1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 21:27:05.36 ID:d3ntFNto0




―――事務所にて―――




千早「もうすぐ誕生日ね、春香」

春香「あ、覚えててくれてるんだ」

千早「当たり前じゃない。四月三日。来週だから、あと七日ね」

春香「うん。って、そんなカウントダウンみたいな言い方しなくていいよー」

千早「大切なことだからよ。誕生日、期待していてね」

春香「ほんと? ふふ、ありがとう千早ちゃん」





2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 21:27:55.10 ID:d3ntFNto0




春香(最近忙しくて千早ちゃんとも会えてなかったな)



春香(でも私の誕生日には時間とれるって言ってたから、それまで楽しみにしてよっと)






3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 21:28:58.45 ID:d3ntFNto0




―――次の日 事務所にて―――




千早「おはよう春香」


春香「おはよう千早ちゃん! 今日もお仕事がんばろうね!」


千早「そうね……あっ、そうだわ。ねえ春香」

春香「ん? どうかした?」

千早「誕生日まで、あと六日ね」

春香「うん、そうだけど……千早ちゃん、昨日も確認しなかったっけ?」

千早「ええ、そうよ。でもいいじゃない。お祝いなんだから、何回確認しても。」

春香「あはは。何回もって、大げさだよー」

千早「そんなことないわよ。ふふ」




春香(千早ちゃんがこんな冗談言うなんて、珍しいかも。ご機嫌だね。ふふ)






4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 21:29:52.68 ID:d3ntFNto0




―――次の日 事務所にて―――




春香「うー……今日のレッスン、ハードだったなー……」



千早「あら、春香。おつかれさま」

春香「あ、千早ちゃーん……おつかれー……」

千早「ずいぶん疲れているみたいね。大丈夫?」

春香「うん、少し休めば大丈夫。次のお仕事まで時間あるし」

千早「無理してはダメよ。体調を崩したら、せっかくの誕生日も楽しめないわ」

春香「そうだね……気をつけるよ」

千早「ええ。誕生日まであと五日なんだから。それまで無理せずがんばってね」

春香「うん……」




春香(誕生日、すごい推してるなぁ……ありがとう千早ちゃん)





5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 21:31:00.79 ID:d3ntFNto0



―――次の日 事務所にて―――




春香(今日は千早ちゃん、いないか……)



ピッ

春香「ん? メール……あ、千早ちゃんだ」




【差出人】如月千早
【件名】誕生日
----------------------------------
あと四日ね、春香。




春香「ふふっ。千早ちゃん、メールでもカウントダウンするの?」

春香「えーっと……」ピッピッ




【差出人】天海春香
【件名】Re:誕生日
----------------------------------
ありがと千早ちゃん☆
でもそんなに丁寧にカウントしてくれなくてもいいよ!
それとも私を祝うのが待ちきれないのかな?
な~んてっ♪




春香「よしっ、と」ピッ



春香(そういえば千早ちゃん、ずっと誕生日までの日にち数えてるなー)






6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 21:31:54.39 ID:d3ntFNto0



―――次の日 事務所にて―――




春香「…………」




【差出人】如月千早
【件名】誕生日
----------------------------------
あと三日ね




春香「……うん。そうなんだけど、ね」






7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 21:33:58.92 ID:d3ntFNto0



―――次の日 事務所にて―――




春香「…………」




【差出人】如月千早
【件名】誕生日
----------------------------------
あと ふつか ね




春香「えっと、これは……あ、あわてて送ったのかな? あはは、千早ちゃんも忙しそうだなー……」






8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 21:35:09.14 ID:d3ntFNto0



―――次の日 事務所にて―――




春香「こ、これは……」




【差出人】如月千早
【件名】誕生日
----------------------------------
イヨイヨ アシタ ネ




春香「こわいっ!? こわいよ千早ちゃん!? なにこのメール!?」

春香「な、なんだろう。千早ちゃんいったいなにを……あっ」




春香(もしかして千早ちゃん……なにかサプライズというか、ドッキリ的なことを計画してる?)

春香(そう考えればこのカウントダウンメールも、前フリなのかも。うん。そうだよ。そういうことだったんだ)

春香(あー、びっくりした。やるなぁ千早ちゃん。こんなに凝ったことしてくるなんて思わなかったよ。誰かのアドバイスかな?)



