Kaori’s BLUE

「BLUE」は、冷静。未熟。憂鬱。猥褻。 Kaoriの心もBLUEなのだ。

曝け出せ!

 キリンの秋味を飲みながら、こんばんは。
 夕方、空が店じまいするスピードの速いこと。やっぱりもう秋ははじまりつつあるんですねぇ。スーパーのチラシには、おでんの写真が載りはじめてるし、文具店には、来年のカレンダーが並んでいるし・・・来年、小学生になる坊やのランドセルなんて、人気商品はもう売り切れらしい。早く、決めねば。決めねば。と口では言いつつ腰が重い。多分、来春のことなのに・・・と、まだワタシ自身に現実感がないんだな、きっと。それにしても・・・秋がそこまできてるらしいのは確かなんだね。ふぅ〜。暑さには弱いワタシも、この暑さももうすぐ終わっちゃうのか・・・と、ちょっぴり寂しい葉月の終わり。

 ・・・何だか、ふふん。と、鼻で笑ってしまうのは、ワタシは、こうやって秋や冬を待っているわけではないと主張しながら、今、千尋嬢の「I Will Wait」を聴いているところなんだよね。

   

 ま、タイトルは置いといて、久々のジャズアンドビアタイム。いいなっ。

 なんか、最近、ちょっと透明になりつつある自分に腹を立ててたんだ。
 職場でも、新しい仕事に必死で、静かに真面目に取り組んでてさ、そういう感じなんだ〜。キレイなことしかしないっぽいな〜。と思われてることは承知で、ま、そう思われるまま、ま、ま、男だらけの職場だし、否定しなくてもいいかっ。て仕事の時間が終わったらサッサと帰ってたんだけど、この間、大酒飲みでよく喋る自分を露出したら、皆に驚かれたんだよね(笑)ワタシに「オメェー」って言って、ちょっと突っかかってたっぽい、仕事バリバリできる職人みたいな方に、この間、「貴女」と呼ばれ、若者達に「姐さん」と呼ばれ、嗚呼、何だ、早々に自分を曝け出すんだったと後悔しちゃった。人間、やっぱり地でいかないとダメなんだな。と実感したわけ。

 そして、ママ集団も、ホントに自分の好きなタイプの方だけじゃないわけ。もう、歳とってきて(笑)ワタシなんて、基本的に面倒クセーって思ってるから(笑)何だかウジウジと人の悪口言ったり、自分だってちゃんとしてるかどうか知れないのに人のあげあしとったり、誰かと比較して下位の人見つけて喜んでるみたいな意地の悪い気持ちとかに出会うと、死ぬほど嫌な気持ちになったりして、でも付き合わないわけにはいかないこともあって、上っ面だけでお付き合いするのが楽チンだなー。とか思っちゃうわけ。でも、サッパリした気持ちのいい人に出会うと、ホントはワタシってこう思ってるんですよ!と言いたくなったりして、大人って難しいわな・・・とか。そういうことを繰り返してると透明になっていくんですわ・・・。

 こういうとき、自分を解放して好き放題できる場所が、あのバンドだったんだな。と、気づいたりしたかな。ワタシは歌いたかったのか?自己を解放したかったのか?いや、その両方だったんだな〜と、改めて感じれたな。よかった。無理せずに休むこともいいことだな・・・。と、思ったよ。ま、でも、練習できないから行けないけどね〜。そういう場所だったと感じられたことはいいことだね。

 むかしは、面倒くさい人に出会うと、「死ねばいいのに」とか、「ぶっ殺す」とか平気で思ってたのに、震災を経験して、そんなことを軽はずみには言えない・・・。って思って、結構我慢強くなってたんだよね。でも、いい子になってると、どんどん透明になっていっちゃうから、もうちょっと自分の毒を滲ませながら、生きて行かねば。ヘトヘトになっちゃうからね〜。

 解放、解放。・・・なんてことを思いながら、秋味も3本目です。そろそろ、寝るか。
 おやすみなさいませ。

 
 

日々。

 お久しぶりで御座居ます。
 ワタクシめの放置プレイ、いかがで御座居まして?欲しくなりました?あはん。
 なんつって、こちらの方が、皆様に忘れられてそうですけどね。ひえ〜。気がつけば6月も終わちゃいますよね〜。

