1: 名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金)22:42:20 ID:67M

律子「……それじゃあみんな準備はいい?行くわよ!」

765プロ一同『誕生日おめでとう!春香!』

春香「えへへっ、ありがとうございます!」

美希「春香!これプレゼントなの!」

春香「ありがとう美希!」

律子「ちょっと、プレゼントは後でって言ったでしょ?」

美希「あ!そ、そうだったの……春香、一回返して?」

春香「ええっ!なにそれ~!」

伊織「まったく、なんで美希もおっちょこちょいなんだから」

美希「むー!おっちょこちょいは春香だけでジューブンなの!」

千早「ふふっ、それもそうね」

春香「ちょっと千早ちゃんまでひどいよー!」

<キャッキャウフフ

P(……今日は春香の誕生日だ!そして俺はこのパーティーで春香にイタズラを仕掛ける!それは……)

小鳥(春香『うわーん、せっかくの誕生日パーティーなのにプロデューサーさんが全然私と話してくれないよー(泣)』作戦!)

P(その通り、しかし別に無視するとかではなくちょっと春香に嫉妬してもらいたいだけなのです!)

小鳥(なので他のアイドルにばかり構うと)

P(さっそく行動開始です!)

小鳥(ピヨ!)



3: 名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金)22:52:12 ID:67M

P「春香、改めて誕生日おめでとう」

春香「あ、プロデューサーさん!ありがとうございます!最近みんな忙しいのに……集まれて良かったです!」

P「ま、その辺は律子のおかげだな」

律子「そんなことないわよ?本当はプロデューサーが張り切ってみんなのスケジュール調整したんだから」

P「バ、バラすなよ!」

律子「まあまあ良いじゃないですか」クスッ

春香「プロデューサーさん、私のために……えへへ……」

亜美「むむっ!なんだか乙女の匂いがしますな!」

真美「ですな!これは……はるるん!あなたが犯人だ!」

春香「な、なにが!?」

P「お、おいおい乙女の匂いってなんだ!ま、まさか春香に好きな男が出来たとかじゃないだろうな!そんな事になったら俺はどうしたらいいんだ!」

亜美「ちょ、ちょっと餅つきなよ兄ちゃん……」

真美「なんかキモ怖いよ……」

P「はっ、ごめんな亜美、真美」ナデナデ

亜美「うわわっ!急にナデナデなんて兄ちゃんセクハラだよー!」

真美「ヘンタイだー!」

P「いやお詫びにと思ってな」ナデナデ

春香「……むぅ」



6: 名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金)23:03:06 ID:67M

春香「うおっほん!プロデューサーさん、私にもその、ナ、ナデナデして……」

P「ん?なんだ?」

春香「や、やっぱりなんでもないでしゅ!……!舌噛んじゃいましたぁ……」

千早「春香大丈夫?お水飲んで」

春香「ありがとう千早ちゃん……」

P「千早は気が利くなあ」

千早「そうでしょうか?」

P「ああ、今みたいにスグに対処できたりとかを自然にできるって案外すごいぞ」

千早「……最近はみんなと過ごす時間が楽しいですから……みんなに歌以外でも喜んでもらえるならとても、嬉しいです」

P「うんうん、いいことだな!」

春香「……はっ」



7: 名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金)23:37:44 ID:67M

春香「プロデューサーさん!ネクタイがズレてますよ!」

P「ん?ホントだな、ありがとな春香」

春香「私も気が利きますからね!」エヘン

P「それは自分で言ったらダメだろ?」

春香「そ、それは確かに……うぅ、失敗です……」

P「まあそう気を落とすなよ」

やよい「そうですよ春香さん!せっかくのお誕生日なんですから!」

春香「やよい……」

P「やよいは可愛いなぁ」

やよい「ほ、褒められちゃいました……!今日は春香さんの誕生日なのに私がこんな幸せでいいんでしょうか……!」

P「大袈裟だな……ま、別に無理することはないよ。嬉しい時は嬉しい、それが一番だ」

やよい「そうですか?それなら喜びますー!うっうー!嬉しいです!」

伊織「ちょっとあんた!やよいに変な事してないでしょうね!」

P「してないしてない」