春香「ふふ。明日が楽しみだなー♪」





9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 21:36:19.98 ID:d3ntFNto0



―――次の日 事務所の前にて―――



春香「…………」


春香(昨日は楽しみって思ってたけど……これ、けっこう責任重大かもしれない)

春香(せっかく、あの千早ちゃんが、一週間前から前フリしてくれたんだから……)

春香(私は、最高のリアクションを見せてあげないといけない……!!)

春香(もし……もしも私のリアクションが、千早ちゃんの思ったものじゃなかったら……)





10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 21:38:57.10 ID:d3ntFNto0




春香『わ、わ~。こんなサプライズを用意してくれるなんて~。私、びっくり~。ありがと~』



千早『…………』



春香『……ち、千早ちゃん?』


千早『……そう。そうよね。こんなドッキリ、カンタンにばれてしまうわよね』

春香『えっ!? う、ううん! 全然! ぜぇんぜん気づかなかったよ! ほんとに!!』

千早『慰めはやめて!』


春香『!?』


千早『わかってる。春香に喜んでもらおうと思って、慣れないことをしてみたけれど、かえって気を遣わせてしまったわね』

春香『そんな―――』

千早『やっぱり私には歌しかないんだわ。歌を歌うだけ。そう。ただ歌を歌うだけの偶像。それしかできない存在なの。私は。私は……誕生日を……祝うことすら……できない……くっ!』

春香『ちがうよ! そんなこと……』

千早『ごめんなさいっ、春香―――!』ダッ!

春香『あっ、千早ちゃん! 待って! 話を聞いてっ!!』





11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 21:40:06.44 ID:d3ntFNto0




春香「お願いっ、待って! 千早ちゃん! 千早ちゃぁーんっ!!」




響「…………」




春香「あっ」




響「……えっと……あ、あー……今日は目と耳の調子が悪いかなー。なにも見えなかったぞー。聞こえなかったぞー」ゴシゴシ




春香「…………」



響「…………」



春香「……ごめん響ちゃん」

響「うん……」





12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 21:41:58.54 ID:d3ntFNto0



――――――



響「というか! 事務所のドアの前でブツブツひとりごと言いだしたから、びっくりしたんだぞ! 急に叫ぶし!」

春香「ご、ごめんね。謝るから、あんまりそのことは掘り返さないで……」

響「せっかく誕生日なのに……千早に会えないせいで、おかしくなったんじゃないのか?」

春香「謝るからー!」


小鳥「なにかあったの?」

春香「なんでもないですっ!」

小鳥「そ、そう。ならいいけど」





13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 21:44:02.17 ID:d3ntFNto0



――――――



小鳥「誕生日おめでとう、春香ちゃん」

春香「ありがとうございます!」

響「おめでとー春香! はいっ、これプレゼント! 自分、今日はもう仕事だから先に渡しておくぞ!」

小鳥「あ、じゃあ私もいっしょに渡そうかしら……はい、どうぞ」

春香「わぁ、ありがとうございます!」

響「へへー、自分のプレゼントは春香にぴったりの……あ! もうこんな時間! 行かなきゃ! ごめん春香! またあとでね!」

春香「あっ、うん! いってらっしゃい!」



タッタッタッ……





14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 21:46:49.83 ID:d3ntFNto0



春香「響ちゃんも忙しそうだなぁ」

小鳥「本当は、みんないっしょに誕生会できればいいんだけどね」

春香「いえ、忙しいから仕方ないです。それにこうしてプレゼントも用意してくれましたから」

小鳥「ふふ。きっともっとふえるわよ?」

春香「あはは。そうならうれしいですけど……あ、そうだ」

小鳥「ん?」

春香「あの、千早ちゃんは、もう来てます?」

小鳥「千早ちゃん? いえ、まだよ」

春香「そうですか……」



春香(まだ来てないんだ……いや、もしかしてどこかに隠れてるのかも……小鳥さんも仕掛け人なのかもしれないし)



小鳥「なに? やっぱり一番千早ちゃんに祝ってほしいの? はるちはなの? なーんて」


春香(隠れるとしたら、やっぱりあの辺……ならその場合の完璧なリアクションは……)ブツブツ


小鳥「……? 春香ちゃん? どうかしたの?」

春香「…………」ブツブツ


小鳥「?」





15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 21:48:29.24 ID:d3ntFNto0



――――――



小鳥「…………」カタカタ


春香「…………」



春香(……こない。なにも起こらない。事務所には、お仕事してる小鳥さんだけ。本当にまだ来てなかっただけみたい)