 ここ数ヶ月、何をしていたのか?と問われれば、「精一杯生きて居りました。」と答えます。自信を持って。その内容は、仕事と育児だけですけど。女だらけの職場から一転、4月からは男だらけの職場で、新しい仕事をしてましたよ。ようやく慣れてきたかな・・・。なかなかわからないことが多くて、とにかく今まで積み重ねてきた人間関係をフルに活用して、いろいろな情報をかき集めながら、とりあえず顔だけは涼しそうに、脚だけはバタバタさせて日々過ごしてました。
 でも、面白いな、新しい仕事。毎日が、新鮮!って感じで。
 男だらけの職場にしては、それほどむさ苦しくもないし。最近は、職場にいるバリバリ仕事をされる、口が悪くて気難しい感じの職人みたいな方を笑わせたら「よしっ!」って思う。という密かな楽しみを見つけて、頑張ってましたよ。(←ちゃんと、仕事しろっ(笑))

 そんで、娘がね、日々成長してましてね、行動範囲が広がって、出来ることが増えてきて、だけどちゃんとできないことの方が多くて、「したい。けど、ちゃんと出来ない。けど、無理してやって滅茶苦茶になる。」の繰り返しで、日々ヒヤヒヤしています。
 思い出したよ、そうそう、坊やもそうだった。3歳までがとにかく一番手がかかるんだった!って。
 ね、毎日さ、食事をすれば、テーブルの下がビショビショ。顔を洗えば、洗面台の下がビショビショ。手や顔や、家中に落書きとシール。大切な書類にも落書き。裸足で、外出たり。高いところから下りられなくなって泣いてたり。気分次第で「嫌だ。嫌だ。」と駄々をこねて、でも基本的にはずっと母の後を追いかける。って感じでね。

 ・・・そんな家庭生活のうえに新しい職場生活でさ、ワタシさ〜、はじめて何にもしたくなくなっちゃったんだよね。ホントに、なーんにもしたくない。歌も、お茶も、畑も、何にもしたくないの。むしろ、考えて「やらなくちゃ。やらなくちゃ。」って思うのがストレスになってきちゃった。
 前は、ストレス解消のために歌いに行ってたところがあったんだけど、今は、難しいね。バンドが有名になり過ぎちゃったね。自由ではない感じがしちゃう。うまくなくちゃいけない気がしちゃって、ストレス解消に行くなんて無理。無理。ゆっくりと取り組む時間がないワタシは、逆にうまく歌えないストレスばっかり感じちゃうから、今年はバンドを休むことに決めました。ちょっと残念だけど、その方がバンドのためにも、ワタシの気持ち的にもいいかな、と。お茶のお稽古も、家庭菜園も、それを楽しむためには、時間的な余裕と心の余裕がないとダメみたいで、ま、家庭菜園は無理しない程度に家族で協力して出来るけど、お茶のお稽古は、5月から復帰するつもりだったのをずるずる延ばしていました。
 今は、一日のなかで、夜、ソファーでまったりしながら、音楽を聴くひとときが持てたら幸せな感じ。歳とったな〜。・・・悲しいけれど、無理出来ないお年頃になってきたらしいです。ふぅ〜。

 お疲れ気味のワタシには、こんな感じがちょうどいいなぁ。暑い日に、サラサラの麦酒飲みながら聴くとか。潮風感じながらドライブするときに聴くとか。
 クオシモードの最新作「My Favorite Songs」に、RADIOHEADの「High And Dry」のカバーがありましたよ。

   

 うーん。心地良い。でわね、おやすみ。


春の曖昧

 こんばんは〜。
 夕べ、夜中まで散々飲んだくれたので、今日はテンションの低かったワタシです。声がガラガラです。歌いまくりました。んなワケで、今夜は、チョコレートと珈琲で焦げ茶色な夜の闇で御座居ます。

 暗闇といえば、「HOW HIGH THE MOON」ですな。でも、DEE DEEが歌うと、ワクワクして楽しいな〜。すぐに暗闇から抜け出して君のところに辿り着けそうよ。

   


