VIPとSS



カテゴリ: 男「」 女「」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/05(日) 08:20:24 ID:dA2N52aE

面接官A「ところで、あなたの趣味は?」

男「人間観察です」

面接官A「人間観察ゥ~?」プッ

面接官B「ハハ……それは変わった趣味ですね」

女面接官「観察というのは、たとえばどのような感じで?」

男「人をじっくりと観察して……その人の人生を感じることが好きなんです」

男「あとは……人が驚いたり焦ったりするところとかも好きです」

面接官A(“とか”なんて使うんじゃねーよ)



続きを読む

1: ◆tZ.06F0pSY 2015/03/11(水) 21:15:20.98 ID:aRgJZVGSO

――

浦島子(あら?……あの子は何してるのかしら?)

少年「おらっ!!おらっ!!」

浦島子(あらあら、亀をイジメてるのね……)

浦島子(ふふふっ……イケナイ子にはお仕置きしないとね……)

浦島子「坊や、何をしてるの?」

少年「は?お前に関係無いだろ?」

浦島子「亀さんをイジメちゃダメよ?」

少年「だからお前に関係無いだろ?」

浦島子「……あらあら、ずいぶんと乱暴な坊やなのね……」



続きを読む

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/10(火) 00:58:38 ID:5RJjodss

女「あたしと……結婚を前提にお付き合いして下さい!」

御曹司「!」

御曹司「ボクで……いいのかい?」

女「ええ……」

女「といっても、あなたはどうでもよくて、あなたの財産が目当てなの」

御曹司「おおっ、なんというビッチ!」



続きを読む

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/14(土) 06:02:31 ID:xyIChjGY

幼「まさかこんなにネバつくとは思いもしなかった」

男「幼がそうして欲しいって言ったから、頑張ったのに」

幼「熱くて、手にベトベトついて……これどうしよう」

男「そうなるってわかってたから、先につけたほうが良いって言ったのに……」

幼「だって最初は普通が良かったんだもん、しょうがないでしょ」

男「じゃあそのまま食べちゃえよ、いつまでもいじってないで」

幼「そうする。私が食べてる間にもっとガンガンついてよ」



続きを読む

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/07(土) 16:40:28 ID:t3qFHwuA

─ 家 ─

ママ「二人とも、起きなさい! ほら起きて! 遅刻しちゃうわよ!」

子「学校めんどくさ~い」

パパ「会社行きたくなぁ~い」

ママ「もう……しょうがないわねえ!」



続きを読む

このページのトップヘ