小鳥「あら? 春香ちゃんそろそろお仕事の時間じゃない?」


春香「え? あっ、ほんとだ。準備しなきゃ……」

小鳥「やよいちゃんと真ちゃんも一緒だったわよね。二人はもうスタジオに向かってるはずだから、いっしょにがんばってね」

春香「はい! いってきます!」



春香(ドッキリはまだみたい。なら今はお仕事に集中しよう!)


春香(……ん? お仕事? スタジオ……まさか今日のお仕事もドッキリ!? ゆ、油断できないかも)





16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 21:49:58.08 ID:d3ntFNto0



―――スタジオ お仕事―――




春香「…………」キョロキョロ




やよい「春香さん、さっきからなにか気になるんでしょうか?」

真「確かにずっとキョロキョロしてるよね。もしかして悩みごとかな?」

やよい「悩みごとですか? そんな、せっかく今日は春香さんの誕生日なのに……」

真「そうだよね……よしっ」スクッ

やよい「あっ、私もいきますっ!」タッ





17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 21:51:08.99 ID:d3ntFNto0




春香「もうすぐ収録も終わり……なにも起きないな……」ブツブツ



真「はーるかっ!」ガシッ

春香「わっ!! ま、真ちゃん!?」

やよい「春香さんっ、大丈夫ですか?」

春香「やよいも……え? 大丈夫って、なにが?」

真「春香、なんだか落ち着かないみたいだから。なにか悩みごと?」

やよい「あのあのっ! 私じゃ力になれないかもですけどっ! お話を聞くくらいならできますから!」

真「ボクもだよ。誕生日なんだから、笑って過ごさないと! ね?」

春香「やよい……真……」


春香「…………」


春香「あの、ちょっと聞きたいんだけど」

やよい「はい!」

真「なに?」





18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 21:51:57.47 ID:d3ntFNto0


春香「ここのスタジオ、隠れるとしたらどこかな?」


やよい「……え?」


真「え?」


春香「え?」



やよい「隠れる……ですか?」

真「なんでそんなこと聞く……はっ!! まさか、だれかに追われてるとか!? ストーカー!?」

やよい「ええっ!? そ、そうなんですかぁ!?」

春香「え?」

真「え?」

やよい「え?」




春香「?」キョトン

真「いや、こっちがキョトンなんだけど」

やよい「……?」





19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 21:54:03.29 ID:d3ntFNto0



―――お仕事終了 事務所にて―――




春香(やよいと真に、すごい勘違いさせちゃったな……)ガチャ



春香「おつかれさまでーす」


小鳥「あ、春香ちゃん。おつかれさま。あー、でも入れ違いになっちゃったわね」

春香「え? だれか来てたんですか?」

小鳥「そうなのよ。さっき美希ちゃんから、もう仕事だからってプレゼント預かってて。直接会えたらよかったわね」

春香「美希? わあ、わざわざ持ってきてくれたんだ! あとで美希にメールしておこうっと」

小鳥「ふふ、そうしてあげたら美希ちゃんも喜ぶとおもうわ。あ、プレゼントの箱、向こうに置いてあるから今持ってくるわね」

春香「あっ、すみません小鳥さん」

小鳥「ちょっと待っててね」スタスタ





20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 21:54:32.81 ID:d3ntFNto0



―――お仕事終了 事務所にて―――




春香(やよいと真に、すごい勘違いさせちゃったな……)ガチャ



春香「おつかれさまでーす」


小鳥「あ、春香ちゃん。おつかれさま。あー、でも入れ違いになっちゃったわね」

春香「え? だれか来てたんですか?」

小鳥「そうなのよ。さっき美希ちゃんから、もう仕事だからってプレゼント預かってて。直接会えたらよかったわね」

春香「美希? わあ、わざわざ持ってきてくれたんだ! あとで美希にメールしておこうっと」

小鳥「ふふ、そうしてあげたら美希ちゃんも喜ぶとおもうわ。あ、プレゼントの箱、向こうに置いてあるから今持ってくるわね」

春香「あっ、すみません小鳥さん」

小鳥「ちょっと待っててね」スタスタ





21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 21:55:34.89 ID:d3ntFNto0



春香(美希のプレゼント、かぁ。プレゼント……ん? プレゼントの……箱? はっ!?)