 とうとう異動内示がでまして、ちょっと予想もしなかった部署なのですが、4月からは今までと全く違う仕事をはじめます。すごく平和な部署らしい。今、ワタシは最前線にいるので、多分、物足りなさを感じるかもしれないわん。同じ職場にして、転職するようなものですよ。でもなぁ・・・ずっと願っていたことなのに、いざ、現実となると、少しばかりのセンチメンタルと、それを忘れるくらいの忙しさに辟易していましたよ。とにかく引継書を仕上げねば!と、今夜は久々に自宅のPCの前に座ったってのに、ブログを書いているという有様です(笑)

 三連休初日の昨日もお仕事でしてね、働きましてね。夜は、送別会でした。
 ここは、被災地ということで、たくさんの方がいろいろなところから派遣職員として来てくれて、一緒に働いてくださっています。そんな仲間との別れの季節でもあります。何だか、すごく寂しい。ワタシの部署には、素敵な男子が来てくれてて、彼は、とっても若いのに大人びたところとやんちゃなところがいいバランスであって、よく話して、よく笑って、おばちゃんをワクワクさせてくれました。何つっても180センチの長身でスッキリとしたスタイル!おばちゃん(←ワタシ。)は、彼のお尻ばかり見ていました(笑)産休明けのこの半年は、体調不良で病休する職員が多くて忙しいうえに、ワタシも娘の夜泣きに付き合った翌日などは本当に辛くて泣きたくなる日もあったのだけど、不器用で無愛想だけど、本当はとても優しい女子や、無表情な草食男子に見えるけど、本当はすごく男らしい男子、そして派遣男子、素敵な後輩らに助けられて、何とか乗り切れましたわ。たくさんの溢れるような思いがあって、夕べの送別会では酒量が増して、2次会のカラオケの最後まで歌いまくって笑いまくった夜でした。

 あと一週間、忙しい日々を過ごそう。彼のお尻を見ながら(笑)あーあー、ホントに寂しいな。春は、いつもこういう曖昧な気持ちを味わうね。

   

デパートの中心で叫ぶ

 おはようございます。
 朝一で、激辛のカップ麺をやっつけてやりましたよ。
 荒れ狂って居ります。

 こんな書き出しですが、2014年の書き出しでもあります。もう如月で、和室では雛人形が含み笑いしておるわが家ですが、遅ればせながら、今年も、細々とマイペースで書いていきますので、どうぞよろしくお願いします。

 そう書きながら、チョコレートとエスプレッソを流し込んでやったわ。 
 最近、ハマっているギラ・ジルカも聴いてんだけど、

   

 ね、カッコえーでしょ。でしょ。

 ってのに、ワタシは、まだまだ荒れ狂って居ります。

 2月に入ってから、昭和19年の方の仕事のミスに気がつきましてね、それを正しくしてやるための仕事につきっきりになってました。日常の仕事が終わってから、残業を続けてきましてね、特にも今週は、火曜日に休日出勤し、水曜日は子ども達が眠ってから帰宅し、木曜日は早朝から盛岡に出張し、で、会議終わりにデパートで、やれやれとディオールの香水を次々と試させてもらって、何ともムンムンする香りを選んで購入して、ちょっとウキウキしたところで、プルルと職場から電話。その電話が、これまでに準備してきた仕事の根本をくつがえすような内容で、気づけばワタシ、デパートの中心で叫んでましたわ。
「なんだとぉぉぉぉぉ=========!!!!!」
 一瞬、周りの人たちが、一斉にワタシの方を振り返ったけれど、ワタシの怒りは頂点に達し、もうなりふりかまわず、電話をしてきた後輩に、どういうことなのか?とまくしたて、後輩もビビって後半、超小声になってましたっけ。ま、後輩が悪いわけではなく、ワタシが指導や調整を仰いできた方のやり方が悪く、後輩はそやつらからの伝言をワタシに伝えてきただけなんですけど、もう、とにかくワタシは、この半月やってきたことが無駄になるような内容で、あまりにも腹が立ち、気がついたら、盛岡の街中を延々と文句を吐き捨て、吐き散らかしながら歩いていましたっけ。
 で、昨日、その者どもがワタシの職場にやってきて、偉そうに調査をしていったのですが、とにかくワタシは、ずっと京都女のようにニコニコしながら、チクチク厭味ばかり言っていました。あちらは、言い訳ばかりしてました。くそっ。
 ってなわけで、今日も、保育園の参観日終わりで仕事しに行ってきます。

