞ」

亜美「はーい」

真美「あとできちんと片づけるよー」

P「ったく、律子がいないとすぐこれなんだからな。ちょっとお前ら、こっち来い」ガシッ

亜美「わー!」

真美「ちょ、ちょっと兄ちゃん!?」



2: ◆Z2EXv0FZUc 2015/02/25(水) 23:57:22.00 ID:hy16xXCWo

千早「どちらへ?」

P「社長室だ。今社長はいないからな。お前らに一つ、恐ろしい実話を教えてやる」

亜美「そういうのはお姫ちんに聞かせるのが一番じゃないの?」

真美「それに、真美たちちょっとやそっとの怖い話じゃビビらないからねー」

P「そう言ってられるのも今のうちだ。俺の話を聞いたらすぐに後片付けをしたくなるぞ」

亜美「ほほーう?じゃあ兄ちゃんのお手並み拝見といきますか!」

真美「ま、兄ちゃんの持ってくる怖い話なんてお姫ちんくらいしか怖がらないと思うけどね→」

ガチャバタン

千早「……怖い話の一つや二つであの二人が大人しくなるんだったら律子がとっくの昔にやってるわよね」



3: ◆Z2EXv0FZUc 2015/02/25(水) 23:59:14.79 ID:hy16xXCWo

ガチャバタン

千早「終わったみたいね。二人とも、プロデューサーの話はともかくとしてきちんと普段から自分の使ったものの後片付けくらいは……」

真美「うん……そうだね。すぐやるよ」

亜美「ごめんね千早お姉ちゃん。ごめんね兄ちゃん。亜美たち、今日からちゃんとするよ」

P「そうそう。良い子にしてたら大丈夫だからな」

千早「……あれ?」



5: ◆Z2EXv0FZUc 2015/02/26(木) 00:00:36.56 ID:jLhTjaM2o

千早「プ、プロデューサー?あの二人……」

P「はは……よっぽど俺の話が効いたみたいだな。まあ初耳だったみたいだしこんなもんか。これで最低限自分が散らかしたものを片づけるくらいはするだろう」

千早「どんな話を、したんですか……?」

P「んー……さっきも言った通り怖ーい実話をちょっと話しただけさ」

千早「……どういった内容なのですか?あの二人が怖い話を聞いたくらいであそこまで従順になるとは思えないのですが……」

P「気になるのか?」

千早「ええ、まぁ」

P「『しまっちゃうおじさん』さ」

千早「しまっちゃうおじさん……?」



6: ◆Z2EXv0FZUc 2015/02/26(木) 00:02:05.21 ID:jLhTjaM2o

P「ああ。聞いたことないか?」

千早「そうですね。初めて聞きます」

P「千早もか……まぁどこにでもあるような都市伝説みたいなものさ。しまっちゃうおじさんは悪い行いをする子のもとにやってくるんだ」

千早「はぁ……」

P「そしてその子をしまっちゃうんだよ」

千早「しまっちゃうって……どこにですか?」

P「さぁ?そこまでは知らないが……」

千早「……なんだか思ってたのと違います。結構ありきたりな都市伝説ですね」

P「……まぁこの話の恐ろしいとこはあくまでこの話は都市伝説『みたいなもの』であることだな」

千早「……?」

P「さっきから何度も言ってるが、この話は実話なんだよ」



7: ◆Z2EXv0FZUc 2015/02/26(木) 00:04:57.35 ID:jLhTjaM2o

千早「は、はぁ?何を言ってるんですかプロデューサー。そんな非科学的な話……」

P「千早……お前の知っている人で、しまっちゃうおじさんにしまわれてしまって消息不明になっている人も実際いるんだぞ?」

千早「え、えぇ……?」

P「分からないか?」

千早「だ、だって……そんな非科学的なもの……」

P「なぁ、千早。黒井社長……どこに行っちまったんだろうな?」

千早「えっ……」

P「先月、いろんな局でニュースとか特番やってたろ?『961プロ社長、謎の失踪!』とかなんとか」

千早「え、えぇ」

P「でも二週間くらい前からピタッとその話題、なくなったよな?あれから特に大きな事件があったわけでもないのに」

千早「……」

P「分かっちゃったからなんだよ。黒井社長は失踪したんじゃなくて、しまっちゃうおじさんにしまわれちゃったってことがな」

千早「そんな……」

P「まぁしまっちゃうおじさんにしまわれちゃったってことは何か悪いことをしてたってこと。961プロほどの規模の会社のトップが公表できないようなあくどいことをしてたなんて到底地上波で流すなんてできないからな。どの局もその件について触れなくなったってことさ」

