2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/31(火) 14:47:26.80 ID:DG5fCE1Po



健夜「えっ」

靖子「いやだから旦那いますよ、って」

健夜「……それは何かの比喩だよね?」

靖子「たとえじゃないですね、現実的な話です」

健夜「ええっと、婚姻届に必要事項を記入して判子を押して役所に提出したってこと?」

靖子「まさに」

健夜「一人で書いたの?」

靖子「明らかに他人とわかる筆跡なんですけどね」

健夜「靖子ちゃん、代筆の技術をそんなところで発揮しちゃいけないと思うよ?」

靖子「言い方が悪かったですかね、書いたのは間違いなく私の旦那ですよ」

健夜「ちょちょちょちょっと待って」

靖子「構いませんよ」

健夜「いちおう私も麻雀のプロ。靖子ちゃんもプロ。だよね?」

靖子「そうですね」

健夜「じゃあ結婚はできないじゃない」

靖子「ちょっと繋がりが見えないですね」

健夜「そうかなあ……?」

靖子「そうですよ」


.



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/31(火) 14:48:15.67 ID:DG5fCE1Po



健夜「でも私、式に呼ばれてないと思うんだけど」

靖子「いえ、式挙げたの実業団時代だったんですよ」

健夜「そういうのってずるくないかな?」

靖子「どこがですか?」

健夜「だって実業団って扱いは会社員なわけでしょ?」

靖子「まあ、はい。うちのところはそうでしたね」

健夜「出会いがあるじゃない!」

靖子「正直言ってプロの方がよほどいろんな人と知り合う機会が多いと思うんですけど」

健夜「……」

靖子「……」

健夜「あとさ、気になってることがあるんだけど」

靖子「なんですか?」

健夜「私は靖子ちゃんがたぶんプロになるだろうな、って実業団のころからチェックしてたんだけど」

靖子「そうだったんですか、ありがとうございます」

健夜「ずーっと藤田靖子だよね? 登録名」

靖子「あー、はい。そうですね」

健夜「っていうことはやっぱり結婚してるって嘘だよね?」

靖子「別にアピールするつもりもないのでそのままにしてるんですよ、馴染みもありますし」

健夜「たとえその行為が人の心を傷つけるとしても?」

靖子「今の今まで傷つく人がいるとは思ってもみませんでした」


.



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/31(火) 14:48:43.16 ID:DG5fCE1Po



健夜「でも靖子ちゃんもプロじゃない?」

靖子「まあ、はい」

健夜「遠征とかあるでしょ? 場合によっては海外の大会もあるわけだし」

靖子「そうですね」

健夜「ほら、結婚なんて無理なんだよ」

靖子「出張とか単身赴任とかそこまで珍しい話じゃないですよね」

健夜「じゃあ逆に靖子ちゃんの旦那さんを見たことある人いるの?」

靖子「どこの逆なのかわかりませんけど、普通にいますよ。咏とか」

健夜「咏ちゃんが? じゃあさっそく電話してたしかめてみるね」

靖子「構いませんけどその疑り深さはどこから来るんですか」



健夜「靖子ちゃん、私は友達を洗脳するのってあんまりよくないと思うんだ」

靖子「“あんまり” で済むんですかそれ」

健夜「すごく楽しそうに話してくれたよ。いい人そうだったとか靖子ちゃんのお料理おいしかったとか」

靖子「それは何よりですね」

健夜「ほら、洗脳良くない」

靖子「今のどこにその要素が」

健夜「だって靖子ちゃんお料理できないでしょ? できないよね?」

靖子「フツーにしますよ。一人暮らしの時代もそれなりにありましたし」

健夜「えっ、靖子ちゃんカツ丼食べる専門じゃ……」

靖子「食べる専にしても狭すぎやしませんか」


.



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/31(火) 14:49:19.81 ID:DG5fCE1Po



健夜「あ、指輪は? 今してないよね?」

靖子「まあ、自宅以外では外してますよ。なんだか照れくさくて」

健夜「そんなこと言っちゃって、ホントはすべて架空の出来事なんでしょ?」

靖子「つい今しがた咏から聞いた話は無視ですか」

健夜「物的証拠と人の言葉じゃ重みが違うし……」

靖子「物的証拠もありますけどね」

健夜「ちょっと万力買ってきていい?」

靖子「この辺に工具店ありませんよね」

健夜「よく考えたら靖子ちゃんってもう本名っていうか名字が違うんだよね?」

靖子「そうですね、まだちょっと慣れてない部分もありますけど」

健夜「じゃあ未婚ってことでいいんじゃないかな」

靖子「もう戸籍上は既婚ですよ」

健夜「あっ、偽装結婚?」

靖子「なるほどみたいな顔しないでください。普通の恋愛結婚です」

健夜「何を偽装してるの?」

靖子「ちょくちょく話を聞かなくなるのはなんなんですか」

健夜「ねえ、靖子ちゃん」

靖子「はい、どうしました?」

健夜「どうして私には浮いた話がないのかな」

靖子「こういう絡み方するからじゃないですかね」


おしまい



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/31(火) 14:50:14.57 ID:DG5fCE1Po

藤田プロを書きたかった。後悔はしていない。



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/01(水) 10:26:23.25 ID:7N3+o3ElO

笑ったわwwww

すこやん必死すぎるのイクナイとおもうのよー



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/01(水) 11:36:36.49 ID:AcMaKuUqo