 ふぅ〜。

 またまた〜。

疲労体

 こんばんは。
 ジャージで今日1日をやり過ごしました。ワタクシ、体調不良です。ふえ〜。
 先週も、とにかく一日中吐き気がして立ち上がれない日があって、点滴を打ったりしたのですが、昨日は、朝から発熱。再び、布団の中で過ごしました。とにかく眠れる。眠れる。寝ても、寝ても、眠れるんだから異常なんですわな。変なんですよ。いつも、むしろ眠れないくらいなのに。
 ・・・というワケで、今日は仕事を休み、一日をソファーで過ごしていましたよ。「ちょっと本でも読もうかなぁ・・・。」なんて気分にもなれず、とりあえず録画してた夕べのTHE MANZAIを観て、ちょっと笑いました。
 母は、また妊婦になったのでは?と心配している様子ですが、ワタシは、ワタシの持病の奇病の予兆ではないか?と、ビビって居ります。妊婦は、ない。ない。あり得ない。

 9月に仕事に復帰してから、もうブログの更新さえできないくらい毎日がクタクタ。ギリギリの感じで過ごしてましたよ(笑)髪を振り乱して。ときには、怒鳴り散らして。せっかくの黒いジャケットには、いつも鼻水だの米粒だの付いてるし。まだ仕事がはじまったばかりなのに、気がつくとストッキングは伝線してるし。はぁ〜。
 ・・・子どもがいなかったとき、子育て中のママを横目に見ながら、「どこかお洒落じゃないんだよね。どこかだらしないんだよね。どこかキマってないんだよね。」なんてことをよく思ってたけど、今正にワタシが若い子らにそう思われているだろうと、何だかチクチクと小さな痛みを感じます。
 そして、あの頃子育て中のママだった、ワタシと同年代から上の方々は、子育てが一段落して、今また自分に時間やお金をかけているのを見ると、はぁ〜。とため息やら苦笑いがでますよ(笑)

 でも、ま、子育てに奮闘するのも期間限定ですからね。今頑張らなくてどうする!って思って、毎日を過ごしています。彼らは、ワタシのエネルギーを容赦なく奪い取るけど、逆にワタシにエネルギーをケチることなく補充してもくれます。
 だって、娘の成長には目を見張りますよ。ヨロヨロがテクテク歩くようになって、高いところに上ったり下りたりするし、「ママ」が言えるようになって、イヤイヤ。と首を振ったり、ウン。と頷いたり意思表示ができるようになってきました。何より表情が豊かになってきて、見ていて飽きないんだな〜。
 そして、5歳の坊やも、どんどん男の子っぽくなってきて、やんちゃをすればするほど、コラー!と言いながらとてもとても嬉しいワタシです。

 ふあ〜・・・。でも少し頑張り過ぎたかな?疲れちゃったよ。
 ワタシが復帰した途端、上司が自分の仕事を次々に振り分けてきて、変だな!?と思ったときには、もう「kaoriちゃんが戻ってきてホッとしたわ。」の一言とともに長期休暇に入ってしまいましたよ。はは。ま、ちゃんと診断書が出てるから休んでらっしゃると思いますが、あまりにもいいタイミング過ぎて、何だかな〜。という感じ。それに、こちらも休んでいたわけだから強くは言えないけれど、立場が違うわけだし・・・なぜ、こんなにもワタシが苦情処理せねばならぬのか?と、思いつつ、ときに荒々しい言葉ばかりを吐き出す人に立ち向かい、座らせて、落ち着かせて、話を聞いているのです。いや〜ホント、疲れた。・・・昨日、今日、たっぷり眠って、少しはましかな。明日は出勤できるかな。働かねば。