千早「そんな……そんなことって……」

P「……ま、真面目に生きてたらしまわれちゃうことなんてないんだ。あんまり気にすることはないよ」

千早「そう、ですね……」



8: ◆Z2EXv0FZUc 2015/02/26(木) 00:06:30.49 ID:jLhTjaM2o

P「……うーん。千早、ホントにこの話知らなかったのかな。結構有名だと思うんだが……ショック受けてたな。明日フォローしとかないと……」

真「でもプロデューサーの話し方もなんというかすごかったですよ」

伊織「本当。しまっちゃうおじさんの怖さを的確に表現できてたものね」

P「なんだ二人とも。帰ってたのか」

真「はい!でも久々に聞きましたよ。しまっちゃうおじさんなんて」

伊織「そうね。普通に生きてる私たちには関係ないし」

真「それに千早と亜美真美のあの怯えよう!なんていうか三人とも変なところで純粋だからプロデューサーの話をすぐに信じちゃって……あ、あんなの実話なわけないのに……ふふっ」

P「え?」

伊織「え?」

真「え?」




9: ◆Z2EXv0FZUc 2015/02/26(木) 00:10:31.08 ID:jLhTjaM2o

真「えっ、なにその反応……」

伊織「いや、えっと……もしかして、真も実話じゃないって思ってたの?」

真「え、いやだって……あんな胡散臭い話……」

伊織「……プロデューサー」

P「……あぁ、分かってる。こりゃ今度全員集めてちゃんと話さないとまずいな。お前らが関わらないように気を付けてはいるが芸能界はまだまだ闇がある。ひょんなことからお前らがしまっちゃうおじさんのターゲットにされないように全員によーく言い聞かせておかないといかんようだ」

真「ちょ、ちょっと二人とも……う、嘘だよね?あれ、実話なんかじゃないよね?ボクをからかってるだけ……」

伊織「……ずっと架空の話だと思ってたあんたには辛いだろうけど、実話よあれ。しかも現在進行形の、ね」

真「……」

伊織「一度、おじいさまがこれについて水瀬の総力をあげて調べたんだけどね。その結果……あれは実話だってことが分かったらしいの」

真「そ、そんな……」

伊織「……でもおじいさまが私やお兄様たちに話してくれたのはしまっちゃうおじさんが実在する、ということだけ。どういう出来事からそういう結論に至ったかは決して教えてくれないのよ……」

P「昔と比べて芸能人の薬物事件なんかが減ったのはしまっちゃうおじさんが原因なんだ。そういうので捕まる人は減ったが入れ替わるようになぜか芸能人の失踪事件がたびたび起こるだろ?」

真「まさか……」

伊織「そのまさかよ」



10: ◆Z2EXv0FZUc 2015/02/26(木) 00:11:19.59 ID:jLhTjaM2o




しまっちゃうおじさんは実在する。
もしあなたが悪いことをすればきっと目の前に現れるだろう。






11: ◆Z2EXv0FZUc 2015/02/26(木) 00:12:49.10 ID:jLhTjaM2o

春香「あれ、今日も小鳥さん休みですか?」

千早「言われてみれば昨日も来てませんでしたよね」

律子「まったく!二日連続で無断欠勤なんて信じられません!」

P「まぁあの人の場合、来ても同人誌やらなんやらですぐサボるからなぁ」



12: ◆Z2EXv0FZUc 2015/02/26(木) 00:13:43.19 ID:jLhTjaM2o




気を付けないと、次はあなたがしまわれちゃうかも……。






13: ◆Z2EXv0FZUc 2015/02/26(木) 00:17:27.28 ID:jLhTjaM2o

ホントは千早の誕生日ssを書くつもりだったんだけどネタがどうにも浮かばなくて気づいたらこれができてた
ごめんね千早
自分もしまっちゃうおじさんにしまわれないよう、気を付けて生きていきたいものです

誤字脱字あったらごめんなさい



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/26(木) 00:19:39.14 ID:xfUEV32do

乙、なんかリアリティあって怖いです

千早の誕生日ssも改めて書いても良いのよ













http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1424876165/