VIPとSS



カテゴリ: アイドルマスター

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 21:27:05.36 ID:d3ntFNto0




―――事務所にて―――




千早「もうすぐ誕生日ね、春香」

春香「あ、覚えててくれてるんだ」

千早「当たり前じゃない。四月三日。来週だから、あと七日ね」

春香「うん。って、そんなカウントダウンみたいな言い方しなくていいよー」

千早「大切なことだからよ。誕生日、期待していてね」

春香「ほんと? ふふ、ありがとう千早ちゃん」





続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/08(水) 18:11:00.42 ID:O8WdALIgo

P「いやぁー、思ったより釣れて良かったな。とりあえず冷凍しといたけど、釣ってきたキスだけでいっぱいになっちゃったよ」

美希「初めてなのにいっぱい釣れて楽しかったのー!」

亜美「いやー、まさか兄ちゃんの趣味が釣りなんて思わなかったですなー」

P「俺も社長に誘われてハマったんだけどな。まだハゼとキスくらいしか釣ったことないよ」

美希「ハゼってコレ?」

P「うわ!何で今持ってるんだよ!」

美希「クーラーボックスに一匹だけ取り残され」トゥルン

亜美「うわっ、落ちた」

P「あぁ、それはハゼに似てるけどちょっと違うんだ。ヌメリゴチって言ってな……まぁいいや、これも洗って冷凍しとくから、お前ら手と床拭いといてくれ。ぬるぬるするだろ」

二人「はーい(なのー)」



続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/07(火) 20:45:34.08 ID:nk95QSrh0


桜舞うこの季節

さわやかな風に胸をときめかせ

画面の向こうへ送ったあなたのへ視腺

あぁ、あなたの恋のダンスと歌で私をもっと輝かせて欲しい







続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/07(火) 23:16:40.54 ID:P5XU6Xoso


P「うぉっ、いきなり抱きついてくるなって!」

春香「そ、そうだよ美希!プロデューサーさんだって疲れてるんだし迷惑だよ!」

美希「むー、そんなことないの!ハニーだって顔がにやけてるから、きっと喜んでるの」

千早「プロデューサー……」ジトー

律子「プロデューサー殿……?」

P「ちょ、おいお前ら目が恐いぞ!さすがに手なんか出したりしないって!」

美希「ハニーになら……いいよ?」ウワメヅカイ

亜美「だ、ダメだよ兄ちゃん!中学生に手を出したら犯罪だよ!」

真美「ちょっ、亜美!真美たちもまだ中学生だから……」

亜美「あ!そうだった!んあんあ~!オケツ掘っちゃったよぉ~!」

小鳥「」ガタッ


※アイマスssです。短いです



続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/08(水) 02:31:53.29 ID:O8WdALIgo


P「ツカマエチャー♪」カタカタ

小鳥「プロデューサーさん」

P「はい、何でしょう?」カタカタ

小鳥「その曲、なんて歌ですか?」

P「あ、今鼻唄で歌ってたのですか?」カタカタ

小鳥「えぇ」

P「Cutie Pantherです」カタカタ

律子「あ、それ最近話題のスクールアイドル、『μ's』の曲ですよね」

小鳥「知ってるんですか?」

律子「えぇ。素人とはいえ『ラブライブ』なんていう大きな大会も開かれるような新しいアイドルコンテンツですからね」

小鳥「へぇ……仕事熱心なんですね」

P「まぁ俺は普通にファンなだけですけどね」ッターン




続きを読む

このページのトップヘ