 そんなワケで、少々愚痴っぽくなりましたが、明日に備えます。おやすみなさいませ。

あたたかい雨

 いや〜、ホントに久々で御座居ます。
 お元気ですか?
 ワタクシめは、1年半ぶりの労働をはじめて2週間が経ちましたが、「疲労困憊」とか「満身創痍」とかいう言葉がピッタリの体であります。すでに何回マッサージに行っているんだろう・・・?ま、ワタシの場合、自ら果敢に火の中に飛び込んで行くタイプなので、自分で種を蒔いてるところがあるんですけどね(笑)そのためか、2週間にして、同僚に「違和感ないっすね。」「馴染んでますね。」「当たり前過ぎますね。」などと言われるのを飛び越えて「これ、どうしたらいいですかね?」と難題を持ち込まれたりするほど勘を取り戻しつつあります(泣笑)・・・少々、飛び込み過ぎの感はありますけどね。はじめに無理すると、後が楽だし。

 と、そんな体だってのに、先週末は仙台で開催された定禅寺ストリートジャズフェスティバルに出演してきましたよ〜。街中が、ジャズやロックやブルースや・・・音楽で溢れる素敵なイベントです。
 ウチのバンドは、今年、10年目で9回目の出演らしいです。確かに、初めて参加したときは20代であったわ(笑)
 夜7時半、しっとりとしたミスト状の雨のなかで、街の明かりが滲み、上を見上げれば大きなケヤキの枝葉が屋根のように包んでくれていて、会場はとても素敵でした。ワタシ達が演奏する会場から少しだけ離れたメイン会場で、同じ時間にヒノテルが親子で出演していたので、前のバンドに比べて、観客数はグッと少なくなったのだけど、熱烈な声援をくださる方、耳を澄まして聴いてくださる方、あたたかい雰囲気の中で歌いました。雨さえ、気にならなかった。あたたかい雨だったのかな・・・。
 ずっとライブをさせてもらっていたカフェと、カフェのマスターを震災で失ってから、ワタシの心にはずっとずっとどこかに穴があいたようで、いつまでもいつまでもそのカフェのあった場所やそこでの思い出をずるずると引きずっているのです。今でも確かに穴はあって、ちくちく痛むのだけど、今回のライブは、そのカフェで歌ったときのことを思い出すようなあたたかくて楽しい時間を過ごしました。多分、あの震災の日以来1番情熱と冷静の間で歌えたような気がします。・・・ワタシの技量だと、ホールでガーンと歌うよりも、中小サイズの箱で歌うのが向いているのかもしれないですね。震災後、大きなホールでの演奏ばっかりだったし。・・・なんか、あたたかさが良かったな。

 そんなワケで、打ち上げの麦酒はとてもとても美味しく、何軒はしごをしたのか、ホテルの部屋には明け方辿り着きました。帰りに、嘔吐しながら帰ったけどね〜。ま、いつものことです。飲んだら、吐くよね。スッキリするのよね。って、いつまでも20代気分のペースの変わらない37歳です(笑)

 もうこんな時間か・・・。今夜は、もうすでに少し眠っているんですわ。また寝ようと思ってたけど、このまま起きてようかな。dee deeの歌声を聴きながら・・・。

   

 よい一日を!


おしまい

 風邪をひいておりまして、すでに1週間は過ぎようかというのに、ひどい咳です。で、麦酒を我慢して、コーラなどを飲んでいます。いや〜。コーラって、久々に飲むと、かなり美味いね。

 で、最近ワタシが好んで口ずさんでいるキャロル・キングの「空が落ちてくる」を聴いている9月の夜です。

   

 ふえ〜。ホントに空が落ちてくるような気分よ。ワタシ。
 1年間の育児休暇は今日でおしまいです。
 明日からは、まだ信じられないのだけれど、このクソ暑いなかをストッキングにヒールを履いて、しかも、襟のついたシャツなどを着て、仕事に出かけるらしいです。
 ホントか?ワタシ?
 いや、ホントなんだけど、全然実感がわかないわ。
 頭の中で、仕事のことを思い出そうとするのだけど、ムムム・・・。頭が痛くなるだけだわ。
 育児休暇は1年だけど、その前に、切迫早産で早めに産休に入っているので、トータル1年半休んでいるわけです。その間に、いろいろと法律などが変わり、ワタシの仕事も、取り扱い方が1年半前とは全然違っていたりするわけで、まずは、勉強することからスタートせねば。・・・慣れるまでが、しんどそうです。

