(  ゜Д゜)さむい
最初に言っとくと今回の記事は
2か月位前に書きかけててそのまま放置してたものなので
話のネタとしては旬を過ぎまくり。
でもなんか書いたから上げときますね。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

リッツってあるじゃないですか、リッツ。
ナビスコのリッツ。
あれ僕好きなのね。
いつか沢口靖子さんにリッツパーティーに招待されるかと思って待機してたわけ。
よくあるじゃん、「ちょっとしたパーティーに着ていくのにいいですよね」
っていう接客トーク。
でも「ちょっとしたパーティー」ってどこでやってるのかわからないじゃん。
まあけどリッツパーティーならいいんじゃないかと思ってたのね。

ですけどもね。
最近そのリッツが変わったんですよ。
ご存知の方も多いと思いますけどね。

説明すると、リッツのライセンスを持っていたモンデリーズ社と
ライセンスを受けていたヤマザキの契約が切れて…やっぱめんどくさいからググれよ人に頼んなカス。
要はバーバリーと三陽商会みたいな話ね。

そんなことより重要なのは僕はこの先何を食べていけば良いのかという話なわけ。
お前らは好きなもん食え。

今、店頭でもリッツは売られてますけどね。
微妙にパッケージデザインが変わってるのね。
これがモンデリーズ社によるリッツ。
今まで日本のリッツはヤマザキナビスコが生産してたんだけども
モンデリーズ社が自社で生産、販売を行うようになったと。

ヤマザキナビスコはドル箱商品を失ったわけですが
ただ手をこまねいたわけではありません。
何せ今まで日本でリッツを生産していたのはヤマザキナビスコなわけで。
当然、代替商品をリリース。
それがルヴァンね。

これはつまり、
人気バンドが分裂!バンドの顔であった人気ヴォーカリストのバンドと、華はないがメインソングライターだったベーシストのバンドではどちらが正統的後継者なのか?
という話だと思うからメタルの話ということでいいと思う。たぶん。
IMG_20161012_172253
左からルヴァン、モンデリーズのリッツ、ヤマザキナビスコの旧リッツ

まずモンデリーズ社のリッツ。
赤いパッケージに黄色のRITZのロゴ。
名前のみならずビジュアルもこれまでのRITZのイメージを引き継いでいて
事情を知らない人はリッツを食べようとおもったら普通にこっちを手に取ると思う。

で、問題は味ね。

食べてみるとね、うん、確かにリッツ。
けど以前のヤマザキナビスコ製リッツに比べると
明らかに脂分と塩味が濃くなってるわこれ。
ただ、濃厚とか贅沢な味わいになったというよりも
アメリカンな味付けっていうの?まあジャンクなテイストが増した感じ。HAHAHA!
米企業であるモンデリーズ社が直で扱うようになった影響というべきか。
ちなみに製造もインドネシアの工場になったとか。

そう聞くとマズくなったんじゃね?これまでのリッツとは別物なんじゃね?
と思うっしょ。
でもこれはこれで間違いなくリッツだし、おいしい。
これまでのリッツをマッチョな方向に強化した感じ。YEAH!

ただ、気になったことがあって
初めて食べたときは以上のような感想を持ったんだけども
二度目は若干、味が変わっていたような。
工場で生産されるマスプロダクツなスナック菓子に
商品ごとの個体差などがあるとは考えにくいけど、
クラッカーの形状も一点ずつで微妙にバラつきがあったりすんのね。
状態にわりと振れ幅があるんじゃないのかと。

でね、次にルヴァン。
こちらは新たにヤマザキビスケット(YBC)なるブランドを立ち上げてリリースされた
言わば日本製のポストリッツ

で、まず言いたいのはパッケージデザインとブランドロゴデザインね。
君ね、なんなのこれ
適当すぎるんじゃないの?やる気ないんじゃないの?
頑張った結果、滑っちゃったっていうならわかるけど
適当感溢れすぎてて投げやり度わりと高め
ダサジャケにはある種の魅力があるけど
無個性なだけの手抜きジャケはお断りよ?
なめんじゃないわよ

まあいいわよ、大事なのは中身だしね。
これまでのリッツはヤマザキナビスコが製造していたわけで
そのノウハウを引き継いだと考えれば、
モノとしてはこっちの方が真のリッツ、True Ritzと言えなくもない
ちなみにこちらはCMも沢口靖子が。

形状は四角くなったリッツ。
四角くする必要があったのかはわからないけど、まあ差別化ってやつ?
味の方は、これがなんと!
見事にモンデリーズと分かれた。
こっちは脂分が抑えられて旧リッツよりもややさっぱりした味に。

あのバター風味がリッツの魅力でもあったので
それが減退したという意味で残念な人もいるだろうけど
ほんのりと甘みも感じられてうまい
個人的にはまんま旧リッツの再現を期待してたし
変える必要は無かっただろとは思うけど
ヤマザキなりにチャレンジしたのだと思います。

そんなこんなで、
ポストリッツ食べ比べ報告は以上です。
ちなみに僕はルヴァン2、リッツ1くらいの比率で買ってます。
どっちもうまいよ。マジで。
ただリッツは前述のとおりやや大味なところが感じられます。
この辺は今後調整されてくんだろうか。
そしてこの記事に需要はあるんだろうか。

あとルヴァンパーティーに呼ばれる準備はできてるので
早く呼んで欲しいと思います。


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村