風☆越



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/01(水) 11:37:06.06 ID:AcMaKuUqo



未春「華菜ちゃん、昨日のお休み何してた?」

華菜「あー、昨日はチビたちの相手で大変だったし」

未春「三人もいるもんね」

華菜「やんちゃ盛りだかんなぁ、あいつら」

未春「あはは、お疲れ様」

華菜「そういやみはるんは昨日は何かしてたの?」

未春「そうそう、昨日ね、久しぶりに街の方まで出たんだけど」

華菜「お買い物か何か?」

未春「うん、いろいろと買いにいきたいものがあってね。で、そこですごいもの見たんだよ」

華菜「どっかの芸能人でも来てた?」

未春「久保コーチがいたの」

華菜「あー、やっぱコーチも買い物っつったらあそこくらいしかないのか」

未春「違うの違うの、男の人と一緒だったの」

華菜「へー、コーチもやるもんだし」

未春「えっ、あんまり驚かないんだね」

華菜「そりゃコーチは見てくれはいいし、年齢的にもおかしいところはないし」

未春「もっとなんか、こう、“あり得ないし!” とか言ってくれるものだと」

華菜「みはるんは私を何だと思ってるのかな」

未春「いやだって私たちって女子高じゃない?」

華菜「まあ、風越女子ってくらいだし……」

未春「そこに男の人の影なんかないわけで」

華菜「えっ」


.



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/01(水) 11:37:35.39 ID:AcMaKuUqo



未春「今すごい聞き捨てならないものがあった。今すごい聞き捨てならないものがあった」

華菜「……なんで二回繰り返したし」

未春「今ひょっとして華菜ちゃん暗に彼氏いるって言った?」

華菜「そういう意図で言ったわけじゃないけど、まあ、いるっちゃいるし」

未春「華菜ちゃん大丈夫? うち女子高だよ? その場合は彼女でしょ?」

華菜「意外とその筋に理解を示してるみはるんに驚きを隠せないんだけど」

未春「あっ、二次元はさすがに違うと思うよ」

華菜「みはるんの視野がだいぶ狭まってる気がするし……」

未春「だってそもそも出会いがないはずなのに」

華菜「いや中学の頃からの付き合いなんだけど」

未春「えっ、ちょっ、あ、ええ?」

華菜「そこまで混乱するようなこと言ったっけ?」

未春「待って待って整理しよう?」

華菜「散らかってる部分ないよね」

未春「まず、華菜ちゃんに彼氏はいない。オーケー?」

華菜「大前提を崩すのはやめようよ」

未春「だって今まで一度もそんなこと言ってなかったのに」

華菜「部でそんな話題になったことないよね?」

未春「彼氏を隠すことと華菜ちゃんの麻雀における精神性に何らかの相関関係が……!?」

華菜「それと図々しさはまた別の話だと思うなぁ」


.



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/01(水) 11:38:07.90 ID:AcMaKuUqo



未春「華菜ちゃんって料理できたっけ?」

華菜「んー、それなりには、かな。うち両親がいないことがけっこう多くて」

未春「お掃除は?」

華菜「まめにやらないとチビたちに荒らされて大変なことになるし」

未春「お洗濯は?」

華菜「洗濯に得意も何もないと思うんだけど」

未春「お、お裁縫とかは?」

華菜「……チビたちのおかげで」

未春( あれ、女子力高いなこいつ )

華菜「どうしたし?」

未春「え、あ、いや、すごいなー、って思って」

華菜「? 変なみはるんだし」

未春「あなたの言うその彼氏とは空想上の人物ではありませんか?」

華菜「急にそっちに戻るんだ」

未春「えっと、妹ちゃんたちのお世話しまくりな華菜ちゃんの彼氏とかイメージできなくて……」

華菜「あいつらも気に入ってるぞ?」

未春「家来てんの!?」

華菜「ちょ、びっくりするし」

未春「ごめんごめん、でも、え? 家?」

華菜「遊びに行くとこそんな多くないしなー」

未春「華菜ちゃん、これは部員総出で緊急会議ものだよ」

華菜「ちょっと何言ってるかわからないんだけど」


.



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/01(水) 11:38:41.78 ID:AcMaKuUqo



未春「女子高に彼氏持ちとか御法度でしょ?」

華菜「そんなルールはないし言い方は古いし」

未春「ねえ華菜ちゃん」

華菜「どうしたみはるん」

未春「華菜ちゃんの彼氏見てみたいな」

華菜「別に見せるようなもんじゃないし」

未春「やっぱり実在はしな……」

華菜「いるから。見ることも触れることもできるから」

未春「なんで見せてくれないのー?」

華菜「見せびらかすもんじゃないよね、彼氏って」

未春「……今後しばらく尾行していい?」

華菜「行為も許可を求めるのもおかしいよ、みはるん」

未春「だってどんな人なのか気になるよ」

華菜「イケメンとかそっちの枠じゃないし。どっちかっていうと気の合うタイプだよ」

未春「えっ、そういうのがスラスラ出てくるってことは本当なの?」

華菜「むしろ今まで信じてなかったの?」

未春「……カフェオレ飲む?」

華菜「あ、うん」


おしまい



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/01(水) 11:39:11.92 ID:AcMaKuUqo

みはるんは意外とボケもツッコミもこなせるし













http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1427780817/