VIPとSS



カテゴリ: 俺の妹がこんなに可愛いわけがない

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 00:37:36.37 ID:/u3Cvd3f0

       京介のアパート

京介「勉強も一区切りついたしちょっと息抜きすっか」

京介「そういえば赤城のやつが桐乃のファンブログもあるかもと言ってたな」

京介「あいつのファンブログや画像なんてないとは思うが一応調べてみるか」

京介「…ま、まぁ俺は妹の画像とか興味ねーけどな!」

京介「高坂桐乃 エロ画像っと」カタカタ

約 408,000 件

京介「マジかよ!?」

京介「google先生マジパネぇな!!」



続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/20(木) 19:20:08.14 ID:8CK3XFhK0

―――桐乃の部屋

桐乃「はぁ……どうしよう」

桐乃「いつ京介をデートに誘うか悩んでたら、いつの間にかクリスマス間近になっちゃった……」

桐乃「う~、ヤッバいなぁ」

桐乃「先約があったらどうしよう……てか、どうやってこの話を切り出そう……」

桐乃「うーん……そだ」

桐乃「………まずは新作のエロゲーの話をして、そっからさりげなく話題を振ればいいよね」

桐乃「それでデートの約束できたら、アキバあたりに誘って………あとは」

桐乃「………」

桐乃「……よしっ!よぉーっし!」

桐乃「いくぞーッ!!」



続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 01:04:20.12 ID:vGkNtVgu0


京介「命令がマニアック過ぎんだろ! 初っぱなだぞ!」

加奈子「あんだよ」

京介「あと、オマエ、王様ゲームのルール知らねえだろ!」

加奈子「?」

京介「やる人とやられる人は番号で言うだよ!」

加奈子「なんで?」

京介「そうじゃないと、俺が割り箸を引く意味なくなるだろう?」

加奈子「知らねーよ」

京介「じゃあ、知れ、今すぐ」

加奈子「加奈子が王様なんだろ? だったら、ルール決めんのも加奈子の勝手じゃね?」

京介「王様でも最低限守らなきゃいけないルールが……――あ?」

桐乃「ん」ズイ

京介「桐乃? なんだよ、足を突きだして」

桐乃「あたし、2番」ズイ

京介「いやいや、なに言ってんだ」

加奈子「京介、王様の命令は絶対なんだろ?」

京介「いやいやいやいや」ブンブン

加奈子「やれやれ!」

あやせ「…………」

京介「つーか、桐乃? その体勢だとパンツ見え――うぐっ!」

桐乃「うっさい! 早くしろ!」ゲシゲシ

京介(どうなってんだよ、オイ!)






続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 19:21:32.30 ID:58TXbbuf0

 コンコン

桐乃「おにいちゃーん……」コソッ

京介「zzzZZZ…」

桐乃「…うん、ちゃんと寝てるわね……」

桐乃「睡眠薬、ちゃんと効くんだぁ……」

京介「zzzZZZ…」

桐乃「…馬鹿面ね」

京介「zzzZZZ…」

桐乃「…ほんと、馬鹿兄貴……」

京介「zzzZZZ…」

桐乃「……」

京介「zzzZZZ…」

 ギシ…

桐乃「……」

京介「zzzZZZ…」



続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/22(日) 23:42:32.16 ID:FwatedSz0

京介「あぁ、そうだ。知らないか?」

桐乃「・・・し、知ってるわよ。常識よ常識!」

京介「そうか、なら話は早い。二人でやろう」

桐乃「はぁ!?」



続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