春香(そうか! きっと美希も仕掛け人なんだ! 今まで千早ちゃんは箱の中でスタンバイしてて、箱のなかから飛び出してくるんだ! 私を驚かせるために!)

春香(よし、そうとわかれば今からリアクションのシミュレーションをしないとね)

春香(ここで外しちゃったら、きっと……)




千早『そう……そうよね。私がプレゼントの箱から飛び出したところで、なにも面白いことなんてないわよね。ええ、わかっているわ。所詮私は、オルゴールの中の眠り姫……この箱の中で、一生歌っているのが似合っているのよ……』

春香『千早ちゃん!? そんなことないよ! なんかこじらせたみたいなこと言ってないで、出てきて! お願いっ!!』




春香(きっとこんなことに―――)

小鳥「春香ちゃん?」

春香「はっ!?」

小鳥「大丈夫?」

春香「だ、大丈夫です! ちょっと覚悟を決めていただけですから!」

小鳥「か、覚悟? よくわからないけど……プレゼント、もってきたわよ?」


春香(きた!)





22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 21:58:06.94 ID:d3ntFNto0



小鳥「はい、これよ」スッ


春香「はいっ! ありがとうございま―――ええっ!?」ガタッ!

小鳥「ひっ!? ど、どうしたの!?」

春香「箱ってこれですか!?」

小鳥「え? ええ、そうだけど」

春香「ち、ちっちゃ過ぎませんか!?」

小鳥「ちょっ!? ちょっとダメよ春香ちゃん!! そんなこと言ったら!!」

春香「だってこんなの人が入れる大きさじゃありませんよ!! 大丈夫なんですか!?」

小鳥「なんの話!?」

春香「あっ、でもこれなら関節をはずせばなんとか……」

小鳥「だからなんの話なの春香ちゃん!? しっかりして!! 春香ちゃん!!」





23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 22:01:29.82 ID:d3ntFNto0



―――数時間後 事務所にて―――




「「「「ハッピーバースデーッ!!」」」」パーンッ!



響「朝も言ったけどあらためて! 誕生日おめでとう春香!」

真「おめでとう!」

やよい「おめでとーございまーすっ!」



春香「ありがとうっ、みんな! 小鳥さんも!」

小鳥「ふふ。よかったわね春香ちゃん」

春香「はいっ! 他のみんなも、ホワイトボードにメッセージ残してくれましたし、すごくうれしいです!」

小鳥「そうねー。みんな春香ちゃんのこと思って―――」

響「ぴよ子っ! はやくはやく! アレ、忘れてるぞ!」

小鳥「え? ……ああ! いけない! すぐ持ってくるわね!」タッタッタッ







24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 22:02:48.76 ID:d3ntFNto0



春香「? アレって?」

響「それはもちろん! バースデーケーキだぞ!」

真「春香みたいに手作りとはいかなかったけどね。あはは」

春香「ううん、うれしいよ! ありがとう!」

やよい「よろこんでもらえたら私もうれしいですっ! あっ、でも、もう大丈夫なんですか? なんだかお仕事中は落ち着かないみたいでしたけど」

真「ああ、そうだったよね。結局なんなのかわからなかったけど」

響「そういえば朝もなんだか変だったなー。どうかしたの?」

春香「あ、あれは……そのー……」



真「あっ、わかった! もしかして、千早を探してたんじゃない?」

春香「えっ!?」





25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 22:04:11.26 ID:d3ntFNto0


響「ああ、そういうことか! 確かに千早がどうとか叫んでたし!」


春香「ちょ、ちょっと」


やよい「春香さん、千早さんに会いたかったんですね? 仲良しですっ!」


春香「ちょっと三人とも―――」


真「大丈夫! ちょっと遅れてるみたいだけど、誕生会には必ず来るってさ」

響「そうそう! だからそんなに熱心に千早を探さなくてもムグッ!?」ガシッ


春香「ちょっと静かに! 千早ちゃんに聞こえちゃうから!」


真「え? だから千早はちょっと遅れてるって……」


春香「そうなんだけど、そーじゃなくてー!」


真「? よくわからないんだけど」


春香「だーかーらーっ!」


やよい「あ、あの、春香さん、離してあげないと」

響「んー! むー!」モガモガ





26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 22:05:26.24 ID:d3ntFNto0



小鳥「おまたせっ!!」バーン!