伊織「そ、ならいいわ……けどやよいに手出ししたら私が全力で懲らしめるんだから!いいわね!」

P「伊織は仲間想いだなぁ」

伊織「な、なにいってんのよいきなり!ヘンタイ!」

P「まぁまぁ伊織が可愛いからついな」

伊織「~~ッ!もうっ!バカァ!」テテテテ

P「あっ、行っちゃったな……」

春香「……ぬぬぬ」



8: 名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金)23:45:20 ID:67M

あずさ「あら~?春香ちゃんなんだか怒ってないかしら?」

春香「ふふぇ!お、怒ってなんかないですよ!」

あずさ「その様子だと、またプロデューサーさんに原因がありそうね~」

P「えっ!お、俺ですか!?」

春香「あぁわわわ!別にプロデューサーさんは関係ないんですよ!ほんと、ちょっとボーッとしてただけで!」

あずさ「ふふっ、じゃあそういうことにしておくわね」

春香「あ、あずささーん!」

美希「春香は本当に恋する乙女なの!」

P「な、なに!やっぱりそうなのか!相手は誰なんだぁぁぁぁぁあ!」

美希「プロデューサーうるさいの!」

P「ごめんなさい……」

春香「も、もう、そんなに大騒ぎしないで下さいよ……でもちょっと嬉し ̄ ̄なんでもないです!」

美希「ミキはちゃーんと聞いてたの!バッチリ単細胞に記憶したからね!」

P「よくわからんが単細胞じゃなくて脳細胞じゃないか?」

美希「あっ、それなのそれそれ!とにかく覚えたの!」

春香「そ、そんなぁ~!」



9: 名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金)23:49:39 ID:67M

P「それにしてもこの一瞬で覚えるなんて美希はすごいな!」

美希「なんなのプロデューサー?急に褒めるなんて変なの」

P「いや普段からすごいなと思ってたんだよ」

美希「ふーん、ま、ミキ的には普通だと思うけどな」

響「そうだぞ!自分もそのくらい簡単に出来るぞ!だって自分 ̄ ̄

P「完璧だもんな!」

響「うぎゃー!先に言わないでよ!」

貴音「響、暴れては埃がたちますよ」

P「貴音は落ち着いててすごいなぁ」

春香「……うぬぬ」



10: 名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金)23:54:16 ID:67M

真「癒し系なら雪歩も負けてないですよ!」

雪歩「ま、真ちゃん何言ってるの!」

真「大丈夫だって!もっと自信持ちなよ!」

P「確かに雪歩は癒し系だな」

真「ね?」

P「真も結構癒し系かもな、乙女チックなところあるし」

真「ほ、ほんとですか!へへっ!やーりぃ!」

春香「……ひゅむむ」

P「いやぁみんな可愛いし最高だな!」

春香「……」



11: 名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金)23:59:13 ID:67M

P「……あれ?どうした春香?」

春香「…………プロデューサーさん!」

P「おわっ!な、なんだ?」

春香「さっきから他の娘ばっかり褒めて!今日は私の誕生日なんですよ!私も褒めてください!私を見て下さーい!」

P「」

美希「春香……ダイタンなの」

律子「はぁ……ま、プロデューサーもこれくらいしないとわからないかしらね」

春香「はぁ、はぁ……って今のってまるで告白……!」

P「春香!」

春香「は、はい!」

P「好きだ!」

春香「はい!……はい?」

P「もう隠さない!スキャンダルなんて知らん!大好きだぁぁぁぁぁあ春香!」

春香「え?ぇぇぇええ!」



12: 名無しさん@おーぷん 2015/04/04(土)00:01:29 ID:p57

春香「で、でもそれはまだ……!」

P「大丈夫!必ず春香をトップまで連れて行ってやる、それから春香の返事を聞かせてくれ」

春香「……はい!これからもよろしくお願いしますね!プロデューサーさん!」

P「ああ!」





13: 名無しさん@おーぷん 2015/04/04(土)00:02:04 ID:p57

ま、間に合わなかった……
読んでくれた人ありがとう













http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1428068540/