THE DEAD GOATS / All of Them Witches

ポーランドのデスメタル、2016年リリースの2ndアルバムです。
THEDEADGOATS_ALL5
THEDEADGOATS_ALL1
ジャケ絵が実にシャレオツ


さて前回に続きましてTHE DEAD GOATS。
本作は2012年リリースの1stから4年振りにリリースされた2ndフルレングス。
この間にEPとスプリットを1枚ずつリリースしていますが
いずれもカッコ良くて期待がうなぎ登っていたのです。そうなのです。

( ^ω^)主に僕の中でね。

まずジャケ。カッコ良い
このバンドはゲロで溺死とか墓場でランデブーなんて低脳なタイトルの曲が多数ございまして、
ウンコチンコ叫んで喜んでしまう小学生もビビるアホっぷりが魅力のひとつなわけですが
そうしたファニーな(柔らかい表現)マインドを
カッコ良く表すビザールなイラストが本作のジャケを飾っております。
このジャケ絵はドラマーのRadosław Pierścińskiが手掛けているということです。
なるほど、メンバー自身が手掛ければそらまあバンドコンセプトともピッタリなわけですよ奥さん。

で、音の方だけれども、変わってません。
つまりはカッコ良いということです。安心です。
重量感たっぷりのリフが、やや後ノリの野蛮なリズムの上でドカドカ駆ける純度100%のデスメタル
このスピーカーがバリバリ言っちゃうギターの音、相変わらず実によく録れている。
このギターの音だけでも聴く価値があるほどカッコ良くてうんち漏れるレベル。
それでいて時としてメロウな…って前も書いたような気がするからもういいや
( ^ω^)イントロだけでごはんがおいしくいただける

あえてややスピード抑えめの曲を貼ってみましたが
途中、3分過ぎ辺りのドラムワークとかくっそカッコ良い。
シンプルなんだけどやっぱり根底にはRn’Rが感じられる。
この気持ち良くノレるリズムはハードコア側からアプローチしているこのバンドらしい特徴。

前述したように歌詞も含めて、おフザケたっぷりのマインドを有しているのに
音の方はあくまでもコワモテなところが
ある種の乾いたユーモアを醸し出していてこれもバンドの魅力。
こんな野蛮な音、限られた音階の中で精一杯のメロを表現するところが
また泣かせるんすよ。
( ^ω^)ラストのリード、むっさ苦しいおっさんが垣間見せる一瞬の哀愁のような味わい

残念ながら本作リリース後にギタリストのPavlo aka Conanは脱退してしまったようですが
前述の通り本作のギターの音は
デスメタルでのそれの理想形と言って良いほどカッコ良いのあります。
オールドスクールデスメタル好きはもちろんのこと
甘さ控えめ、苦味たっぷりのメロデスとしても楽しめる好盤。
皆さん早く買いましょう。

( ^ω^)ヘッドフォンじゃなくスピーカーから音を出して聴くべきアルバムですぞ

ちなみにAUTOPSYのカヴァーが聴けるスプリットと
REPULSIONのカヴァーが聴けるEPは両方ともまだ比較的手に入りやすいです。
こちらも今のうちに。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村