VIPとSS



カテゴリ: エヴァンゲリオン

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/22(日) 16:24:56.97 ID:yzvSBKAAO


カヲル「……」キョロキョロ

シンジ「あ、カヲル君! こっちこっち~」

カヲル「やあ。すまない、待たせてしまったかい?」スタスタ

シンジ「ううん、僕もちょうど今来たとこだから。久しぶり」

カヲル「そう、よかった。久しぶりシンジ君。相変わらず変わらないね君は」

シンジ「それって褒めてるの?」

カヲル「もちろん。それにしても喉が渇いたよ、とりあえず先に飲み物頼もう。ビールでいい?」ガタッ

シンジ「うん」

カヲル「すいません、注文いいですか?」

店員「はーい」トテトテ…

カヲル「生二つお願いします」

店員「かしこまりました。すぐお持ち致します~」






続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/10/26(金) 02:07:17.95 ID:cGtzzCsI0

シンジ「じゃあ帰る」

ゲンドウ「そうか」

シンジ「それじゃあ帰ります。お邪魔しました」

リツコ「またいつでも来なさい」

日向「コーラ持ってくかい?」

青葉「あ、メアド交換しとこうぜ!」

マヤ「あ、私も私も」

冬月「気を付けて帰るんだぞ」

シンジ「はい」



続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/13(木) 22:37:24.00 ID:C2M3rCBB0

アスカ「はいっ、おまちどー!」

シンジ「アスカが料理してくれるようになるなんて……」

アスカ「あんた何回それ言ってんのよ」

シンジ「だって嬉しくってさ。いただきます」

アスカ「はい。仮にも育ちざかりなんだからいっぱい食べなさい」

シンジ「あ……っと」ガチャ

アスカ「何やってんのよ。茶碗割れちゃうじゃない」

シンジ「ご、ごめん。最近なんだか身体がダルくって。ホント、もっと食べなくちゃね」

アスカ「……」



続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/15(日) 00:37:34.48 ID:juMqcVdf0



シンジ「カラオケ…ですか?」

ミサト「そうよ!一週間後、ある催しが行われるわ……そう、ネルフでは毎年行われる恒例行事、その名も『夏だよ!ネルフだらけの紅白歌合戦!』」

アスカ「夏だよって言うけど昔と違って夏しか来ないじゃない!あーやだやだ、一昔前の世代の人間のネーミングセンスは」

ミサト「聞きなさい2人とも。この大会はただの身内のカラオケ大会じゃないのよ。なんと商品も出るの…」

シンジ「商品?」

ミサト「なんと碇司令が可能な範囲で望んだ願いを叶えてくれるのよっ!!」

シンジ(あの人が主催か!)



続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 22:45:21.48 ID:snPmCJit0

ゲンドウ「乗るなら早く…ちょ、冬月やめっ……早くしろ!でなければ帰れ!」

シンジ「あの……」

ゲンドウ「冬月ぃ…レイ呼んでくれるぅ?」

冬月「えー、碇ぃ、使えるぅ?」

ゲンドウ「だいじょぶだってー。ほらほらぁ……」

冬月「どうしよっかなぁー」

ゲンドウ「呼んでくれなきゃむくれちゃう」

冬月「碇ぃ、かーわーいーいー」



続きを読む

このページのトップヘ