春香「うわぁっ!?」バッ!

真「小鳥さんっ!」

やよい「び、びっくりしました」


響「……や、やっと離してもらえた」



小鳥「みんながお話に夢中なスキに、準備完了よ!」

春香「あっ、ケーキ! いつの間に!」

やよい「全然気づかなかったですー!」

真「やるなぁ小鳥さん……あっ、でもローソク忘れてますよ?」

小鳥「え? あら、ごめんなさい。ぜんぜん準備完了じゃなかったわね。ちょっと待っててね……」ゴソゴソ

春香「あはは。いいですよそんな―――はっ!?」





27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 22:06:26.24 ID:d3ntFNto0




春香(このケーキ、今は机に置いてあるけど、いつの間に持ってきたんだろう。もしかして最初から机に置いてあったのかもしれない)


春香(ホールケーキに隠れることは無理だけど……机! 頭はケーキで、体は机の中かもしれない!)


春香(千早ちゃん今だよ! 今が出てくる絶好のタイミングだよ! はやく!)






28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 22:07:58.95 ID:d3ntFNto0


やよい「は、春香さん落ち着いてください!」

響「そ、そうだぞ! ローソクがダメっていうなら挿さないから!」

春香「―――はっ!? ご、ごめんみんな、そういうつもりじゃなくて……って、ええっ!? 響ちゃんなにもってるの!?」

響「えっ!? た、ただのナイフだけど……」

春香「千早ちゃん死んじゃう!?」

響「そんな物騒なことしないぞ!?」



やよい「こ、小鳥さん! どうしましょうっ!?」

小鳥「わ、私にもなにがなんだか……さっきも箱のなかに誰かいるとか言ってたし……」

真「は、春香がこわれた……」



春香「おねがい! 千早ちゃんを殺さないで!」

響「わかってるぞ! 当たり前でしょ!?」





29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 22:08:53.92 ID:d3ntFNto0






「な、なんの騒ぎかしら?」





小鳥「え? あっ」


やよい「あっ!」


真「千早!」






30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 22:09:41.72 ID:d3ntFNto0



千早「なんだかケンカみたいな声がしたんだけれど……大丈夫?」



響「あっ、千早!! お願い春香をなんとかしてー!!」

春香「千早ちゃんならケーキの中に―――え? 千早ちゃん?」



千早「なんとかって……どうかしたの春香? 我那覇さんとなにかあったの?」



春香「え……あれ? 千早ちゃん……あれ、なんで?」

千早「ごめんなさい。お仕事が長引いて、遅くなってしまったわね」





31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 22:10:23.45 ID:d3ntFNto0


春香「え? ずっと、今までお仕事だったの?」

千早「ええ。そうよ。春香もスケジュール知ってたわよね?」

春香「う、うん。そうなんだけど……この前のメール、なに?」

千早「メール? メールって……ああ、誕生日の前日ね。すぐにお仕事だったからあわてて送ってしまったの。変なメールでごめんなさい」


春香「そ……そうだったんだ……なるほど……そうか……」


千早「……? まあ、いいわ。遅くなってしまったけれど、誕生日おめでとう。春香。あとでプレゼントも受け取ってくれる?」

春香「うん……もちろんだよ……ありがとう、千早ちゃん……」

千早「よろこんでもらえたら、うれしいわ」




春香「…………」






32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 22:13:08.19 ID:d3ntFNto0




春香「……千早ちゃん」



千早「なに?」



春香「…………」



千早「……?」





春香「なんかごめん」



千早「……なにが?」





このあと滅茶苦茶みんなに謝った


プロデューサーさんにもこの事を話したら滅茶苦茶笑われた



あと、千早ちゃんに対するイメージもあらためようと思った




おわり





33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 22:14:12.80 ID:STotlEb9o


勢いでワロタ



34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 22:15:46.04 ID:fRrZqViLo





35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 22:16:49.07 ID:JEPLf0eU0

おもしろかった、乙です。













http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1428236825/