SCHIZO / Main Frame Collapse

イタリアのスラッシュメタルバンド、1989年リリースの1stアルバムです。
SCHIZO_MAIN2
SCHIZO_MAIN3
SCHIZO_MAIN5
僕の苦手なスリップケース仕様。
ちなみにこのバンド、ジャケがどのアルバムもカッコ良いんですよ。

えーと今回古いですよ。古い。
まあ最近古いのばっか書いてるけど。
でもいいじゃん。訳あって書きたいの。

あのさ(友達感)、イタリアのスラッシュの第一世代って言ったら何を思い浮かべる?
まずはやっぱBULLDOZERだよねBULLDOZER。
ブルドーザーってすげー名前だなぁと初めて知ったときは思ったよね
ブルドーザーだよ、ブルドーザー。工事現場かよ。
あと次に名前が浮かぶのはNECRODEATHじゃないかな。
これまたイタリアンスラッシュレジェンドとしてよく語られる。

でね?
この2バンドに比べると若干知名度は落ちるけど、
重要な存在としてこのバンドを挙げたいのね。
それが今回ご紹介するこちらのSCHIZO。スキゾ。分裂症。

実を言うと
僕がこのバンドを知ったのは
このアルバムのリリースからずいぶんと後だったんだけど
初めて聴いたとき…あ、僕謝った方がいいな、って思った。うん。
何に対してかわかんないですけど。
とりあえず皆様も聴いてみて欲しいのね。

(((( ;゚д゚)))スゲエ
一応言っとくけど、これ1989年の作品だから。
1989年ていったらTERRORIZERの1stとかMORBID ANGELの1stとかがリリースされた年。
NAPALM DEATHの1stが1987年
それと2年の差でこの作品がイタリアで生まれていたことには驚愕を禁じ得ない。

明らかにスラッシュメタルよりも踏み込んだスピード、アグレッション
ブラストビートが一般的でなかった時代に終始ブラストで突き進むドラム、
間違いなくハードコアの影響は濃い。
それでいてグラインドコアともデスメタルとも異なる、
スラッシュとデス/グラインドコアのミッシングリンク的なサウンド。
今聴いても充分にキレッキレな音ですよ奥さん。
繰り返すけど1989年の作品ねこれ。

本来ならば現在までのエクストリームメタルに連なる
始祖的な存在として語られる筈のバンドだったと思うんだけれども
彼らはこのアルバムのリリース後は目立った活動は無かったようで
90年代末に所属レーベルの倒産などもあって、長きに渡って沈黙。

ところがリリースから17年後の2006年、ついに活動を再開
それに伴って当時アナログ盤のみのリリースだった、この1stアルバムも初のCD化。
僕はその時初めてこのアルバムを聴いたんだけども
度肝を抜かれたよね。

ちなみにバンドはその後は継続的に活動していて、
2枚のアルバムをリリースしてます。
んで、なんで今回その1stをネタにしようかと思ったかつーと
2006年リリースのCDもやや入手困難になってたんだけれども
それがこのたび再々発されたってのがひとつ。
わりとこれ大きなニュースだと思うんだけれども今ひとつ目立たないのはなぜか。 
アレか?みんなイタリア嫌いか?
いや僕も正直言うと「イタリア人でセックスと食い物の事が脳内の80%占めてて、残りはサッカーと車と洋服なんでしょ?」って思ってた時期はあった。正直あった。すまんかった。

( ゜д゜)今は反芻している。

それともうひとつ、
完成したと言われながらずっとリリースされてなかった新譜の発売がようやく発表されたんですよ。
彼らはそこいらの再結成80's組とは異なり今も充分に先鋭的な音を聴かせているので、
この新譜も期待大です。

ということでですね。
ひとまずはこの再発された1stアルバム、
早いとこ買っといたらいいんじゃないですか?どうですか?と思うんすよ。

( ^ω^)そしてみんなもイタリアに対する認識を改めるべき。

ということでちょいちょい彼らの他の作品も紹介していこうと思います。


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村