 それでも、1年間休ませてもらえる職場であることは、ありがたいわけで。
 この1年間、本当に生活を楽しみました。
 娘のハイスピードな成長ぶりを、毎日面白く眺め、坊やの豊かな表現力、それは言葉にしても歌や工作などにしても、大人には思いつきもしない表現をすることに驚き、感心しました。
 そして、試行錯誤しながら野菜や花を育てたことも楽しかったし、育てた野菜をどう料理するか考えながらキッチンに立っているのも幸せな時間でした。思う存分家中の整理整頓もできたし。日々、忙しいことが楽しかったな〜。
 それに、Facebookをはじめたことで高校卒業以来の同級生たちと会ったり、日々会話をするようになったり、新しい友達ができたり。映画はあまり観れなかったけど、音楽はたくさん聴いたし、歌いました。お風呂で。トイレで。車内で。ピアノの前で。ライブに生かされているかどうかは別として、自分のなかに、新しい音楽のストックができたことは、ワタシの潤い。あ、ほくろ除去したことも面白い出来事だったわ。

 こどもと、夫と、こどものママと、友達と、バンドのメンバーと、ご近所さんとだけ繋がる毎日。彼ら彼女らの話はとても優しい言葉ばかりで溢れていたけど、仕事に行けば、嫌な言葉や愚痴や悪口などを耳にするんだろうな。と思うと、それが本当に怖いです。
 不安だけど、下っ腹に力を入れて、明日、出かけようと思います。

 んなわけで、今夜は早寝よ。
 グナーーーーーーアイ。



 

ハレルヤ

 3時半ですが、今夜はすでに5時間も眠りましたから、このまま起きててもいいかな・・・。なんて気分で、のんびりしてます。
 ふぅ〜。久しぶりに熟睡したわん。
 娘が、流行りの手足口病で、その名のとおり手足口が水玉模様になってましてね、それでなくても暑いのに熱を上げてヒーヒー泣いていたんですよ。小さい体が真っ赤になって、可哀想に。今日はだいぶ落ち着いて、何と!はじめての自立歩行。といっても1歩だけですけど、踏み出しましたよん。きっと、これから歩き出します。何よりも、この1歩が勇気のいることなんだと思いますからね。

 先日、そんな手足口病娘を母に預けて、どうしてもどうしても聴きたいんだよ!って、畠山美由紀さんのライブに行って来ました。
 アンコールで歌ってくれた、この曲、「ハレルヤ」を聴きながら、ワタシの夜は、朝に向かっています。

   

 素敵だな〜。美由紀さんの声が好き。歌も好き。美由紀さんの、選ぶものが好き。曲も、音も、言葉も、ワンピースも、アクセサリーも。上品で、洗練されていて。派手じゃないけど、気になって目がいくんです。本当にいいもの。大切にできるもの。だっていうのが伝わってくるんです。
 ライブの選曲も、最高にグッとくるもので、ワタシにとっては、これでもか。これでもか。という感じでした。ライブ後、少しお話をすることができたし、娘には悪いけど、聴きにきてよかった〜!と、身体中が痺れるような満ち足りた気持ちになりました。
 

 先週は、坊やが参加したEnglishのサマーキャンプに毎日同行しました。キャンプといっても泊まらないんです(笑)アメリカの大学の先生方が講師で、就学前のクラスは音楽やダンス、ゲームを中心としたカリキュラムでした。それを一週間。何とも充実していて、すごくよかった〜。
 授業がはじまって、まず、ABCの歌がさ〜、日本のヤツとは違うのよね。なるほどね。そうだよね。日本人のABCの歌を歌ってたら、そりゃあ、日本人の発音がカタカナになるわけだわ・・・。と、いきなり納得しまして、もうワタシの発音がどうなるものでもありませんが、坊やには、よく耳を澄まして聴いて欲しいな〜。と、思いながら眺めていました。
 普段、特に英会話を習わせてるとか、英語の勉強をさせているということもないけど、急に本物に触れたのに、何も怖がらずに飛び込んでいって、聴いたままに喋って、何となくリズムを覚えて、一週間後、一週間前とは違う坊やになってました!こどもの力って、すごいな〜。驚きました。・・・いいな〜。ワタシも小さい頃からこういうのに触れたかったな。と、ワタシが思っていると、周りのママ達も口々に同じことを言っていました。
 先生方と、Facebookで繋がって、英文を目にする機会が増えてきたので、ワタシも勉強したいな。という気持ちになってます。・・・いい意味で、歌に作用しないかな・・・。

