VIPとSS



カテゴリ: 食戟のソーマ

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 21:19:52.26 ID:Uo949CHU0

注意書き

本作品は食戟のソーマのssになります。

タイトル通り、創真×緋沙子のものになります。

いつかのあれをこの二人でやってみただけのものになります。

先日、新戸緋沙子「私は、お前のことが好きだ。幸平創真」という作品も投下しているのでそちらもよろしければ。


同時進行で書いているので、亀になりますがよろしくお願いします。



続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/14(土) 17:54:16.81 ID:++/ryOVR0

注意書き

本作品は食戟のソーマの二次創作になります。
ヒロインはタイトルにあるとおり、秘書子こと新戸緋沙子ちゃんになります。

地の文を利用した小説形式の作品になりますので、そこはご注意ください。

ほんとに秘書子かわいすぎると思う。



続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/02(木) 15:44:15.25 ID:jeS7u6tm0

城一郎『やれやれ、この前は肝心なところで電話切っちまって……』

創真「あぁ、悪ぃ。で、料理が上達する秘訣って何だ?」

城一郎『それはな……自分の料理の全てを捧げたいと思えるような、そんな女と出会うことだぜ』

創真「はぁ? 何だそりゃ?」

城一郎『ははは、その年じゃまだピンと来ねぇか。ま、そのうちわかる日が来るさ』



続きを読む

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12(土) 17:53:06.06 ID:nHeltnhk0

日向子「というわけで、王様ゲームやりますよ!」

創真「……こんな晩に突然集められたと思ったら、どういうわけっすか?」

堂島「なに、たまたま遠月の近くに寄ったもんでな。せっかく合宿で親睦を深め合ったんだ」

堂島「色々と面白そうな一年を集めて、みんなで遊ばないかと思ってな。王様ゲームは乾の案だが」

日向子「楽しそうなので来ちゃいました。霧のやは定休日ですし」

恵「は、はぁ……で、何で王様ゲーム?」

日向子「そりゃもう男女混合、盛り上がる遊びといえばこれしかないですから!」




続きを読む

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 01:38:06.61 ID:ExMwgnxt0

創真「コンビニって次々新商品が出るから、結構新作のインスピレーション湧いたりするんだよな」

創真「まあ流石に丸パクリみてーなことはしないけど……」

 ウィーン イラッシャイマセー

創真「まず手始めに弁当コーナーでも……ん?」

えりな「…………」

創真「……薙切?」



続きを読む

このページのトップヘ