VIPとSS



カテゴリ: Another

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/11(火) 11:14:27.10 ID:Lzj0Rgmx0


恒一「すごい雪だね」

泉美「そうね。でも雪は夜見山でうんざりするほど見てきたわよ」

恒一「確かに夜見山の雪はすごかったけど、東京育ちだった僕には東京でこんなに雪が降るのは新鮮なんだ」

泉美「なんか恒一くん楽しそうじゃない?」

恒一「あはは、そう見える?」

泉美「もう、もしかしたら電車止まっちゃって家に帰れないかもしれないのよ。ゆっくりしてられないじゃない」

恒一「なんかさ、こういうのも悪くないなぁって思って」

泉美「どういう意味?」

レポーター「あのー、少しインタビューよろしいでしょうか?」

泉美「えっ、なに、ちょっと待って」アタフタ




続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/19(木) 23:51:56.87 ID:nuR84H+h0

病院

風見「高田純次君、だよね? 僕は3組のクラス委員をやってる風見智彦。よろしく」

桜木「同じくクラス委員の桜木ゆかりです。こちらは……」

赤沢「対策係の赤沢泉美よ」

高田「僕はトム・クルーズっていうんだ。よろしくね」

桜木「……急な病気で入院してるって聞いて、皆から御見舞いに行こうって話になったんです。私達は代表として来ました」

高田「そうなんだ、花束まで持ってきてくれてありがとう。今度看護婦さんを口説くときに使うよ、それとも君に使おうかな?」

風見「……東京の私立高から来たんだってね。夜見山に来たのは、初めて? 住んだことはない?」

高田「君メガネ似合ってるね。僕がメガネドレッサー賞に推薦してあげるよ、何の縁もないけど」

桜木・赤沢・風見(なんだこいつ……)



続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/19(月) 15:03:16.54 ID:motHP8wh0


クイズ榊原の100のコト

天の声 千曳辰治



赤沢「何なのここは?」

勅使河原「無駄に広いな」

望月「大きいモニターだね」

見崎「ずっとあの文字だけ映ってるけど…」



続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 19:33:41.58 ID:O7Ab2WCL0

恒一「なるほどなるほど…女子の好感度が数値で出るのか。とりあえずスイッチオン」ポチ

怜子:9/10
赤沢:7/10
見崎:5/10
綾野:4/10
桜木:4/10
その他:1/10

恒一「この高感度は日常の様々な行動によって上下します…か。とりあえず>>5さんにでも会いにいってみよう」



続きを読む

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/03(火) 15:17:09.67 ID:j+AiGh6YO

赤沢(授業中に一体何を・・・。笑わせるですって?)

小椋(これ、下手したら現象に・・・)

恒一「じゃあ見崎。外でネタを考えようか」

鳴「ええ」

ガラッ バタン

赤沢「・・・」



続きを読む

このページのトップヘ