 さてさて、そして今週は、ウチのバンドにとってとても嬉しいことがあります。どうなることやら、とにかく面白そうなことです。結果がどうなるのか、それは誰もわからないことなのですが、ワタシも当事者ではないのですが、とっても楽しみ!やっぱり、音楽の神様は、あの練習場にいるみたいです。

 さ、そろそろ一日が、今週が、はじまりますね♪
 楽しみましょう。

 では〜。


溢れる、木曜日。

 髪を短く切った木曜日。
 いつもながら、嫌なことがあると衝動的に美容院へ向かってしまいます(笑)
 「どうすんの?」と問われ、「短く。」と答え、「やっちゃう?」と、もう一度問われ、うん。と頷き、それで、あとは、いつもの美容師にお任せです。とは言っても、20代の頃のように超短くはしてくれないんですけどね。ワタシの顔が丸くなってるから(泣)
 超前下がりのボブの出来上がり。スッキリしました〜。

 骨を矯正した木曜日。
 二週間前、首を回せない。顔をちょっとしか動かせない。だから体ごと動くしかない。ってくらい、とにかくひどく首を寝違えたワタシ。それが良くなったと思ったら、次は、股関節が変にパキパキ言い出して、右脚を開くと激痛が走る感じになっちゃって・・・。ま、幸い、最近は脚を開くような色っぽいこともあまりないのでいいんですけど・・・(笑)
 で、そろそろライブもありますしっていうんで、今日、いつもの荒っぽい矯正をしてくれる整体院に行きましたら、何かもう息もできないくらい痛いことをされて、1時間後、涙目で起き上がったら、驚くほど体が軽くなっていましたよ。
 そんなわけで、さっきまで坊やとグースカ熟睡してしまってました。嗚呼、体が軽い。だから、荒っぽいけど、あの整体院好きなのよ。

 練習に行けなかった木曜日。
 その、次のライブというか、うーん、営業?というかなんというか(笑)またまた不思議な場所で演奏するのですよ・・・。山の麓の小さな神社のお祭りの前夜祭だそうです!
 何故、神社がジャズバンドに演奏依頼するのかが謎ですわ。明後日、土曜日の夜。ワタシはいつもどおりスタンダードを歌いますが、バンドは、演歌も用意しているみたいで、とにかく笑えます。イクゾーの「雪国」なんか、聴いてると死にそうになります。トロンボーンの合いの手でサビに入っていくんですけどね、ノリがよくてね、いや〜これで歌ったら気持ちいいだろなっていう笑いです。
 で、今日は、本番前、最後の練習だったのですが、行けなかった・・・。
 娘が眠ってくれなくてね。網目のメロンを食べさせたら大興奮でヘッドバッキングして、目がランランとしてしまったのよ(笑)なかなかロックです。
 ・・・いろいろと、不安はありますが、しかも子連れですが、土曜日、その山の麓の神社へ行ってみましょう。まず、辿り着けるのかが心配よ。ははん。

 謝ってもらった木曜日。
 夫婦生活も、今年の11月で10年目になりますが、10年も経つとたくさんの垢みたいなものが溜まっていきます。そのときそのときで納得のいかないことを解決してくればいいのだけど、ここ5年くらいは、妊娠、出産、育児、家の新築、震災、仕事、また妊娠、出産、と、何だか毎日が精一杯で、納得できないことも解決せずに先送りにしてきたような気がします。
 でも、ワタシは嫌なんです。それを知らないふりするなんて出来ないんです。心が喚いて喚いて、納得できない!って叫んでいることに気がついてるんですもの。それを、忍び堪えるいい妻なんて無理。無理。ワタシは、心の喚きを夫にぶつけてぶつけてぶつけて、彼に考えてくれるよう叫びました。
 で、謝ってもらいました。
 馬鹿みたいだけど、でも、言葉って、大事です。謝った方も、スッキリしてたし、こちらだってスッキリしました。その言葉を待ってたんだ。って、ワタシの心の喚きがおさまりました。


