VIPとSS



カテゴリ: シュタインズ・ゲート

1: ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz 2014/10/11(土) 19:55:53.29 ID:bVWNLK/00

――――未来ガジェット研究所


岡部「――フゥーハハハ!! この、狂気のマァッドサイエンティスト……鳳凰院凶真にかかれば、こんなものっ!!」


紅莉栖「はいはい、で? こっからどう反撃してくるのかしら?」


岡部「……………………」

スッ

岡部「――なんだ、どうしたっ!? なにっ!? そうか、機関の手がもうそこまで伸びているのだな……。待っていろ! すぐに向かう!」スクッ


紅莉栖「ちょ、ちょっと岡部! どこ行くのよ!?」


岡部「すまんな、助手よ。急用ができてしまった……」


紅莉栖「なっ! 逃げるのはいいけど、負けとして私の分のドクペ買ってきなさいよ!?」


岡部「うぐっ……。――フゥーハハハ! 仕方ないな、そんな卑怯な手を使ってまで、俺の負けということにしたいのなら、そう思っているがいい! ……運が良かったな、クリスティーナよっ!」


紅莉栖「ティーナは余計だっていっとろうが! それに、そこまで言うなら、早く逆転して見なさいよ!」


岡部「――くっ、もう、時間が、ない……か。さらばだっ、クリスティーナ!」ダッシュ


紅莉栖「あっ、逃げ――」

ガチャバタン


紅莉栖「もー、岡部のやつ……」フンッ


まゆり「今日のオカリンもいつも通りだね~」


ダル「まぁまぁ、牧瀬氏。そういって、いつもオカリンはちゃんとドクペ買ってくるんだから、我慢するべきだお」


まゆり「そういうところは、オカリンって真面目さんだね」


紅莉栖「でも! なんか、さっき私が負けたみたいになってるじゃない! それが気に入らないのっ!」


ダル「まぁ、オカリンと勝負したら、そうなるなんてわかってたことだし……」


まゆり「しょうがないね~」


紅莉栖「あぁ、もう! どうにかして、岡部を敗北感でいっぱいにできないかしら……」



――――俺のことは、鳳凰院凶真と呼べッ!!



紅莉栖「……………そうだ」ハッ


ダル「ん? どしたん牧瀬氏?」


まゆり「なにか、閃いたような顔だね~」


紅莉栖「ねぇ、ちょっといいかしら――」



続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 17:11:27.00 ID:jSTNnYLP0

岡部「フッ、この狂気のメァッドサイエンティスト鳳凰院凶真ともあろう者が便所飯とはな」

岡部「……」

岡部「……」

岡部「……」

岡部「ククク……! これも全ては機関の目を欺くためであり、シュタインズゲートの選択!」

岡部「食堂でのうのうと食事している連中とは違うのだフゥーハッハッハァ!」

岡部「……」

岡部「……」

岡部「……」 モグモグ

岡部「フゥー……ハハハ」



続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2015/01/21(水)09:05:46 ID:54m

神社

岡部「ふむ、どうやらわけのわからん世界線へ飛んだようだ」

岡部「リーディングシュタイナー自体は発動している」

岡部「とすればこの世界線は前の世界線とはどこか違うということだな」

岡部「…まゆり…必ず助けるぞ」

ルカ子「…いちっ…にっ…」

岡部「おお、ルカ子よ、精が出るな」

ルカ子「らぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!」スパァン!!

岡部「」




続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 18:09:20.95 ID:5aZZy6slO

紅莉栖「!!」ガタン

鈴羽「……!」

まゆり「……」ピクッ

岡部「ぬおっ!?……ど、どうしたのだお前達。いきなり立ち上がって……

ダル「な、なんかラボの空気が一気に殺気立ったお……」



続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 14:30:41.28 ID:pKdBRRYf0

買ったばかりの携帯から──

 ピリリリリ

着信音。見覚えのない番号──

 ピリリリリ

底知れぬ不安が思考を支配する。
出たくない。

 ピリリリリ

だがそれが止まる気配はない。
意を決して指に力を込める──

 ピッ

その瞬間、周りの景色が琥珀色に包まれ、ぐにゃぐにゃと揺れ始める。
平衡感覚は失われ、立っていられなくなり──


女性「ちょ、ちょっと!? 大丈夫!? しっかりして!」


ごめん……なさい……。



Chapter 1 『分離喪失のデジャヴュ』



続きを読む

このページのトップヘ