 何はともあれ、心も体も、髪もスッキリして、こんな曲を聴きたくなる夜です。
 「溢れる愛
 いいタイトルです。曲も、素敵です。ヘイリー・ロレン
 
   

 こんな気持ちいい歌、うきうきしますね。いいですね〜。自然と、笑顔になるよ。
 溢れてるよね、愛。いいなーーー。


※ 今朝、ブログを更新した際に貼り付けた動画が、昼頃には、削除されたらしく(何てタイミングだ!)・・・だけど良い曲なので、ヘイリー・ロレンがライブで歌っている動画を見つけて、差し替えました〜。





5歳のあまちゃん

 ここんとこ、気がつくと「暦の上ではディセンバー」を口ずさんでますな〜。
 つい1カ月前までは「潮騒のメモリー」でしたけど。
 とにかく毎朝「あまちゃん」を観て、ゲラゲラ。とか、クスッとか笑わせてもらって、ときにはチロリ涙を流して、だけどやっぱり元気をもらって1日がはじまってるんですよね〜。そして生活のなかで、ふと。自然にドラマのなかの架空アイドルのメロディを口ずさんでいるんだから、どれだけ「あまちゃん」が自分のなかで日常になっているかって、こんなに生活のなかに浸透してくるドラマってあまりないよなぁ。・・・と、自分の中毒ぶりに笑ってしまいます。

 いや〜。それにしても、大友さんの音楽力!!!スゴ過ぎますね♪どの曲も、ガン!って、耳から頭のなかに入ってきますもんね。サントラ買うか、ホントに悩むところです(笑)


 昨日、坊やが5歳の誕生日を迎えまして、なんだかしみじみしてました。

   5歳坊主


 何が?って、とにかくしみじみ思うのは、こどもの成長って早えーなー。ってことのみ。そればかり。 早い。早い。早い。毎日は、本当に慌ただしくて、親も子も無我夢中の精一杯で過ごしているから、ときには「こんなこともできないのかよ〜。」なんて思っちゃうけど、こうやって珈琲飲みながら落ち着いて考えたら、5年間で出来るようになってることの方が多いんだなぁ。としみじみ感動しちゃうわけです。
 5年前2,828グラムで生まれたヒーヒー泣くだけだった子が・・・今や、ニトリの店員さんをつかまえて「このお鍋の取っ手は間違っていませんか?」と親子丼を作るための親子鍋を持ち上げながら問うてみたり(←死ぬほど笑ったよ。そうだな!フツーに考えたら変だよな。)、お見舞いに行った病院で「帰って来たヨッパライ」を熱唱したり(←死ぬほど焦ったよ。「オラは死んじまっただ〜。」って、顔色の悪い人たちもいるってのにさ。ま、教えたワタシが悪いんだけどさ。何故、このタイミングよ!ブラック過ぎるだろ!?)、回転寿司店でイカを頼んだのにマグロが届いたら「職人さん、寝ながら仕事してたんじゃない?」なんて立派過ぎる悪口を言ったりするんですよ。(←呆れるほど悪口だよね。)ま、良いことも悪いことも、まだ5年しか生きてないのに、これくらい話せたり歌えたり悪口言えたりするんだから大したもんだな・・・と、成長著しくて、こちらもぼんやりしていられないな。と、「クソババァ」と呼ばれる日が徐々に近づいてきているんじゃないかと、ちょっと寂しいような嬉しいような気持ちになりました。

 ま、親としては、ただただこどもの幸せを願うばかり。
 どんなこども時代を過ごすのか、どんな大人になるのかわからないけど、彼が幸せだったらそれでいいんだと思います。一緒に笑ったり泣いたりガミガミ言ったりしながらこれからも見守っていきましょう。その時間がワタシの幸せでもあります。・・・でも、やっぱ、「クソババァ」って言われたらショックだよな・・・(笑)



Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
MOON
時計
livedoor プロフィール
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
  • ライブドアブログ